シンプリーキャットフードの原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

2018-05-02

猫ねこさん

シンプリーキャットフードの原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

猫ねこさん
シンプリーの特徴は、魚が73%以上も入っていることですねぇ。豆類も一切使っていないグレインフリーなので、消化も良く動物性たんぱく質たっぷりですよぉ。
栄養バランスも良く、魚味大好きな子には是非オススメしたいフードです!では、解説していきましょ~。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

「愛猫と長く一緒に暮らしたい」そんな飼い主さんの声に応えて生まれたイギリス産キャットフード、シンプリー。

動物栄養学者との共同研究によって開発されたフードは、健康バランス・美味しさのどちらにもこだわって作られています。

「魚類だけで73%以上・豆類も完全不使用のグレインフリー」レシピは、いつまでも猫に元気でいてほしい飼い主さん必見です!

基本情報と特徴

シンプリー

シンプリーグラフ

  • サーモンをベースにニシン、マス、乾燥白身魚など魚類だけで73%以上
  • 正真正銘のグレインフリー!豆類も一切不使用
  • 高価なカナガンサーモンと同じレシピなのでお得
価格 3,960円/1.5kg(1kgあたり約2,640円
原産国 イギリス
第一原料 骨抜き生サーモン
主な成分 たんぱく質:37.00%以上
脂質:20.00%以上
粗繊維:1.50%以下
エネルギー:380kcal/100g
穀物類 グレインフリー
酸化防止剤 フード自体に保存料・酸化防止剤は含まれておりませんが、原材料の保存・酸化防止のためにビタミンEとローズマリーエキスを使用
ミール、副産物など なし
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース なし
賞味期限 未開封:製造日より18ヶ月
開封後:1ヶ月目安
販売元 株式会レティシアン

原材料と成分

骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)じゃがいもサーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、 ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、 フェヌグリーク

たんぱく質 37.00%以上
脂質 20.0%以上
粗繊維 1.5%以下
灰分 9.5%以下
水分 7.0%
オメガ6脂肪酸 1.33%
オメガ3脂肪酸 3.89%
リン 1.32%
マグネシウム 0.13%
カルシウム 1.89%
ビタミンA 7.50mg/kg
ビタミンD3 0.04mg/kg
ビタミンE 235mg/kg
タウリン 0.20%

魚を73%以上配合・豆類も完全不使用のグレインフリー

シンプリーは、動物栄養学者との共同研究で誕生したキャットフードです。

開発者が最もこだわったのは「いかに猫の体にあったキャットフードになるか」ということ。

そもそも、元々肉食の猫は、本来穀物を多く必要とはしません。
そして、たんぱく質を糖に変えるので、たんぱく質要求量の高い動物でもあります。

そんな猫の体のことを第一に考えてたどりついたのが、「たんぱく質が豊富な穀物完全不使用」レシピでした。

魚の種類が豊富、魚だけで73%以上

まず、シンプリー最大の魅力が原材料の魚の多さ。

生サーモン、乾燥サーモンをベースに、乾燥ニシン、生マス、乾燥白身魚、サーモンオイル、サーモンスープなどなど。
これほど多くの魚を使っているキャットフードは他にあまり見られません。

また、猫の食事バランスは「肉・魚類:穀物(炭水化物):野菜=7:2:1」が適当と言われています。

シンプリーはというと、、、魚類の動物性原材料だけで73%以上!
猫の食事バランスに近い配合となっています。

魚の種類が多いぶん、栄養も豊富。
サーモンの「EPA、DHA、ビタミンD、ビタミンE、アスタキサンチン」
ニシンの「カルシウム、DHA、EPA、マグネシウム、リン、ビタミンD、ビタミンB群」
マスの「EPA、DHA、ビタミンB、ビタミンD」
などなど・・・。
惜しみなくたっぷり配合した魚には、たくさんの栄養が詰まっています。

豆類でたんぱく質を補っていない

そして他のグレインフリーフードにない特長と言えば、豆類を一切使っていない点。

穀物に代えて肉・魚類を増やすと当然コストがかかるため、生産者側としてはどうにかコストダウンしようと考えます。
そこで重宝するのが、たんぱく質など豊富な栄養がつまっている豆類。実際、グレインフリーフードのなかには、豆類を使っているものが多くあります。

しかし、豆類のたんぱく質はあくまで植物性たんぱく質
植物性たんぱく質は、肉・魚類に含まれる動物性たんぱく質と比べると消化吸収率は劣ります。
また、猫の必須栄養素は肉や魚などの動物性食材にしか含まれていないので、動物性たんぱく質が多いほうが好ましいです。

シンプリーは豆類でたんぱく質を補っていないぶん、動物性たんぱく質が多く、必須栄養素が猫の体にしっかり吸収されるのです。

猫ねこさん
魚がここまでたくさん入っているキャットフードは珍しいですよぉ。しかも消化も良いなんて、、、魚味好きとしてはたまりませんねぇ。
生サーモンにニシン、マス、サーモンスープ、、、あぁ、聞いてるだけでお腹すいてきちゃいました!
クロベエ

