ピュリナワン「グレインフリー」の原材料・評判・安全性を徹底調査

2019-01-21

猫ねこさん

ピュリナワン「グレインフリー」の原材料・評判・安全性を徹底調査

猫ねこさん
ピュリナワン「グレインフリー チキン」は、安価で手に入りやすいチキンメインのグレインフリーキャットフード。1kg約860円という値段でスーパーやホームセンターなどでも気軽に買えるのはとても嬉しいですねぇ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

「目に見える健康の違いを実現するフード」して開発されたアメリカ産キャットフード、ピュリナワン。
ピュリナワンのフードは全部で15種類。
成長段階、飼育環境、体重ケアなどあらゆるニーズにあわせて選べます。

今回は、安価で手に入りやすいグレインフリー、ピュリナワン 「グレインフリー チキン」についてご紹介します。

500円お試しキャンペーン情報

ピュリナワンの2.2kgキャットフードがたった500円でもらえるキャンペーンを開催中です。
お試しサンプルは、今回ご紹介する「グレインフリー チキン」を含む15種類のなかから選べます。

キャンペーンの条件や申込方法について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

【たった500円!】ピュリナワンのお試しサンプルを申し込む2つの条件
今回はピュリナワンのお試しサンプルキャンペーンについて紹介しますよぉ。2.2kgのサンプルが500円でもらえるなんてとってもお得...

基本情報と特徴

ピュリナワングレインフリー

ピュリナワングレインフリー-グラフ

  • 主原料にチキンを使用
  • 身近で手に入りやすい安価なグレインフリー
価格 1,880円/2.2kg (1kgあたり約855円) 
原産国 アメリカ
第一原料 チキン
主な成分 たんぱく質:35.00%以上
脂質:14.00%以上
粗繊維:2.00%以下
エネルギー:約413kcal/100g
穀物類 なし
酸化防止剤 ミックストコフェロール
ミール、副産物など チキンミール、キャノーラミール
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース なし
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヶ月目安
販売元 ネスレ日本株式会社

原材料と成分

チキン、チキンミール、えんどう豆でんぷん、キャッサバ粉、大豆たんぱく、牛脂、脱脂大豆、えんどう豆たんぱく、卵、キャノーラミール、たんぱく加水分解物、酵母、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、グリセリン、アミノ酸類(リジン、タウリン、シスチン、メチオニン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、ビオチン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

※合成着色料、香料は添加していません。

たんぱく質 35.0%以上
脂質 14.0%以上
粗繊維 2.0%以下
灰分 9.0%以下
水分 12.0%以下
カルシウム 1.0%
リン 0.9%
マグネシウム 0.12%
タウリン 0.15%
リノール酸 1.4%
ビタミンA 10,000IU/kg
ビタミンE 100IU/kg
オメガ6脂肪酸 1.5%

主原料にチキンを使用、安価で手に入りやすいグレインフリー

ピュリナワン「グレインフリー チキン」は、グレインフリーのなかでも安価で手に入りやすいキャットフードです。
1kg3,000円超が相場のグレインフリーのなかでは破格の1kg約860円!
スーパーやホームセンターなどでもおなじみのブランドなのでいつでも買える安心感があります。

主原料には鶏肉を使用
たんぱく質豊富なチキンミール(乾燥肉)と、「ビタミンA、ナイアシン、鉄、亜鉛」などたんぱく質以外の栄養が豊富なチキン生肉のどちらも配合しており、たんぱく質とそれ以外の栄養バランスが良いのは嬉しいですね。
さらに、を加えることで栄養価も高めています。

「やわらかほぐし粒」と「美味しいカリカリ粒」2種類の異なる食感の粒をミックスしており、猫の食いつきも期待できるフードと言えるでしょう。

猫ねこさん
グレインフリーのフードは値段の高いものが多いですが、ピュリナワンのグレインフリーはとにかく安い!の一言ですよぉ。
グレインフリーのフードをあげたいけれど値段が高くて迷っていた人でも、これなら安心して買えますねっ。ピュリナの穀物入りのフードと値段が変わらないのは嬉しいっ。
クロベエ

大豆たんぱく、たんぱく加水分解物、食物繊維が少なめ、リコールあり

原材料に含まれる大豆たんぱくは植物性たんぱく質です。
植物性たんぱくが多く含まれているためたんぱく質量は増えますが、猫に必要な必須アミノ酸は植物性たんぱくには含まれておらず、吸収率からしても動物性たんぱく質が多いほうが好ましいでしょう。

また、たんぱく質を分子レベルまで小さく分解した「たんぱく加水分解物」を配合しています。
いくつかの生成方法のうち酸分解をした場合のみ微量な発がん性物質が発生する可能性があると言われています。
ピュリナワンの生成方法は不明のため、安全性にはやや不安が残ります。

食物繊維2.0%以下と少ない点も気になります。
長毛種で毛玉を溜めやすい猫には、もう少し食物繊維が多く入っていると嬉しいところです。

リコールも過去4回と非常に多いです。
サルモネラ汚染やビタミン不足などいずれも健康に影響を与える理由ですので、大きな不安材料と言えますね。

生産者情報

ピュリナワンを製造しているのは、アメリカのペットフードメーカー「ラルストン・ピュリナ社」です。
1894年、ロビンソン・ダンフォース・コミッションという飼料メーカーとしてスタートし、1902年に現在の社名に変わっています。

1956年、世界初の粒タイプのドッグフード「DOG SHOW」、また同年にはアメリカ初のドライキャットフード「Friskies」も発売。
現在主流のカリカリタイプのフード製造を可能にしたのは、ラルストン・ピュリナ社が開発した「粒を製造するための押し出し成形技術」です。
まさに、世界をリードするペットケアカンパニーと言えますね。

2001年、ネスレ社とラルストン・ピュリナ社は合併し「ネスレ ピュリナ ペットケア」が誕生。
その後2010年にネスレ日本株式会社と統合されています。

ピュリナが目指すのは「健康寿命を延ばせる毎日のペットケア」です。
ペットフードの専門家である栄養士が栄養設計、さらに行動学者による運動アドバイスをフードづくりに活かしています。

現在、研究施設と生産拠点は世界30ヶ所以上。
500人以上のペット専門科学者が開発に携わり、2500以上のペット関連特許を得るなど、活躍の場は世界に及んでいます。

ライフスタイル、サイズ、味、栄養面に応じた品揃えの充実が魅力のひとつ。
また、グローバル企業ならではの強みを生かし、国や地域のニーズに応えた商品展開を行っているのも世界中のペットーオーナーに愛されている理由です。

リコール情報

過去4回ほどリコールの報告があります。

  • 2011.7 サルモネラ菌汚染
  • 2012.5 ビタミンB1(チアミン)不足
  • 2013.9 サルモネラ菌汚染
  • 2016.3 ビタミン・ミネラル不足

いずれも海外でのリコールではありますが、これほどリコール回数が多いのはやや不安が残りますね。