とり

とり

アニモンダ「 ラフィーネクロス」の悪い評判・安全性を調査

公開日:

口コミ・評判

とり

とり

猫ねこさん

アニモンダ「 ラフィーネクロス」の悪い評判・安全性を調査

猫ねこさん
アニモンダの「ラフィーネクロス」は、人間の食品基準と同じ品質の食材を使ったキャットフード。世界基準をクリアした自社工場だけで製造していて、安全面でとてもレベルの高いフードですよぉ。

人間の食品基準を満たした食材だけを使用したドイツのキャットフード、アニモンダ。
アニモンダのキャットフードには5つのシリーズがあります。

・ラフィーネ(グルメな猫用)
・カーニー(肉本来の味わい)
・フォムファインステン(厳選された上質食材)
・ミルキース(スナックタイプの猫用おやつ)
・インテグラプロテクト(症状別療法食)

今回は品質面、製造面ともに安全性の高い「ラフィーネクロス アダルト鶏肉・鴨肉・七面鳥についてご紹介します。

基本情報と特徴

アニモンダラフィーネ

アニモンダ-グラフ

  • 世界的な品質基準を満たした自社工場で製造
  • 人間の食用基準と同じ品質の食材だけを使用
価格 2,300円/1.5kg(1kgあたり約1,533円
原産国 ドイツ
第一原料 シリアル(小麦胚芽入り)
主な成分 たんぱく質:32.00%
脂肪:12.00% 
粗繊維:1.50% 
エネルギー:374kcal/100g
穀物類 シリアル(小麦胚芽入り)
酸化防止剤 ビタミンE
ミール、副産物など なし
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース なし
賞味期限 未開封:18ヶ月
開封後:1ヶ月目安
販売元 ジャーマンペット株式会社

原材料と成分

シリアル(小麦胚芽入り)、肉類(鶏肉・鴨肉・七面鳥)、油脂類、野菜蛋白抽出物、乳製品(ヨーグルト)、乾燥全卵、イースト、野菜、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンC、ミネラル(銅、亜鉛、セレン、ヨウ素)

たんぱく質 32.0%
脂肪 12.0%
粗繊維 1.5%
粗灰分 6.5%
水分 9.0%
カルシウム 1.2%
リン 1%
マグネシウム 0.08%
タウリン 1.2mg/kg

人間の食用基準と同じ品質の食材だけを使い、自社工場のみで製造

アニモンダは原材料の品質、製造工場の安全基準にこだわったキャットフードです。

生産国のドイツでは、ペットフードの原材料について「人間の消費に適合するものでなければならない」と法律で決められています。
そのため、「狂牛病全頭検査」「中国産原材料は一切不使用」「健康面で異常のない動物の肉のみ使用」など、人間の食用基準を満たしたものだけを厳選しています。

主原料には、ビタミンやミネラルの豊富な小麦胚芽入りのシリアルを使用。
第二原料には、3つの肉類(鶏肉・鴨肉・七面鳥肉)を使っていますが、これらも新鮮な状態で加工されており、素材そのものの味や香りが生かされています。

また、2つの自社工場はIFS(国際食品規格)、BRC(英国小売協会)認証を受けるなど、製造面でも世界基準をクリアしています。

猫ねこさん
原材料や製造工場の質の高さが魅力的なメーカーですねぇ。栄養面もたんぱく質がしっかり含まれていてバランスは良さそうですよぉ。
ドイツはペットフードの基準が厳しいことでも知られてますもんね。人間のたべものと同じ基準で原材料を選んでいるのは安心ですっ。
クロベエ

穀物アレルギーのある猫は注意、炭水化物がやや多く食物繊維が少ない、公開情報が曖昧、リコールあり

「ラフィーネクロス 鶏肉・鴨肉・七面鳥」と名前には肉類が並んでいるのですが、主原料はシリアルなのでご注意!
シリアルは小麦やとうもろこし、オーツ麦、米、玄米から作られたものなので、穀物アレルギーのある猫は気をつけましょう。

炭水化物がやや多く食物繊維が少ない点も気になりますね。
肉食の猫に必要なのはたんぱく質や脂肪で、炭水化物はそれほど多く必要ではありません。

油脂類、野菜蛋白抽出物、野菜など具体的な種類がはっきり公開されていない点もやや不安が残ります。

また、過去に1度だけリコールがあったのも少し心配な点ですね。

生産者情報

「アニモンダ社」はドイツ最大の肉製品専門メーカー「herist」グループの会社です。
1991年、ペットフードメーカーとして誕生したのがアニモンダ社です。

ペットの幸福を願う飼い主のために、素材を活かしたペットフードづくりを心がけており、人工保存料や着色料は一切使用していません。

また、病気を抱える動物のための食事療法食INTEGRA PROTECT(インテグラプロテクト)も開発。
多くの獣医や飼い主から評価を集めています。

ドイツから日本への輸入はリファーコンテナ(10℃前後で温度管理を行う定温コンテナ)を使った船便で行われており、日本到着後も定温倉庫で保管するなど、品質管理を徹底しています。

