新型コロナウイルス ペット向け最新ニュース

全111種から比較!編集室おすすめキャットフード10選

2018-04-20

猫ねこさん

栄養・品質・安心素材から厳選!編集部おすすめキャットフード

猫ねこさん
猫ねこが自信をもっておすすめしたいキャットフードをご紹介!栄養のバランス、肉類の配合量などを中心に、品質や生産過程、安全性などの点をまとめましたよぉ。我々肉食獣なんでウフフ。もちろん品質、栄養のバランス、素材、どれもトップクラスのものですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

愛する我が子には「いつまでも健康で長生きしてほしい」というのが飼い主さんの願いですよね。そのために日々気をつけてあげたいのが「食生活」。

でも、キャットフードも種類がいろいろありすぎて、いったいどのフードを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、猫ねこ部ディレクター兼ペットフード販売士の木原が111種のキャットフードを実際に購入、以下5点のポイントを徹底比較しました。

  1. 肉類がメインでかつ良質な素材を使用しているか
  2. 栄養バランスが良いか
  3. 安全性において信頼できるか
  4. 工夫やこだわりはあるか
  5. 買いやすい価格かどうか

この記事では、その結果上位に選ばれたおすすめキャットフード10点をご紹介したいと思います。

おすすめキャットフードへ直行!

キャットフードの基本的な選び方

おすすめキャットフードをご紹介する前に、まずはキャットフードの選び方についてご説明します。

基本的なキャットフードの選び方は以下の3つです。

  • 目的にあったものを選ぶ
  • 形状によって選ぶ
  • 原材料・成分で選ぶ

目的にあったものを選ぶ

キャットフードは、主にその目的によって以下4種類に分けられます。それぞれフードのパッケージに記載されていますので、購入前に必ず確認して目的にあったものを選びましょう。

  • 総合栄養食
  • 間食(一般食・副食・スナック・おやつ)
  • 療法食
  • その他目的食

健康な猫の主食には「総合栄養食」を

健康な猫に主食として与えるのであれば、「総合栄養食」を選びましょう。総合栄養食とは、猫に必要な栄養素がバランスよく含まれていて、そのフードと水を与えるだけで猫の健康を維持できるフードです。

避妊・去勢後の猫向けに下部尿路ケアに配慮しカロリー控えめに作られたものや、歯垢や歯石が気になる猫用に歯の健康維持に配慮した成分を配合したものなど、さまざまなフードが販売されていますので、猫のライフステージ(※)や体調、体質にあわせて選びましょう。

※全ライフステージの猫に与えられる「オールステージ」のフードもあります。オールステージのフードを選べば、成長段階にあわせてフードを変える必要がありません。

「療法食」は獣医の指導のもと与えて

疾病の治療または体調の気になる猫の健康をサポートするために与えるのであれば、「療法食」を選んでください。

ただし、療法食は必ず獣医師の指導のもと与えるように。猫の体調にあわせて栄養成分が調整されたフードですので、飼い主さんの判断で勝手に与えると症状が悪化してしまうこともあります。

形状によって選ぶ

キャットフードの形状は、主に「ドライフード」と「ウェットフード」の2つに分けることができます。

コスパ・保存性で選ぶなら「ドライフード」

ドライフードとは、水分含有量約10%の乾燥した粒状タイプのフードで、いわゆる「カリカリ」と呼ばれるもの。比較的安価かつ開封後約1か月保存がきくなど保存性も高いので、毎日のごはんとして与えるなら「ドライフード」が良いでしょう。

また、ウェットタイプに比べて重量あたりの栄養価が高く、100g当たりの摂取カロリーも高いため、少ない量でしっかり栄養をとることができます。

水分補給や食べやすさで選ぶなら「ウェットフード」

ウェットフードとは、約80%の水分を含むフードで、缶詰タイプやパウチタイプなどさまざまな種類があります。普段あまり水を飲まない猫の水分補給として使えるほか、噛む力の弱くなった老猫やカリカリをあまり食べてくれないときにトッピングして与えるなど、食べやすさで選ぶなら「ウェットフード」です。記念日などに、ご褒美として与えるなどコミュニケーションツールとしても◎。

