とり

とり

ラグドールにおすすめのキャットフード5選

公開日:

猫種別で選ぶ

とり

とり

猫ねこさん

ラグドールにおすすめのキャットフード5選

猫ねこさん
ラグドールにおすすめなのは「良質なたんぱく質」「バランスの良い食物繊維」「子猫から成猫まで全年齢対応」のキャットフードですよぉ。

抱っこされるのが大好きで、まるでぬいぐるみのような見た目のアビシニアン。
約4年間をかけておとなになる、成長がゆっくりな猫種。
食欲旺盛だけど、運動嫌いで太りやすい面も・・・。

今回はそんなラグドールにオススメのキャットフードをご紹介。

「年齢に応じた1日のフード量や回数の目安」「キャットフードを選ぶポイント」について詳しく解説します!

与えるキャットフードの量と回数の目安

ここでは、ラグドールに与えるキャットフードの量と回数の目安について説明します。

1日に与えるキャットフードの量や回数の目安は年齢によって異なります。以下、それぞれの年齢に応じた目安について説明します。

子猫期(~4歳)

生後30日ころまでは子猫用のミルクを与え、歯が生え始める頃に離乳食を始めます。生後2ヶ月くらいになったら徐々に離乳食からキャットフードに切り替えていきましょう。

子猫は成猫に比べエネルギーをたくさん消費するため、体重に応じてキャットフードの量も増やす必要があります。とはいえ、月齢が低いうちはまだ胃も小さく、1回に食べられる量は少ないため、1日の食事回数は3~5回と多めにしましょう。一度に食べられる量が増えてきたら徐々に回数を減らしていきましょう。

一般的な猫に比べて成長速度が遅く、成猫になるまで約4年かかると言われています。一般的な猫の場合は1歳くらいを目安に成猫用フードに切り替えていきますが、ラグドールの場合は「体重の増加がゆるやかになった」「運動量が減った」などを切り替えの目安にすると良いでしょう。

一般的には1歳くらいまでに大きく成長すると言われていますが、個体差があるため猫の成長度合にあわせることが大切です。

以下の表は、体重に応じた1日の給餌量の目安です。あくまで平均的な目安ですので、活動量、食欲なども見ながら調整しましょう。

体重 1日の給餌量
400g~1kg 20~50g
800g~2kg 40~70g
1.5~2.5kg 50~75g
2~3.5kg 60~80g
3~5kg 50~95g

※100gあたり400kcalのキャットフードの場合

成猫期(4歳~6歳)

成猫になると子猫のときよりも必要なエネルギー量が減り、1回に食べられる量も増えるため食事回数が減ります。

成猫の食事回数の目安は1日2~3回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

以下の表は成猫に与える1日の給餌量の目安です。フードによってカロリーは異なりますので、パッケージに記載の目安を参考に、運動量、食欲などにあわせて調整してあげましょう。

体重 1日の給餌量
~2.5kg 35~45g
2.5~3.5kg 45~55g
3.5~5kg 55~70g
5~6.5kg 70~85g
6.5~8kg 85~110g
8~10kg 90~100g

※100gあたり374kcalのキャットフードの場合

高齢猫期(7歳~)

高齢期に入り脳の働きが弱まってくると、猫は自分の食事量をコントロールすることができなくなり、多く与えてしまうと食べすぎてしまう場合もあります。

高齢猫に必要な1日のカロリーは、体重×60Kcalが目安です。各キャットフードのパッケージには100gあたりのカロリーが記載されているため、フードのカロリーをもとに1日の給餌量を計算すると良いでしょう。

■体重6kgの猫、375kcal/100gのキャットフードを与える場合
1日の摂取カロリーの目安:6×60kcal=360kcal
1kcalあたりの量:100÷375kcal=0.266g
1日の給餌量:360×0.266=96g

以下の表は、高齢猫に与える1日の給餌量の目安です。あくまで平均的な目安ですので、活動量、食欲なども見ながら調整してあげましょう。

体重 1日の給餌量
3kg 48g
4kg 64g
5kg 80g
6kg 96g
7kg 112g

※100gあたり375kcalのキャットフードの場合

高齢猫の食事回数の目安は1日1~4回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

また、15歳以上の高齢猫は食べるときと食べないときの差が激しくなるため、いつも決まった時間にキャットフードを与えるのではなく、いつでも食べられる環境を整えておくと猫のストレスも少ないでしょう。

猫ねこさん
抱っこされるとだらーんと脱力するラグドール。ぱっと見は本物のぬいぐるみのように見えますよねぇ、、、ンフフ。
生後2ヶ月頃からぐんぐん食べる量が増えますが、運動嫌いなので食事量には注意してくださいねぇ。
食べるの大好きだけど動かない、、、うちのおとうさんもそんな感じですっ。
クロベエ

おすすめのキャットフードを選ぶポイント

ラグドールにおすすめのキャットフードを選ぶポイントは以下の3つです。

良質なたんぱく質

約4年という長い成長期の間に、しっかりとした体格や筋肉をつくるための良質なたんぱく質をとる必要があります。

猫のエネルギー源となるのは動物性たんぱく質です。動物性たんぱくが豊富に含まれる肉・魚が主原料のものを選ぶことが大切ですが、重要なのは「良質な」たんぱく質であることです。

