とり

とり

チキンを使用した高品質なキャットフードおすすめ5選

公開日:

目的別おすすめキャットフード

とり

とり

猫ねこさん

チキンを使用した高品質なキャットフードおすすめ5選

猫ねこさん
チキンは猫に必要な動物性たんぱく質や脂質など栄養がしっかり詰まった優れた食材。主原料に使われているか、新鮮かどうかなどをチェックしてフード選びをすることが大切ですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

チキンは猫の嗜好性も高く、キャットフードによく使われる食材。
猫に必要な動物性たんぱく質や脂質、その他の栄養素がしっかり詰まっています。

ただし、チキンを使っていればどんなフードでも良いというわけではありません!

今回はチキンを使用した高品質なキャットフード選び方4つのポイント、おすすめフードをご紹介。

キャットフードにチキンを使用するメリットについても詳しくご紹介します!

チキンを使用したおすすめキャットフード

キャットフードの原材料にチキン(鶏肉)を使うメリット

キャットフードには、原材料にチキンを使用したものが多くあります。

原材料にチキンを使用するのは、以下のようなメリットからです。

  • 猫に必要な動物性たんぱく質が豊富
  • すぐにエネルギーに変えられる脂質が豊富
  • 健康維持に必要に重要な栄養素が豊富
  • 嗜好性が高い

猫に必要な動物性たんぱく質が豊富

チキンには、猫に必要な動物性たんぱく質が豊富に含まれています。

猫にとって、動物性たんぱく質は必要不可欠な栄養素です。
なぜなら、猫の必須アミノ酸(※)であるタウリンは動物性たんぱく質にのみ含まれており、植物性たんぱく質に比べ消化吸収率も優れているからです。

タウリンが不足すると網膜萎縮、拡張型心筋症、生殖機能への影響を引き起こします。

※必須アミノ酸・・・体内で合成できない、もしくは十分な量を確保できないため、食事から摂取する必要があるアミノ酸

キャットフードに含まれるべきたんぱく質の種類と必要量
私たち猫にとってたんぱく質はとっても大事な栄養素。たんぱく質がしっかり入ったキャットフードを選ぶことが大切なんですよぉ。...

すぐにエネルギーに変えられる脂質が豊富

チキンには脂質も豊富に含まれています。

脂質は体内でエネルギー源になる大切な栄養素です。脂質の主な働きは以下の通りです。

  • からだに蓄えられエネルギー源となる
  • 細胞膜や脳神経組織をつくる
  • ホルモンをつくる
  • 体温を調節する
  • ビタミンA・D・E・Kなどの脂溶性ビタミンの吸収を促す

脂質が不足すると、皮膚や毛艶の状態が悪くなります。

健康維持に必要に重要な栄養素が豊富

チキンには、たんぱく質や脂質以外にも、猫の健康維持に重要な栄養素が豊富に含まれています。

  • ビタミンA:角膜、喉、鼻、消化器、皮膚などを健康に保つ
  • ビタミンK:骨や血管の健康を保つ
  • ナイアシン(ビタミンB群):体内の代謝を助ける、皮膚や粘膜の炎症を防ぐ
  • 亜鉛:抗酸化作用、免疫力の向上

嗜好性が高い

本来、野生の猫は小動物を狩ってその肉を食してきたことから、チキンは猫にとって慣れ親しんだ食材です。

そのため、嗜好性も高く食いつきが良い原材料と言えるでしょう。

猫は肉食?雑食?猫の食性と理想的な食事
私たち猫は肉食なので、肉や魚なしには生きられないんですけど、それだけ食べていればいいというわけではなくて、穀物や野菜も大...


猫ねこさん
チキンには我々ネコに欠かせない動物性たんぱく質をはじめ、たくさんの栄養が含まれているんですねぇ。
お肉好きのボクにはたまらないチキンのキャットフード!風味もいいからついつい食べすぎちゃいますっ。。。
クロベエ
チキンを使用したおすすめキャットフード

チキンを使用したキャットフードの選び方4つのポイント

前述のように、チキンは猫に必要な栄養が詰まった嬉しい食材ですが、チキンを使用したキャットフードなら何でも良いというわけではありません。

ここでは、チキンを使用したキャットフードの選び方について説明します。

選び方のポイントは以下の4つです。

  • 主原料にチキンを使用
  • 新鮮なチキンを使用、粗悪な素材を使用していない
  • 無添加・天然由来の添加物使用
  • 自社工場で生産

主原料にチキンを使用

キャットフードの名前に「チキン」と記載されているからといって、必ずしも主原料にチキンが使用されているとは限りません。

たとえフードのたんぱく質量が多くても、主原料が穀類などの植物性たんぱく質である場合、植物性たんぱく質でたんぱく質量を確保している可能性があります。
つまり、本来摂取すべき動物性たんぱく質が十分にとれない可能性があるのです。

