アーテミス キャットフード「オソピュア グレインフリー」の原材料・評判・安全性を徹底調査

2018-08-24

猫ねこさん

アーテミス キャットフード「オソピュア グレインフリー」の原材料・評判・安全性を徹底調査

猫ねこさん
アーテミスの「オソピュア グレインフリー」は、穀物不使用で消化の良いサーモンメインのキャットフード。ガルバンゾー豆を使っているので栄養もたっぷりですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

政府機関の厳重な管理のもと製造されているアメリカ産キャットフード、アーテミス。
アーテミスのキャットフードには、以下の3つのシリーズがあります。

・アガリクス エイアス
・オソピュア グレインフリー
・フレッシュミックス

今回は穀物不使用の「オソピュア グレインフリー」についてご紹介。

「サーモンベースのグレインフリーレシピ」です。

基本情報と特徴

アーテミスオソピュア

アーテミス-グラフ

  • 消化吸収の良いサーモンメインのグレインフリー
  • 栄養価が高く、水溶性食物繊維の豊富なガルバンゾー豆を使用
  • 魚が多いわりにオメガ6とオメガ3のバランスが良い
価格 4,363円/1.8kg(1kgあたり約2,424円
原産国 アメリカ
第一原料 フィッシュ(サーモン)
主な成分 粗たんぱく質:35.00%以上
粗脂肪:20.00%以上
粗繊維:3.00%以下
エネルギー:381.5kcal/100g
穀物類 グレインフリー
酸化防止剤 天然ハーブ、ビタミン
ミール、副産物など なし
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース なし
賞味期限 未開封:製造から12ヶ月
開封後:1ヶ月目安
販売元 株式会社ケイエムティ(KMT)

原材料と成分

フレッシュサーモン・ドライサーモン・えんどう豆・ガルバンゾー豆(ひよこ豆)・ヒマワリオイル・フラックスシード・チキンスープ(天然風味料)・DLメチオニン・塩化コリン・タウリン・乾燥チコリ根・パンプキン・ココナッツオイル・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウムアニマリス・ラクトバチルスロイテリ・キレート亜鉛・ビタミンE・ナイアシン・キレートマンガン・キレート銅・硫酸亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・混合メナジオン重亜硫酸ナトリウム・チアミン硝酸塩(ビタミンB1)・ビタミンA・ビオチン・ヨウ化カリウム・パントテン酸カルシウム・リボフラビン(ビタミンB2)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ ビタミンB12・酸化マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ビタミンD・葉酸

粗たんぱく質 35.0%以上
粗脂肪 18.0%以上
粗繊維 3.0%以下
水分 10.0%以下
オメガ6脂肪酸 2.8%以上
オメガ3脂肪酸 0.6%以上
カルシウム 1.97%
リン 1.40%
ナトリウム 0.36%
マグネシウム 0.10%
PH 6.5

サーモンメイン、オメガ6とオメガ3のバランスが良いグレインフリー

主原料に動物性たんぱく豊富なサーモンをたっぷり使ったフードです。

サーモンは「EPA、DHA、ビタミンD、ビタミンEなど、動物性たんぱく質以外の栄養もしっかりとれる食材です。
消化が良いため、お腹の敏感な猫にも配慮しています。

魚ベースのフードながら、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが良いのも特徴。
オメガ脂肪酸の比率は「オメガ6:オメガ3=5:1~10:1」が適当と言われていますが、オソピュアの比率は4.67:1とそのバランスに近い配合となっています。

また、必須脂肪酸の豊富なヒマワリオイル、フラックスシード、ココナッツオイルなどさまざまなオイルを配合、猫の健康をしっかりサポートします。

猫ねこさん
お魚味のグレインフリーを探している人に特におすすめのフードですよぉ。生サーモンにドライサーモン、たっぷり魚を使っているわりにオメガのバランスが良いのは嬉しいですねぇ。
お魚が多いとどうしてもオメガ3が多くなりがちなんですよね、、、。サーモンは消化もいいので胃腸の弱い子には嬉しい素材ですね。
クロベエ

栄養価の高いガルバンゾー豆を使用

栄養価の高いガルバンゾー豆(ひよこ豆)を使用。
ビタミンB1、カルシウム、カリウムなど豊富な栄養が詰まっています。

カルシウムとリンの配合量がやや多め、豆類が多め

気になるのは、カルシウムとリンの配合量がやや多めな点。
骨や歯を形成するカルシウムやリンは、猫にとって必要な成分ですが、多すぎるのはダメ。
カルシウムが多すぎると骨が異常発達したり、関節などにも悪影響を及ぼします。
また、リンが多すぎる場合は、骨がもろくなってしまうので注意が必要。

また、サーモンに次いで多いのが豆類となっています。
配合率が公開されていないのですが、植物性たんぱく質が多く含まれているかもしれません。
猫の必須栄養素は肉や魚などの動物性食材にしか含まれておらず、吸収率からしても動物性たんぱく質が多いほうが好ましいでしょう。

生産者情報

アメリカのカリフォルニア州を本拠地とする「Artemis」が製造。世界25カ国以上で販売しています。
日本ではソリッドゴールドやブリスミックスなどを扱う株式会社ケイエムティが輸入販売を行っています。

「病気の予防は最善の治療法である」という考えのもと開発されたArtemisのペットフード。
必要な栄養バランスを満たすために、新鮮な野菜、果物、ハーブ、消化酵素を取り入れているのが特徴。

素材は人間が食べられるレベルのものを厳選。
また、食品に関するアメリカの政府機関「AAFCO(米国飼料検査官協会)・USDA(米国農務省)・FDA(米国食品医薬品局)」の3つの検査をクリア。
アメリカの権威ある犬の専門雑誌「ホールドッグジャーナル」では、最高級品質と評価され続けています。

リコール情報

販売開始以降、リコール情報は確認されていません。