とり

とり

アビシニアンにおすすめのキャットフード5選

公開日:

猫種別で選ぶ

とり

とり

猫ねこさん

アビシニアンにおすすめのキャットフード5選

猫ねこさん
アビシニアンにおすすめなのは「低カロリー・低炭水化物」「良質なたんぱく質」「タウリンが豊富」なキャットフードですよぉ。

スレンダーでスタイル抜群、やんちゃでイタズラ好きのアビシニアン。
クールな見た目とは違って食欲旺盛、筋肉質で太りやすいところも・・・。

今回はそんなアビシニアンにオススメのキャットフードをご紹介。

「年齢に応じた1日のフード量や回数の目安」「キャットフードを選ぶポイント」について詳しく解説します!

与えるキャットフードの量と回数の目安

アビシニアンは肥満になりやすい猫種と言われています。肥満を防ぐためにも、1日に与えるキャットフードの量や回数の目安を知っておくことが大切です。

ここでは、アビシニアンに与えるキャットフードの量と回数の目安について説明します。

1日に与えるキャットフードの量や回数の目安は年齢によって異なります。以下、それぞれの年齢に応じた目安について説明します。

子猫期(~1歳)

生後30日ころまでは子猫用のミルクを与え、歯が生え始める頃に離乳食を始めます。生後2ヶ月くらいになったら徐々に離乳食からキャットフードに切り替えていきましょう。

子猫は成猫に比べエネルギーをたくさん消費するため、体重に応じてキャットフードの量も増やす必要があります。とはいえ、月齢が低いうちはまだ胃も小さく、1回に食べられる量は少ないため、1日の食事回数を増やしてあげましょう。

以下の表は、月齢に応じた1日の給与量と食事回数の目安です。あくまで平均的な目安ですので、活動量、食欲なども見ながら調整しましょう。

体重 1日の給餌量
400g~1kg 20~50g
800g~2kg 40~70g
1.5~2.5kg 50~75g
2~3.5kg 60~80g
3~5kg 50~95g

※100gあたり400kcalのキャットフードの場合

成猫期(1歳~6歳)

成猫になると子猫のときよりも必要なエネルギー量が減り、1回に食べられる量も増えるため食事回数が減ります。

成猫の食事回数の目安は1日2~3回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

以下の表は成猫に与える1日の給餌量の目安です。フードによってカロリーは異なりますので、パッケージに記載の目安を参考に、運動量、食欲などにあわせて調整してあげましょう。

体重 1日の給餌量
~2.5kg 35~45g
2.5~3.5kg 45~55g
3.5~5kg 55~70g
5~6.5kg 70~85g
6.5~8kg 85~110g
8~10kg 90~100g

※100gあたり374kcalのキャットフードの場合

高齢猫期(7歳~)

高齢期に入り脳の働きが弱まってくると、猫は自分の食事量をコントロールすることができなくなり、多く与えてしまうと食べすぎてしまう場合もあります。

高齢猫に必要な1日のカロリーは、体重×60Kcalが目安です。各キャットフードのパッケージには100gあたりのカロリーが記載されているため、フードのカロリーをもとに1日の給餌量を計算すると良いでしょう。

■体重6kgの猫、375kcal/100gのキャットフードを与える場合
1日の摂取カロリーの目安:6×60kcal=360kcal
1kcalあたりの量:100÷375kcal=0.266g
1日の給餌量:360×0.266=96g

以下の表は、高齢猫に与える1日の給餌量の目安です。あくまで平均的な目安ですので、活動量、食欲なども見ながら調整してあげましょう。

体重 1日の給餌量
3kg 48g
4kg 64g
5kg 80g
6kg 96g
7kg 112g

※100gあたり375kcalのキャットフードの場合

高齢猫の食事回数の目安は1日1~4回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

また、15歳以上の高齢猫は食べるときと食べないときの差が激しくなるため、いつも決まった時間にキャットフードを与えるのではなく、いつでも食べられる環境を整えておくと猫のストレスも少ないでしょう。

猫ねこさん
とってもスリムでスタイル抜群なアビシニアン。私の体型とは正反対、、、ンフフ。
ただあんなにスレンダーなのに筋肉質なので、肥満には注意ですよぉ。年齢に応じて給餌量をしっかり調整してあげましょうねぇ。
あんなによく動くのに太りやすいなんて意外です。そのぶんお腹がすくってことでしょうねっ。
クロベエ

おすすめのキャットフードを選ぶポイント

アビシニアンにおすすめのキャットフードを選ぶポイントは以下の3つです。

低カロリー、低炭水化物

アビシニアンは体質的に太りやすいと言われています。

炭水化物を多く摂取すると、皮下脂肪・内臓脂肪となり肥満の原因になると言われています。

猫にとって炭水化物が全く不要というわけではありませんが、肥満を防ぐためには炭水化物をなるべく抑えた食事にすることが大切です。炭水化物の多く含まれる穀物入りのキャットフードはなるべく避け、低カロリー、低炭水化物のフードを選ぶようにしましょう。