ただし、開封後保存がきかない、ドライフードに比べコストが高いというデメリットもあります。

ウェットフードにも「総合栄養食」「療法食」「一般食」などの表記がありますので、目的にあったものを選んでくださいね。

原材料・成分で選ぶ

猫の健康を考えるなら、キャットフードに使われている原材料や成分もしっかりチェックして選びましょう。

メイン食材が「肉類」のものを

キャットフードに使われる原材料はさまざまですが、メイン食材が「肉類」のものを選びましょう。

なぜなら、猫は哺乳類のなかでも最もたんぱく質を必要とする動物だからです。たんぱく質を構成するアミノ酸のなかでも必ず必要となるのが「タウリン」。これは動物性食材=肉類にしか含まれていません。

原材料は配合量の多い順にパッケージに記載されていますので、肉類が一番目に表記されているキャットフードを選ぶと良いでしょう。

例)下記パッケージのフードで最も多く含まれているのは新鮮鶏肉、続いて新鮮七面鳥肉、新鮮イエローテイルカレイ・・・となります。

成分表

また、パッケージには成分表も記載されています。AAFCO(※)により定められているたんぱく質の成猫用基準26%以上をクリアしているかどうかも、あわせてチェックしましょう。もちろん、いくらたんぱく質量が基準をクリアしていても、メイン食材が肉類でなければ、猫に必須のタウリンを摂取できませんので、猫の食性にあったフードとは言えません。「メイン食材+成分」で判断することが大切です。

※AAFCO・・・ペットフードの栄養基準や表示などのガイドラインを定めるアメリカの機関

炭水化物の量が多すぎないものを

猫は生きていくために必ず動物性たんぱく質を必要とする「肉食動物」で、本来炭水化物は必要としません。

しかし、だからといって「炭水化物が全く不要」というわけではありません。野生の猫は、ネズミや小鳥などの小動物を「丸ごと」食べます。つまり、動物を丸ごと食べることで、たんぱく質だけでなく、炭水化物やビタミン、カルシウム、ミネラルなどさまざまな栄養素を体に取り込んでいるのです。

とはいえ、40%以上の炭水化物は、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸(※)など)や高血糖を引き起こすとの報告がありますので、炭水化物量が多すぎないフードを選びましょう。

40%以上の炭水化物は、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸等)や高血糖を引き起こすと報告(Meyer&Kienzle1991)されています。

引用:猫のための最適な食餌/三鷹獣医化グループ

栄養バランスが良いかどうかも重要

繰り返しになりますが、猫は本来とった獲物を「丸ごと」食べる動物です。獲物の骨や内臓から、猫はビタミンやミネラル・カルシウムなどをさまざまな栄養を摂取して健康を維持しています。

そのため、自然由来のハーブや野菜、果物など、猫の栄養を補う嬉しい食材が使用されているかどうかもチェックしましょう。

気になる原材料・人工添加物が入っているものは避ける

添加物にはキャットフードの鮮度を保つ重要な役割があり、その基準値は毎日食べ続けても健康に影響のない量で定められています。そのため、過度に恐れすぎる必要はありませんが、気になる場合は避けた方が良いでしょう。

用途によっては問題のない原材料・人口添加物
  • ビートパルプ
  • チキンミール(メーカーにより説明のあるもの)
避けたい原材料・人口添加物
  • 酸化防止剤(エトキシキン・BHA・BHT)
  • 着色料・発色剤
  • 動物性油脂

「ミール系がだめ」などとよく見かけますが、ミールとはわかりやすくいうと「乾燥肉粉」です。
どんな動物のどんな状態かが分からないミートミールなどは避けた方が良いですが、チキンなど原材料がわかるものに関しては、そこまで危険視する必要はありません。表記の問題です。

公式ホームページ等で原材料について詳しく説明がされている場合もありますので、チェックしてみると良いでしょう。

猫ねこ部のおすすめフードの基準

今回、猫ねこ部にて比較したドライフードは全部で111種。上記の選び方のポイントを踏まえ、猫ねこ部のおすすめフードの基準を下記5項目に設定しました。

  1. 肉類がメインでかつ良質な素材を使用
  2. 栄養バランスが良い
  3. 安全性において信頼できる
  4. 工夫やこだわりがある
  5. 買いやすい価格

