新型コロナウイルス ペット向け最新ニュース

【私の人生を変えてくれた】Twitterで大人気!本名はニギハヤミコハクヌコ~「ハク様」

猫ねこさん

【私の人生を変えてくれた】Twitterで大人気!本名はニギハヤミコハクヌコ~「ハク様」

猫ねこさん
今回のスペシャルインタビューは、Twitterで大人気の「ハク様」。ジブリ好きの猫飼いさんから愛されるハク様の素顔をご紹介しますよぉ。

白猫ちゃんのお名前で多い「ハクくん」「ハクちゃん」。
でも、今回ご紹介するのは「ハク様」。重要なのでもう一度言いますよ、「ハク様」です^^様まで込みでお願いします。

ジブリ好きの猫飼いさん、猫飼いゲーマーさんなどを中心に、Twitterで絶大な人気を誇る「ハク様」。
「私の人生を変えてくれた」と話す飼い主さんに、その出会いやハク様への想いについてお話を伺いました!

■ハク様■

性別:♂
種類:MIX
家族になった日:2014年9月6日
生年月日:

公式Twitter→@hakusama0906
公式Instagram→@hakusama0906

Twitterで大人気!凛々しい5歳の男の子「ハク様」

猫飼いゲーマーの皆さまなら一度は(いや毎日)経験するであろう、「画面立ちはだかり行為」。例えば、この猫さまのように。

見事なまでのど真ん中。そして不動の鎮座^^このラスボス感はなかなかのものです(笑)私の息子も一時どハマりしたスプラのガチバトルですが、その全くバトってない”優しい瞬き”がまたツボであります!でも間違いなく「お願いどいて」状態なのはたしか^^

この「どっちに集中すればいいのか」な可愛い猫さまが、今回ご紹介するハク様。5歳の男の子です。

神々しさ溢れるこちらのツイートは、「うちもやります」「ペイントをまとってる感じが好き」「途中から合成にしか見えなかった」など猫飼いゲーマーさんの間で話題に。今までに25,000以上ものリツイートがされています。

ハク様のTwitterには、これ以外にも思わず声出して笑っちゃうようなほっこり動画が満載。

こちらは「猫が如く」(笑)耳はケジメで・・・^^飼い主さん曰く「自信作」なこのツイートにも、原作ファンからたくさんのリプライが。

貫禄が段違い。

ハク

最後キメた!^^

ハク

そんないぶし銀の可愛さを見せてくれたと思ったら、こんな愛情深い一面も。愛しすぎてだいぶ荒ぶりが激しくなっております^^

こちらは懐かしのピロピロに、首傾げが止まらないハク様。「見たことないわ、こんなん。食べれるん?いい匂いするん?とりあえず触っとく?」的”心の声”が聞こえてきそう^^

その色白な美貌を持ちながら、さらに白くなろうとかわいくアピールしてみたかと思えば。。。

ハク

出かける飼い主さんには、思わず足も止まるこんな表情を見せることも(笑)

ハク様

もう、なんなんでしょうこの強烈な可愛さは^^

さあ、今回はそんな目が離せない魅力を持つ「ハク様」の飼い主さんに、その出会いのきっかけやハク様への想いについて伺ってきました。

「誰か猫飼える人いない?」に思わず返信~一週間で引っ越し

「ハクが初めての猫です!」そう話すのはハク様の飼い主さん。実家ではハムスターやトイプードルを飼っていたそうですが、ハク様に出会うまで猫を飼った経験は一度もなかったそう。

「猫を飼っている友達が近くにいたわけでもなく、近くに猫カフェもありません。でも、なぜか子供の頃からずっと猫が好きでした。」と飼い主さんはいいます。

ハク

そんな飼い主さんとハク様との出会いは今から約5年半前のこと。ある日、友達とのグループLINEで「誰か猫飼う人いない?」と連絡がきたことがきっかけだったとか。聞けば、雨の日に生後3ヶ月ほどの子猫を保護したとのこと。飼い主さんは仕事中だったそうですが、「思わず返信してしまった(笑)」といいます。

当時、飼い主さんは折れ耳スコティッシュの画像検索ばかりしていたこともあり、初めてLINEでハク様の写真を見たとき、「耳がめちゃくちゃ大きい子だなぁ!」と思ったそう。

ハク▲とんがった耳がとっても可愛い子猫時代のハク様

「飼う!」と決めたものの、実はひとつだけ大きな問題が。実は、当時飼い主さんが住んでいた部屋はペット不可だったのです。

でも、飼い主さんの決意は変わらず。「一週間待ってほしい」そう友達にお願いして大急ぎで引っ越ししたそう。「あのときの行動力は半端なかったです」と飼い主さんは当時を振り返ります。

かごの中で一生懸命鳴く姿がたまらなく愛おしかった

そしていよいよ受け渡しの日。「かごの中でピャーピャーと一生懸命鳴く姿がたまらなく愛おしかったです!」と飼い主さん。

ハク

▲ちょこんとおてて♡

怖がることもなく、興味津々な様子で家の中を歩き回っていたというハク様。

ハク

飼い主さんが立ち上がると、驚いてテレビボードの下に逃げ込む場面もあったそうですが、しばらくするとまたピャーピャー鳴きながら出てきたとか。その姿にたまらない愛おしさを感じたと飼い主さんはいいます。

当初は反対していたお母様もメロメロに

飼い主さんにとっては念願の猫との生活でしたが、実は当初お母様からは猫を飼うことを反対されていたといいます。

というのも当時飼い主さんは一人暮らしで、仕事がとても忙しく、「仕事も大変なのに生き物を飼う余裕はあるの?」と心配されていたそうです。

でも、いざハク様に会った途端、お母様はその可愛さにメロメロに。「実家にあった本棚を電ノコでくり抜いてキャットタワーを自作してくれました。」と飼い主さんは笑います。

そんなすっかりハク様のトリコになってしまったお母様とハク様のやり取りがこちら。

しぶしぶ感はダダ漏れて(笑)ますが、ちょこんとお手してます。こんな優しさもハク様の魅力なのかもしれませんね^^