とり

とり

ブリティッシュショートヘアにおすすめのキャットフード5選

公開日:

猫種別で選ぶ

とり

とり

猫ねこさん

ブリティッシュショートヘアにおすすめのキャットフード5選

猫ねこさん
ブリティッシュショートヘアにおすすめなのは「高たんぱく・低炭水化物」「低アレルゲン食材使用」「カルシウム・リン・マグネシウムの量・バランスが良い」キャットフードですよぉ。

ずんぐり体型にもかかわらず、運動の得意なブリティッシュショートヘア。
見た目とは違って意外と筋肉質なので太りやすい面も・・・。

今回はそんなブリティッシュショートヘアにオススメのキャットフードをご紹介。

「年齢に応じた1日のフード量や回数の目安」「キャットフードを選ぶポイント」について詳しく解説します!

与えるキャットフードの量と回数の目安

ここでは、ブリティッシュショートヘアに与えるキャットフードの量と回数の目安について説明します。

1日に与えるキャットフードの量や回数の目安は年齢によって異なります。以下、それぞれの年齢に応じた目安について説明します。

子猫期(~3歳)

生後30日ころまでは子猫用のミルクを与え、歯が生え始める頃に離乳食を始めます。生後2ヶ月くらいになったら徐々に離乳食からキャットフードに切り替えていきましょう。

子猫は成猫に比べエネルギーをたくさん消費するため、体重に応じてキャットフードの量も増やす必要があります。とはいえ、月齢が低いうちはまだ胃も小さく、1回に食べられる量は少ないため、1日の食事回数は3~5回と多めにしましょう。一度に食べられる量が増えてきたら徐々に回数を減らしていきましょう。

一般的な猫に比べて成長速度が遅く、成猫になるまで3~5年かかると言われています。一般的な猫の場合は1歳くらいを目安に成猫用フードに切り替えていきますが、ブリティッシュショートヘアの場合は「体重の増加がゆるやかになった」「運動量が減った」などを切り替えの目安にすると良いでしょう。

一般的には1歳くらいまでに大きく成長すると言われていますが、個体差があるため猫の成長度合にあわせることが大切です。

以下の表は、体重に応じた1日の給餌量の目安です。あくまで平均的な目安ですので、活動量、食欲なども見ながら調整しましょう。

体重 1日の給餌量
400g~1kg 20~50g
800g~2kg 40~70g
1.5~2.5kg 50~75g
2~3.5kg 60~80g
3~5kg 50~95g

※100gあたり400kcalのキャットフードの場合

成猫期(3歳~6歳)

成猫になると、子猫のときよりも必要なエネルギー量が減り、1回に食べられる量も増えるため食事回数が減ります。

成猫の食事回数の目安は1日2~3回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

以下の表は、成猫に与える1日の給餌量の目安です。フードによってカロリーは異なりますので、パッケージに記載の目安を参考に、運動量、食欲などにあわせて調整してあげましょう。

体重 1日の給餌量
~2.5kg 35~45g
2.5~3.5kg 45~55g
3.5~5kg 55~70g
5~6.5kg 70~85g
6.5~8kg 85~110g
8~10kg 90~100g

※100gあたり374kcalのキャットフードの場合

高齢猫期(7歳~)

高齢期に入り脳の働きが弱まってくると、猫は自分の食事量をコントロールすることができなくなり、多く与えてしまうと食べすぎてしまう場合もあります。

高齢猫に必要な1日のカロリーは、体重×60Kcalが目安です。各キャットフードのパッケージには100gあたりのカロリーが記載されているため、フードのカロリーをもとに1日の給餌量を計算すると良いでしょう。

■体重6kgの猫、375kcal/100gのキャットフードを与える場合
1日の摂取カロリーの目安:6×60kcal=360kcal
1kcalあたりの量:100÷375kcal=0.266g
1日の給餌量:360×0.266=96g

以下の表は、高齢猫に与える1日の給餌量の目安です。あくまで平均的な目安ですので、活動量、食欲なども見ながら調整してあげましょう。

体重 1日の給餌量
3kg 48g
4kg 64g
5kg 80g
6kg 96g
7kg 112g

※100gあたり375kcalのキャットフードの場合

高齢猫の食事回数の目安は1日1~4回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

また、15歳以上の高齢猫は食べるときと食べないときの差が激しくなるため、いつも決まった時間にキャットフードを与えるのではなく、いつでも食べられる環境を整えておくと猫のストレスも少ないでしょう。

猫ねこさん
あの貫禄あるずんぐり体型、、、にもかかわらず運動が得意で賢くて穏やか。私イチオシの猫ですよぉ。
ああ見えて意外と骨太で筋肉質なので、小さいうちから高たんぱくな食事を与えてくださいねぇ。ただ太りやすいので、高齢になったら食事量を調整しましょう~。
見た目ぬいぐるみなのに、めちゃくちゃ軽やかですよね。あのブルーがかったグレーの毛の下には隠れた筋肉がしっかりついてるんですね!
クロベエ