肉類がメインでかつ良質な素材を使用

1つ目は、「肉類がメインでかつ良質な素材を使用している」ものです。

ただし、肉類がメイン食材であっても、ミートミールなど何の肉か分からないものは良いフードとは言えません。どのような素材か明確で、かつ新鮮な肉類をメイン食材としているものをおすすめフードの基準としました。

また、メイン食材だけでなく、その他に使用されている食材についても猫にとって良いものが多いフードを選びました。

栄養バランスが良い

次は栄養バランスについて。下記のものを基準としました。

  • たんぱく質量・脂質量がAAFCO基準値をクリアしている
  • 炭水化物量が多すぎない

たんぱく質量に関しては、食材とあわせてチェックをし、それが動物性たんぱく質であるかどうかをチェック項目としました。

安全性において信頼できる

次は安全性について。パッケージや公式ホームページに下記記載があるものを基準としました。

  • 原材料の生産地が公開されている
  • 原材料に関する詳しい説明がある
  • 品質管理体制が整っている
  • 各国の食品安全基準をクリアしている
  • 品質向上において独自の努力を行っている

工夫やこだわりがある

上記3つのポイント以外に、猫にとって嬉しい工夫などがあるかもチェック項目としています。

買いやすい価格

最後に、手頃な価格で買えるかどうかもおすすめフードの判断材料としました。

各フードの1kgあたりの価格を算出しています。

猫ねこさん
単純に動物性食材が豊富なもの、というわけではなくそれを補う栄養が含まれていることも大事ですよねえ。ずっと食べるものですから、安全面も重要ですよぉ
ボクは育ち盛りの食べ盛りだからお肉たくさん入ってるものが嬉しいな♪
クロベエ

猫ねこ部編集室おすすめキャットフード10選

ここからは猫ねこ部編集室おすすめキャットフードをご紹介していきます。今回は総合栄養食のドライフードのみを対象としています。

※価格は購入するショップや時期によって変動する可能性があります。

ジャガー

ジャガー

グラフ

  • 肉と魚の栄養が両方とれるハイブリッドフード!動物性たんぱく質80%以上
  • 専任の品質管理官が品質をチェック!新鮮で安心の最高品質食材
  • 健康効果が高いと注目のスーパーフードを数多く配合
価格4,280円/1.5kg(1kgあたり約2,853円)
原産国イギリス
第一原料骨抜きチキン生肉
穀物類グレインフリー
酸化防止剤ビタミンE
ミール、副産物などなし
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
主な成分たんぱく質:40.00%以上
脂質:20.00%以上
粗繊維:3.00%以下
炭水化物:18.00%
エネルギー:383.5kcal/100g
猫ねこさん
ジャガーは、数種類の肉と魚を使用しており、双方の良質な栄養がたっぷり!贅沢素材が80%以上も入っているんですよぉ。
それに加え、シンプルなレシピながらスーパーフードもふんだんに入っており、栄養・素材・こだわり全て、ワタクシ猫ねこのイチオシフードです!

 

カナガン

カナガン

カナガン

グラフ

  • 豆類ゼロ正真正銘グレインフリー!高たんぱく・低炭水化物レシピ
  • イギリス産平飼いチキンを60%以上使用、野菜やハーブ使用でヘルシー
  • 全体的な配合のバランスが良く、動物性たんぱく質が多く吸収率が高い
価格3,960円/1.5kg(1kgあたり約2,640円)
原産国イギリス
第一原料骨抜きチキン
穀物類グレインフリー
酸化防止剤ビタミンE
ミール、副産物などなし
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
主な成分たんぱく質:37.00%以上
脂質:20.00%以上
粗繊維:1.50%以下
390kcal/100g
猫ねこさん
カナガンは、豆類も一切含まないグレインフリーなので動物性たんぱく質が多く、吸収率が良いのですよぉ。全てのバランスが良く、幼猫からシニアまで、心配なく毎日食べられるのがポイント。健康で素敵なカラダの猫への一歩はこのフードですよぉ!