リコール情報

2013年「猫用インテグラ プロテクト センシティブ ドライフード」の一部商品でリコールが起きています。
加熱殺菌後の冷却状態が不十分なままパッキングされ、規定の水分量よりやや多いものがあり、カビ発生のリスクが高まったことがリコール理由です。

リコールは、梅雨時期を迎える日本国内だけの対応ではありますが、安全面ではやや不安が残りますね。

保管方法

開封後は必ず密封してなるべく空気に触れないようにし、早めに使い切りましょう。

また、保管場所にも注意が必要です。いくら密封していても、日当たりが良く高温になる場所やじめじめした場所に置いておくと、酸化が進んでしまいます。

キャットフードは以下のような場所で保存するようにしましょう。カビなどの原因となるため、くれぐれも冷蔵庫で保存しないよう注意してくださいね。

  • 温度変化が少ない
  • 風通しがよく湿度が高くない
  • 直射日光が当たらない

また、開封後は空気に触れないよう密封し、1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

キャットフードの保管方法・保管場所について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

愛猫家必見!キャットフードの正しい保存方法
キャットフードは正しく保存しないと味や風味が落ちてしまうんですよぉ。ドライフードもウェットフードも開封前は、冷暗所で保存...
キャットフードを冷蔵庫で保存してはいけない理由と正しい保存場所
ドライフードは冷蔵保存じゃなく常温保存が基本ですよぉ。冷蔵庫は扉の開け閉めのときに温度差でカビが生えやすくなるのでNG。開...

評判・口コミ

では、「ラフィーネクロス 鶏肉・鴨肉・七面鳥」をあげた人の口コミを見ていきましょう。

良い評判・口コミ

まずは良い評判・口コミを見てみましょう。

このご飯たべてもらっている猫は、日本産のごはんは絶対にたべようとしません。味も香りもこれがベストなんだと思います。

引用:楽天

食いつきもよく、ドイツ製の安心感。ドイツではペットと人の食品製造基準がほぼ同じだそうです。安心して食べさせています。

引用:amazon

鴨肉と七面鳥と鶏肉を選んでみました。形状の違うキブルが混ざっているので、飽きっぽくて3回同じフードが続くと食べてくれないうちのコが、機嫌よく食べてくれます。400gと短期間で消費しきれる量の袋があるのも、常に数種類をストックしている我が家には嬉しいです。

引用:楽天

3種類の中では「鴨肉と七面鳥と鶏肉」が一番好きみたいです。
手ごろな値段の割には質が良く、ドイツ産というのも安心です。

引用:楽天

好き嫌いが多いウチの猫ですが、この他3種類のエサを
ローテーションで与えています。よく食べてくらます

引用:amazon

最も多かったのは「食いつきが良い」という声。そのほか「質が良いのに手頃」「小袋が便利」などの声も。

まずは食いつきに関して。
鶏肉・鴨肉・七面鳥肉と3種類の肉を使っており、お肉好きの猫が喜んで食べてくれるようです。
素材そのものの強めの香りとクリスピー入りなのも人気の秘密のようです。

また1kg約1,500円と値段がお手頃。
人間の食用基準で作られていて高品質なわりに買いやすいお値段なのは嬉しいですね。

「小袋が便利」という声も目立ちました。
400gの小袋での販売もあるので、「飽きっぽい猫で食べてくれるか心配」な場合も安心して買えますね。

悪い評判・口コミ

続いて悪い評判・口コミを見てみましょう。

とても良い品だと思うけど、うちの子はダメだった。
特に4種類入っている様々なカリカリの中の一つ、丸い輪っかタイプのが苦手だったようで避けて食べてたので…最初は輪っかだけ除外して上げてましたが量が量だったので諦めました。

引用:amazon

一歳の二匹の猫に与えましたが、そのうちの一匹は見向きもせず、ひたすら砂をかけるしぐさをしています(^^;;
しかし、ドイツのペットフードの安全性は他の国と比べても最高水準だそうで、その点は信頼できます。フードの形も、ドーナツ型や、ハート型もあり、猫にはどうでもいいでしょうがとても可愛い。400gのものも売っていますから、まずはそちらで試してみればよかったかな。
一つ不満は、プレミアムフードなのに、ファスナーがついてない点。なぜか高いフードほどファスナーなしが多いような気がしますが、添加物が入っていないなら、余計にフードの酸化など気になるところです

引用:amazon

初アニモンダで購入しましたが、1回だけ食べたっきりです。
うーん、うちの子には合わなかったのか??
カントリー・ロードやアーテミスは大好きみたい。
ザナベレもイマイチな反応だったし、ドイツ産は好きじゃないのかなぁ。。。

引用:楽天

「食べない」「ファスナーがついていない」などの声がありました。

「食べてくれない」という声ですが、猫にも好みの食感や味がありますからなかには食いつきの悪い猫もいるでしょう。
ただ、与え方を間違って食いつきが悪くなっていることもあるので、その点には注意!
与える時は必ず今のフードに少しずつ混ぜて量を増やしていくのがポイントです。

「ファスナーがついていない」という声ですが、キャットフードは空気にふれると酸化して味や風味が落ちてしまうので、できればファスナー付きの方が嬉しいですね。
酸化を防ぐためにも、袋のまま保存するのではなく、密閉容器に移し替えて保存するのをオススメします。

キャットフードを切り替える時の注意点
キャットフードの切り替えは私達の体には負担大。健康上の問題、フードの問題が出てきたときに切り替えるようにしましょう~。食...
愛猫家必見!キャットフードの正しい保存方法
キャットフードは正しく保存しないと味や風味が落ちてしまうんですよぉ。ドライフードもウェットフードも開封前は、冷暗所で保存...

