痩せ気味の猫の食事 | 痩せ気味の猫向けキャットフード

2018-05-29

猫ねこさん

痩せ気味の猫の食事 | 痩せ気味の猫向けキャットフード

猫ねこさん
痩せ気味かなと心配になったら、まずはその子の適正体重を知ることから始めましょう~。食欲がないときは好みの味や食感のフードに替えてみるのもひとつの方法。落ち着いて食事できる環境を整えてあげてくださいねぇ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

猫の痩せ気味とは、適正体重の94%以下の状態のこと。85%以下は明らかに痩せすぎなので要注意!
痩せる原因はさまざまですが、まずは食欲があるかどうかをチェックすることが大切。

病気ではなく、ただ単にフードの食いつきが悪くて痩せてしまっている時は、食事の与え方や食事環境をいま一度見直してみてくださいね。

痩せ気味の猫にオススメなのは「良質な肉・魚が主原料」「グレインフリーまたは穀物の量が少ない」「消化吸収が良い」キャットフードです。

今回は痩せ気味の猫用キャットフード選び方3つのポイント、おすすめフードをご紹介。
猫の体重、痩せ気味チェック法、フードを食べない時の対処法についても詳しくご紹介します!

痩せ気味の猫とは

猫の痩せ気味の目安とは適正体重の94%以下の状態を言います。色々な猫種がいますが、その猫種ごとの適正体重の85%以下は痩せすぎです。

メインクーンやラグドールなどの大型猫を除いて、猫は生後約1年でほぼ成猫になります。この頃の体重、つまり1歳の頃の体重がその猫の適正体重に近いと言われています。

もし、その頃の体重の記録があれば、その時の体重と今の体重を比べてみると良いでしょう。

猫が痩せ気味かどうかは以下の2つの方法で調べることができます。

  • BCS(Body Condition Score)ボディコンディションスコア
  • FBMI™ (Feline Body Mass Index) 猫のBMI

BCS(Body Condition Score)ボディコンディションスコア

最もよく使われているチェック方法で、肋骨まわりの脂肪や腹部のくびれなどから猫の体型を5段階で評価します。BCS3が適正体重、BCS2が痩せ気味、BCS1が痩せすぎとなります。

FBMI™ (Feline Body Mass Index) 猫のBMI

人間のBMIのように体脂肪率を出して肥満度をチェックする方法です。体脂肪率7%以下が痩せ気味となります。

痩せ気味の猫の食事の工夫

病気が原因ではなく、フードを食べてくれない時の対処法です。
猫がフードを食べてくれない時はこのような工夫をしてみましょう。

  • フードの香りを高める
  • 好みの味・食感のフードに替えてみる
  • 食べやすい器に変える
  • 安心して食べられる環境を整える

以下、それぞれの対処法について説明します。

フードの香りを高める

猫は「におい」で美味しさを判断しているため、フードの「におい」が少なくなっていると食べてくれないことがあります。フードの香りを高めるには以下のような工夫をすると良いでしょう。

  • ウェットフードを加える
  • 人肌に温める
  • 風味を保つため密閉保存する

好みの味・食感のフードに替えてみる

人間にも味の好みがあるように、猫にも魚味が好き、肉の方がいい、など好みがあります。フードの香りを高めてもあまり食べてくれない場合は、猫の好みの味のフードに替えてみることも一つの方法です。

また、フードを切り替えて食欲がなくなった場合は一度前のフードに戻して様子を見るようにしましょう。前のフードに新しいフードを少しずつ混ぜていくとフードの切り替えがスムーズにいきやすいと言われています。

食べやすい器に変える

フードを食べるときに器にヒゲがあたるとストレスを感じて食べてくれないこともあります。

このような猫のヒゲストレスを改善するために、浅く平らな器にフードを入れてあげるようにしましょう。

安心して食べられる環境を整える

食事をする環境に問題がある場合も、猫はフードを食べてくれないことが多いようです。

フードの器が常に清潔であるのはもちろん、食べやすい高さに器が置かれているか、器が滑りやすくないか、落ち着いて食べられる場所か、なども猫にとっては重要です。

猫ねこさん
どうしても食べてくれないときは、あの手この手で食欲を高めてあげてくださいねぇ。食事する場所も意外と大事なんですよぉ。
たしかに!ぼく、器も自分専用のものじゃないとダメなんです。おかあさんはブツブツ言ってますけど、こう見えても意外とぼく神経質みたいですっ。
クロベエ