シンプリー

シンプリー

シンプリー

グラフ

  • 豆類ゼロ正真正銘グレインフリー!高たんぱく・低炭水化物レシピ
  • 魚類だけで73%以上、魚系グレインフリーとしてはトップクラス
  • 全体的な配合のバランスが良く、動物性たんぱく質が多く吸収率が高い
価格3,960円/1.5kg(1kgあたり約2,640円)
原産国イギリス
第一原料骨抜き生サーモン
穀物類グレインフリー
酸化防止剤ビタミンE
ミール、副産物などなし
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
主な成分たんぱく質:37.00%以上
脂質:20.00%以上
粗繊維:1.50%以下
エネルギー:380kcal/100g
猫ねこさん
魚類だけで73%以上というたんぱく質量に加え、最大の魅力は原材料の魚の種類の多さ!カナガンと同じく豆類を使用していないので動物戦たんぱく質が多く、吸収率が良いのですねぇ。魚類ならではの栄養がギッシリ!お魚が好きな猫にはシンプリーがイチオシですよぉ。

ファインペッツ

ファインペッツ

ファインペッツ

グラフ

  • アレルギー性の低いアヒルとニシンを第一原料に。徹底した品質管理の素材。
  • 初回は1.5kg¥1,080でお試しできるので検討しやすい
  • ペットを長生きさせるための設計で安全で栄養価の高いフード。
価格3,704円/1.5kg(1kgあたり約2,469円)
原産国オランダ
第一原料アヒル肉
穀物類全粒米
酸化防止剤ビタミンE
ミール、副産物などなし
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
主な成分たんぱく質:32.00%以上
脂質:21.00%以上
粗繊維:5.00%以下
炭水化物:27.40%以下
エネルギー:420kcal/100g
猫ねこさん
「ペットを長生きさせる」コンセプトで色々な角度から工夫をし、開発されたファインペッツ。中国産の原料を一切使用せず、原材料の安全性はピカイチ!アレルギー性の低い原料を使用し、消化吸収の高い設計で我々猫がなが~くお付き合いの出来るフードですよぉ

モグニャン

モグニャン

モグニャン

グラフ

  • 「食べてくれること」を第一に考えたレシピ
  • 高たんぱく・低脂肪・低アレルゲンの白身魚を63%使用
  • 安全基準の高いイギリスのGAペットフードパートナー社で製造
価格3,960円/1.5kg(1kgあたり約2,640円)
原産国イギリス
第一原料白身魚
穀物類グレインフリー
酸化防止剤ビタミンE
ミール、副産物などなし
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
主な成分たんぱく質:30.00%
脂質:16.00%以上
粗繊維:3.50%以下
エネルギー:365kcal/100g
猫ねこさん
モグニャンの特徴は食いつきが良く健康にも良いということですよぉ。白身魚がたっぷり入っているので、香ばしい香りで食欲をそそられる子が多いんですねぇ。しかも白身魚はアレルギー性が低く、消化吸収しやすくてヘルシーだから私のダイエットフードとしてもぴったり、、、ンフフ。

アカナワイルドプレーリー

アカナワイルドプレーリー

アカナ

グラフ

  • バラエティ豊かな5種類の新鮮肉が原材料の75%以上
  • それ以外の素材は種類の豊富な新鮮野菜とフルーツがたっぷり
  • 原材料は地元カナダから新鮮なまま直送、自社キッチンで製造
価格6,264円/1.8kg(1kgあたり約3,480円)
原産国カナダ
第一原料新鮮骨なし鶏肉
穀物類グレインフリー
酸化防止剤ビタミンE
ミール、副産物など鶏肉ミール、七面鳥肉ミール、丸ごとニシンミール
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
主な成分たんぱく質:37.00%以上
脂質:20.00%以上
粗繊維:3.00%以下
エネルギー:406kcal/100g
猫ねこさん
5種類もの新鮮肉が魅力のアカナは冷蔵輸送で鮮度バツグン!素材へのこだわりは他に類を見ないほどですねぇ。わたくしも驚く原材料の種類の豊富さで、とっても贅沢なフードですよぉ。

