とり

とり

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料

公開日:

キャットフードの基礎知識

とり

とり

猫ねこさん

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料

猫ねこさん
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れている可能性もあるんですよぉ。。。添加物や着色料、忘れがちですけど油脂にも気をつけた方が良いですねぇ。

キャットフードを選ぶときには、原材料を必ずチェックすることが大切!

本来食べられない材料が入っている可能性のある「肉副産物・家禽ミール・ミートミール」
体のつくり上大量に消化するのは苦手な「穀物」
発がん性などのリスクがある「BHT・BHA・エトキシキン・没食子酸プロピル」
猫に不必要な「香料・着色料」
腐敗した動物から抽出されたものも含まれる「動物性油脂」

今回はこれら注意の必要な6つの原材料を徹底解説します!

キャットフードの原材料を確認する方法

キャットフードに含まれている原材料は、パッケージの表示欄を見て確認することができます。 パッケージの表示欄では、添加物を含めすべての原材料を記載するよう決められています。また、内容量の多い順に記載されています。

例えば、以下のキャットフードでは一番最初に「トリ肉」と記載があるため、すべての原材料のなかでトリ肉が最も多く含まれているキャットフードだと分かります。 成分表

 注意が必要な6つの原材料

では、実際にどのような原材料に注意すべきなのでしょうか。 注意が必要な原材料は以下の6つです。

  • 肉副産物
  • 家禽ミール・ミートミール
  • 主原料が米・麦・トウモロコシなどの穀物
  • BHT・BHA・エトキシキン・没食子酸プロピル
  • 香料・着色料
  • セルロース
  • 低品質な動物性油脂

以下、それぞれの原材料の注意点について詳しく説明します。

肉副産物・家禽ミール・ミートミールには本来食べられない材料が含まれている可能性がある

肉副産物・家禽ミール・ミートミールとは、キャットフードのメイン原料となる肉類に含まれる原料のひとつです。

以下は、あるキャットフードの原材料の表示欄ですが、ミールという表記の原料が多く含まれていることが分かります。ミールとは簡単にいうと乾燥肉粉のことです。

ミール表示

以下、肉副産物・家禽ミール・ミートミールの定義と危険性について説明します。

肉副産物とは哺乳動物の毛・角・歯・蹄・肉を除いた部位(内臓や骨を含む)

AAFCOで定義する肉副産物とは以下の通りです。

※AAFCO・・・ペットフードの栄養基準や表示などのガイドラインを定めるアメリカの機関

  • 哺乳動物の毛・角・歯・蹄・肉を除いた部位
  • 内臓や骨を含む
  • 油脂分を搾り取る前の清潔な部位

家禽ミールとは骨の有無は問わない清潔な肉と皮を使ってレンダリングされた乾燥肉

家禽(かきん)とは飼育される鳥類のことを指し、鳥の種類は問いません。

主な家禽は以下の通りです。

鶏、ターキー、アヒル、ガチョウ、ウズラ、オナガドリ、チャボ、ダチョウ、エミュー、キジ

AAFCOで定義する家禽ミールとは以下の通りです。

  • 鳥類の清潔な肉と皮から油脂分を搾り取って乾燥させたもの
  • 羽毛、頭、足、内臓は含まない
  • 骨は含む場合もある

ミートミールとは肉を乾燥させて粉状にした肉粉

AAFCOで定義するミートミールとは以下の通りです。

  • 哺乳動物から油脂分を搾り取って乾燥させたもの(牛、豚、羊、ヤギ以外の哺乳動物でもよい)
  • 血液、髪、蹄、角、皮、肥料、胃および第一胃の内容物をのぞいた部位
  • より適切な表記として「チキンミール」など種類を特定して表記する

ミートミールは高温で殺菌された肉粉ですが、生肉よりもたんぱく質は豊富に含まれています。ただし、何の動物なのか、動物がどのような状態だったのかまでは定義されていません。

こういった点が心配な方は、「○○ミール」という表記のものを選ぶと良いでしょう。

※「肉骨粉」について

ミートミールに骨を含んだものを「肉骨粉」と呼びます。狂牛病の原因と言われるため、牛由来の肉骨粉は使用が制限されています。AAFCOの基準を守っていないミートミールに含まれる可能性がゼロではないため、注意が必要です。

