ワイルドキャット「エトーシャ」の原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

2018-12-05

猫ねこさん

ワイルドキャット「エトーシャ」の原材料・評判・安全性を徹底調査

猫ねこさん
ワイルドキャット「エトーシャ」は、鶏肉80%以上の高たんぱく低炭水化物フード。ヨーロッパの厳しい製造基準を順守して製造しているので、品質面も安心ですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

ペットフード先進国ドイツで人気NO.1に選ばれたこともある「Healthfood24」社のキャットフード、ワイルドキャット。
ワイルドキャットには、以下のようにさまざまな動物性原材料を使ったキャットフードがあります。

・エトーシャ(鶏肉)
・カルー(ウサギ肉メイン、ターキー、鶏肉、サーモン)
・ラニ(キジ肉・鴨肉)
・アンドラ(10種類の魚)
・パドラ(馬肉)
・チーター(鹿肉メイン、チキン、ターキー、サーモン)

今回は鶏肉を主原料とした「エトーシャ」についてご紹介。

「FEDIAF(欧州ヨーロッパ工業会連合)基準に沿って製造」された「鶏肉80%以上の高たんぱくレシピ」に注目です!

基本情報と特徴

ワイルドキャット

ワイルドキャット-グラフ

  • 動物性たんぱく源をチキンに限定、鶏肉80%以上の高たんぱく、超低炭水化物フード
  • FEDIAF(欧州ヨーロッパ工業会連合)基準に沿って製造
価格 1,800円/500g(1kgあたり約3,600円
原産国 イギリス
第一原料 乾燥鶏肉70.5%
主な成分 粗たんぱく質:51.00%
粗脂肪:24.00%以上
粗繊維:2.00%以下
エネルギー:394.75kcal/100g
穀物類 グレインフリー
酸化防止剤 ミックストコフェロール
ミール、副産物など なし
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース なし
賞味期限 未開封:製造から12ヵ月
開封後:1ヵ月目安
販売元 株式会社フロントベル

原材料と成分

乾燥鶏肉70.5%、鶏肉8.5%、鶏脂肪、亜麻仁、チキンストック、フェンネル、ImmutopR(キクイモ濃縮物)、ミネラル、ブラックベリー、ラズベリー、ブルーベリー、黒スグリ、エルダーベリー、チョークベリー、海塩、乾燥クランベリー、マンナンオリゴ糖(プレバイオティクス)、フラクトオリゴ糖(プレバイオティクス)、グレープシード抽出物、タイム、マジョラム、オレガノ、パセリ、セージ

粗たんぱく質 51.0%以上
粗脂肪 24.0%以上
粗繊維 2.0%以下
粗灰分 12.5%以下
水分 7.0%以下
炭水化物 3.5%(計算値)

動物性たんぱく源をチキンに限定、鶏肉80%以上の高たんぱく、超低炭水化物フード

ワイルドキャット「エトーシャ」は、鶏肉だけで80%以上、なんと植物性たんぱく質(グルテン、大豆)を使用していない、超グレインフリーフード!
そのため、たんぱく質51%以上、脂肪24%以上とその名の通りワイルドなキャットフードです。

レシピは大変シンプルで、鶏肉以外はベリー系とハーブで構成されており、特にベリーは6種類(ブラックベリー、ラズベリー、ブルーベリー、黒スグリ、エルダーベリー、チョークベリー)を配合。「フィトケミカル」をとることができる健康を意識したフードです。

プレバイオティクス(マンナンオリゴ糖やフラクトオリゴ糖)も配合されており、生き生きとした毎日の健康をサポート。

穀物類を使わず、たんぱく源をチキンに限定しているため、食物アレルギーにも配慮されているのもポイント。

特に成長期や妊娠中・授乳中の猫は、こういった動物性たんぱく質と脂肪をしっかりとる必要があるので、バランス的にはとてもオススメです。
パワフルでしっかりと動物性たんぱく質をとれるので、健康でしなやかな猫らしい体づくりに良いフードでしょう。

猫ねこさん
たんぱく質51%以上とかなり高たんぱくなフードなので、エネルギーの必要な子猫や妊娠・授乳中の子にぴったりですねぇ。
たんぱく質も脂肪もかなり多くてとってもパワフルですねっ。量がすごいだけじゃなくてちゃんと動物性たんぱく質なのも嬉しいですね!
クロベエ

FEDIAF(欧州ヨーロッパ工業会連合)基準に沿って製造

ワイルドキャットは、ドイツのキャットフードメーカーが手がけるキャットフードで、イギリスで生産されています。

ドイツはいわゆるペット先進国で、ペットフードも人間の食べる食品と同等であることが義務付けられています。
原材料に使用できる部位や製造基準は徹底管理されており、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)基準に沿って製造されています。

原材料の品質が良いだけでなく、安全性が高いのも嬉しいですね。

肥満の気になる猫は注意・食物繊維が少なめ・公開情報が少ない

たんぱく質51%以上、脂肪24%以上と非常にパワフルなフードのため、運動量の多い子猫や成猫にはぴったりですが、室内飼いの猫、肥満気味の猫に与える際には量に注意しましょう。

食物繊維2%以下と少ない点も気になります。
毛玉が気になる猫や便秘気味の猫には、もう少し食物繊維が多く入っていると嬉しいですね。

また、公開情報が少なく、カルシウム・リン・マグネシウムのバランス、オメガ3とオメガ6脂肪酸のバランスなどの情報がないのもやや不安ですね。

生産者情報

ワイルドキャットを製造しているのは、ドイツのライプチヒに本社のあるキャットフードメーカー「Healthfood24」です。

ワイルドキャットに使用するすべての原材料は、代表取締役社長であるフェリックス・ベッカー自らが厳選。栽培方法や給餌方法を最も重要視して、最高品質のキャットフードを作るべく原材料を選んでいます。もちろん、遺伝子組み換え食品は使用していません。

また、FEDIAF(欧州ヨーロッパ工業会連合)基準に沿って製造を行うなど、品質管理も徹底しています。獣医や研究者、ペットフード専門の栄養士で構成されたペットチームは、猫に適した餌についての質問に対し専門的に対応しています。

パッケージには「SILVERLINE OXYGENEバリアパック」を使用。袋の中から酸素を除去し、再流入を防ぐことで、品質と栄養価を保てるよう工夫されています。

リコール情報

販売開始以降、リコール情報は確認されていません。

ワイルドキャット キャットフードレポート

ワイルドキャット

ワイルドキャット エトーシャのご紹介です。内容や香り、猫の反応などご紹介をします。
ワイルドキャット エトーシャ動物性たんぱく源をチキンに限定、かつ80%も配合!たんぱく質51%と超高タンパクなフードです
シンプルなレシピだけど猫には嬉しい素材がたくさんです^^

パッケージ

今回購入したのはワイルドキャット エトーシャ500g
テカテカのナイロン素材の袋にワイルドなイラストの入ったパッケージです。イエス、シンプル。

パッケージ開封

開閉用のチャックもきちんとついており、密封性は○

フード

続いて香りです。少しオリジンやアカナの香りを弱くしたような、香ばしい香りに思われます。しっかりと香ります

フード-粒

フードは少しふっくらとした丸い形。平均的な大きさです。

試食

ちゅんとはくに少し試食してもらいました。はくさんは全く手付かず;;どうも肉肉しいものは食べてくれません。
ちゅんは割と美味しそうに食べていました^^