JPスタイル キャットフード「和の究み」の原材料・評判・安全性を徹底調査

2018-10-24

猫ねこさん

いなば  キャットフード「グラッチェ」の原材料・評判・安全性を徹底調査

猫ねこさん
JPスタイル「和の究み」は、乳酸菌とオリゴ糖を配合し、腸内環境の健康をサポートするキャットフード。腸の奥まで乳酸菌が届くので、お腹の弱い猫にもオススメですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

主原料に国産素材を使用したキャットフード、JPスタイル(ジェーピースタイル)。
JPスタイルには、ライフステージや健康状態、味・素材などから選べる14種類のドライフードがあります。

今回は「乳酸菌とオリゴ糖のダブル配合でお腹の健康をサポート」する「JPスタイル 和の究み 1歳から 遊び盛りの成猫用」についてご紹介します。

基本情報と特徴

JPスタイル

JPスタイル-グラフ

  • 乳酸菌とオリゴ糖のダブル配合でお腹の健康をサポート
価格 824円/1kg(250g×4) (1kgあたり約824円) 
原産国 日本
第一原料 穀類(小麦全粒粉、コーングルテンミール、中白糠、とうもろこし、ホミニーフィード、小麦粉)
主な成分 たんぱく質:30.00%以上
脂質:12.00%以上
粗繊維:5.00%以下
エネルギー:350kcal/100g
穀物類 小麦全粒粉、コーングルテンミール、中白糠、とうもろこし、ホミニーフィード、小麦粉
酸化防止剤 ローズマリー抽出物
ミール、副産物など コーングルテンミール、チキンミール、ミートミール、削り節ミール
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース あり
賞味期限 未開封:製造日より2年
開封後:1ヶ月目安
販売元 日清ペットフード株式会社

原材料と成分

穀類(小麦全粒粉、コーングルテンミール、中白糠、とうもろこし、ホミニーフィード、小麦粉)、肉類(チキンミールミートミール)、でんぷん、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイル)、魚介類(削り節ミール、フィッシュパウダー、まぐろ節、かつおパウダー)、ビートパルプ、粉末セルロース、オリゴ糖、β-グルカン、ユッカ抽出物、乳酸菌末(エンテロコッカス・フェカリス)、ミネラル類(カルシウム/リン/カリウム/ナトリウム/塩素/鉄/銅/マンガン/亜鉛/ヨウ素)、フマル酸、アミノ酸類(メチオニン/タウリン)、ビタミン類(A/D/E/K/B1/B2/B6/パントテン酸/ナイアシン/葉酸/コリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

たんぱく質 30.0%以上
脂質 12.0%以上
粗繊維 5.0%以下
灰分 9.0%以下
水分 10.0%以下

乳酸菌とオリゴ糖のダブル配合でお腹の健康をサポート

「JPスタイル 和の究み」は乳酸菌「エンテロコッカス・フェカリス」とオリゴ糖を配合し、お腹の健康維持に配慮したキャットフードです。

使用している乳酸菌は、少量で多くの菌体が摂取できる「死菌」です。
菌がお腹の奥まで届き、さらにオリゴ糖が善玉菌の増加をサポートしてくれるので、胃腸のデリケートな猫にも嬉しいレシピですね。

国産の削り節ミールを使用し、焼津のまぐろ節を練りこむなど食いつきを高める工夫もされています。

たんぱく質は30%以上と適量配合していますが、炭水化物量が多く、主原料のコーングルテンミールは植物性たんぱく質です。
猫の必須栄養素は動物性素材にしか含まれておらず、一番多く必要なのは動物性たんぱく質です。また、吸収率も動物性たんぱく質に劣ります。
愛猫の健康維持を考えると肉や魚が主原料の方が嬉しいですね。

猫ねこさん
「生きたまま腸に届く」なんて言葉もありますが、近年の研究で必ずしも生きた乳酸菌にこだわる必要はないことが分かってきてるんですよぉ。
こうしたお腹に優しいレシピはとっても嬉しいんですが、炭水化物が多いですし、たんぱく質も植物性たんぱくなのが気になりますねぇ。。。
乳酸菌って人間の食品にもいろいろ使われてますもんね。
ただ。。。ぼくたちに必要なのは動物性たんぱくなのにお肉やお魚が少ないですね。。。
クロベエ

