とり

とり

【獣医師監修】アレルギーが気になる猫に与えたいおすすめキャットフード5選

公開日:

目的別おすすめキャットフード

とり

とり

猫ねこさん

アレルギーが気になる猫に与えたいおすすめキャットフード5選

猫ねこさん
食物アレルギーになると皮膚トラブルや嘔吐・下痢などいろんな症状が出るんですよぉ。主に肉や魚などのたんぱく質が原因。米は、実はアレルギーになりにくい食材。アレルギーになったら、必ず獣医さん指導のもと除去食を与えていきますよぉ。家族全員がしっかり食事の与え方を守ることが食事管理のポイント!
ふくふく動物病院 院長 平松育子
【監修】獣医師・YICビジネスアート専門学校ペット科講師
平松育子
ふくふく動物病院 院長

猫が食物アレルギーになると皮膚トラブルや嘔吐・下痢などさまざまな症状が出ます。
肉や魚などに含まれるたんぱく質が食物アレルギーの主な原因。

食物アレルギーのある猫には、必ず獣医指導のもとアレルギー食材の入っていない除去食で食事管理を行うことが大切!
おやつや人間の食べ物を勝手に与えたり、自己判断で除去食をやめたりするのは禁物です。

アレルギー対策としては「良質な動物性たんぱく」「無添加、自然由来の添加物」「たんぱく質の種類が少ない」キャットフードがオススメ。

今回はアレルギーが気になる猫用キャットフード選び方3つのポイント、おすすめフードをご紹介。

猫の食物アレルギー、症状、原因、診断・検査方法、治療法についても詳しくご紹介します!

アレルギーが気になる猫におすすめキャットフード

アレルギーとは

アレルギーとは、ある特定のものに対して過敏に反応が出てしまう状態のことを言います。

猫のアレルゲンはノミ、食物、花粉など、その他原因不明

猫のアレルギーの原因=アレルゲンは以下の4つが考えられます。

  • ノミ
  • 食物
  • 花粉など
  • 非ノミ非食物アレルギー(原因不明)

アレルゲンがノミでも食物でもなく原因不明でアレルギー症状が出た場合は、非ノミ非食物アレルギーと呼ばれます。

猫の食物アレルギーとは

ここでは、猫の食物アレルギーについて説明します。

発症時期は生後6ヶ月~2歳くらいが多い

人間と同様、比較的若い頃に食物アレルギーを発症する猫が多いようです。特に生後6ヶ月~2歳くらいに発症するケースが多いですが、なかには高齢になって発症することもあります。

皮膚病の猫のうち食物アレルギーが関係していたのは1~6%

実際、食物アレルギーの猫はそれほど多くはなく、皮膚病の猫のうち食物アレルギーが関係していたのは1~6%とも言われています。

どのくらいの猫がアレルギーを持っているかは不明です。ある報告では皮膚病の猫のうち食物アレルギーが関与していたのは1〜6%と報告されています。

引用:猫専門病院の猫ブログNEKOPEDIA

反応がすぐ出ることは少ない

猫の食物アレルギーは、人間と違って食べてすぐに蕁麻疹(じんましん)や痒みが出る場合は少なく、数日食べていると症状が出てくることが多いようです。

アレルギーが気になる猫におすすめキャットフード

食物アレルギーの症状

猫が食物アレルギーを発症するとさまざまな症状があらわれます。猫の食物アレルギーの主な症状は以下の通りです。

  • 下痢・軟便・血便
  • 嘔吐
  • お腹の張り
  • 痒みを伴う発疹・かぶれ
  • 脱毛
  • 発熱
  • 膿皮症
  • 外耳炎

皮膚だけに症状が出る場合もあれば、嘔吐や下痢などの症状を伴う場合もあります。特に顔まわりの耳や目の上に発疹、痒みなどが出やすく、その他太もも、お腹などに出る場合もあります。

皮膚の痒みを放置していると猫が引っ掻いてしまい、その傷が原因で菌に感染し膿皮症になる場合もあるため、早めに対処することが大切です。

食物アレルギーの予防法

食物アレルギーの予防法は厳密にはありません。
食物アレルギーが起こった場合、顔に症状が出ることが多いので、顔周囲を痒がる時には様子を見ないで、症状が軽度の時に受診することをお勧めします。

食物アレルギーの原因(アレルゲン)

