【獣医師監修】腎臓が気になる猫の食事 | 腎臓が気になる猫向けキャットフード

2018-05-22

猫ねこさん

【獣医師監修】腎臓が気になる猫の食事 | 腎臓が気になる猫向けキャットフード

猫ねこさん
高齢猫がかかりやすい腎臓病。残念ながら病気自体を防ぐことはできませんが、少しでも腎臓に負担のかからない食事を心がけることが大切!腎臓が気になる子や腎臓病の猫向けの食事のポイントをご紹介しますよぉ。
ふくふく動物病院 院長 平松育子
【監修】獣医師・YICビジネスアート専門学校ペット科講師
ふくふく動物病院 院長

平松育子
京都市生まれ
山口大学農学部獣医学科(現 山口大学共同獣医学部)卒業/山口県内の複数の動物病院にて勤務/2006年3月3日 阿知須にてふくふく動物病院開業

腎臓病は高齢猫の3~4割がかかると言われる病気。
残念ながら腎臓病を防ぐ方法はありませんが、少しでも腎臓に負担をかけないような食生活を心がけることが大切です。

今回は腎臓が気になる猫や腎臓病になってしまった猫向けの食事について徹底解説。
フード選びのポイントや食事の与え方についても詳しくご紹介します!

猫の腎臓病とは

10歳以上の高齢猫の約30~40%がかかると言われる慢性腎臓病。病気がかなり進行するまでは症状が出ないので、気づいたときには手遅れというケースも…。

腎臓は一度壊れてしまうと、残念ながら機能が元に戻ることはないので、「いかに病気の進行を遅らせるか」が治療のポイントとなります。

慢性腎臓病を予防する方法はありませんが、少しでも病気にならないようにするため良質なキャットフードを与えることが大切です。

【獣医師監修】猫の腎臓病について
腎臓は一度壊れてしまうと元に戻せないんですねぇ。しかも症状が出る頃にはかなり進行していることがほとんどで、かなり厄介な病...

腎臓が気になる猫、腎臓病の猫向けキャットフードの選び方

猫の腎臓ケア・腎臓病対策用キャットフードは、以下の2種類に分けられます。

  • 腎臓病に配慮した総合栄養食・・・予防が目的(健康な猫用)
  • 療法食・・・治療が目的(治療中の猫用)

腎臓が気になる猫には総合栄養食を、すでに腎臓病になってしまった猫には療法食を与えます。

療法食は必ず獣医の指導のもと与えるようにしましょう。

キャットフード選びのポイントは以下の3つです。

適度なたんぱく質

たんぱく質の多いフードは老廃物を増やしてしまい、腎臓の負担を大きくしてしまいます。負担を少なくするには、高たんぱくフードを避けることが大切です。

しかし、たんぱく質を制限しすぎるのも猫にとっては良いことではありません。元々肉食動物である猫にとって、たんぱく質は重要なエネルギー源だからです。猫の健康を維持するためには、適度にたんぱく質が含まれている(30%以下)フードを選びましょう。

リンの含有量が低い

リンは猫の骨や歯などをつくる重要なミネラル成分ですが、腎機能が低下すると余分なリンが体にたまり、病気を悪化させることが分かっています。

腎臓が気になる猫には、リンの含有量が低いキャットフードを選びましょう。

腎臓の働きをサポートするオメガ3脂肪酸配合

腎臓は血液をろ過する働きがあるため、血液が綺麗に保たれていることで、負担を軽減できます。

腎臓を健康に保つためにも、血液の流れをスムーズにするオメガ3脂肪酸配合のキャットフードを選ぶと良いでしょう。

「n-3系脂肪酸(オメガ3)」の機能について

α-リノレン酸

“血圧低下作用”がヒトで報告されている、α-リノレン酸。
血管を拡張させ、血液の流れをスムーズにします。

引用:キューピー

猫ねこさん
腎臓病を予防する方法は残念ながらありませんが、少しでも腎臓に負担のかからない食事をとることが大事なんですねぇ。
ぼくたち子猫にぴったりの高たんぱくの食事は避けた方がいいんですね。お水も忘れないようにしっかり飲まないとっ!
クロベエ

腎臓病の猫向けキャットフードのご紹介

【療法食】ヒルズ プリスクリプション・ダイエット k/d

プリスクリプションダイエット療法食k/d

  • リン、ナトリウムを制限し腎臓への負担を軽減
  • 腎臓の働きをサポートするオメガ3脂肪酸配合
  • 天然由来の酸化防止剤使用
価格 4,050円/2kg(1kgあたり約2,025円)
原産国 アメリカ
第一原料
主な成分 粗たんぱく質:24.00%以上 粗脂肪:19.00%以上 粗繊維:3.00%以下  421.5kcal / 100g

【療法食】フォルツァ10 リナールアクティブ(急性腎不全・慢性腎不全)