猫に必要なのはあくまで動物性たんぱく質ですので、必ず主原料にチキンを使用しているキャットフードを選びましょう。

※パッケージの原材料表記について
原材料は配合量の多いものから順に表記されているので、パッケージを注意深く見てみましょう。

成分表

新鮮なチキンを使用、粗悪な素材を使用していない

原材料のチキンにどのようなチキンが使われているかも重要です。

安全性の高さで選ぶなら、信頼できる農場から運ばれた新鮮なチキンを使用しているかどうかが重要です。

また、チキン以外に肉類を使用している場合、肉副産物、ミートミール、家禽ミールなどが使われていないかもチェックしましょう。
これらの肉類には粗悪な材料が入っている可能性が高く、猫の健康を害する恐れがあります。

チキンミールを使ったフードを選ぶときの注意点

原材料にチキンミールと記載されていることがよくありますが、チキンミールとは鶏肉から脂肪分を取り除いた乾燥粉末のことで、生肉よりもたんぱく質の割合が高いのが特徴です。

チキンミールはAAFCO(※)の定義では安全性に問題ありませんが、国産やAAFCOの定義を取り入れていない国で製造されたフードは安全性が低いため注意が必要です。
チキンミールを使ったフードを選ぶ際は、イギリスやドイツ、アメリカなどペットの法整備の整った国で製造されたものを選んだ方が良いでしょう。
また、公式サイトにて、使用しているチキンミールの説明があるものがより安全です。

※AAFCO・・・米国飼料検査官協会

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...
キャットフードのチキンミールは安全?良質なフードか見極める4つの方法
チキンミールは鶏肉を粉末状にしたもので、生肉よりも傷みにくくたんぱく質が多いことからキャットフードの原材料に使われている...

無添加・天然由来の添加物使用

キャットフードにはさまざまな添加物が含まれており、なかには猫の体によくないものもあります。
特に、猫の健康を害する恐れのあるBHA・BHTなどの酸化防止剤や着色料が含まれているものは避けた方が良いでしょう。

なるべく無添加のもの、もしくは天然由来の添加物が使われているキャットフードを選びましょう。

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

自社工場で生産

キャットフードメーカーのなかには、自社工場をもたず原材料の管理や製造なども外部に委託しているケースもあります。

中国産フードを食べた犬や猫が大量死した「アメリカ・ペットフード大量リコール事件」では、こうした原材料の管理の問題点が浮き彫りになりました。

原材料の管理から製造、販売まで一貫して自社で責任を持って行うメーカーかどうかは、安全性をはかる基準と言えるでしょう。

猫ねこさん
チキンが入っていても主原料が穀類だったりすると、動物性たんぱく質が少ない可能性があるんですねぇ。。。配合量までしっかり見るのがポイントですよぉ。
チキン味なんて書いてあっても、メインは小麦やとうもろこしなどの穀物ってことも多いですもんねっ。。。
クロベエ
チキンを使用したおすすめキャットフード

チキンを使用したキャットフード比較表

以下の表は、チキンを使用したキャットフードの主原料、使われている肉の種類、人工添加物の有無、価格について比較したものです。

チキンを使用したキャットフードのなかでも比較的安価なものは、主原料が穀類(植物性たんぱく質)で人工添加物が多く含まれていたり、粗悪な素材が使われていることが分かります。

