とり

とり

【本当に安全?】安心して与えられる国産おすすめキャットフード5選

公開日:

目的別おすすめキャットフード

とり

とり

猫ねこさん

【本当に安全?】安心して与えられる国産おすすめキャットフード5選

猫ねこさん
国産と聞くと「安全」なイメージがあるかもしれませんが、キャットフードは必ずしも国産だから安全とは言えないんですねぇ。値段の安さやメーカーの知名度、買いやすさだけでなく、フードの原材料や栄養成分を確認することが大切なんですよぉ。

スーパーなどで食料品を買うとき、国産にこだわっている人も多いと思います。日本は海外に比べ食品の安全基準が高く、「国産なら安心」という考えが浸透しているからでしょう。
私達のごはんと同じように、大事な家族の一員である猫のごはんも「国産の安全なもの」をあげたいですよね。

しかし、残念ながらキャットフードに関しては「国産=安心・安全」とは言い切れません。
日本はペットに対する知識や考え方、法整備などあらゆる面で世界から遅れを取っています

今回は、日本のキャットフードの現状、国産キャットフード注意点や選び方のポイント、おすすめフードをご紹介します!

日本のキャットフードの現状

人間の食品と比べると、日本のキャットフードの原材料や添加物に関する規制は緩く、安全とは言い切れないものも多く販売されています。

ペット先進国に大きく遅れをとっている理由の一つとして、「日本人の動物愛護の意識が低い」ことが考えられます。

動物愛護の意識が低い

日本で初めて動物愛護の法律ができたのは、1973年のことです。
法律では「動物をみだりに殺傷したり苦しめることなく、動物の習性をよく知り適正に取り扱わなければならない」とありますが、今もなお日本では殺処分問題が社会問題として残っています。

ペット先進国イギリスで、最初に動物愛護の法律が作られたのはなんと今から200年以上も前!子供の法律よりも先にペットの法律ができたと言われているほど、ペットに対する意識が高い国です。

日本では普通に見かけるペットショップですが、イギリスでは今から75年以上も前に認可制となり、自由にペットを販売することが禁じられました。
2006年に制定された「ペット動物福祉法」では、動物虐待を取り締まる「アニマルポリス」も誕生。適正な住環境を用意することを飼い主に義務付け、子供と同じようにペットをしつけることも国民の間に浸透しています。

法整備が遅れている

日本でキャットフードを規制する法律「ペットフード安全法」ができたのは、2009年のことです。それまではペットフードの安全を守る法律はなく、ペットフード公正取引協議会が制定した「公正競争規約」という各業界が消費者の意見を取り入れた自主ルールにより、ペットフードが販売されていました。

しかし、2007年アメリカで犬猫の大規模な健康被害が発生。中国原産のフード原料に有害物質メラミンが混入していたことが原因でした。この事件を機に、日本でも「ペットフードを規制する法律を」という声が高まり法律の制定に至ったのです。

この法律により、有害な成分を含むペットフードの輸入が禁じられ、国産キャットフードの成分規制もようやく行われるようになりました。

ペットフード安全法の基準が緩い

「ペットフード安全法」によって添加物や成分などさまざまな規制を行っていますが、改善すべき点も多々あるのが現状です。

  • 添加物の基準が人間の食品と比べると緩い
  • 原産国は最終加工を行った国を指す(原材料の産地に関しては分からない)
  • 5%未満の成分は原材料を表示しなくても良い
  • 表示義務を怠っても罰則がない

このように多くの問題点が残っているため、「ペットフード安全法」ができたとは言え、販売されている国産キャットフードがすべて安全とは言えないのです。

ペットフード先進国のイギリス、ドイツでは以下のように法整備が整っており、ペットフードの安全性への意識の高さが伺えます。

  • イギリス・・・EU加盟国共通の規則と自国の規則による法規制。さらにFEDIAF(ヨーロッパペットフード工業会連合)による製造、栄養などに関する自主基準の設定も行っている。
  • ドイツ・・・EU加盟国共通の規則と自国の規則、製造工場独自の規約などによる法規制。人間が食べることのできない原材料は使用してはならないと法律で定められている。

動物愛護先進国イギリスのペット事情とおすすめキャットフード5選
イギリスは動物愛護の意識が高く、動物やフードの安全を守る法律がしっかり整備されている「ペット先進国」なんですよぉ。キャッ...