ミートミール使用・穀物アレルギーの猫は注意・炭水化物が多め・コーングルテンミール・動物性油脂・セルロースの配合量不明・公開情報が少ない・リコールあり

以下「JPスタイル 和の究み 1歳から 遊び盛りの成猫用」の気になる点です。

  • ミートミール使用
  • 小麦、トウモロコシを多く含む
  • 炭水化物が多め
  • コーングルテンミール
  • 動物性油脂
  • セルロースの配合量不明
  • 公開情報が少ない
  • リコールあり
ミートミール使用

ミートミールは、AAFCO(※1)の定義では種類が限定されていないさまざまな哺乳動物をレンダリング(※2)した乾燥肉です。
ただし血液・毛・蹄・角・皮・糞尿・胃・第一胃の内容物は除きます。
定義上で危険性はありませんが、全てのペットフードメーカーがこの定義に沿って製造しているとは限りません。
中には粗悪な肉を使って製造されているフードがある可能性もゼロではありません。

※1 AAFCO・・・米国飼料検査官協会
※2 レンダリング・・・脂肪を溶かして油脂を抽出する

小麦、トウモロコシを多く含む

小麦、トウモロコシが多く配合されているので、穀物アレルギーのある猫は注意が必要です。

炭水化物が多め

炭水化物がたんぱく質より多めです。
猫が多く必要とするのは動物性たんぱく質や脂肪ですので、炭水化物は少ないものが良いでしょう。

コーングルテンミール

主原料のコーングルテンミールは植物性たんぱく質です。
植物性たんぱくが多く含まれているためたんぱく質量は増えますが、猫に必要な必須アミノ酸は植物性たんぱくには含まれておらず、吸収率からしても動物性たんぱく質が多いほうが好ましいでしょう。

動物性油脂

どの動物の油脂がどの程度使用されているか明記されていません。
キャットフードによっては病気で亡くなった家畜の油脂が使用されているケースもあるため、原材料がしっかり記載された油脂の方が安心です。

セルロースの配合量不明

セルロースには、水を含むと膨らむ性質から肥満を防ぐ役割や、腸内をきれいにする役割があります。
ただその一方で、体内で分解することができず内臓や消化器官に負担をかけてしまうこともあるため、セルロースの配合量が分からないのはやや不安が残ります。

公開情報が少ない

公開情報が少なく、オメガ3とオメガ6のバランス、カルシウム・リン・マグネシウムのバランスなどが分からないのは少し心配です。

リコールあり

JPスタイル製品のリコールはありませんが、製造会社である日清ペットフード株式会社の他ブランド製品でリコール報告があります。

生産者情報

「JPスタイル 和の究み」を製造しているのは、「日清ペットフード株式会社」です。

1970年の創業以来、「研究・開発」「製造」「お客様相談」という3つの柱を軸に、「ペットの元気と長生き」のためのフードづくりを行っています。

那須研究所では、獣医などの専門家がチームを組み、日本の猫に最適なペットフードづくりのため原料調査、コンセプト開発、消化吸収性試験、嗜好性試験などを行っています。

フードを製造している鶴見工場は、国際認証規格であるISO9001(品質マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)を取得。
原材料の受け入れから出荷に至るまで、品質管理を徹底しています。

また、商品に関する質問や成長・健康に関する不安や悩みに迅速に対応できるよう、お客様相談室を設けています。

お客様相談室
0120-122-899(平日9:00~18:00/土・年末年始・お盆を除く)
※携帯電話からも利用可

リコール情報

JPスタイル製品のリコールはありませんが、他ブランド製品で2018年にリコール報告があります。
リコール理由は、一部商品に賞味期限を誤表示したものがあることが確認されたためです。

対象となったのは、「いぬのしあわせゴロッと具ルメささみとまぐろのホワイトシチュー風80g」です。