とり

とり

「目的別おすすめキャットフード」 一覧

投稿日:

とり

とり

猫ねこさん

猫ねこさん
猫の食事は目的にあわせて選ぶことが大事なんですよぉ。一番大切なのは、年齢。年齢によってそれぞれ栄養の要求量が異なるので、その時期に合ったものを選ぶといいですよぉ。他には病気・体調、体質なんかによっても選ぶ食事は変わってくるんですねぇ。ご自分の猫ちゃんがどんな状態かを把握して、その状態にあったフードを選びましょう~。

年齢からキャットフード選ぶ

年齢から選ぶ

人間の20代と70代では食事内容が変わってくるように、猫も年齢にあわせて食事内容を変えてあげる必要があります。 猫のライフステージは大きく以下の3つに分けられます。

・子猫(~1歳) ・成猫(1~6歳) ・シニア猫(7歳以上)

猫の成長にあわせて必要となる栄養素は変わってくるため、それぞれの年齢に適したキャットフードがあります。いつも猫ちゃんが健康でいられるよう、年齢にあわせてキャットフードを切り替えてあげましょう。

病気・体調別からキャットフードを選ぶ

病気・体調別から選ぶ

愛する猫ちゃんにはいつも健康でいてほしいものですが、ときに体調を崩したり病気になったりしてしまいます。 「うまく毛玉を排出できない」「軟便や便秘が続いている」などは猫ちゃんによくある体調トラブルです。また、「下部尿路疾患(FLUTD)・尿結石」「腎臓病」など猫がかかりやすい病気もあります。 気になる症状がある猫ちゃんには、症状にあわせた適切なキャットフードを選ぶようにしましょう。 また、避妊・去勢後など体の変化が起こりやすい時期にも、その時期に適したキャットフードを選ぶようにしましょう。

原産地からキャットフードを選ぶ

原産地から選ぶ

「原産地」とは「最終加工工程(パッケージングは含まない)を行った国」であり、ドライフードならばフードの成形を行った国、ウェットフードではレトルト加熱殺菌工程を行った国となります。
国内のメーカーであっても、この工程が別の国であれば、原産地は異国となります。
また、原材料の生産地について表示義務がありませんが、メーカーによってはそれぞれの原材料の生産地をパッケージに明記している場合もあります。
中でも注意したいのは、中国産原材料であり、2007年のアメリカで中国産の原料の入ったフードを食べた犬や猫が大量死した事件があったことから、危険性の高い中国産原材料が使用されていないかどうかなど公式サイトなどでチェックすることも良いでしょう。
パッケージや公式サイトを見ても分からない場合は、各メーカーのお客様相談室などに確認をとってみても良いでしょう。

品質・形状からキャットフードを選ぶ

品質・形状から選ぶ

キャットフードには、さまざまな添加物が含まれており、なかには猫ちゃんの健康を害する恐れのあるものもあります。そのため、なるべく無添加のものを選ぶようにしましょう。 また、「人間が食べても大丈夫!」という安心安全な素材「ヒューマングレード」素材を使用しているものを選んだり、グレインフリー「穀物不使用」のフードを選ぶことも猫ちゃんの健康を考えるうえで一つの重要なポイントです。
猫ちゃんの年齢や体調によっては食べやすさも大切です。大きさ、形状などもご紹介していきます。

体型・体質からキャットフードを選ぶ

体型・体質から選ぶ

「最近太り気味」「アレルギー持ち」「毛並みがいつもと違う」など猫の体型や体質で悩んでいる飼い主さんも多いでしょう。 適切なキャットフードを選ぶことで、猫ちゃんの気になる体型や体質の悩みを改善することができます。

記事一覧

風味も栄養もそのまま!フリーズドライのキャットフード6選

フリーズドライのキャットフードは栄養や風味がそのまま。水で戻すタイプなので水分補給にも便利です。この記事では、フリーズドライキャットフードのメリット、デメリット、与え方、おすすめフードを紹介します。

愛猫の健康のために!塩分控えめなおすすめキャットフード5選

健康な猫の場合、塩分をとりすぎてもさほど心配する必要はありませんが、とりすぎは健康にもよくありません。この記事では、塩分控えめのキャットフードを選ぶポイント、おすすめフードをご紹介します。

【便臭軽減】猫のうんちの臭いを抑えるおすすめキャットフード5選

猫のうんちがいつもより臭い原因には、腸内環境の乱れが考えられます。この記事では、猫のうんちの臭いを抑えるキャットフードの選び方、オススメフードをご紹介します。

安全でコスパ良し!多頭飼いにおすすめのキャットフード5選

多頭飼いは安くて大容量のフードを選びがちですが、原材料や栄養バランスを重視することが大切です。この記事では、多頭飼いにおすすめのキャットフードの選び方、与え方のコツについて説明します。