猫ねこさん
日本はまだまだ世界に比べるとペットフードのレベルは低いんですねぇ。そもそもペットが暮らしやすい環境も整ってないですしねぇ。イギリスなんかでは犬も公共の交通機関を利用できますし、ホテルにも泊まれますからねぇ。
えぇっっ!イギリスすごい!日本でも意識は高まってますけどまだまだですよねぇ。基準もゆるくて抜け道がたくさんありそうです。。。
クロベエ

国産キャットフードの注意点

国産キャットフードは、外国産に比べると輸入コストがかからないぶん非常に安価です。
スーパーやホームセンターなどでも手に入りやすく、困った時にすぐに対応してもらえるなどのメリットもあります。

しかし、前述のようにイギリスやドイツなどのペット先進国に比べると基準が甘く、いまだに低品質なキャットフードも販売されています。以下、国産キャットフードの注意点です。

  • 原材料が不鮮明なものが多い
  • 原材料が国産とは限らない
  • 保存料・添加物の基準が緩い
  • 主原料に穀物や植物性のたんぱく質

原材料が不鮮明なものが多い

国産には、以下のような原材料を使用しているフードが多く見られます。

  • 動物性油脂
  • ミートミール
  • 家禽ミール

※1 AAFCO・・・米国飼料検査官協会

動物性油脂

動物性油脂とは、フードを成形し嗜好性をあげるために使用される、動物から抽出した油のことです。
酸化や劣化が早いため、必ず酸化防止剤を使用しますが、原材料欄には添加する酸化防止剤の表記が義務付けられていません。
そのため、発がん性が指摘されるBHA・BHT・没食子酸プロビルなどを使用している可能性もあります。
また、動物性油脂という表記では、どの動物の油脂がどの程度使用されているか分からず、病気で亡くなった家畜の油が使用されているケースも考えられます。

ミートミール

ミートミールは、AAFCO(※1)の定義では種類が限定されていないさまざまな哺乳動物をレンダリング(※2)した乾燥肉です。
ただし血液・毛・蹄・角・皮・糞尿・胃・第一胃の内容物は除きます。

ミートミールは、AAFCOの定義上で危険性はありませんが、全てのペットフードメーカーがこの定義に沿って製造しているとは限りません。
中には粗悪な肉を使って製造されているフードがある可能性もゼロではありません。

※2 レンダリング・・・脂肪を溶かして油脂を抽出する

家禽ミール

家禽ミールは、AAFCOの定義では鳥類の清潔な肉と皮をレンダリングした乾燥肉です。
骨は含まれている場合がありますが、羽毛・頭・足・内蔵は含まれていません。

家禽ミールは、AAFCOの定義上で危険性はありませんが、全てのペットフードメーカーがこの定義に沿って製造しているとは限りません。
中には粗悪な肉を使って製造されているフードがある可能性もゼロではありません。

保存料・添加物の基準が緩い

ペットフード安全法では酸化防止剤としてエトキシキン、BHA、BHTの使用を認めています。

エトキシキンは非常に毒性が強いため、人間の食品への添加も認められておらず、農薬としても認可されていません。
また、BHA・BHTは発がん性も指摘されています。

原材料が国産とは限らない

ペットフード安全法では、原産国の表記が義務付けられています。
しかし、原産国が「日本」であっても、使用されている原材料がすべて「国産」とは限りません。
なぜなら、原産国とは「最終加工工程(パッケージングは含まない)を行った国」だからです。ドライフードならばフードの成形を行った国、ウェットフードではレトルト加熱殺菌工程を行った国となります。
例えば、中国産の原材料を使用していたとしても、日本で最終加工を行えば原産国は「日本」となるわけです。

主原料に植物性のたんぱく質と穀物を使用

安価な国産キャットフードは主原料に植物性のたんぱく質と穀物を使用している傾向が高いです。

植物性のたんぱく質

主原料に肉や魚などに比べ値段の安い植物性のたんぱく質(主にトウモロコシ、コーングルテンミールなど)を使いコストを抑えているのですが、猫に一番必要なのは動物性たんぱく質や脂肪です。
猫の必須栄養素は動物性素材にしか含まれておらず、一番多く必要なのは動物性たんぱく質です。また、吸収率も動物性たんぱく質に劣ります。

