目的別おすすめキャットフード 一覧

猫ねこさん

猫ねこさん
猫の食事は目的にあわせて選ぶことが大事なんですよぉ。一番大切なのは、年齢。年齢によってそれぞれ栄養の要求量が異なるので、その時期に合ったものを選ぶといいですよぉ。他には病気・体調、体質なんかによっても選ぶ食事は変わってくるんですねぇ。ご自分の猫ちゃんがどんな状態かを把握して、その状態にあったフードを選びましょう~。

年齢からキャットフード選ぶ

年齢から選ぶ

人間の20代と70代では食事内容が変わってくるように、猫も年齢にあわせて食事内容を変えてあげる必要があります。 猫のライフステージは大きく以下の3つに分けられます。

・子猫(~1歳) ・成猫(1~6歳) ・シニア猫(7歳以上)

猫の成長にあわせて必要となる栄養素は変わってくるため、それぞれの年齢に適したキャットフードがあります。いつも猫ちゃんが健康でいられるよう、年齢にあわせてキャットフードを切り替えてあげましょう。

病気・体調別からキャットフードを選ぶ

病気・体調別から選ぶ

愛する猫ちゃんにはいつも健康でいてほしいものですが、ときに体調を崩したり病気になったりしてしまいます。 「うまく毛玉を排出できない」「軟便や便秘が続いている」などは猫ちゃんによくある体調トラブルです。また、「下部尿路疾患(FLUTD)・尿結石」「腎臓病」など猫がかかりやすい病気もあります。 気になる症状がある猫ちゃんには、症状にあわせた適切なキャットフードを選ぶようにしましょう。 また、避妊・去勢後など体の変化が起こりやすい時期にも、その時期に適したキャットフードを選ぶようにしましょう。

原産地からキャットフードを選ぶ

原産地から選ぶ

「原産地」とは「最終加工工程(パッケージングは含まない)を行った国」であり、ドライフードならばフードの成形を行った国、ウェットフードではレトルト加熱殺菌工程を行った国となります。 国内のメーカーであっても、この工程が別の国であれば、原産地は異国となります。 また、原材料の生産地について表示義務がありませんが、メーカーによってはそれぞれの原材料の生産地をパッケージに明記している場合もあります。 中でも注意したいのは、中国産原材料であり、2007年のアメリカで中国産の原料の入ったフードを食べた犬や猫が大量死した事件があったことから、危険性の高い中国産原材料が使用されていないかどうかなど公式サイトなどでチェックすることも良いでしょう。 パッケージや公式サイトを見ても分からない場合は、各メーカーのお客様相談室などに確認をとってみても良いでしょう。

品質・形状からキャットフードを選ぶ

品質・形状から選ぶ

キャットフードには、さまざまな添加物が含まれており、なかには猫ちゃんの健康を害する恐れのあるものもあります。そのため、なるべく無添加のものを選ぶようにしましょう。 また、「人間が食べても大丈夫!」という安心安全な素材「ヒューマングレード」素材を使用しているものを選んだり、グレインフリー「穀物不使用」のフードを選ぶことも猫ちゃんの健康を考えるうえで一つの重要なポイントです。 猫ちゃんの年齢や体調によっては食べやすさも大切です。大きさ、形状などもご紹介していきます。

体型・体質からキャットフードを選ぶ

体型・体質から選ぶ

「最近太り気味」「アレルギー持ち」「毛並みがいつもと違う」など猫の体型や体質で悩んでいる飼い主さんも多いでしょう。 適切なキャットフードを選ぶことで、猫ちゃんの気になる体型や体質の悩みを改善することができます。

お探しの記事は見つかりませんでした。