猫が食物アレルギー症状を引き起こすアレルギー物質を「アレルゲン」と言います。主なアレルゲンは以下の通りです。

  • 肉類(牛肉・魚肉・鶏肉)
  • 乳製品
  • 小麦
  • 大麦
  • とうもろこし

猫の食物アレルギーの主な原因は食物に含まれるたんぱく質と言われています。特に多いのが牛肉、魚肉、鶏肉などキャットフードの主原料として使われることの多い肉類です。

その他には、乳製品、卵、小麦、とうもろこし、豚肉、羊肉、添加物なども原因として挙げられます。

アレルギーグラフ

穀物のなかでも小麦や大麦、とうもろこしはアレルゲンになる可能性がありますが、米はアレルゲンになりにくいと言われており、アレルギーの療法食でもよく使われています。

また、安価なフードなどに含まれている添加物やレンダリングしたミールなども油断はできません。
添加物やレンダリング処理するときに何らかの物質を加えたりする可能性があり、その物質に対して過敏症があれば消化管や皮膚のアレルギーを起こすかもしれません。
ないとは言い切れないので、こうした物質が入っているフードも注意が必要です。

アレルギーが気になる猫におすすめキャットフード

食物アレルギーの診断・検査方法

猫の食物アレルギーの診断は以下の流れで行います。

  1. 他の病気がないか確認
    皮膚炎の場合・・・ノミ・疥癬・真菌などの感染症にかかっていないか皮膚検査、真菌培養検査などを行う
    胃腸炎の場合・・・下痢や嘔吐を起こす寄生虫などの原因がないか便検査や超音波検査を行う
  2. 上記の検査で異常がない場合、猫の年齢や症状などから総合的にアレルギーと診断
  3. アレルギーだと診断されたら、除去食・負荷食試験、アレルギー検査で「食物アレルギー」「非ノミ非食物アレルギー」のいずれか判断

以下、アレルゲンを特定するための除去食・負荷食試験、アレルギー検査について説明します。

除去食試験

アレルゲンの可能性のある食材を取り除いた食事を与え、アレルゲンを特定する検査です。今まで食べていたキャットフードやおやつの原材料に含まれているたんぱく質源を取り除いたフードを与えて猫の反応を見ます。

例えば、以下の原材料を使用したキャットフードを与えていた場合、アヒル肉・ニシン・鶏肉・鶏レバー(動物性たんぱく質)、全粒米・ポテト(植物性たんぱく質)を使っていないフードを与えてアレルゲンを特定します。除去食で使うフードは獣医の指示に従って与えましょう。

アヒル肉、ニシン全粒米ポテト、鶏脂、フレッシュサーモンオイル、鶏肉、チコリ、グリーンピース、鶏レバー、植物性繊維質(豆類由来)、ビタミン(ビタミンE、ビタミンC、ナイアシン、イノシトール、ビタミンA、チアミン、Dパントテン酸カルシウム、ピリドキシン、リボフラビン、ビタミンK、ベータカロチン、ビタミンD3、葉酸、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(亜鉛、鉄、銅、マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、ユッカシジゲラ、マンガンオリゴ糖、ボリジオイル、フラックスシード、Lカルニチン、イヌリン、プロバイオティクス

アレルゲンの特定には最低でも除去食を6週間続ける必要があるため、検査期間中は他のフードを与えないよう注意しましょう。
他のフードやおやつをあげた場合は、最初から試験をやり直さなければならなくなるので、ほんの少しでもあげないようにしてください。

交差反応に注意

たんぱく質の構造がよく似たものに反応してアレルギーを引き起こしてしまうことを「交差反応」と言います。牛乳にアレルギーがあると山羊ミルクでもアレルギーを起こしやすいのは、これらのたんぱく質の形が似ていることが原因です。

除去食を選ぶときは交差反応も考えて選んだ方が良いでしょう。以下は交差反応が出る食材の組み合わせの一例です。

食材   交差性がある食材
チキン  ダック、ターキー
ダック
ビーフ  鹿、羊、牛乳、山羊ミルク、乳製品
魚全般
小麦 大麦、ライ麦、オート麦

負荷食試験

除去食を与えて症状がおさまっても、偶然食事を切り替えたタイミングで治まっていたり、他に症状が治まった原因がある可能性もあるため、必ず元の食事に戻して再発するかをチェックしなければなりません。この検査を負荷食試験と言います。

もう一度アレルギー症状が出るかもしれない食事を与えるのは辛いかもしれません。しかし、ここでアレルゲンの判断を間違ってしまうと、本来食べても問題のないものをこの先ずっと避けてしまうことになります。

アレルギー検査

猫のアレルギー検査は、血液で行うことができます。
「植物、草木、カビ、ノミ・ダニ、節足動物、食物」などを調べることができます。
ただし、現在IgE検査しか実施できないため、即時型アレルギーしか確認できませんが、食べない方が良いものや接触しない方が良いものが分かるため、検査を行った方が目安ができて望ましいでしょう。

猫ねこさん
食物アレルギーの原因は肉や魚に含まれるたんぱく質なんですねぇ。アレルゲンを見つけるには時間がかかりますけど、この先の食生活に関わる大事な検査ですから、しっかりチェックしましょうねぇ。
なるべくならどんなものでも食べたいですもんね!こればっかりはしかたないですねっ。
クロベエ
アレルギーが気になる猫におすすめキャットフード

食物アレルギーの治療

食物アレルギーの治療は、基本的にその原因となっている食べ物を与えないことです。食物アレルギーと非ノミ非食物アレルギーを併発している場合は、食事管理にくわえステロイドや免疫抑制剤、サプリなどを使って治療を行います。

獣医師の指導のもと食事管理を継続して行う

食物アレルギーの食事管理は必ず獣医師の指導のもと継続して行うことが大切です。

食物アレルギーで与える除去食(食事療法食)のポイントは以下の通りです。

  • 今までに食べたことのないたんぱく質を与える
  • 消化吸収の良いたんぱく質を与える

今までに食べたことのないたんぱく質を与える

基本的に、猫の食物アレルギーは、今までに食べたことのある食べ物で起こります。

そのため、除去食では今までに食べたことのない新しいたんぱく質を与えた方が効果が高いと言われています。通常キャットフードでは使われることの少ないダック、鹿、馬肉、カンガルーなどを使ったフードは除去食に適していると言えます。

加水分解たんぱく質を与える

たんぱく質に反応して食物アレルギーを発症した場合、再度アレルゲンとなったたんぱく質が含まれたフードを食べるとアレルギー反応が起こります。
たんぱく質は分子量が大きいため体が異物としてとらえやすくなってしまいます。

そのため、除去食ではアレルゲンと体に認識されない程度まで小さく分解したたんぱく質が使われています。これを加水分解たんぱく質と言います。

治療中の注意点

食物アレルギーの治療中は、以下の点に注意しましょう。

  • おやつや人間の食べ物を与えない
  • 除去食(療法食)を勝手にやめない

おやつや人間の食べ物を与えない

除去食でせっかくたんぱく質の種類を限定しても、それ以外におやつや人間の食べ物を与えてしまっては治療の意味がなくなってしまいます。

もし、あなた以外の家族も一緒に猫のお世話をしている場合には、必ず家族全員にその注意点を守ってもらうようにしましょう。

除去食(療法食)を勝手にやめない

獣医に勧められた除去食を与えていても、症状が改善されるまで1ヶ月程度かかることも多いと言われています。「フードを変えたのに全然良くならない」と自己判断で勝手に除去食(療法食)をやめないようにしましょう。

猫ねこさん
アレルギーの治療が始まったら家族全員で協力してあげなきゃいけませんよぉ。こっそりおやつ、、、厳禁です。
こっそりおやつ、、、ぼくの一番の得意分野がぁ~。でも治療の意味がなくなっちゃいますもんね。ガマンガマン。。。
クロベエ
アレルギーが気になる猫におすすめキャットフード

キャットフードの選び方3つのポイント

猫のアレルギー対策用キャットフードは、以下の2種類に分けられます。

  • アレルギーに配慮した総合栄養食・・・予防が目的(健康な猫用)
  • 除去食(療法食)・・・治療が目的(治療中の猫用)

除去食(療法食)は必ず獣医の指導のもと与えるようにしましょう。

アレルギー対策用キャットフード選びのポイントは以下の3つです。

良質な動物性たんぱく

肉食動物である猫の大切なエネルギー源は動物性たんぱくです。そのため、動物性たんぱくの多い肉・魚が主原料のフードを選ぶことは大前提です。

ただ、いくら動物性たんぱくが豊富でも、粗悪な原材料を使っていれば上手く消化することができず、アレルギー症状を起こしやすくなります。重要なのは「良質な」たんぱく質であることです。

肉副産物・家禽ミール・ミートミールには本来食べることのできない材料が入っている可能性があるため注意が必要です。

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

無添加、自然由来の添加物

キャットフードに含まれる添加物が原因でアレルギーを引き起こす猫もいるため、なるべく無添加のものや自然由来の添加物を使っているフードを選びましょう。

たんぱく質の種類が少ない

数種類の肉や魚が原材料に使われていると、アレルギー症状が出た場合どれがアレルゲンなのか特定しにくくなります。

そのため、なるべくたんぱく質の種類が少なく原材料がシンプルなフードを選ぶことをおすすめします。

アレルギーが気になる猫におすすめキャットフード

よくある質問

ここでは、猫のアレルギーに関するよくある質問をまとめています。

フードのローテーションはアレルギー対策になる?

ローテーションフードとは、2~3種類のフードを定期的に変えて与える方法です。食物アレルギーのある猫は、さまざまな食材にアレルギーを持っている場合が多いため、フードを変えることで新たなアレルギーが出てしまうこともあります。そのため、フードを定期的に変えることで、特定のたんぱく質を取り続けないようにして、新たなアレルギーを防ぐことができます。

こうしたことから、獣医の指導のもと、低アレルゲンの除去食(療法食)をローテーションする食事管理が行われる場合もあります。

ただ、アレルギーの予防にローテーションが効果的とは言いづらく、むしろ短期間で何種類ものフードを与えることで体調を崩してしまうこともあるため注意が必要です。

食物アレルギーは治る?

一度食物アレルギーを発症したら生涯治ることはないと言われています。アレルギー発症後は、獣医の指導のもと、アレルゲンを除去した食事を生涯与え続けていくことになります。

アレルギーが気になる猫用おすすめキャットフード

モグニャン

モグニャン

  • 低アレルゲンで消化吸収の良い白身魚が主原料
  • アレルゲンになる小麦やトウモロコシなどの穀物不使用
  • 酸化防止剤として天然由来のビタミンE配合
価格 3,960円/1.5kg(1kgあたり約2,640円定期コース初回半額1,980円
原産国 イギリス
第一原料 白身魚
主な成分 たんぱく質:30.00%以上 脂質:16.00%以上 粗繊維:3.00%以下 約374kcal/100g
当サイト特典!モグニャン初回半額!

ファインペッツ

ファインペッツ

  • アレルギー性の低いアヒル肉とニシン肉が主原料
  • 中国産原材料は一切不使用
  • 使用されている穀類は低アレルゲンの米のみ
価格 3,704円/1.5kg(1kgあたり約2,469円)
原産国 オランダ
第一原料 アヒル肉
主な成分 たんぱく質:32.00% 脂質:21.00%以上 粗繊維:5.00%以下 420kcal / 100g

ジウィピーク デイリーキャットクィジーン ドライタイプ ベニソン

ジウィピークベニソン

  • 通常のキャットフードには使われない「新奇たんぱく」ベニソン(鹿肉)が主原料
  • 栄養価を損なわずに維持するエアドライ製法
  • 着色料、人工酸化防止剤、遺伝子組換原材料不使用
価格 4,700円/400g(1kgあたり約11,750円)
原産国 ニュージーランド
第一原料 ベニソン(鹿肉)
主な成分 たんぱく質:32.00%以上 脂質:31.00%以上 粗繊維:0.5%以下  429kcal / 100g

アディクション ビバ・ラ・ベニソン(鹿肉)

アディクションビバラベニソン

  • 通常のキャットフードには使われない「新奇たんぱく」ベニソン(鹿肉)が主原料
  • アレルゲンになる小麦やトウモロコシなどの穀物不使用
  • 人工保存料・香料・着色料・副産物一切不使用
価格 1,620円/450g(1kgあたり約3,600円)
原産国 ニュージーランド
第一原料 鹿肉粉
主な成分 たんぱく質:30.00%以上 脂質:15.00%以上 粗繊維:3.5%以下  371.0kcal / 100g

【療法食】プリスクリプション・ダイエット 療法食 ZD低アレルゲン

ヒルズプリスクリプションz/d

  • 消化吸収の良い加水分解たんぱく質を使用
  • 炭水化物源は低アレルゲンの米のみ
  • 猫の健康をサポートするオメガ3・オメガ6脂肪酸配合
価格 3,381円/2kg(1kgあたり約1,690円)
原産国 チェコ
第一原料
主な成分 たんぱく質:33.00%以上 脂質:12.00%以上 粗繊維:3.5%以下  368kcal / 100g

まとめ

猫の食物アレルギーの症状、原因、検査方法、治療方法については以下のまとめを参考にしてください。

  • 猫の食物アレルギーの主な症状は皮膚の痒みや発疹、嘔吐、下痢など
  • 食物アレルギーの主な原因は肉類などに含まれるたんぱく質
  • 米はアレルゲンになりにくい
  • アレルギー検査では除去食・負荷食試験を行う
  • 食物アレルギーの食事管理は獣医の指導のもと継続して行う
  • 除去食では今までに食べたことのないたんぱく質や消化吸収の良いたんぱく質を与える
  • 治療中はおやつや人間の食べ物を与えない
  • 自己判断で決して除去食をやめない
  • アレルギーを引き起こさないよう良質なたんぱく質をとることが大切
  • 無添加、自然由来の添加物使用のキャットフードを選ぶ
  • アレルゲンを特定しやすいようたんぱく質の種類が少ないフードを選ぶのも一つの方法
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ふくふく動物病院 院長 平松育子
【監修】ふくふく動物病院 院長
平松育子
京都市生まれ
山口大学農学部獣医学科(現 山口大学共同獣医学部)卒業/山口県内の複数の動物病院にて勤務/2006年3月3日 阿知須にてふくふく動物病院開業
ふくふく動物病院
ふくふく動物病院のHPはこちら
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.