とり

とり

ベンガルにおすすめのキャットフード5選

公開日:

猫種別で選ぶ

とり

とり

猫ねこさん

ベンガルにおすすめのキャットフード5選

猫ねこさん
ベンガルにおすすめなのは「高たんぱく・低炭水化物」「低アレルゲン食材使用」「良質素材・無添加」のキャットフードですよぉ。

しなやかな体つきと美しい毛柄が魅力的なベンガル。
遺伝病が少なく、猫白血病の免疫を持っていてとても丈夫な猫。

今回はそんなベンガルにオススメのキャットフードをご紹介。

「年齢に応じた1日のフード量や回数の目安」「キャットフードを選ぶポイント」について詳しく解説します!

与えるキャットフードの量と回数の目安

ここでは、ベンガルに与えるキャットフードの量と回数の目安について説明します。

1日に与えるキャットフードの量や回数の目安は年齢によって異なります。以下、それぞれの年齢に応じた目安について説明します。

子猫期(~1歳)

生後30日ころまでは子猫用のミルクを与え、歯が生え始める頃に離乳食を始めます。生後2ヶ月くらいになったら徐々に離乳食からキャットフードに切り替えていきましょう。

子猫は成猫に比べエネルギーをたくさん消費するため、体重に応じてキャットフードの量も増やす必要があります。とはいえ、月齢が低いうちはまだ胃も小さく、1回に食べられる量は少ないため、1日の食事回数を増やしてあげましょう。

以下の表は、月齢に応じた1日の給与量と食事回数の目安です。ただし、成長度合には個体差もありますので、活動量、食欲なども見ながら調整しましょう。

月齢 平均的な体重 1日の給与量 1日の食事回数
1~2ヶ月 400g~1kg 20~50g 3~5回
2~4ヶ月 800g~2kg 40~70g 2~4回
4~6ヶ月 1.5~2.5kg 50~75g
6~9ヶ月 2~3.5kg 60~80g 2~3回
9~12ヶ月 3~5kg 50~95g

※100gあたり400kcalのキャットフードの場合

成猫期(1歳~6歳)

成猫になると、子猫のときよりも必要なエネルギー量が減り、1回に食べられる量も増えるため食事回数が減ります。

成猫の食事回数の目安は1日2~3回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

以下の表は、成猫に与える1日の給餌量の目安です。フードによってカロリーは異なりますので、パッケージに記載の目安を参考に、運動量、食欲などにあわせて調整してあげましょう。

体重 1日の給餌量
~2.5kg 35~45g
2.5~3.5kg 45~55g
3.5~5kg 55~70g
5~6.5kg 70~85g
6.5~8kg 85~110g
8~10kg 90~100g

※100gあたり374kcalのキャットフードの場合

高齢猫期(7歳~)

高齢期に入り脳の働きが弱まってくると、猫は自分の食事量をコントロールすることができなくなり、多く与えてしまうと食べすぎてしまう場合もあります。

高齢猫に必要な1日のカロリーは、体重×60Kcalが目安です。各キャットフードのパッケージには100gあたりのカロリーが記載されているため、フードのカロリーをもとに1日の給餌量を計算すると良いでしょう。

■体重6kgの猫、375kcal/100gのキャットフードを与える場合
1日の摂取カロリーの目安:6×60kcal=360kcal
1kcalあたりの量:100÷375kcal=0.266g
1日の給餌量:360×0.266=96g

以下の表は、高齢猫に与える1日の給餌量の目安です。あくまで平均的な目安ですので、活動量、食欲なども見ながら調整してあげましょう。

体重 1日の給餌量
3kg 48g
4kg 64g
5kg 80g
6kg 96g
7kg 112g

※100gあたり375kcalのキャットフードの場合

高齢猫の食事回数の目安は1日1~4回ですが、猫の食べ方や体重の変化を見ながら調整してあげると良いでしょう。

また、15歳以上の高齢猫は食べるときと食べないときの差が激しくなるため、いつも決まった時間にキャットフードを与えるのではなく、いつでも食べられる環境を整えておくと猫のストレスも少ないでしょう。

猫ねこさん
あのヒョウのような模様がとても素敵で見とれてしまいますよねぇ。
筋肉質で骨太体型なので小さいうちから高たんぱくな食事をしっかり与えることが大切ですよぉ。
ぼく、ついこの前までベンガルトラとごっちゃになってて、、、。でももう大丈夫です!
筋肉もりもりでがっちり体型。。。ぼくには無縁すぎて憧れちゃいますっ。
クロベエ