安全性が高いのは「○○ミール」表記のもの

AAFCOでは、乾燥鶏肉を使っている場合は「チキンミール」乾燥牛肉を使っている場合は「ビーフミール」など、より適切な表記をすると定めています。中には乾燥鶏肉と言う意味で「チキンミール」と表示しているフードなどもあり、新鮮なものを使用しているものもあります。

そういった意味で、「ミートミール」よりも「○○ミール」という表記のものを選んだ方が安全性は高いと言えるでしょう。

ミートミールの中に4Dミートが含まれる可能性はゼロではない

また、肉のなかには「4Dミート」と呼ばれる絶対口にできないなようなものがあります。4Dミートは以下のような肉のことです。

  • 1.「D」EAD=死んでしまった動物の肉
  • 2.「D」ISEASED=病気だった動物の肉
  • 3.「D」YING=しにかけだった動物の肉
  • 4.「D」ISABLED=障害のあった動物の肉

「ミートミール」=「4Dミート」という認識がされがちなのですが、こちらは誤解であり、ミートミールと4Dミートはまったく別のものです。

ですが、AAFCOの基準を順守しない国やメーカーもありますので、使われている可能性がゼロではない点は理解しておきましょう。

すべての国がAAFCOの基準を守っているわけではない

肉副産物・家禽ミール・ミートミールは、AAFCOの定義上では決して危険性はありませんが、製造国が必ずしも定義を守って作っているとは限らないため、入ってはいけない部位が含まれていたり、粗悪な肉が含まれていたりする可能性もゼロでありません。

猫の健康を考えるなら、肉副産物、家禽ミール、ミートミールが含まれるキャットフードは避けた方が良いでしょう。

猫ねこさん
ミールとは乾燥肉のことなので、単に表記の問題ではあるんですねぇ。
ただ残念ながら物によっては品質の悪いものも。。。健康を考えるなら、肉副産物、家禽ミール、ミートミールあたりは避けた方が良いですよぉ。
ミートミールって4Dミートと同じことかと思ってました。ただ、その可能性はあるってことなんですね。。。普通じゃ絶対口にしないようなものが入っているなんて怖すぎますっ。
クロベエ

米・麦・トウモロコシなどの穀物が多すぎるのはNG

キャットフードの原料のひとつである穀物類とは、主に米・麦・トウモロコシなどです。

猫の食事の栄養バランスの理想は「肉・魚」:「穀物類」:「野菜」=7:2:1であって、穀物はバランスよく含まれているぶんには問題はありません。穀物には多くの食物繊維が含まれるため、腸内環境を整える役割もあります。

しかし、穀物類が主原料となるキャットフードはなるべく避けた方が良いでしょう。以下、その理由について説明します。

猫は穀物を消化できない体のつくり

猫は肉食動物なので、穀物をほとんど消化できない体のつくりになっています。

そのため、穀物が多すぎると、上手く消化できず下痢や嘔吐などの症状を引き起こすリスクがあります。

穀物が多いと摂取量が増え内臓に負担がかかる

猫はたんぱく質をエネルギーに変えることができるため、どの栄養素よりもたんぱく質を多く摂取する必要があります。

穀物が多いと必要なたんぱく質を摂取するためにより多くの量を食べなければならず、内臓に負担をかけてしまいます。 また、食べすぎて肥満になると糖尿病や尿路結石などを引き起こす可能性もあります。

猫ねこさん
我々猫はもともと肉食なので、メインはあくまで肉や魚。穀物はほんのちょっとでいいんですよぉ。ただ、穀物が全く消化できないわけじゃないので、そこは覚えておいてくださいねぇ。
穀物たっぷりのキャットフードって多いですけど、ぼくたちにとっては肉・魚が多い方が嬉しいんですよねっ。多すぎるのはダメってことですね。
クロベエ

