• おすすめキャットフード診断おすすめキャットフード診断
  • 愛情たっぷり手作り猫ごはん愛情たっぷり手作り猫ごはん
  • 猫の気持ちがわかる 教えて猫サイン猫の気持ちがわかる 教えて猫サイン
猫ねこさん
問1 : 年齢
問2 : 性別
問3 : 体型
問4 : 気になる特徴
問5 : 好みの風味は?

by purpose

目的別でキャットフードを選ぶ

猫の年齢、体型や体質によって合うフードも異なります。
単に良いものを選ぶだけでなく、あなたの猫の状態に合ったキャットフードを選びましょう。

  • 年齢から選ぶ
  • 病気・体調別
  • 穀物不使用
  • 無添加・高品質
  • 体型・体質

猫

猫

How to choose

キャットフードの選び方

  • 肉・魚がメイン、動物性たんぱくの高いものを選ぼう。
    肉主体で野菜やフルーツなどがバランスよく配合されていることが重要
  • 猫が好んでしっかり食べるものが基本。
    猫が体質、年齢にあわせてしっかりと食事をとれることが大前提です
  • グレインフリーであることも一つの選択肢。
    猫は穀物をほとんど消化できません。配合のバランスを考えると、グレインフリーのほうがバランスが良いキャットフードが多いのです
  • 安全性の高い品質・製造工程のしっかりしたもの
    猫にとって害になりえる添加物などもあります。 天然由来のものを選びましょう
  • カルシウム:リン:マグネシウムのバランスも重要。
    猫に多い病気、尿路結石予防にはこれらのバランスが重要です
詳しくはこちら

knowledge

キャットフードの基礎知識

グラフ
猫に適当な栄養バランスは「肉・魚」:「穀物類」:「野菜」=7:2:1 動物性食材を除いては健康を維持できませんしかし、肉ばかりを食べさせるだけではだめで肉以外からも栄養を摂取する必要があります

猫に必要な5つの栄養

栄養

・タウリンは必須アミノ酸。動物性たんぱく質をメインに。
・猫が体内で合成できないビタミンA、ナイアシンも必須。
・猫は炭水化物消化力が低いので穀物類の含有量には注意。
・オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸はバランスが大切。
・カルシウム:リン:マグネシウムはバランスが大切。

詳しくはこちら

おすすめキャットフード BEST3

ジャガー
  • 肉と魚の栄養が両方とれ、動物性たんぱく質80%以上
  • 専任の品質管理官が品質をチェック!新鮮で安心の最高品質食材
  • 健康効果が高いと注目のスーパーフードを数多く配合
猫ねこさん
ジャガーは、数種類の肉と魚を使用しており、双方の良質な栄養がたっぷり!贅沢素材が80%以上も入っているんですよぉ。
スーパーフードもふんだんに入っており、栄養・素材・こだわり全て、ワタクシ猫ねこのイチオシフードです!
カナガン
  • 豆類ゼロ正真正銘グレインフリー!高たんぱく・低炭水化物レシピ
  • イギリス産平飼いチキンを60%以上使用、野菜やハーブ使用でヘルシー
  • 配合のバランス◎。動物性たんぱく質が多く吸収率◎
猫ねこさん
カナガンは、豆類も一切含まないグレインフリーなので動物性たんぱく質が多く、吸収率が良いのですよぉ。全てのバランスが良く、幼猫からシニアまで、心配なく毎日食べられるのがポイント。健康で素敵なカラダの猫への一歩はこのフードですよぉ!
シンプリー
  • 豆類ゼロ正真正銘グレインフリー!高たんぱく・低炭水化物レシピ
  • 魚類だけで73%以上、魚系グレインフリーとしてはトップクラス
  • 配合のバランス◎。動物性たんぱく質が多く吸収率◎
猫ねこさん
魚類だけで73%以上というたんぱく質量に加え、最大の魅力は原材料の魚の種類の多さ!カナガンと同じく豆類を使用していないので動物戦たんぱく質が多く、吸収率が良いのですねぇ。魚類ならではの栄養がギッシリ!お魚が好きな猫にはシンプリーがイチオシですよぉ。

こんなキャットフードにご注意!注意が必要な原材料6項目

キャットフードのなかには右のような素材が使われているものがあり、これらにはそれぞれ注意が必要な場合があります。
猫の健康を害する恐れがある物質であったり、猫の体に負担がかかるものであったりします。
こちらに加え、「AAFCO」が定めたペットフードのガイドラインに沿ったものであることもペットフードを選ぶうえで大事な要素であり、「AAFCO」の基準を最低限クリアしていれば猫が安全に暮らせるとされています。
安全なキャットフードを選ぶにはまずこれらの注意すべき材料がどのようなものか見てみましょう。