おすすめのキャットフードを選ぶポイント

ベンガルにおすすめのキャットフードを選ぶポイントは以下の3つです。

高たんぱく・低炭水化物

猫の主なエネルギー源は動物性たんぱくです。

筋肉質でしっかりとした体格を維持するためには、動物性たんぱくの豊富なキャットフードを選ぶことが大切です。

また、穀物やイモ類に多く含まれる炭水化物は、とりすぎると肥満や消化不良の原因にもなります。

猫に必要な栄養バランスを考えれば、高たんぱく低炭水化物のフードが理想的です。

穀物やイモ類が主原料ではなく、肉や魚が主原料のものを選びましょう。

低アレルゲン食材使用

ベンガルは、皮膚病や角膜炎などにかかりやすい猫種と言われています。

皮膚病や角膜炎の原因はさまざまですが、食事に含まれるアレルゲン(アレルギーの原因となる食材)を減らすことで病気を予防することもできます。

なるべく、低アレルゲンの肉や魚などが主原料のキャットフードを選びましょう。

良質素材・無添加

角膜炎や皮膚炎の原因には細菌やウイルスへの感染も考えられます。感染を防ぐためには、免疫力を高めることが大切です。

少しでも免疫力を高めるためには、良質な栄養をしっかりとることが大切です。

たんぱく質が多く含まれるフードを選ぶのは大前提ですが、重要なのは「良質な」たんぱく質であることです。

肉副産物・家禽ミール・ミートミールには本来食べることのできない材料が入っている可能性があるため注意が必要です。

また、フードに含まれる添加物も猫の健康に影響を与える場合がありますので、なるべく無添加のものを選んだ方が良いでしょう。

注意が必要な原材料については以下のリンクをご覧ください。

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

 

猫ねこさん
ベンガルは他の猫に比べると遺伝性の病気も少ないですし丈夫と言われてますねぇ。でも皮膚病や角膜炎などには比較的かかりやすいので、食事には気をつけてあげた方が良いですよぉ。
猫白血病の免疫をもってるんですよね。病気を防ぐためにも、なるべくアレルギーになりにくい食材を使ったフードを選んだ方がいいですねっ。
クロベエ

おすすめキャットフード

ジャガー

ジャガー

  • 人間でも食べられる安心素材を使用!肉と魚の豊富な栄養が取れる
  • 高たんぱく高カロリーの超パワフルフード!しっかりとした骨格と筋肉づくりに
  • 人工添加物・人工香料一切不使用
価格 4,622円/1.5kg(1kgあたり約3,082円
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン生肉
主な成分 たんぱく質:40.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 炭水化物:18.00% エネルギー:384kcal/100g

カナガン

カナガン

  • 高たんぱく高カロリーのパワフルフード!運動量が多く活発な猫に
  • グレインフリーの低炭水化物レシピ
  • 人工添加物・人工香料一切不使用
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン
主な成分 たんぱく質:37.00%以上 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 390kcal/100g

ファインペッツ

ファインペッツ

  • 高たんぱく・高カロリーでしっかりとした筋肉づくりに
  • アヒル肉とニシンの低アレルゲンたんぱく質
  • 人工添加物・人工香料・遺伝子組換作物・放射性物質/重金属類汚染作物は一切不使用
価格 3,704円/1.5kg(1kgあたり約2,469円)
原産国 オランダ
第一原料 アヒル肉
主な成分 たんぱく質:32.00% 脂質:21.00%以上 粗繊維: 5.00%以下 炭水化物:27.40%以上 406kcal / 100g

シンプリー

シンプリー

  • 低アレルゲンで消化吸収の良いサーモンが主原料
  • 穀物不使用の低炭水化物レシピ
  • やや低カロリーなので運動量の減った高齢猫にも
価格 4,277円/1.5kg(1kgあたり約2,851円)
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きサーモン
主な成分 たんぱく質:37.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維:1.50%以下 380kcal / 100g

オリジン

オリジン

  • 原材料の90%に肉を使用した高たんぱく高カロリーフード
  • 新鮮な肉を低温調理し栄養価を凝縮させたディハイドレート製法
  • 糖質の吸収が穏やかになる低GI食材のカボチャ、レンズ豆、フルーツを使用
価格 5,443円/1.8kg(1kgあたり約3,023円)
原産国 アメリカ
第一原料 新鮮骨なし鶏肉
主な成分 たんぱく質:42.00% 脂質:20.00%以上 粗繊維:3.00%以下 406kcal / 100g

まとめ

ベンガルのキャットフードの選び方は以下のまとめを参考にしてください。

  • 骨太で筋肉質な体型を維持するため高たんぱく・低炭水化物のフードを与える
  • 皮膚病や角膜炎などを防ぐため低アレルゲン素材を使ったフードを選ぶ
  • 免疫力を高めるため良質で無添加素材を使ったものがおすすめ
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター

ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.