とり

とり

室内飼いの雑種猫におすすめのキャットフード5選

公開日:

猫種別で選ぶ

とり

とり

猫ねこさん

室内飼いの雑種猫におすすめのキャットフード5選

猫ねこさん
室内飼いの雑種猫におすすめなのは「低炭水化物」「適度な脂質」「肉や魚が主原料」のキャットフードですよぉ。

雑種猫は純血種に比べて先天的な疾患が少なく、丈夫で飼いやすいと人気です。
少しでも健康を保つためには、室内飼いを徹底することがポイントです!

今回はそんな室内飼いの雑種猫にオススメのキャットフードをご紹介。

「年齢に応じた1日のフード量や回数の目安」「キャットフードを選ぶポイント」「室内飼いのメリット」について詳しく解説します!

与えるキャットフードの量と回数の目安

健康を保つためには、1日に与えるキャットフードの量や回数の目安を知っておくことが大切です。

1日に与えるキャットフードの量や回数の目安は年齢によって異なります。以下、それぞれの年齢に応じた目安について説明します。

子猫期(~1歳)

生後30日頃までは子猫用のミルクを与え、歯が生え始める頃に離乳食を始めます。生後2ヶ月くらいになったら、徐々に離乳食からキャットフードに切り替えていきましょう。

子猫は成猫に比べエネルギーをたくさん消費するため、体重に応じてフード量も増やす必要があります。とはいえ、月齢が低いうちはまだ胃も小さく、1回に食べられる量は少ないため、1日の食事回数を増やしてあげましょう。

以下の表は、体重や月齢に応じた1日の給餌量と食事回数の目安です。あくまで平均的な目安ですので、活動量、食欲なども見ながら調整しましょう。

体重 月齢 1日の給餌量
400g~1kg 生後4ヶ月未満 28~56g
800g~2kg 47~95g
1.5~2.5kg 生後4~6ヶ月 64~93g
2~3.5kg 79~120g
3~5kg 生後7~12ヶ月 86~125g

※100gあたり374kcalのキャットフードの場合
※1日あたりのエネルギー要求量(DER)÷フード1gあたりのカロリーで1日の給与量を計算
DER=安静時エネルギー要求量(RER)×活動係数(生後4ヶ月未満3.0/生後4~6ヶ月2.5/生後7~12ヶ月2.0)

【年齢・ライフステージ別】1日のキャットフードの量と回数の目安
1日のキャットフード量は猫によって違いますよぉ。年齢や体重などによって1日に必要なカロリーが違うからですねぇ。大切なのは1日...

成猫期(1歳~6歳)

成猫になると、子猫のときよりも必要なエネルギー量が減り、1回に食べられる量も増えるため食事回数が減ります。

成猫の食事回数の目安は1日2~3回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

以下の表は、成猫に与える1日の給餌量の目安です。あくまで平均的な目安ですので、活動量、食欲なども見ながら調整しましょう。

体重 1日の給餌量
~2.5kg ~37g
2.5~3.5kg 37~48g
3.5~5kg 48~63g
5~6.5kg 63~76g
6.5~8kg 76~89g
8~10kg 89~105g

※100gあたり374kcalのキャットフードの場合
※1日あたりのエネルギー要求量(DER)÷フード1gあたりのカロリーで1日の給与量を計算

高齢猫期(7歳~)

高齢期に入り脳の働きが弱まってくると、猫は自分の食事量をコントロールすることができなくなり、多く与えてしまうと食べすぎてしまう場合もあります。

高齢猫の食事回数の目安は1日1~4回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

また、15歳以上の高齢猫は食べるときと食べないときの差が激しくなるため、いつも決まった時間にキャットフードを与えるのではなく、いつでも食べられる環境を整えておくと猫のストレスも少ないでしょう。

以下の表は、高齢猫に与える1日の給餌量の目安です。あくまで平均的な目安ですので、活動量、食欲なども見ながら調整してあげましょう。

体重 1日の給餌量
3kg 47g
4kg 53g
5kg 69g
6kg 79g
7kg 89g

※100gあたり374kcalのキャットフードの場合
※1日あたりのエネルギー要求量(DER)÷フード1gあたりのカロリーで1日の給与量を計算
DER=安静時エネルギー要求量(RER)×活動係数1.1(高齢)

猫ねこさん
室内飼いの場合、運動不足になりやすいので食事量には注意が必要ですよぉ。特に高齢になってきたら運動量も減るので調整してあげてくださいねぇ。
肥満になるといろんな病気にかかりやすくなりますもんねっ。欲しがるままに与えたらあっという間にぶくぶくですっ・・・。
クロベエ

キャットフードを選ぶポイント

低炭水化物

室内飼いの場合、飼育環境によっては自由に動き回れる場所が少なく、運動不足になりがちです。
肥満になると病気になるリスクが高くなりますので、給餌量には十分注意する必要があります。

また、炭水化物をとりすぎると、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸(※)等)や高血糖を引き起こすと言われています。

40%以上の炭水化物は、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸等)や高血糖を引き起こすと報告(Meyer&Kienzle1991)されています。

引用:猫のための最適な食餌/三鷹獣医科グループ

そのため、室内猫の健康を考えたら低炭水化物のフードが理想的です。

適度な脂質

運動不足による肥満を防ぐためには、適度な脂質も必要です。

「脂質を抑えた方がヘルシーで太らないのでは?」と思うかもしれませんが、脂質が少なすぎると、猫はいくら食べても満腹感を得られず、逆に過食を招いてしまう可能性があります。