肉副産物・家禽ミール・ミートミールには本来食べることのできない材料が入っている可能性があるため注意が必要です。

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

バランスの良い食物繊維

豪華な被毛の長毛種のため、毛づくろいの際に自分の被毛を飲み込みやすく、毛玉を体の中にためこんでしまう毛球症(もうきゅうしょう)にかかりやすいと言われています。そのため、毛玉ケア対策のできるキャットフードを選ぶのもおすすめです。

毛玉ケアキャットフードには、通常の約2倍の食物繊維が含まれています。

食物繊維には水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」があります。

セルロースなどの不溶性食物繊維は胃で消化されず、水分を含むと膨らむ性質があるため、便のかさが増え大きくなってしまうことがあります。不溶性食物繊維をとりすぎると猫が便秘になることもあるため、不溶性食物繊維の量には注意しましょう。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がどちらもバランスよく含まれているキャットフードを選ぶことが大切です。

水溶性食物繊維
水に溶けやすく、水に溶けるとゲル状になる。

  • 血中コレステロール値を下げる
  • 食後の血糖値の急上昇を抑える
  • 腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える

不溶性食物繊維
水に溶けにくい繊維質。

  • 水分を吸収しやすく、便のかさをふやし排便を促す
  • 有害物質を体外へ排出、大腸がんの予防効果がある

引用:マンナンライフ

子猫から成猫まで全年齢対応

一般的な猫の場合、成猫になる生後1年を目安に子猫用フードから成猫用フードに切り替えていきます。

しかし、ラグドールは成猫になるまで約4年かかるため、猫の成長度合にあわせて成猫用フードに切り替える必要があります。

成長期の子猫から成猫まで全年齢を通じて食べられるキャットフードであれば、給餌量を調整するだけで切り替えの必要がないため非常に便利です。

猫ねこさん
あの筋肉質なからだを作るには、おとなになるまでの約4年間にしっかり良質なたんぱく質をとることが大切ですよぉ。長毛種なので毛玉ケアのできるフードもオススメですねぇ。
おとなになるまで4年!ぼくたちと違ってゆっくり成長する猫なんですねっ。最近よく見かける全年齢対応のものなら、ずっとお気に入りの味を食べ続けることができますね。
クロベエ

おすすめキャットフード

ジャガー

ジャガー

  • 人間でも食べられる安心素材!肉と魚両方の栄養がとれるハイブリッドフード
  • 動物性たんぱく質80%以上!長い成長期に良質な栄養をとれる
  • 子猫から高齢猫まで全年齢に対応
価格 4,622円/1.5kg(1kgあたり約3,082円
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン生肉
主な成分 たんぱく質:40.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 炭水化物:18.00% エネルギー:384kcal/100g

カナガン

カナガン

  • 乾燥チキン、骨抜きチキン生肉だけで60.5%の高たんぱくフード
  • オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸のバランスがよく毛並みケアにも
  • 子猫から高齢猫まで全年齢に対応
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン
主な成分 たんぱく質:37.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 390kcal/100g

ファインペッツ

ファインペッツ

  • アヒル肉とニシンの低アレルゲンたんぱく質
  • 消化吸収率87%と非常に高く少量でも充分に栄養がとれる
  • 子猫から高齢猫まで全年齢に対応
価格 3,704円/1.5kg(1kgあたり約2,469円)
原産国 オランダ
第一原料 アヒル肉
主な成分 たんぱく質:32.00% 脂質:21.00%以上 粗繊維: 5.00%以下 炭水化物:27.40%以上 406kcal / 100g

シンプリー

シンプリー

  • オメガ3脂肪酸の豊富なサーモンメインで毛並みケアにも
  • 食物繊維の豊富なオリゴ糖、オーツ麦使用で毛玉対策にも
  • 子猫から高齢猫まで全年齢に対応
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きサーモン
主な成分 たんぱく質:37.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 380kcal / 100g

アーテミス フレッシュミックス 毛玉ケア

アーテミスフレッシュミックス毛玉ケア

  • 人間が食べられる基準の新鮮素材で栄養価が高い
  • 大麦や米糠などの食物繊維配合で毛玉ケアをサポート
  • 小麦、大豆、トウモロコシ不使用でアレルギーの心配な猫も安心
価格 1,979円/1kg(1kgあたり約1,979円)
原産国 アメリカ
第一原料 フレッシュチキン
主な成分 たんぱく質:30.00% 粗脂肪:20.00%以上 粗繊維: 3.00%以下 392.2kcal / 100g

まとめ

ラグドールのキャットフードの切り替え時期や選び方は以下のまとめを参考にしてください。

  • 成猫になるまで約4年かかるため成猫用フードへの切り替えは猫の成長度合にあわせて
  • 筋肉質な体格をつくるため子猫期から良質な動物性たんぱくをしっかりとることが大切
  • 長毛種のため毛玉ケア用の食物繊維の豊富なものがおすすめ
  • 全年齢対応フードであれば子猫用フードから成猫用フードへ切り替える必要がない
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.