とり

とり

授乳中の猫に与えたいおすすめキャットフード5選

公開日:

目的別おすすめキャットフード

とり

とり

猫ねこさん

授乳中の猫に与えたいおすすめキャットフード5選

猫ねこさん
授乳中はいつもより2~4倍の栄養が必要なので、いつでも餌を食べられるようにしておくのがポイント!特にたんぱく質が足りなくなると母乳にも影響するので、お肉やお魚メインの動物性たんぱく質豊富なフードを選ぶのが大切ですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

離乳食を与え始める生後1ヶ月頃までの授乳期は、母猫にとって通常よりも2~4倍の栄養が必要な時期。
十分な量の母乳を作り出すためにも、栄養価の高い食事をしっかり与えることが大切です。
「良質な動物性たんぱく質」「肉や魚などの動物性食材が主原料」「L-カルニチンが豊富」「オメガ3脂肪酸が豊富」なものが特にオススメ!

今回は授乳期の猫用キャットフード選び方5つのポイント、おすすめフード、与える量をご紹介。

猫の授乳と離乳のタイミング、授乳中の食事の与え方についても詳しくご紹介します!

授乳中の猫におすすめキャットフード

猫の授乳と離乳のタイミング

ここでは猫の授乳と離乳のタイミングについて説明します。

初乳~離乳期の流れは以下の通りです。

①初乳:子猫が生まれて1時間以内
②~生後3週間:母猫から授乳
③生後3週間以降:子猫からの要求で授乳
④生後1ヶ月~:子猫が徐々に離乳

①初乳:子猫が生まれて1時間以内

子猫が生まれて1時間以内に、母猫は子猫への授乳を行います。
動物の場合、人間と違って生まれてすぐに自力で母乳を飲むことができそうなイメージがありますが、子猫は自力で母乳を飲むことはできず母猫の力が必要になります。

子猫は、母猫からの初乳によって免疫力をつけることができます。

②~生後3週間:母猫から授乳

生後3週目くらいまでの子猫は、自力で母乳を飲むことができません。
そのため、母猫は子猫を呼んだり寝ている子猫を起こしたりして、強制的に母乳を飲ませます。

また、この時期の子猫は体温調整やトイレなども自力ではできません。
母猫は子猫に寄り添って体を温め、お尻をなめて子猫の排泄を促すなど、1日中子猫のお世話にかかりっきりとなります。

③生後3週間以降:子猫からの要求で授乳

生後3週間を過ぎると、子猫が自ら母乳を飲みたいと求めてきます。

④生後1ヶ月~:子猫が徐々に離乳

生後3~4週目になると歯が生え始め、自分の力で歩き出します。
歯が生え始め、自力で排泄できるようになったら、そろそろ離乳食を与え始めて良い時期です。

ただし、個体差もありますので、子猫の様子を見ながら徐々に離乳を進めていくことが大切です。

授乳中の食事の与え方

授乳中の母猫への食事は、以下のポイントに注意して与えましょう。

  • 水分をしっかり与える
  • 食事回数を増やす
  • いつでもフードを食べられる環境を整える
  • ストレスを与えない
  • 離乳が始まったら母猫のカロリーを減らす

水分をしっかり与える

母乳には多くの水分が含まれるため、母猫には食事と一緒に水分をしっかり与えることが大切です。

いつでも自由に水を飲める環境を整えておくのが基本ですが、あまり水を飲まない場合は以下のような工夫をすると良いでしょう。

  • 水分の多いウェットフードを利用する
  • フードをぬるま湯やミルクでふやかして与える
  • 食事の回数を増やす
  • 水道水のカルキ臭を消す(魚や肉の茹で汁を使う/一度お湯を沸かす)
  • こまめに飲み水を取り替える
  • 水にまたたびを少し混ぜる
  • 好みの材質の器を使う
  • ひげが当たりにくい器を使う
  • 水飲み場の場所を変える

食事回数を増やす

子猫の数にもよりますが、授乳期には通常よりも2~4倍の栄養を必要とします。

1日の食事回数を増やすことで、母猫の体へ負担をかけずに必要な栄養を摂取できます。

いつでもフードを食べられる環境を整える

自分で必要なエネルギー量を満たせるよう、いつでも好きなときにフードを食べられるような環境を整えておく(自由給餌法)ことも大切です。

ただし、ウェットフードを出しっぱなしにしておくと傷んでしまうため、自由給餌法ではドライフードを用意しましょう。

ストレスを与えない

授乳期の母猫は、一日中育児に追われかなり神経質になっています。
猫はストレスを感じると餌を食べなくなることがあるので、ストレスを与えないように注意することが大切です。