一方で、値段は高いですが、新鮮な肉類を多く使用し添加物に配慮したプレミアムフードもあります。

※好ましくない素材は赤文字にしてあります。

 ブランド 主原料 肉の種類 人工添加物 価格(1kgあたり)
ジャガー 骨抜きチキン生肉 骨抜きチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、チキンレバー 不使用 約3,082円
カナガン 乾燥チキン 乾燥チキン、骨抜きチキン 不使用 約2,851円
アカナ 新鮮鶏肉 新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮鶏内臓、鶏肉ミール、七面鳥肉ミール、新鮮七面鳥内臓、乾燥鶏軟骨、フリーズドライレバー(鶏と七面鳥) 不使用 約3,480円
オリジン 新鮮骨なし鶏肉 新鮮骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、新鮮鶏レバー、新鮮骨なし七面鳥肉、乾燥七面鳥肉、新鮮七面鳥レバー、新鮮鶏ハツ、鶏軟骨、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ鶏肉、フリーズドライ七面鳥肉 不使用 約3,220円
ラウズ ディハイドレイテッドチキン ディハイドレイテッドチキン、ディハイドレイテッド骨抜きチキン、チキン、ターキー、チキンレバー、ターキーレバー、ターキーハーツ 不使用 約4,304円
アズミラ チキンミール チキンミール、鶏脂肪 不使用 約2,150円
ロイヤルカナン インドア 肉類(鶏、七面鳥) 肉類(鶏、七面鳥) BHA、没食子酸プロビル 約1,014円
ヒルズ トリ肉(チキン、ターキー) トリ肉(チキン、ターキー) 不使用 約742円
JPスタイル 穀類(小麦全粒粉、コーングルテンミール、中白糟、トウモロコシ、ホミニーフィード、小麦粉) 肉類(チキンミール、ミートミール 不使用 約824円
銀のスプーン 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉) 肉類(ポークミール、チキンミール、ビーフミール、チキンエキス) 二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号 約771円
猫ねこさん
ひとくちにチキンといってもいろんなフードがあるんですねぇ。なかには、猫本来の食事により近づけるために内臓系まで配合している嬉しいフードもありますよぉ。
主原料、粗悪な素材、添加物、、、値段の安さやブランドの知名度などに惑わされないで、しっかりチェックしなくちゃですねっ!
クロベエ

チキンを使用したおすすめキャットフード

ここでは、チキンを使用したおすすめキャットフードを紹介します。

ジャガー

ジャガー

  • 新鮮な骨抜きチキン、乾燥チキンのほかチキンレバーも配合
  • 原材料の80%がたんぱく質豊富な動物性食材
  • ペット先進国イギリス産、専任の品質管理官が品質をチェック
価格 4,622円/1.5kg(1kgあたり約3,082円
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン生肉
主な成分 たんぱく質:40.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 炭水化物:18.00% エネルギー:384kcal/100g

カナガン

カナガン

  • 乾燥チキンと骨抜きチキン生肉だけで原材料の60.5%!
  • 豆類も一切不使用で動物性たんぱく質が豊富
  • 品質管理の厳しいイギリスのGAペットフードパートナー社が製造
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 乾燥チキン
主な成分 たんぱく質:37.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 390kcal/100g

アカナ

アカナ

  • 肉原材料75%以上!猫本来の食事を再現
  • 原材料は地元カナダから新鮮なまま直送
  • 他社に製造を任せず自社キッチンで製造
価格 6,264円/1.8kg(1kgあたり約3,480円)
原産国 カナダ
第一原料 新鮮骨なし鶏肉
主な成分 たんぱく質:37.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 エネルギー:406kcal/100g

オリジン(キャット&キトゥン)

オリジン

  • 肉原材料を85%以上配合!猫本来の食事を再現
  • 新鮮肉のほか臓器や軟骨で栄養をバックアップ!新鮮肉と乾燥肉のバランスも◎
  • 他社に製造を任せず自社キッチンで製造
価格 5,443円/1.8kg(1kgあたり約3,023円)
原産国 アメリカ
第一原料 新鮮骨なし鶏肉
主な成分 たんぱく質:42.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維: 3.00%以下 406kcal / 100g

ラウズ ミールフリーターキー&チキン

  • 低温で丁寧に脱水した栄養価の高いディハイドレイテッドチキン使用
  • 肉類だけで7種類!高たんぱくパワフルフード
  • すべての素材の原産国を開示
価格 3,400円/790g(1kgあたり約4,304円)
原産国 アメリカ
第一原料 ディハイドレイテッドチキン
主な成分 たんぱく質:40.00% 脂質:12.00%以上 繊維: 4.00%以下  371kcal / 100g

まとめ

チキンを使用したキャットフードを選ぶ際は、主原料や原材料の安全性、添加物の有無などもしっかりチェックすることが大切です。選び方のポイントなどについては以下のまとめをご覧ください。

  • チキンは猫に必要な動物性たんぱく質・脂質・その他の栄養素が豊富
  • 元々肉食動物の猫になじみの深い食材で嗜好性が高い
  • 主原料にチキンを使用している
  • 新鮮なチキンを使用していて、粗悪な素材を使っていない
  • チキンミールのキャットフードを選ぶときはイギリスやドイツ、アメリカ産などが安心
  • 無添加・天然由来の添加物使用
  • 自社工場で生産
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター

Follow me! 猫ねこ部 INSTAGRAM

ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2019 AllRights Reserved.