  • 1.家禽ミール・家禽副産物
  • 2.主原料が米・麦・トウモロコシなどの穀物
  • 3.BHT・BHA・エトキシキン・没食子酸プロピル
  • 4.香料・着色料
  • 5.セルロース
  • 6.低品質な動物性油脂
詳しくはこちら

猫

  • 新着
  • お役立ち情報
  • キャットフードの基礎知識
  • モニター・キャンペーン
  • 口コミ・評判
  • 猫種別で選ぶ
  • 目的別おすすめキャットフード
猫にドッグフードを食べさせてはいけない2つの理由猫がドッグフードを食べ続けると、栄養不足になるため、猫にはキャットフードをあげることが大切です。タウリン不足は失明のリスクも高めます。この記事では猫にドッグフードを与えてはいけない2つの理由、犬と猫に必要な栄養の違いについて詳しく説明します。
犬にキャットフードを食べさせてはいけない4つの理由犬がキャットフードを食べ続けると、健康を損ねる恐れがあるため、犬にはドッグフードをあげましょう。一度濃い味に慣れてしまうとドッグフードを食べなくなることもあるので注意が必要です。この記事では、犬がキャットフードを食べてはいけない4つの理由について説明します。
キャットフードのたんぱく加水分解物の性質と危険性キャットフードのたんぱく加水分解物とは、たんぱく質をアミノ酸やペプチドに分解したものです。製造方法によっては発がん性のある物質が生成されるので注意が必要!この記事ではたんぱく加水分解物の性質や製造方法、危険性について詳しく説明します。
猫に必要な1日の水分量は?水分不足による健康への影響猫はあまり水分をとらない動物ですが、健康のためにはしっかり水分をとることが大切!飲み水だけでなくキャットフードからも水分補給できます。この記事では猫に必要な1日の水分量、水分不足による健康への影響、フードの水分量について説明します。
キャットフードのビートパルプは良くない?猫への影響と役割ビートパルプとは砂糖を搾り取ったあとに残る食物繊維です。「かさ増し素材」など悪く言われがちですが、腸の負担を抑えつつ整腸機能もある優秀な素材です。この記事では、キャットフードにビートパルプが使われる理由、役割、デメリットについて説明します。
キャットフードに含まれるセルロースの性質と役割キャットフードに含まれるセルロースは、猫が分解できない食物繊維のひとつで、整腸作用やスムーズな排泄を促す働きがあります。ただし、過剰摂取は内臓への負担・便秘の悪化・下痢を引き起こすことがあります。この記事では、セルロースの役割や注意点について説明します。
フリスキー「ドライ バランス かつお・チキン・野菜入り」の悪い評判・安全性を調査フリスキー「ドライ バランス かつお・チキン・野菜入り」は、手に入りやすい安価なキャットフードです。かつお、チキン、野菜などの厳選素材のおいしさを食べやすい小粒にぎゅっと詰め込んでいます。この記事では、原材料・成分を徹底分析し、口コミ・評判をご紹介します。
カルカン「ドライタイプ かつおと野菜味」の悪い評判・安全性を調査カルカン「ドライタイプ かつおと野菜味」は、スーパーやホームセンターで気軽に買える安価なキャットフードです。かつおの風味豊かでお魚味好きの猫の食いつきが期待できます。この記事では、原材料・成分を徹底分析し、口コミ・評判をご紹介します。
モンプチ 「成猫用 5種のフィッシュブレンド」の悪い評判・安全性を調査モンプチ「成猫用 5種のフィッシュブレンド」は、まぐろ・かつお・鯛・サーモン・小魚など厳選した5種の食材をブレンドしたキャットフードです。5種類もの魚を使用しているので魚味好きの子にオススメです。この記事では、原材料・成分を徹底分析し、口コミ・評判をご紹介します。
キャラットミックス「かつお仕立ての味わいブレンド」の悪い評判・安全性を調査キャラットミックス「かつお仕立ての味わいブレンド」は、1kg約200円ととても安価で手に入れやすいキャットフードです。多頭飼いの方にも嬉しい3kg大容量のサイズですが、小分けされていて衛生面も安心です。この記事では、原材料・成分を徹底分析し、口コミ・評判をご紹介します。
  • お役立ち情報お役立ち情報
  • 猫種別キャットフード選び猫種別キャットフード選び
  • 健康サプリ&便利グッズ情報健康サプリ&便利グッズ情報

飼い主さん広場 猫といっしょ

飼い主さん広場 猫といっしょ

  • 愛情たっぷり手作り猫ごはん愛情たっぷり手作り猫ごはん
  • 教えて!猫サイン教えて!猫サイン
  • 猫ねこさんご紹介猫ねこさんご紹介
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.