痩せぎみの猫向きフード選び方のポイント

ここでは痩せ気味の猫用キャットフードの選び方について説明します。

  • 良質な肉・魚が主原料
  • 脂質が多めで量を食べられなくてもエネルギーが摂れるもの
  • 消化吸収が良い
  • フードの成分・原材料表記チェック項目

良質な肉・魚が主原料

猫にとって、重要なエネルギー源は動物性たんぱくです。

猫はたんぱく質を主なエネルギー源として活用するため、主原料が肉類であり、多くたんぱく質が含まれているとエネルギーになりやすいです。

たんぱく質量は26%以上が最低基準値ですが、こちらは必ず上回っているものでなくてはなりません。

ただし、動物性たんぱくなら何でも良いわけではなく、「良質な」たんぱく質であることが重要です。

肉類といっても「肉副産物、家禽ミール、ミートミール」などが原料になっているものは避けた方が良いでしょう。

脂質が多めで量を食べられなくてもエネルギーが摂れるもの

出来るだけ脂質が多めでエネルギーが高いものを与えましょう。

痩せているということはあまり量を食べていなかったりする場合もあるので、少量でもしっかりとエネルギーになるものが良いです。
そのためには脂質が十分に含まれており、エネルギーもより高いものが良いでしょう。

脂質は9%以上が最低基準値ですが、こちらは必ず上回っているものでなくてはなりません。

トッピングなどでそれらを補えるような商品もありますので、 食いつき、エネルギー補給のために、ふりかけタイプのものや、トッピングができるものも追加することも良いです。

消化吸収が良い

痩せ気味の猫は消化器官が弱っていることも多く、栄養をしっかり吸収することができません。

そのため、消化吸収の良いフードを選んで、少量でも効率よく栄養を摂取することが大切です。

消化の良いものとして、白味魚や鶏肉などが挙げられます。
こういったものが含まれているものなどを与えてみましょう。

フードの成分・原材料表記チェック項目

  • 肉類が第一原料でたんぱく質が多めのもの
  • 脂質・エネルギーが多めのもの
  • 消化吸収の良い素材のもの

痩せ気味の猫向けのキャットフード

ジャガー

ジャガー

  • チキン、サーモンなど原材料の80%以上に上質な肉と魚を使用
  • 穀物不使用で少量でもエネルギーに変えやすい
  • たんぱく質40%以上、脂質20%以上のパワフルフード
価格 4,622円/1.5kg(1kgあたり約3,082円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン生肉
主な成分 たんぱく質:40.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 383.5kcal/100g

カナガン

カナガン

  • 新鮮で高品質のチキンが主原料の60%以上
  • 豆類も一切不使用のグレインフリーで消化吸収が良い
  • たんぱく質37%以上、脂質20%以上のパワフルフード
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン
主な成分 たんぱく質:37.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 390kcal / 100g

ファインペッツ

ファインペッツ

  • 脂質の豊富なアヒル肉と動物性たんぱくの豊富なニシン肉が主原料
  • 消化吸収率87%で少量でも十分に栄養がとれる
  • オメガ3脂肪酸やタウリンが猫の健康をサポート
価格 3,704円/1.5kg(1kgあたり約2,469円)
原産国 オランダ
第一原料 アヒル肉
主な成分 たんぱく質:32.00% 脂質:21.00%以上 粗繊維:5.00%以下 420kcal / 100g

アカナ

アカナ

  • 原材料の70%が鶏肉・七面鳥肉・天然魚などの肉類
  • グレインフリーで少量でもエネルギーに変えやすい
  • たんぱく質37%以上、脂質205以上のパワフルフード
価格 6,264円/1.8kg(1kgあたり約3,480円)
原産国 カナダ
第一原料 新鮮骨なし鶏肉
主な成分 たんぱく質:37.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 406kcal / 100g

オリジン

オリジン

  • 原材料の90%が鶏肉・七面鳥肉・天然魚などの肉類
  • 内蔵、軟骨、新鮮丸ごと魚、新鮮全卵などを使用、猫本来の食事を再現したレシピ
  • 低炭水化物、低GIで猫の健康をサポート
価格 5,443円/1.8kg(1kgあたり約3,023円)
原産国 アメリカ
第一原料 新鮮骨なし鶏肉
主な成分 たんぱく質:42.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下  406kcal / 100g

まとめ

猫の適正体重、痩せ気味かチェックする方法、フードを食べない時の対処法、痩せ気味の猫用キャットフードの選び方については以下のまとめを参考にしてください。

  • 適正体重の85%以下になったら痩せすぎ
  • 適正体重とは1歳の頃の体重
  • 痩せ気味かチェックする方法にはBCSとFBMIが主に使われる
  • 食欲がなくフードを食べてくれない場合は与え方や環境を工夫する
  • 良質な肉・魚が主原料のキャットフードを選ぶことが大切
  • 少量でもエネルギーになるグレインフリー、もしくは穀物の少ないキャットフードが良い
  • 消化吸収の良いフードを選ぶことも重要
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター