とり

とり

【成猫用】1~6歳の猫に与えたいおすすめキャットフード5選

公開日:

目的別おすすめキャットフード

とり

とり

猫ねこさん

【成猫用】1~6歳の猫に与えたいおすすめキャットフード5選

猫ねこさん
成猫用フードに切り替えるのは1歳くらいが目安。子猫用フードは栄養価が高く高カロリーのものが多いので、成猫になっても食べ続けると太りやすくなるんですねぇ。切り替えるときは徐々に進めていくのがポイント。全年齢対応フードであれば、量を調整するだけでずっと好みの味を食べ続けられるので便利ですよぉ。

ほとんどの猫は1歳で成猫になります。
子猫期ほど多くのエネルギーを必要としないので、1歳を目安に徐々に成猫用フードに切り替えていきましょう。

猫のエネルギー源である動物性たんぱく質たっぷりの肉や魚を与えるのがポイント。
消化の苦手な穀物はなるべく控えるのが◎
できれば無添加のキャットフードが安心ですね!

今回は成猫用キャットフード選びの3つのポイント、おすすめフードをご紹介。

成猫用フードに切り替える時期、子猫用フードとの違い、1日の給餌量と回数の目安、シニア猫用フードに切り替える時期についても詳しく解説します!

成猫おすすめキャットフード

成猫用キャットフードに切り替える時期は?

猫の成長は大きく分けると以下の3つの時期に分けられます。

  • 子猫期・・・~1歳
  • 成猫期・・・1歳~6歳
  • 高齢猫期・・・7歳以上

多くの猫は生後1年くらいたつと成長が止まります。生後1歳までの子猫期は、体が大きく成長する時期で、成猫期の3倍のエネルギーや栄養を必要とします。それに比べ、1歳~6歳の成猫期は体がしっかりできあがっているため、それほど多くのエネルギーを必要としません。

生後10か月くらいから徐々に成猫用キャットフードに慣らしていき、1歳を目安に成猫用に切り替えられるように準備を進めていきましょう。切り替える際は、いきなり成猫用に替えるのではなく、子猫用に少しずつ成猫用を混ぜ、成猫用の割合を徐々に増やしていくと良いでしょう。

ただし、猫の種類によっては成長の速さが違うため、必ずしも1歳を目安に切り替えなければならないわけではありません。例えば、メインク―ンやラグドールなどの大型種は成長が遅く、2歳~3歳くらいまで成長を続けます。このような猫の場合は、「体重の増えがゆるやかになった」「運動量が減った」などを目安に、成猫用に切り替えるようにしましょう。

高カロリーで栄養価の高い子猫用キャットフードを成猫にあげ続けると、肥満になる可能性もありますので、適切な時期に年齢にあったフードへ切り替えることが大切です。

キャットフード選び方3つのポイント

成猫用のキャットフード選びのポイントは以下の3つです。

子猫用や高齢猫用と違い、成猫用だけに特化したポイントはないのですが、猫の健康を考えるのであれば以下のようなキャットフードを選ぶことをおすすめします。

動物性たんぱくが豊富に含まれている

猫は元々肉食動物のため、肉や魚などの動物性たんぱくが大切なエネルギー源となります。

猫にとって必要な栄養素をバランスよくとるためには、原材料に肉や魚などを多く使用しているキャットフードを選ぶことが大切です。キャットフードのパッケージには、原材料が内容量の多い順にすべて記載されているため、肉や魚などが最初に記載されているものを選びましょう。

ただし、肉副産物・家禽ミール・ミートミールには本来食べることのできない材料が入っている可能性もあるため注意が必要です。

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

グレインフリーまたは穀物の量が少ない

グレインフリーキャットフードとは穀物が一切使われていないフードのことです。

穀物とは以下のようなものを指します。

  • 大麦
  • トウモロコシ

グレインフリーフードは猫がほとんど消化できない穀物を一切使用していないため、猫の体に負担がかかりません。また、消化しやすいことから、下痢や便秘などを防ぎ猫の健康コンディションを整えるメリットもあります。

原材料を確認して、穀物が第一原料(一番内容量が多い)ではない、もしくはグレインフリー(穀物が全く入っていない)キャットフードを選びましょう。

無添加のものが安心

キャットフードにはさまざまな添加物が含まれており、なかには猫の体によくないものもあります。特に猫の健康を害する恐れのあるBHA・BHTなどの酸化防止剤や着色料が含まれているものは避けた方が良いでしょう。

なるべく無添加のもの、もしくは天然由来の添加物が使われているキャットフードを選びましょう。

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

 

猫ねこさん
あんなに小さかったクロベエくんがそろそろ成猫になるなんて感慨深いですよぉ。成猫用フードも子猫用と同じく、お肉やお魚メインのものを選んでくださいねぇ。
穀物も多くは必要ないんでしたよねっ。添加物がもりだくさんのフードだけは絶対イヤです!
クロベエ
成猫おすすめキャットフード

子猫用キャットフードとの違い

子猫用キャットフードと成猫用キャットフードの違いはカロリーとたんぱく質の量です。

子猫の成長は1歳くらいまで続く(大型種の場合は2歳くらいまで)ため、この時期に体をつくる栄養素「たんぱく質」をたくさんとらなければなりません。そのため、子猫用のキャットフードは成猫用フードに比べたんぱく質が豊富に含まれ、カロリーも高めに作られています。