おすすめのキャットフードを選ぶポイント

ブリティッシュショートヘアにおすすめのキャットフードを選ぶポイントは以下の3つです。

高たんぱく・低炭水化物

猫の主なエネルギー源は動物性たんぱくです。

筋肉質でしっかりとした体格を維持するためには、動物性たんぱくの豊富なキャットフードを選ぶことが大切です。

また、穀物やイモ類に多く含まれる炭水化物は、とりすぎると肥満や消化不良の原因にもなります。

猫に必要な栄養バランスを考えれば、高たんぱく低炭水化物のフードが理想的です。

穀物やイモ類が主原料ではなく、肉や魚が主原料のものを選びましょう。

低アレルゲン食材使用

ブリティッシュショートヘアは皮膚疾患にかかりやすい猫種と言われています。

皮膚疾患の原因はさまざまですが、食事に含まれるアレルゲン(アレルギーの原因となる食材)を減らすことで病気を予防することもできます。

なるべく、低アレルゲンの肉や魚などが主原料のキャットフードを選びましょう。

カルシウム、リン、マグネシウムの量を抑え、かつバランスが良い

ブリティッシュショートヘアは一般的な猫と同様、尿路結石にかかりやすいと言われています。

尿路結石ができる原因はミネラル成分の過剰摂取やバランスの崩れです。

カルシウム、リン、マグネシウムの理想的なバランスは1.2:1:0.08と言われていますが、マグネシウムが少なすぎるとシュウ酸カルシウムという結石を引き起こしてしまうので、適度な量に抑えられたキャットフードを選ぶことが大切です。また、各ミネラル成分がバランスよく含まれるフードであることも重要です。

猫ねこさん
ブリティッシュショートヘアは皮膚の病気にかかりやすいと言われているので、できるだけアレルギーになりにくい食材を使ったフードがおすすめですよぉ。尿路結石にも注意してくださいねぇ。
体がかゆくなったり痛くなったりするのはイヤですもんね。。。どんな原材料を使っているかはしっかりチェックして選ばないとっ。
クロベエ

おすすめキャットフード

ジャガー

ジャガー

  • 人間でも食べられる安心素材を使用!肉と魚の豊富な栄養が取れる
  • 高たんぱく高カロリーの超パワフルフード!しっかりとした骨格と筋肉づくりに
  • 尿を酸性に保つキナ酸が豊富なクランベリー配合
価格 4,622円/1.5kg(1kgあたり約3,082円
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン生肉
主な成分 たんぱく質:40.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 炭水化物:18.00% エネルギー:384kcal/100g

カナガン

カナガン

  • 高たんぱく高カロリーのパワフルフード!運動量が多い猫に
  • グレインフリーの低炭水化物レシピ
  • カルシウム:リン:マグネシウムのバランスがよくキナ酸の豊富なクランベリー配合
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン
主な成分 たんぱく質:37.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 390kcal/100g

ファインペッツ

ファインペッツ

  • 高たんぱく・高カロリーでしっかりとした筋肉づくりに
  • アヒル肉とニシンの低アレルゲンたんぱく質
  • 抗酸化作用の優れたオメガ3脂肪酸が豊富で皮膚トラブルにも
価格 3,704円/1.5kg(1kgあたり約2,469円)
原産国 オランダ
第一原料 アヒル肉
主な成分 たんぱく質:32.00% 脂質:21.00%以上 粗繊維: 5.00%以下 炭水化物:27.40%以上 406kcal / 100g

シンプリー

シンプリー

  • 低アレルゲンで消化吸収の良いサーモンが主原料
  • 穀物不使用の低炭水化物レシピ
  • 尿を酸性に保つキナ酸が豊富なクランベリー配合
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きサーモン
主な成分 たんぱく質:37.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 380kcal / 100g

オリジン

オリジン

  • 原材料の90%に肉を使用した高たんぱく高カロリーフード
  • 新鮮な肉を低温調理し栄養価を凝縮させたディハイドレート製法
  • 穀物不使用、低GI食品のレンズ豆・ひよこ豆使用で肥満を防ぎ糖尿病予防にも
価格 5,443円/1.8kg(1kgあたり約3,023円)
原産国 アメリカ
第一原料 新鮮骨なし鶏肉
主な成分 たんぱく質:42.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 406kcal / 100g

まとめ

ブリティッシュショートヘアのキャットフードの選び方は以下のまとめを参考にしてください。

  • 骨太で筋肉質な体型を維持するため高たんぱく・低炭水化物のフードを与える
  • 皮膚疾患を防ぐため低アレルゲン素材を使ったフードを選ぶ
  • 尿路結石を防ぐためミネラル成分がバランスよく適度な量に抑えられているフードを選ぶ

猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.