BHT・BHA・エトキシキン・没食子酸プロピルは発がん性などのリスクがある

キャットフードは酸化すると有害物質が発生したり、栄養価が下がったりするため、それを防ぐために酸化防止剤が使われています。

酸化防止剤には「天然」のものと「人工」のものがありますが、特に注意が必要なのは発がん性やDNAなどの突然変異などのリスクがあるとされる「人工」酸化防止剤の摂取量です。

以下のようなリスクのあるBHT・BHA・エトキシキン・没食子酸プロビルについてはできるだけ避けた方が良いでしょう。

酸化防止剤 リスク
BHA 発がん性
BHT DNA・染色体の突然変異
エトキシキン アレルギー性皮膚炎・目の炎症
没食子酸プロビル 肝臓の損傷

香料・着色料は猫にとって不必要な添加物

キャットフードに匂いや香りづけをするのが「人工香料」「着色料」です。これらは見た目を良くするために使われる添加物ですが、猫は「見た目」ではなく「匂い」で食べ物を選びます。つまり、「人工香料」「着色料」は猫にとっては不必要なものであって、あくまで飼い主さんの「食いつき」を良くするための添加物なのです。

着色料には健康を害するものもあるため、どんな着色料が使われているか必ずチェックしましょう。以下、発がん性などのリスクの可能性がある着色料です。

着色料 リスク
赤色102号 発がん性・アレルギー
赤色40号 発がん性
青色2号 死病を引き起こすウイルスに対する猫の感応性を増大

セルロースは便秘や腸を傷つける原因になる

セルロースはすべての植物に含まれており、キャットフードの原料となる野菜にも含まれる成分です。水に溶けない食物繊維であるセルロースには猫の毛玉を防ぐ効果があり、主に毛玉ケアのキャットフードに多く含まれています。

しかし、水を含むと膨張するセルロースは、摂取しすぎると便秘を悪化させたり、腸を傷つけたりする原因になるので注意が必要です。

低品質な動物性油脂には腐敗した動物から抽出されるものも含まれる

キャットフードを形づくるために欠かせないのが油脂です。 ドライフードは高温で調理され水分含有量を10%以下にしますが、そのままではパサパサでうまく形づくることができないため、油脂を表面に吹き付けて仕上げます。

油脂には植物性油脂と動物性油脂がありますが、猫は肉食動物のため動物性油脂の方を好みます。猫にとって、脂質もたんぱく質同様健康な体づくりに必要な栄養素です。

しかし、低品質な動物性油脂には亡くなって腐敗した動物から作られたものや、糞便・毛・内臓などから作られたものもあります。「鶏油」など原材料がしっかり記載された動物性油脂を選ぶと安心です。

猫ねこさん
油脂はキャットフードづくりに欠かせないものですけど、低品質なものもあるので注意してくださいねぇ。
腐った動物から作られた油脂なんて。。。今までまったく気にしてなかったですけど、原材料欄はしっかり確認しなきゃですね!
クロベエ

まとめ

原材料で注意すべきなのは以下のポイントです。愛猫がいつも健康でいられるよう、キャットフードを選ぶ時には必ず原材料をチェックするようにしましょう。

  • 肉副産物とは哺乳動物の骨や内臓も含んだ毛・角・歯・蹄・肉を除いた部位
  • 家禽ミールとは骨の有無を問わない鳥類の清潔な肉と皮を使用してレンダリングされた乾燥肉
  • ミートミールとは乾燥肉粉 ・家禽・ミートミールが必ずしも悪いものとは限らない
  • より安全性が高いのは種類を特定した「チキンミール」などの表記のもの
  • ミートミール=4Dミートではない
  • ミートミールには狂牛病の原因となる肉骨粉が含まれている可能性もある
  • 肉副産物・家禽ミール・ミートミールは定義上は安全だが、AAFCOを遵守していない国やメーカーもあるため注意が必要
  • 穀物類が多すぎるものは猫の体に負担がかかる
  • BHT・BHA・エトキシキン・没食子酸プロビルなどは発がん性などのリスクがあるので注意が必要
  • 香料・着色料は猫にとって不必要な添加物
  • セルロースは便秘や腸を傷つける原因になる
  • 低品質な動物性油脂は腐敗した動物から抽出されるものも含まれる
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.