穀物

穀物の主成分は炭水化物です。
健康な猫なら40%くらいまでは炭水化物を消化できますが、それを超えると、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸(※)等)や高血糖を引き起こすと言われています。

※ 鼓腸(こちょう)・・・腸内にガスが充満して、腹部のふくれる症状

40%以上の炭水化物は、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸等)や高血糖を引き起こすと報告(Meyer&Kienzle1991)されています。

引用:猫のための最適な食餌/三鷹獣医科グループ

国産キャットフード比較表

以下の表は、国産のキャットフードの主原料、穀物、添加物の有無、価格について比較したものです。

安価なキャットフードは主原料に動物性食材が使用されていらず、添加物も多く使われていることが分かります。
一方で、値段は高いですが、原材料や添加物に配慮した国産のプレミアムフードもあります。

 ブランド 主原料 穀物 添加物 価格(1kgあたり)
ねこひかり 鶏肉 大麦、玄米、ハト麦、あわ、きび、玄そば、きな粉、とうもろこし 不使用 約4,960円
ねこはぐ 鶏肉 大麦、玄米、米ぬか、黒米、赤米 不使用 約4,653円
日本のみのり 牛肉粉 玄米 不使用 約4,165円
無添加キャットフード安心 生肉(牛・豚・鶏・馬・魚肉・牛レバー) 玄米、大麦、燕麦 不使用 約4,250円
シェフキャット 生肉(牛・鶏・馬・魚肉・豚レバー) 大麦全粒粉、玄米粉、脱脂米ぬか 不使用 約2,445円
メディファス 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール) トウモロコシ、コーングルテンミール 不使用 約532円
ビューティープロ 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉) トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉 不使用 約587円
JPスタイル 穀類(小麦全粒粉、コーングルテンミール、中白糠、トウモロコシ、ホミニーフィード、小麦粉) 小麦全粒粉、コーングルテンミール、中白糠、トウモロコシ、ホミニーフィード、小麦粉 不使用 約824円
ねこ元気 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉) トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉 二酸化チタン、赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号 約419円
銀のスプーン 穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉) トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉 二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号 約771円

安全な国産キャットフードを選ぶポイント

前述のように、キャットフードは国産だから安全とは言えませんが、なかには猫の健康を考えて原材料や成分にこだわったフードもあります。

ここでは、安全な国産キャットフードを選ぶ3つのポイントについて説明します。

  • 不鮮明な原材料・危険性のある添加物を使用していない
  • 原材料生産地をチェックする
  • 肉や魚などの動物性食材が主原料

以下、それぞれのポイントについて詳しく説明します。

不鮮明な原材料・危険性のある添加物を使用していない

必ずパッケージの原材料欄を確認し、危険性のある低品質な原材料・添加物を使用していないか確認しましょう。

特に注意したい原材料は以下の5つです。

  • 肉副産物・家禽ミール・ミートミール
  • BHT・BHA・エトキシキン・没食子酸プロビル
  • 香料・着色料
  • セルロース
  • 低品質な動物性油脂
こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

原材料生産地をチェックする

原産国だけでなく、原材料の生産地をチェックすることも大切です。
原材料の生産地について表示義務がありませんが、メーカーによってはそれぞれの原材料の生産地をパッケージに明記している場合もあります。

また、「中国産原材料は使用していません」などと公式サイト上で公表している場合もあります。
2007年のアメリカで中国産フードを食べた犬や猫が大量死した事件があったことから、危険性の高い中国産原材料が使用されていないかどうかは確認しておきたいですね。