よくある質問

ここでは、「ラフィーネクロス 鶏肉・鴨肉・七面鳥」に関するよくある質問をまとめています。

犬と猫に同じフードを与えても大丈夫ですか?

犬と猫では必要な栄養素が違うため、犬にはドッグフード・猫にはキャットフードを与えましょう。

猫はタウリンやナイアシンなどの栄養素を体内で作り出すことができないため、キャットフードでこれらの成分を補っています。ドッグフードにはこれらの栄養素が含まれていないため、猫がドッグフードばかり食べていると栄養不足になってしまいます。また、キャットフードはドッグフードよりも味が濃い目に作られており、たんぱく質も多く含まれているため、犬にキャットフードを与えると内臓に負担をかけてしまいます。

療法食として使えますか?

療法食ではありません。特定の疾患を患っている場合には、必ず獣医の診断のもと、指示に従ってキャットフードを与えるようにしてください。

副産物は含まれていますか?

副産物は含まれていません。主原料にはシリアルを使用しています。

どんなふうにフードを切り替えれば良いですか?

現在使っているフードから切り替えるときは、いつものフードに少しづつ混ぜていき、10日間ほどかけてゆっくり慣らしていきましょう。

フードの切り替え方の目安は以下の通りです。

  従来のフード ラフィーネクロス 鶏肉・鴨肉・七面鳥
1日目 90% 10%
2日目 80% 20%
3日目 70% 30%
4日目 60% 40%
5日目 50% 50%
6日目 40% 60%
7日目 30% 70%
8日目 20% 80%
9日目 10% 90%
10日目 0% 100%
1日どれくらいの量をあげれば良いですか?水はどれくらい必要ですか?

以下の表は体重に応じた1日の給餌量の目安です。

あくまでも目安なので、猫の種類や運動量、食欲にあわせて調整してくださいね。また、フードを与える際には、清潔で新鮮な飲み水も一緒にあげましょう。

体重(kg) 給餌量(g)
2 30
3 45
4 50
5 60
6 70
子猫にも与えられますか?

「ラフィーネクロス 鶏肉・鴨肉・七面鳥」は、子猫用・成猫用が用意されています。

成長期である子猫は成猫よりも多くの栄養が必要です。
成猫用フードは子猫用に比べ栄養素の量が少なくカロリーも抑えてあるため、子猫が成猫用フードを食べ続けると、栄養不足になってしまう可能性があります。

子猫には「ラフィーネクロス キツン 鶏肉・鴨肉・七面鳥」がオススメです。

シニアに与えても大丈夫ですか?

「ラフィーネクロス 鶏肉・鴨肉・七面鳥」にシニア用はありませんが、「鶏肉・七面鳥・子羊肉」であればシニア用があります。

年齢とともに、猫の運動量や基礎代謝量は落ち、必要とするカロリー量も少なくなります。そのため、シニア猫用フードは、成猫用よりもカロリーが少なめに作られています。また、シニア猫に必要な栄養素を強化し、衰えてきた消化機能をサポートするなど、シニア猫が健康を保つためのさまざまな工夫が凝らされています。

シニア猫に与えても問題はありませんが、今の年齢にあわせたフードを選んだ方がより健康を維持できるでしょう。

価格

「ラフィーネクロス 鶏肉・鴨肉・七面鳥」には以下のパッケージがあり、価格は販売サイトによって異なります。

  • 400g
  • 1.5kg

まとめ

猫ねこさん
ドイツ製のアニモンダ。品質面、製造面ともにとてもレベルの高いフードですねぇ。
日本と違ってドイツは、ペットフードも人間の食品基準をクリアしたものじゃなきゃいけないんでしたよね?
クロベエ
猫ねこさん
クロベエくん、そのとおり!とっても厳しい基準が定められているので、ドイツ製なら安心という声も多いんですねぇ。
国際規格の認証を受けた自社工場だけで作っていて、製造面でも安心できますよぉ。
毎日食べるものなので、やっぱり安全なフード第一ですっ。
クロベエ
猫ねこさん
ただ、主原料はあくまでシリアルなので、穀物アレルギーの子は注意ですよぉ。安全面はバッチリなんですけど、「炭水化物がもう少し少なかったら」「食物繊維がもっと入っていたら」と少し惜しい感じですねぇ。
  • 人間の食用基準と同じ品質の食材だけを使用
  • 世界的な品質基準をクリアした自社工場のみで製造
  • 中国産原材料は一切不使用
  • 主原料がシリアルなので穀物アレルギーの猫は注意
  • 炭水化物がやや多め
  • 1度のリコールあり
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.