オリジン キャット&キトゥン

オリジンキャット&キトゥン

オリジン

グラフ

  • 80%以上肉原材料、それ以外は新鮮な野菜
  • 猫本来の食事バランスにならって、肉類、内臓、軟骨を適正な比率で配合
  • 原材料は地元カナダから新鮮なまま直送、自社キッチンで製造
価格5,796円/1.8kg(1kgあたり約3,220円)
原産国カナダ
第一原料新鮮骨なし鶏肉
穀物類グレインフリー
酸化防止剤ビタミンE
ミール、副産物などなし
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
主な成分たんぱく質:42.00%以上
脂質:20.00%以上
粗繊維:3.00%以下
エネルギー:406kcal/100g
猫ねこさん
オリジンの特徴は、新鮮肉や臓器、軟骨を猫本来の食事と同じバランスで配合していることですよぉ。85%に肉を使っていて動物性たんぱくがたっぷりなんですねぇ。猫本来の食事を目指した設計に加え、鮮度バツグンのフードです!

ラウズ ミールフリーターキー&チキン

ラウズミールフリーターキー&チキン

ラウズ

グラフ

  • 低温で丁寧に脱水した栄養価の高いディハイドレイテッドチキン使用
  • 肉類だけで7種類!高たんぱくパワフルフード
  • 原産国をすべて開示できる安心の人間用素材、中国産の原料も不使用
価格3,400円/790g(1kgあたり約4,304円)
原産国アメリカ
第一原料ディハイドレイテッドチキン
穀物類グレインフリー
酸化防止剤ミックストコフェロール、クエン酸
ミール、副産物などなし
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
主な成分たんぱく質:40.00%
脂肪:12.00%以上
繊維:4.00%以下
エネルギー:371kcal/100g
猫ねこさん
たんぱく質の量が増えて栄養が逃げない驚きのディハイドレイテッドチキン!たんぱく質の量も3倍にも増えて、脂肪分は生食のなんと約半分。。。私の主食のゼヒ…!価格が高いのが少し気になりますが、製法、素材、栄養すべて一級品ですよぉ。

キャスター&ポラックス オーガニクス グレインフリー チキン&スイートポテト

キャスター&ポラックスオーガニクス グレインフリー チキン&スイートポテト

キャスター&ポラックス

グラフ

  • 原材料の95%がUSDAオーガニック食材
  • 農薬や化学肥料を使わず伸び伸び育ったオーガニックチキンが主原料
  • 生きたまま腸に届く有胞子性乳酸菌配合
価格6,156円/1.3kg(1kgあたり約4,735円)
原産国アメリカ
第一原料有機鶏肉
穀物類グレインフリー
酸化防止剤ミックストコフェロール
ミール、副産物などなし
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
主な成分粗たんぱく質:32.00%
粗脂肪:14.00%以上
粗繊維:3.50%以下
エネルギー:374.0kcal/100g
猫ねこさん
キャスター&ポラックスのオーガニクスの特徴はオーガニック食材を95%以上も使っているということですねぇ。少々お高くはありますがUSDA認証オーガニックなので安全性はバツグンですよぉ。

AATU チキン

AATUチキン

AATU

グラフ

  • 肉類85%、動物性たんぱく源をチキンに限定、アレルギーにも配慮
  • 32種類の野菜・フルーツ・ハーブ・スパイス【スーパー8】
  • 穀類、ジャガイモ、グルテンフリー
価格3,564円/1kg(1kgあたり約3,564円)
原産国イギリス
第一原料鶏肉
穀物類グレインフリー
酸化防止剤ミックストコフェロール
ミール、副産物などなし
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
主な成分たんぱく質:34.00%以上
脂質:20.00%以上
粗繊維:2.50%以下
エネルギー:434kcal/100g
猫ねこさん
AATUの特徴は、「肉類85%:野菜・フルーツ・ハーブ・スパイス15%」レシピですよぉ。肉類は鶏肉のみ。これはアレルギー源をより少なくするための配慮です。穀物、ジャガイモ、グルテンも使っていないんですねぇ。流行りのフィトケミカルを利用したレシピも必見です!