動物愛護先進国イギリスのペット事情とおすすめキャットフード5選

ペット先進国イギリス産キャットフードを選ぶ際は、原材料や栄養バランスを必ずチェックすることが大切!この記事では、イギリスの動物愛護の実情、法整備、フードを選ぶポイント、おすすめフードを紹介します。

【本当に安全?】安心して与えられる国産おすすめキャットフード5選

愛猫にも国産の安全なキャットフードを食べさせたいと考えている方も多いでしょう。この記事では国産の安全なキャットフードを選ぶポイント、おすすめフードをご紹介します。

コスパ抜群!安全で安いおすすめキャットフード5選

安くても安全なキャットフードを選ぶポイントは、原材料や原産国表記、栄養成分、品質管理体制などをチェックすることです。この記事では安全で安いキャットフードの選び方とおすすめフードをご紹介します。

【獣医師監修】アレルギーが気になる猫に与えたいおすすめキャットフード5選

猫が食物アレルギーになったらアレルゲンを特定し食事管理を行う必要があります。この記事では、アレルギーの症状、原因、検査、治療方法、キャットフードの選び方について詳しく説明します。

毛並み・毛艶が気になる猫に与えたいおすすめキャットフード5選

猫の毛並みが悪くなった場合、ブラッシングや食事内容の見直しで改善することができます。この記事では、毛並みが悪くなる原因、キャットフードの選び方やブラッシング方法について説明します。

痩せ気味の猫に与えたいおすすめキャットフード5選

病気ではなく食べないことが原因で痩せた場合にはフードを見直すことも大切です。この記事では、痩せる原因や食べないときの対処法、痩せ気味の猫用キャットフードの選び方について説明します。

肥満気味の猫に与えたいおすすめキャットフード5選

肥満気味の猫のダイエット成功には、適度な運動と食事管理が不可欠です。この記事では、肥満がもたらす病気やダイエット成功法、肥満気味の猫用キャットフードの選び方を詳しく説明します。

【ヒューマングレード】高品質のおすすめキャットフード5選

ヒューマングレードとは人間が食べることのできる品質という意味を指しますが、明確な定義はありません。この記事では、高品質なキャットフードを見極めるポイントについて詳しく解説します。

無添加で安全なおすすめキャットフード5選

発がん性などの添加物のリスクはあくまで量の問題ですが、猫の健康のためには無添加キャットフードを選ぶと良いでしょう。この記事では、フードの選び方について詳しく説明します。

【グレインフリー】穀物不使用のおすすめキャットフード5選

グレインフリーのキャットフードは、動物性たんぱくが豊富で消化吸収しやすいというメリットがあります。この記事では、キャットフードの選び方、おすすめフードについて詳しく説明します。

【獣医師監修】猫の腎臓ケア・腎臓病対策におすすめのキャットフード5選

慢性腎臓病は完治することがないため、食事療法などで進行を遅らせる治療がメインです。この記事では、猫の腎臓病の症状や治療法、治療費、腎臓病対策用キャットフードの選び方について説明します。

【獣医師監修】下部尿路疾患(FLUTD)・尿路結石が気になる猫におすすめのキャットフード5選

猫の下部尿路疾患(FLUTD)のなかでも多い尿路結石は、食生活の見直しで改善が期待できます。この記事では、尿路結石の種類や症状、原因、治療法、治療費、キャットフードの選び方について詳しく説明します。

【体調別】便秘気味の猫におすすめのキャットフード5選

猫の便秘は放置すると重症化することもあるためなるべく早く病院を受診することが大切です。この記事では、猫の便秘の原因と対策、便秘の猫用キャットフードの選び方を詳しく説明します。

【体調別】軟便・下痢気味の猫におすすめのキャットフード5選

猫が軟便・下痢になった時は、キャットフードの見直しで改善できる場合もあります。この記事では、猫の軟便・下痢の原因や対処法、キャットフードの選び方、切り替え方について詳しく説明します。

【獣医師監修】避妊・去勢後の猫に与えたいおすすめキャットフード5選

猫の避妊・去勢手術にはさまざまなメリットがあります。この記事では、手術をする理由、手術に適した時期などについて紹介するとともに、太りやすくなる術後のキャットフードの選び方や与え方のコツを詳しく解説します。

【毛玉ケア用】毛玉を吐き出す猫に与えたいおすすめキャットフード5選

猫が毛玉を吐くのは自然なことですが、上手く吐けない場合は注意が必要です。この記事では、猫が毛玉を吐く原因、毛玉対策、毛玉ケア用キャットフードの選び方について詳しく説明します。
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.