パッケージや公式サイトを見ても分からない場合は、各メーカーのお客様相談室などに確認をとってみても良いでしょう。

肉や魚などの動物性食材が主原料

肉食動物である猫の主なエネルギー源は、肉や魚などの動物性たんぱくです。
猫は穀物の消化が苦手なため、米・麦・トウモロコシなどの穀物の量が多すぎると消化器官に負担をかけてしまいます。
また、穀物と同じく植物性のたんぱく質も主原料であることが多いのですが、猫の必須アミノ酸であるタウリンは動物性食材にしか含まれておらず、欠乏すると猫は健康を保てません。
猫の健康を考えるなら、動物性たんぱくの豊富な肉や魚などの動物性素材が主原料のキャットフードを選ぶことが大切です。

原材料の表記ですが、キャットフードのパッケージには原材料の配合量の多いものから順に表記されているので注意深く見てみましょう。

成分表

猫ねこさん
国産の安いフードってとっても魅力的ですけど、原材料や栄養バランスはどう見ても安全とは言えないものがとっても多いんですよぉ。
ついつい聞いたことあるブランドだから安心と思って手にとりがちですけど、原材料や栄養バランスは必ず確認しなきゃダメですねっ。
クロベエ

安全なおすすめ国産キャットフード

ここでは、安全なおすすめ国産キャットフードを紹介します。

ねこひかり

ねこひかり

  • 無添加でかつ人間が食べられる食材を使用
  • 人間用食品加工と同じ工場で製造
  • 主原料に鹿児島産若鶏を使用、煮干やかつお粉で必須脂肪酸もとれる
  • すべてのトレーサビリティー(生産地や流通の履歴)を開示
価格 2,480円/500g(1kgあたり約4,960円)
穀類 大麦、玄米、ハト麦、あわ、きび、玄そば、きな粉、とうもろこし
第一原料 鶏肉
主な成分 粗たんぱく質:32.40%以上 粗脂肪:13.50%以上 粗繊維:1.90%以下 約424kcal/100g

ねこはぐ

ねこはぐ

  • 無添加でかつ人間が食べられる食材を使用
  • 国内のGMP認定食品工場で厳しい品質管理のもと製造
  • 100%九州産の新鮮な若鶏が主原料
価格 6,980円/1.5kg(1kgあたり約4,653円)
穀類 大麦、玄米、米ぬか、黒米、赤米
第一原料 鶏肉
主な成分 たんぱく質:28.50% 脂質:16.00%以上 粗繊維:0.50%以下 383kcal / 100g

日本のみのり

日本のみのり

  • 純国産素材を使用し、手作り料理に近い製法
  • すべての原材料のトレーサビリティー(生産地や流通の履歴)を開示
  • 無添加、少量生産
価格 833円/200g(1kgあたり約4,165円)
穀類 玄米(山形県:減農薬米)
第一原料 牛肉粉(国産)
主な成分 粗たんぱく質:50.00%以上 粗脂肪:14.00%以上 粗繊維:1.00%以下  418kcal / 100g

無添加キャットフード安心

無添加キャットフード安心

  • 無添加かつ人間が食べられる多種の食用生肉を使用
  • 中国産原材料は一切不使用
  • 抗菌剤不使用で腸内環境の健康に配慮
価格 1,700円/400g(1kgあたり約4,250円)
穀類 玄米、大麦、燕麦
第一原料 生肉(牛・豚・鶏・馬・魚肉・牛レバー)
主な成分 粗たんぱく質:40.00%以上 粗脂肪:15.00%以上 粗繊維:3.0%以下  460.0kcal / 100g

シェフキャット

シェフキャット

  • 無添加かつ小麦・トウモロコシ不使用
  • 低温低圧製法で栄養を凝縮
  • 金沢の自社工場で製造
価格 2,079円/850g(1kgあたり約2,445円)
穀類 大麦全粒粉、玄米粉、脱脂米ぬか
第一原料 生肉(牛・鶏・馬・魚肉・豚レバー)
主な成分 粗たんぱく質:39.00%以上 粗脂肪:16.00%以上 粗繊維:3.5%以下  370.0kcal / 100g

まとめ

  • キャットフードは「国産=安全」とは言い切れない
  • 日本人は世界に比べて動物愛護の意識が低い
  • ペットフード安全法で法整備は行われているが基準が緩い
  • 不鮮明な原材料・危険性のある添加物を使用していないか確認
  • 原材料生産地をチェックする
  • 肉や魚などの動物性食材が主原料のものを選ぶ
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.