1日の給餌量と回数の目安

成猫になると、子猫のときよりも必要なエネルギー量が減り、1回に食べられる量も増えるため食事回数が減ります。

成猫の食事回数の目安は1日2~3回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

以下の表は、成猫に与える1日の給餌量の目安です。フードによってカロリーは異なりますので、パッケージに記載の目安を参考に、猫の種類や運動量、食欲などにあわせて調整してあげましょう。

体重 1日の給餌量
~2.5kg 35~45g
2.5~3.5kg 45~55g
3.5~5kg 55~70g
5~6.5kg 70~85g
6.5~8kg 85~110g
8~10kg 90~100g

※100gあたり374kcalのキャットフードの場合

猫に必要な摂取カロリーは条件によって異なる

成猫に必要な1日のカロリーは猫の種類、環境などによって大きく違うため、一概に体重が○kgだから○kcal必要とは言えません。しかし、1日の給餌量の目安がないと猫にとって必要な栄養が不足してしまう恐れもあるため、各メーカーがフードごとに給餌量の目安を設定しています。

成猫おすすめキャットフード

シニア猫用キャットフードに切り替える時期は?

猫が老齢期に入るのは7歳頃からと言われています。シニア猫用キャットフードへの切り替えは7歳くらいを目安に行うと良いでしょう。

シニア猫に成猫用キャットフードを与えても問題はありませんが、年齢にあわせてフードを選んだ方がより健康を維持できるでしょう。

年齢とともに、猫の運動量や基礎代謝量は落ち、必要とするカロリー量も少なくなります。そのため、シニア猫用のキャットフードは、成猫用フードよりもカロリーが少なめに作られています。また、シニア猫に必要な栄養素を強化し、衰えてきた消化機能をサポートするなど、シニア猫が健康を保つためのさまざまな工夫が凝らされています。

猫ねこさん
ワタクシも気づけばシニア世代、、、そろそろフードも変えなきゃいけませんねぇ。もともとそんなに運動しない方ですけど、最近はとくにゴロゴロと、、、ンフフ。
えぇっ!先輩がシニア、、、信じられないです。でも、年齢とともに食べる量も変わってきますもんね。ぼくも少食になる日がくるのかなぁ。
クロベエ

成猫用おすすめキャットフード

ジャガー

ジャガー

  • 人間でも食べられる安心素材を使用!肉と魚の豊富な栄養が取れる
  • 動物性たんぱく質80%以上!グレインフリーで猫の体に優しい
  • レバー、タウリン、ベリー系など品質の良い多岐にわたる素材
価格 4,622円/1.5kg(1kgあたり約3,082円
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン生肉
主な成分 たんぱく質:40.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 炭水化物:18.00% エネルギー:384kcal/100g

カナガン

カナガン

  • 正真正銘のグレインフリー!豆類不使用で大豆アレルギーの猫でも安心
  • 乾燥チキン、骨抜きチキン生肉だけで60.5%の高たんぱくで消化しやすい
  • 全体的な成分バランスが良く子猫に必要な栄養素がしっかりとれる
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン
主な成分 たんぱく質:37.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 390kcal/100g

シンプリー

シンプリー

  • 正真正銘のグレインフリー!豆類も一切不使用で大豆アレルギーの猫でも安心
  • 消化の良い生サーモン、乾燥サーモンなど魚が原材料の73%
  • 子猫からシニア猫まで全年齢の猫に対応
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜き生サーモン
主な成分 たんぱく質:37.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 約380kcal/100g

ファインペッツ

ファインペッツ

  • アレルギー性の低いアヒル肉とニシンが第一原料
  • 初回1.5kg1,000円(税別)でお試しできる
  • 肉と魚両方の栄養がとれるハイブリッドフード
価格 3,704円/1.5kg(1kgあたり約2,469円)
原産国 オランダ
第一原料 アヒル肉
主な成分 たんぱく質:32.00% 脂質:21.00%以上 粗繊維: 5.00%以下 炭水化物:27.40%以上 406kcal / 100g

モグニャン

モグニャン

  • 高たんぱく低脂肪で安全性の高い白身魚をふんだんに使用
  • グレインフリーで猫の体に優しい
  • 子猫からシニア猫まで全年齢の猫に対応
価格 3,960円/1.5kg(1kgあたり約2,640円定期コース初回半額1,980円
原産国 イギリス
第一原料 白身魚
主な成分 たんぱく質:30.00% 脂質:16.00%以上 粗繊維: 3.00%以下 374kcal / 100g
当サイト特典!モグニャン初回半額!

まとめ

成猫用のキャットフードは以下のポイントに注意して選ぶようにしましょう。猫が健やかな毎日を過ごせるよう、キャットフード選びにはしっかりこだわってあげましょう。

  • 1歳を目安に子猫用キャットフードから成猫用キャットフードへ切り替える
  • 切り替えの際は子猫用に少しずつ成猫用を混ぜ徐々に成猫用を増やす
  • 成長速度の遅い猫は体重や運動量の変化を目安に切り替える
  • 成猫に子猫用キャットフードをあげ続けると肥満になる可能性がある
  • 動物性たんぱくが豊富なキャットフードを選ぶ
  • グレインフリー、穀物量が少ないキャットフードを選ぶ
  • 無添加のものが安心
  • 成猫の食事回数は1日2~3回が目安
  • 成猫の1日の給餌量は各フードに記載の目安を参考に猫にあわせて調整する
  • 7歳を目安に成猫用キャットフードからシニア猫用キャットフードに切り替える
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.