よくある猫のストレスは以下の通りです。
猫によってストレスに感じることは異なるので、猫の目線になってストレスの原因を探し取り除いてあげましょう。

  • 多頭飼い(相性・トイレ不足)
  • 引っ越し
  • 来客
  • 騒音
  • 匂い
  • 普段使っているものの変化(食器・トイレ)
  • 運動不足
  • 急激な気温の変化

離乳が始まったら母猫の食事量を減らす

前述のように、子猫は生後1ヶ月頃から離乳期に入り、母乳からキャットフードに食事を切り替えていきます。

離乳が始まったら、母乳がいらなくなるぶん、母猫が必要とするカロリー量も減ります。
そのため、今までと同じ量を与えると肥満になってしまいます。

子猫が母乳を飲まなくなってきたら、母猫の食事量を減らすことが大切です。
また、授乳期用のキャットフードを与えている場合は、通常のキャットフードに戻しましょう。

猫ねこさん
授乳中は必要なカロリー量が増えるので、いつでも自由に餌を食べられるようにしておくのがポイント!母乳のためにしっかり水分を与えることも大切ですよぉ。
授乳中は食べ放題!う、うらやまし~。でも食べすぎで肥満にならないように注意しなきゃですね。。。
クロベエ
授乳中の猫におすすめキャットフード

授乳中に与えるキャットフードの選び方

ここでは、授乳中に与えるキャットフードの選び方について説明します。

選び方のポイントは以下の4つです。

  • 良質な動物性たんぱく質
  • 肉や魚などの動物性食材が主原料で消化しやすい
  • L-カルニチンが豊富
  • EPA・DHAなどのオメガ3脂肪酸が豊富

良質な動物性たんぱく質

猫のエネルギー源となるのは動物性たんぱく質ですが、授乳中は特にたんぱく質の量と質が重要です。
授乳中にたんぱく質が不足すると、十分な量の母乳を作り出せなくなり、最悪の場合子猫が栄養失調に陥ります。
そのため、良質な動物性たんぱく質をしっかりとることが大切です。

肉副産物・家禽ミール・ミートミールには粗悪な材料が入っている可能性があるため、こうした原料を使用しているフードを避け、なるべく肉や魚がどういったものか明記されている(鶏肉、サーモン、チキンミールなど)フードを選びましょう。
また、植物性のたんぱく質や炭水化物が主原料のものは避けましょう。

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

肉や魚などの動物性食材が主原料で消化しやすい

肉食動物である猫の主なエネルギー源は、肉や魚などの動物性たんぱくです。
猫は穀物の消化が苦手なため、米・麦・トウモロコシなどの穀物の量が多すぎると消化器官に負担をかけてしまいます。

また、穀物と同じく植物性のたんぱく質も主原料であることが多いのですが、猫の必須アミノ酸であるタウリンは動物性食材にしか含まれておらず、欠乏すると猫は健康を保てません。
猫の健康を考えるなら、動物性たんぱく質の豊富な肉や魚などの動物性素材が主原料のキャットフードを選ぶことが大切です。

L-カルニチンが豊富

L-カルニチンとは猫の必須アミノ酸で、赤身の肉や魚、乳製品に多く含まれています。

母乳を作るためには、脂肪を効率よく使う必要があります。
そのため、授乳中はL-カルニチンを多く含むフードを選びましょう。

EPA・DHAなどのオメガ3脂肪酸が豊富

オメガ3脂肪酸とは「EPA」「DHA」などから構成される猫の必須脂肪酸のことです。

「EPA」「DHA」は青魚などに多く含まれていますが、猫は体内でオメガ3脂肪酸を合成することができないため、食事から摂取する必要があります。
オメガ3脂肪酸は子猫の脳の発達に重要な役割を果たすため、授乳中に特に積極的にとっておきたい栄養素です。

猫ねこさん
授乳中は特に良質な動物性たんぱく質をしっかりとることが大切!足りなくなると、母乳がでなくなって栄養失調になってしまうんですねぇ。。。
妊娠中と同じくお肉やお魚メインのフードがいいんですね!子猫のためにもしっかり栄養をとらないとっ。
クロベエ
授乳中の猫におすすめキャットフード