肉や魚などの動物性食材が主原料

室内飼いの場合、便の臭いが気になる飼い主さんも多いと思います。

便の臭いをできるだけ抑えるには、消化の良い餌を与えることが大切です。

肉食の猫に不可欠なのは動物性たんぱく質です。
植物性たんぱく質は動物性たんぱく質に比べて消化吸収が悪く、猫が生きていくために必要なタウリンが含まれておらず、必須アミノ酸のバランスも良くありません。

そのため、小麦やトウモロコシ、コーングルテンミールなどの植物性食材が主原料ではなく、肉や魚などの動物性食材が主原料のキャットフードを選びましょう。植物性たんぱく質が主原料以外で配合されている場合は、動物性たんぱく質にないアミノ酸以外の栄養素も含まれているので、好ましいです。

原材料の表記ですが、キャットフードのパッケージには原材料の配合量の多いものから順に表記されているので注意深く見てみましょう。

成分表

猫ねこさん
少しでも健康を保つためにもなるべく低炭水化物のものがオススメですよぉ。それから、室内飼いの場合、臭いが気になる人も多いと思うので、なるべく腸内環境をサポートする消化の良い餌を選んであげることが大切ですよぉ。
お肉やお魚は、ぼくたち猫にとって大事なたんぱく源ですもんねっ。
クロベエ

室内飼いのメリット

猫を室内飼いするメリットは、以下の通りです。

  • 交通事故や猫同士の喧嘩を避けられる
  • 感染症やノミ・ダニなどの寄生虫を避けられる
  • 近隣住民とのトラブルを防げる
  • 迷子になるのを防げる

交通事故や猫同士の喧嘩を避けられる

外飼いにした場合、交通事故や猫同士の喧嘩に巻き込まれることがあります。事故や喧嘩による負傷は、命にかかわる場合もあります。

室内飼いにすれば、こうした事故や喧嘩から身を守ることができます。

感染症やノミ・ダニなどの寄生虫を避けられる

外飼いの場合、ノミやダニなどの寄生虫や、野良猫などからの感染症リスクがあります。

室内飼いすることで、他の猫との接触を避けられ、感染症を予防できます。

近隣住民とのトラブルを防げる

放し飼いにしておくと、猫の鳴き声、糞尿の臭いなどが原因で、近隣住民からクレームが来ることもあります。

なかには猫が苦手な人もいるため、完全室内飼いにすることで、こうした近隣住民とのトラブルを防ぐことができます。

迷子になるのを防げる

外飼いの場合、家に戻ってこなくなってしまった、という声もよく聞かれます。

家の中だけで飼っていれば、こうした迷子の心配もありません。

おすすめキャットフード

モグニャン

モグニャン

  • 低脂肪高たんぱくの白身魚が主原料
  • 食物繊維の豊富なサツマイモ使用で腸内環境をサポート
  • 穀物不使用で消化吸収が良い
価格 3,960円/1.5kg(1kgあたり約2,640円定期コース初回半額1,980円
原産国 イギリス
第一原料 白身魚
主な成分 たんぱく質:30.00%以上 脂質:16.00%以上 粗繊維:3.00%以下 約374kcal/100g
当サイト特典!モグニャン初回半額!

シンプリー

シンプリー

  • 消化吸収の良いサーモンメインでオメガ3脂肪酸が豊富
  • 食物繊維が豊富なオリゴ糖、サツマイモ使用で腸内環境をサポート
  • 魚の種類が豊富、魚だけで73%以上
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きサーモン
主な成分 たんぱく質:37.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 380kcal / 100g

ナウフレッシュ・アダルトキャット

ナウフレッシュアダルトキャット

  • コレステロール、脂肪分の少ないターキーが主原料
  • 中性脂肪になりにくいココナッツ油使用
  • 食物繊維の豊富なカボチャ使用で腸内環境をサポート
価格 5,616円/1.8kg(1kgあたり約3,120円)
原産国 カナダ
第一原料 ターキー
主な成分 たんぱく質:31.00% 脂質:18.00%以上 粗繊維:2.50%以下 水分10.00%以下 386.2kcal / 100g

アディクション ビバ・ラ・ベニソン(鹿肉)

アディクションビバラベニソン

  • コレステロールと脂肪分の少ないベニソン(鹿肉)が主原料
  • 小麦やトウモロコシなどの穀物不使用の低炭水化物フード
  • 人工保存料・香料・着色料・副産物一切不使用
価格 1,620円/450g(1kgあたり約3,600円)
原産国 ニュージーランド
第一原料 鹿肉粉
主な成分 たんぱく質:30.00%以上 脂質:15.00%以上 粗繊維:3.5%以下  371.0kcal / 100g

キャスター&ポラックス

  • 原材料の95%がUSDAオーガニック食材
  • 農薬や化学肥料を一切使っていないオーガニックチキンが主原料
  • 生きたまま腸に届く有胞子性乳酸菌配合
価格 6,156円/1.3kg(1kgあたり約4,735円)
原産国 アメリカ
第一原料 有機鶏肉
主な成分 たんぱく質:32.00% 脂質:14.00%以上 粗繊維:3.50%以下  374.0kcal / 100g

まとめ

室内飼いの雑種猫におすすめのキャットフードの選び方は以下のまとめを参考にしてください。

  • 低炭水化物のものを選び給餌量に気をつける
  • 適度な脂質が入っているものを選ぶ
  • 便臭を抑えるため、消化の良い肉や魚が主原料のものを選ぶ
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.