キャットフードの正しい与え方

せっかく良いフードを選んでも与え方を間違ってしまうと、猫の健康を損ねてしまう恐れがあります。給餌方法や給餌回数などもしっかり確認しておきましょう。

子猫は1日3~5回、成猫は1日2~3回

1日の給餌回数は、猫の年齢や食べ方によって異なります。

月齢の低い子猫は消化器官も未熟なので、1日の給餌回数を多めに小分けにして与えましょう。成猫の給餌回数の目安は1日2~3回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してくださいね。

また、高齢になると消化器官の機能や噛む力が衰えることから、食べムラが激しくなる猫も多くなります。いつでも食べられる環境を整えておくと猫のストレスも少なくなるでしょう。

給餌量の目安は猫の年齢や体重、体の状態、飼育環境によって異なる

適切なキャットフードの量は、猫が1日に必要とするカロリー量から計算することができますが、フードごとに消化吸収率が異なることや、猫によって活動量が異なるためあくまで目安にすぎません。

目安を参考に猫の体重や体の状態を見ながら、給餌量を調整してあげることが大切です。

基本的な給与方法は決めておく

猫が好きな時に好きなぶんだけ食べられる状態の「置き餌」、1日に数回時間を決めて与える方法、1日の給餌量を量って1日に数回与える方法など、給与方法はさまざま。どの給与方法が良いかは、猫によって異なりますので、猫の体型や状態によって決めると良いでしょう。

ただし、給与方法をコロコロ変えてしまうと猫にとってストレスになる場合もあるため、基本的な方法は決めておくと良いですね。

食いつきが悪いときの対処法

新しいキャットフードに替えたもののなかなか食べてくれなくて・・・という悩みもよくありますよね。食いつきが悪いときは以下の方法を試してみてくださいね。

キャットフードをふやかす

ぬるま湯を加え柔らかい食感にしてあげることで、猫が食べやすくなります。またフードを温めることで匂いも強まります。

歯が生え揃っていない子猫、噛む力の弱くなった高齢猫、口内炎や歯周病などの歯の病気を抱えている猫などには特におすすめです。

食事環境を見直す

食事環境も食いつきを左右する重要なポイントです。以下のような点をチェックし、猫が食べやすい環境を作ってあげましょう。

  • 器や食事スペースが汚れていないか
  • 猫が食べづらい態勢になっていないか
  • ひげが当たる大きさの器でないか
  • 食事スペースは人の出入りが激しい場所でないか

スキンシップをとりながら与える

興奮状態や緊張状態などが続いて食いつきが悪くなっているケースもあります。猫が安心して食べられるよう、スキンシップをとりながら与えるのも効果的です。猫の様子を見ながら声をかけて気持ちを落ち着かせてあげましょう。嫌がる場合は無理に触らないように。

キャットフードを砕き、水を加えてペースト状にしたものを指先につけ、舐めさせてあげることで食べるきっかけになることもありますよ。

開封後の賞味期限に注意

キャットフードの開封後の賞味期限にはご注意を。ドライフードの開封後の賞味期限は約1か月ですので、1か月で食べきれるサイズを購入することが大切です。開封して空気に触れるとキャットフードは酸化し始めてしまうため、食いつきが悪くなる場合も。新鮮なうちに与えるようにしてくださいね。

ウェットフードに関しては、開封後その日のうちに食べきるのが基本です。残した場合でもなるべくその都度処分してください。

まとめ

今回はおすすめのキャットフードをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?もちろん、猫ちゃんの体質や体調、成長段階によって必要な栄養も異なるため、「このキャットフードがイチオシ!」と一概に言うことはできません。また、人間と同じように猫ちゃんにも好みがあるので、おすすめのキャットフードに見向きもしないということもあるでしょう。

猫ちゃんの食いつきや体調などを見ながら、「お気に入りの一品」を選んであげてくださいね。

  • 主食には総合栄養食で、ドライフードのものを選ぶ
  • 猫の成長段階によって分けるかオールステージのフードを選ぶ
  • 猫の食性を考え、成分を見ることも大事
  • 動物性たんぱくがメインであることが重要
  • 色々な食材が含まれた栄養バランスの良いものが好ましい
  • 炭水化物の量は40%以下が良い
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
この記事を書いた人
木原優子
猫ねこ部編集室 ディレクター兼イラストレーター/ペットフード販売士

猫ねこ部を通し、より人と猫との関係が楽しく良いものになっていくようなアイデアをお届けするべく総合的な企画立案を担当。

保護猫の状況をお届けする「保護猫のわ」や猫の動画コンテストなど様々な企画やイベントなどを通して猫の社会的な立場を改善していけるよう日々尽力中。
また、猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信も行う。