フォルツァ10リナールアクティブ

  • リン、たんぱく質の量を調整し腎臓への負担を軽減
  • 加水分解された良質なたんぱく質を使用
  • フィトケミカル成分(植物栄養素)が腎機能をサポート
価格 1,382円/454g(1kgあたり約3,044円)
原産国 イタリア
第一原料
主な成分 粗たんぱく質:24.00%以上 粗脂肪:19.00%以上 粗繊維:3.00%以下  421.5kcal / 100g

【療法食】アニモンダ インテグラプロテクト ニーレン(腎臓ケア)

アニモンダインデグラプロテクトニーレン

  • たんぱく質とリンの量を調整し腎機能をサポート
  • グレインフリーなので穀物アレルギーの猫でも安心
  • 人工添加物、人工香料、遺伝子組換食品一切不使用
価格 1,296円/300g(1kgあたり約4,320円)
原産国 ドイツ
第一原料 ドライポテト
主な成分 たんぱく質:26.00% 脂肪:24.50%以上 粗繊維:2.00%以下 445kcal / 100g

【療法食】ドクターズケア 猫用キドニーケア

ドクターズケアキドニーケア

  • リン、たんぱく質、ナトリウムを調整し腎臓への負担を軽減
  • 抗酸化作用の高いオメガ3脂肪酸配合
  • 可溶性食物繊維(フラクトオリゴ糖)配合で腸内環境をサポート
価格 3,202円/1.5kg(1kgあたり約2,135円)
原産国 日本
第一原料 トウモロコシ
主な成分 たんぱく質:24.2% 脂質:22.9%以上 粗繊維:2.6%以下 426kcal / 100g

【療法食】ロイヤルカナン 腎臓サポート スペシャルドライ

ロイヤルカナン腎臓サポート

  • 今までの療法食を食べない猫のために食欲をそそる香りをプラス
  • リン、たんぱく質の含有量を調整し腎臓への負担を軽減
  • EPA、DHAなど複数の抗酸化物質を配合
価格 3,641円/2kg(1kgあたり約1,820円)
原産国 フランス
第一原料
主な成分 たんぱく質:26.4g 脂肪:17.3g 食物繊維:10.9g (単位/400kcal) 393kcal / 100g

よくある質問

療法食と腎臓ケアフード、どちらを与えるの?

腎臓病の療法食は、治療の進行を防ぐこと目的として作られたキャットフードです。食事療法では療法食を与えるようにしましょう。自己判断で与えるのではなく、必ず獣医に診てもらって指示を受けましょう。

市販のキャットフードのなかには、「腎臓ケア」などの記載がある総合栄養食がありますが、これはあくまで健康な猫向けの予防食なので食事療法では使いません。

療法食と一緒におやつをあげてもいい?

療法食以外の食事を与えると、食事療法の効果が十分に期待できない可能性がありますので、一般のおやつは与えないようにしましょう。ただし、療法食と同じ栄養成分のおやつタイプの療法食なら与えても良いでしょう。

療法食への切り替え方は?

いきなり療法食に切り替えるのではなく、今までのフードに療法食を少しずつ混ぜ、徐々に療法食の割合を増やしていって1週間程度で完全に切り替えるようにすると良いでしょう。

療法食を食べてくれないときの対処法は?

療法食を食べてくれないときは以下のような方法を試してみると良いでしょう。

  • 猫の好きなものを少し混ぜてみる(必ず獣医に相談)
  • 手にフードをのせて与える
  • 今までのフードから少しずつ切り替える
  • ドライフードに少しお湯を加えて人肌に温める
  • ウェットフードに変えてみる・ウェットフードをレンジで温める

体調や環境によって食べてくれないこともありますが、2日以上まったく食べない、あまり食事をとらない日が3~5日以上続いている場合などは、すぐに獣医に相談しましょう。
絶食が3日以上になると肝リピドーシスを起こしてしまいます。

療法食がなくなったら追加で同じフードを買って与える?

猫の症状や健康状態などにあわせて食事療法を見直す必要がありますので、必ず定期的に獣医の診察を受け、指示をもらってからフードを与えるようにしましょう。

まとめ

腎臓が気になる猫、腎臓病になってしまった猫向けキャットフードの選び方については以下のまとめを参考にしてください。

  • 腎臓ケアの総合栄養食と腎臓病の療法食は違う
  • 療法食は必ず獣医の指導に基いて与える
  • 適度なたんぱく質
  • リンの含有量に注意
  • 血液の流れをスムーズにするオメガ3脂肪酸配合
  • 療法食への切り替えは少しずつ行う
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ふくふく動物病院 院長 平松育子
【監修】ふくふく動物病院 院長
平松育子
京都市生まれ
山口大学農学部獣医学科(現 山口大学共同獣医学部)卒業/山口県内の複数の動物病院にて勤務/2006年3月3日 阿知須にてふくふく動物病院開業
ふくふく動物病院
ふくふく動物病院のHPはこちら