与えるキャットフードの量

授乳中に必ずしもキャットフードを切り替える必要はありませんが、どんなフードを与えるかによって与える量が異なります。

ここでは、授乳中に与えるキャットフードの量について説明します。

通常のキャットフードを与える場合は1.5~2倍の量

授乳中も今までと同じキャットフードを与える場合は、通常よりも1.5~2倍の量に増やしましょう。

授乳中の猫用キャットフードを与える場合は目安通りに

授乳中の猫向けキャットフードに切り替えて与える場合は、パッケージに記載されている目安を参考に与えましょう。

授乳中、母猫の体内のカルシウムが子猫に奪われ、低カルシウム血症を引き起こすことが稀にあります。
低カルシウム血症になると、痙攣、震え、発熱などの症状が現れることもあるため、きちんとフードを与えることが大切です。
だいたいのフードにはカルシウムが適量配合されていますので、総合栄養食のフードを与えていれば問題ありません。

授乳期間中は欲しがるぶんだけ与えるのが基本ですが、肥満はさまざまな病気の原因になるため体重管理には十分注意しましょう。

よくある質問

ここでは、猫の授乳に関するよくある質問をまとめています。

授乳期間はどれくらい?

歯が生え始める生後1ヶ月頃から、子猫は徐々に母乳以外の食べ物に興味を持ち始めます。

個体差はありますが、生後2ヶ月頃には授乳を終えキャットフードに切り替えることが多いようです。

授乳中に避妊手術を受けてもいい?

母猫に発情期が戻ってくると、出産後早くて1ヶ月で妊娠可能です。

妊娠を防ぐためには、子猫の離乳後発情が戻るまでのあいだにできるだけ早く避妊手術を行うことが大切です。

ただし、出産後の子宮は出血しやすいため、避妊手術を行うなら出産後1ヶ月を経過してからがオススメです。

母猫の食事量は出産後いつまで増え続ける?

食事量は出産時に少し減るものの、基本的には妊娠したときから出産後6週目くらいまで増え続けます。

出産後一時的に食事がとれなくなった。母乳に影響はない?

猫は妊娠すると体重が増え続け、出産すると増加した体重の40%が一気に減ります。

増加した体重増加分の60%は、授乳期間に母乳産生にあてるために使われます。
出産後一時的に食事がとれなくても、蓄えた自分の脂肪を使って母乳をつくることができます。

産まれて間もない子猫を保護した。子猫用のミルクはどんなものを選べば良い?

保護した子猫は初乳を飲んでいない可能性もあるため、必ず獣医の検査を受けることが大切です。

週齢や体重によって必要なカロリーが変わってくるため、調整がしやすく溶けやすい粉ミルクを選ぶと良いでしょう。
子猫用ミルクがない場合は「牛乳1カップ(200cc)に卵黄1個、練乳か砂糖少々を入れてかき混ぜたもの」で代用できますが、なるべく早く子猫用ミルクに切り替えましょう。

牛乳は下痢を引き起こす危険性があるので避けましょう。

子猫用のミルクの作り方は?

パッケージの量を目安に、母乳に近い38℃くらいのお湯に粉を溶かして作ります。
温度が低すぎると体温が下がってしまい、熱すぎるとやけどの危険性がありますので、ミルクの温度には十分注意してください。
頬に当てたり手の甲に垂らすなどして、熱すぎないか確認すると良いでしょう。(人肌よりやや温かい程度)

また、保護したばかりの子猫で消化機能が未熟な場合は、パッケージの目安よりもやや薄めに作り徐々に濃度をあげていきましょう。

ミルクは必要なぶんだけ溶かし、飲み残しは捨てます。作り置きは禁物です。

使用後の哺乳瓶はよく洗って熱湯消毒しておきます。

哺乳瓶はどんなものを選べば良い?

ペットショップ、動物病院、ホームセンターなどで市販されている子猫専用の哺乳瓶を用意しましょう。

容器が大きすぎるとミルクが冷めてしまうため、小さめのものが使いやすいです。

猫の大きさにあわせて、乳首がなるべく小さくゴムが硬すぎないものを選びます。
乳首の先端は十文字にカットされている場合が多いですが、切られていない場合は針や爪楊枝で円形の穴をあけると良いでしょう。
哺乳瓶を逆さにしてミルクがじわっと出てくるくらいを目安に、穴の大きさを決めましょう。

歯が生えてくると、乳首のゴムを噛み切ってしまう場合があるため注意が必要です。

与えるミルクの量や授乳回数は?