良質なたんぱく質

スレンダーながら筋肉質な体つきをしているため、しっかりとした筋肉をつくり、維持するために良質なたんぱく質をとる必要があります。

猫のエネルギー源となるのは動物性たんぱく質です。動物性たんぱくが豊富に含まれる肉・魚が主原料のものを選ぶことが大切ですが、重要なのは「良質な」たんぱく質であることです。

肉副産物・家禽ミール・ミートミールには本来食べることのできない材料が入っている可能性があるため注意が必要です。

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

タウリンが豊富

アビシニアンは網膜変性疾患(もうまくへんせいしっかん)という目の病気にかかりやすいと言われています。原因の多くは遺伝ですが、なかには猫に必須の栄養素「タウリン」が不足して発症することもあるようです。

猫は体内でタウリンを合成することができないため、キャットフードで補う必要があります。

病気を予防するためにも、タウリンが多く含まれているキャットフードを選ぶと良いでしょう。

猫ねこさん
アビシニアンは網膜変性疾患という目の病気にかかりやすいんですねぇ。遺伝がほとんどですけど、タウリン不足が原因で発症することもあるのでタウリンが豊富なフードを選ぶことが大切ですよぉ。あとは、肥満対策のためにも低カロリー、低炭水化物のものがいいですねぇ。
アビシニアンって見た目美人でプライド高そうに見えるんですけど、食欲はすごいんですね。。。ぼく、気が合いそうですー。
クロベエ

おすすめキャットフード

モグニャン

モグニャン

  • 低脂肪高たんぱくの白身魚が主原料の低カロリーフード
  • 魚メインでタウリンが豊富
  • 食物繊維の豊富なサツマイモ、リンゴ、カボチャ使用
価格 3,960円/1.5kg(1kgあたり約2,640円) 定期コース初回半額1,980円
原産国 イギリス
第一原料 白身魚
主な成分 たんぱく質:30.00%以上 脂質:16.00%以上 粗繊維:3.00%以下 約374kcal/100g
当サイト特典!モグニャン初回半額!

シンプリー

シンプリー

  • 低アレルゲンのサーモンメインでタウリンが豊富
  • 穀物不使用で消化器官への負担が少ない
  • 魚副産物、人工添加物、人工香料は一切不使用
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きサーモン
主な成分 たんぱく質:37.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 380kcal / 100g

ナウフレッシュ・アダルトキャット

ナウフレッシュアダルトキャット

  • コレステロール、脂肪分の少ないターキーが主原料
  • 中性脂肪になりにくいココナッツ油使用
  • ミートミールや副産物は一切不使用
価格 5,616円/1.8kg(1kgあたり約3,120円)
原産国 カナダ
第一原料 ターキー
主な成分 たんぱく質:31.00% 脂質:18.00%以上 粗繊維:2.50%以下 水分10.00%以下 386.2kcal / 100g

アディクション ビバ・ラ・ベニソン(鹿肉)

アディクションビバラベニソン

  • コレステロールと脂肪分の少ないベニソン(鹿肉)が主原料
  • 小麦やトウモロコシなどの穀物不使用の低炭水化物フード
  • 人工保存料・香料・着色料・副産物一切不使用
価格 1,620円/450g(1kgあたり約3,600円)
原産国 ニュージーランド
第一原料 鹿肉粉
主な成分 たんぱく質:30.00%以上 脂質:15.00%以上 粗繊維:3.5%以下  371.0kcal / 100g

ソリッドゴールド フィット アズア フィドル 1.3kg

ソリッドゴールドフィットアズアフィドル

  • タラが主原料で低脂質・低カロリー
  • グレイン&グルテンフリーで大豆・小麦アレルギーの猫も安心
  • 米国農務省(USDA)・米国食品医療局(FDA)の厳しい基準をクリアした食材食用
価格 3,700円/1.3kg(1kgあたり約2,846円)
原産国 アメリカ
第一原料 タラ
主な成分 粗たんぱく質:30.00%以上 粗脂肪:8.00%以上 粗繊維:10.0%以下  311.0kcal / 100g

まとめ

アビシニアンのキャットフードの選び方は以下のまとめを参考にしてください。

  • 筋肉質な体格をつくるため子猫期から良質な動物性たんぱくをしっかりとることが大切
  • 太りやすいため低カロリー、低炭水化物のフードがおすすめ
  • タウリン不足から網膜変性疾患を引き起こしやすいためタウリン豊富なフードを選ぶ
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.