以下の表は子猫の生後日数に応じた1回のミルク量、1日のミルク量、1日の授乳回数をまとめたものです。
子猫の週齢や体重、健康状態によっても適切な量は異なるため、与えるミルクの量は獣医さんに相談して決めると良いでしょう。

生後日数 1回のミルク量 1日のミルク量 1日の授乳回数
1~10日 5~8ml 40~80ml 8回
11~20日 8~12ml 60~80ml 8回
21~30日 10~20ml 80~100ml 6回
ミルクの上手な飲ませ方は?

気管にミルクが入らないよう、必ず腹ばいにさせて授乳することが大切です。
口のまわりをそっとなで刺激すると乳首を口にくわえてくれます。
無理やり押し込んだりせず、ゆっくりと優しく飲ませてあげましょう。
深く入れすぎないよう乳首の長さの4分の3くらいまでをくわえるようにし、哺乳瓶の角度は45度くらいにします。

吸う力が弱い猫には、乳首の先端をハサミで切って哺乳量を調節すると良いでしょう。
それでも飲めない場合は、スポイトやガーゼにミルクを含ませ、少しずつ口の中に入れていきます。

なかなか飲んでくれない場合は、温めたタオルに子猫をくるんでミルクを飲ませるなど工夫してみましょう。

授乳中におすすめのキャットフード

ジャガー

ジャガー

  • 肉と魚の栄養が両方とれるハイブリッドフード!動物性食材80%以上
  • カルシウムやオメガ脂肪酸が豊富
  • L-カルニチンが豊富で高脂肪20%
価格 4,622円/1.5kg(1kgあたり約3,082円
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン生肉
主な成分 たんぱく質:40.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 炭水化物:18.00% エネルギー:384kcal/100g

カナガン

カナガン

  • 豆類も一切含まない正真正銘グレインフリー!授乳中の猫に嬉しい高たんぱくレシピ
  • 肉類の動物性原材料だけで70%以上
  • カルシウム、オメガ3脂肪酸が豊富
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン
主な成分 たんぱく質:37.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 390kcal/100g

シンプリー

シンプリー

  • サーモンベースにニシン、マス、乾燥白身魚など魚類だけで73%以上
  • 正真正銘のグレインフリー!豆類も一切不使用
  • 魚類が多くオメガ3脂肪酸が豊富
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜き生サーモン
主な成分 たんぱく質:37.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 約380kcal/100g

ピュリナワン 1歳までの子猫用/妊娠・授乳期の母猫用

ピュリナワン子猫

  • 安価なわりに主原料に肉類を使用
  • カルシウムとリンのバランスが良い
  • 魚油使用でオメガ3脂肪酸が豊富
価格 1,880円/2.2kg(1kgあたり約855円)
原産国 アメリカ
第一原料 チキン
主な成分 たんぱく質:40.00%以上 脂質:18.00%以上 粗繊維:2.50%以下 約440kcal/100g

オリジン

オリジン

  • 肉原材料を85%以上配合した高たんぱくフード
  • 新鮮肉のほか臓器や軟骨で栄養をバックアップ
  • 地元アメリカから新鮮なまま搬送された原材料だけを使用
価格 5,443円/1.8kg(1kgあたり約3,023円)
原産国 アメリカ
第一原料 新鮮骨なし鶏肉
主な成分 たんぱく質:42.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 406kcal / 100g

まとめ

猫の授乳と離乳のタイミング・授乳中の食事の与え方・授乳中の猫用キャットフードの選び方・与える量については以下のまとめを参考にしてください。

  • 子猫が生まれて1時間以内に母猫は初乳を与える
  • 生後3週目までの子猫は、母猫から強制的に授乳を行わないと自力で母乳は飲めない
  • 生後1ヶ月以降徐々に離乳を進める
  • 母乳のために水分をしっかり与える
  • 母猫への負担を減らすため食事回数を増やす
  • いつでもフードを食べられる環境にしておく
  • ストレスを与えないように注意
  • 離乳が始まったら母猫の食事量を減らす
  • 良質な動物性たんぱく質
  • 肉や魚などの動物性食材が主原料
  • L-カルニチンが豊富
  • オメガ3脂肪酸が豊富
  • 今までのキャットフードを与える場合は通常の約1.5~2倍の量を与える
  • 授乳中の猫用キャットフードに切り替える場合はパッケージの給餌量を目安に与える
  • 欲しがるままに与えるのが基本だが肥満には注意
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター

Follow me! 猫ねこ部 INSTAGRAM

ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2019 AllRights Reserved.