高価なカナガンサーモンとほぼ同じレシピだが価格は安くお得

シンプリーは、元々お米が24%以上含まれる穀物入りキャットフードでしたが、リニューアルにより、完全グレインフリーに。
魚系原材料だけで73%以上を占めるキャットフードに生まれ変わりました。

実は、新レシピはカナガンサーモンとほぼ同じです。
カナガンと言えば、イギリスの高級プレミアムフード。またカナガンサーモンはイギリスでしか売られていないものです。
原材料には若干の違いがあるものの、成分的には全く一緒。むしろカナガンサーモンよりも魚の種類が豊富で栄養たっぷり。

カナガンとシンプリー、実はいずれも同じ工場で製造されています。
「シンプリー」のネームバリューを活かしつつも、グレインフリーにするためのコストも抑えられているわけです。

そして嬉しいことに、レシピは変わっても価格は据え置き。
カナガンが1kgあたり約2,851円なのに対し、シンプリーは1kgあたり約2,640円。
高級なカナガンのレシピをお得に味わえるのは非常に嬉しいですね!

たんぱく質37%以上、脂質20%以上と高たんぱく・高脂質のフードなので成長期の子猫や授乳中・妊娠中の猫におすすめです。

ビタミンや鉄分豊富な野菜・フルーツ、食物繊維の豊富なオリゴ糖・サツマイモ

新鮮で上質な魚類に加え、栄養価の高い野菜やフルーツも使用しています。

腹持ちが良く消化率の高いサツマイモが入っているので、活発でよく動きまわる猫でも空腹感を感じることが少ないでしょう。食物繊維が豊富に含まれているので、毎日の健やかな腸内環境をサポート。

そのほか・・・
りんごの「カリウム、食物繊維」
にんじんの「ナイアシン、ビタミンC、リコピン、アントシアニン」
ほうれん草の「β-カロテン、鉄分」
など栄養たっぷりです。

また、食物繊維の豊富なオリゴ糖も使用しているので、毛玉対策にも良いでしょう。

鉄、ヨウ素、カルシウムなどのミネラル成分が豊富な海藻を使用している点にも注目。栄養豊富なのに低カロリーなので、肥満が気になる猫にも嬉しい食材と言えます。

その他の嬉しい素材

・クランベリー

クランベリーにはビタミン類、カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、キナ酸、βカロテン、食物繊維など数多くの栄養が詰まっています。

・マリーゴールド

天然由来の成分が、フードの酸化を防ぎ美味しさを保ちます。

・カモミール

リフレッシュ・リラックス効果を高めるため、ストレスが気になる猫にもオススメです。

オメガ6脂肪酸>オメガ3脂肪酸

原材料に魚が多く使われているので、オメガ6脂肪酸よりもオメガ3脂肪酸が多い点が気になるところです。

オメガ6:オメガ3=5:1~10:1が適当と言われています。
オメガ6は炎症を起こす物質、オメガ3は弱い炎症あるいは炎症を抑える物質なので、どちらもバランスよくとることが重要。
バランスが崩れてしまうと、皮膚やお腹の調子が整いにくい症状がでる猫もいます。

繊維質が少なめ

食物繊維が1.5%と少ない点は少し気になります。
毛玉が気になる猫や便秘気味の猫には、もう少し食物繊維が多く入っていると嬉しいところです。

生産者情報

シンプリーは、動物栄養学者との共同研究で誕生したキャットフードです。

動物栄養学者のディビッド・サウジー氏は、猫の最適な食事を求め、第一に「たんぱく質が豊富である」ことを目指しました。
その結果生まれたのが、魚を73%以上も使ったレシピ。
さらに、野菜やフルーツ、オリゴ糖など健康を維持できる栄養素をバランスよく配合。
消化の良さを求めて、豆類も一切不使用のグレインフリーにしたのも注目すべきポイントです。

そして、健康的なだけでなく「美味しさ」にもこだわりを。
食欲をかきたてる魚の風味はもちろんですが、1粒1粒を濃厚なフレーバーソースで包み込むことで、さらに食いつきを高めています。

厳格な品質管理体制

サルモネラ用のPCRキット、X線や金属探知機、光学選別、近赤外線による成分・食品分析など、フードの品質管理が非常に厳しいことでも有名。
製造ライン全体は常にモニターで監視されており、異常があればすぐに検知される仕組み。
品質テストは製造前と製造後の2回。ひとつひとつの原材料をさまざまな角度からチェックし、出来上がったフードは専用機械でスキャンし異常がないか厳しく検査します。

さらに、パッケージに刻まれた番号でそれぞれの原材料の調達先や生産日まで完全に把握。サンプルは12ヶ月間保管されているので、出荷後の安全管理もバッチリ!

また、日本に届く商品は、オーダーしてから作られるので、いつでも新鮮なものが手に入るのは嬉しいですね。

環境にも配慮し、設備内の空気と水はすべて再利用され、地球に優しい製造を行っている点も高評価です。

FEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)認定

また、製造工場はFEDIAFの認定も受けています。

FEDIAFは、ペットフードの製造に関するガイドラインを発行し、製造工場に対する認定を行う機関。
つまり、FEDIAF認定=安全なペットフードの基準と言えるのです。

日本の一般財団法人ペットフード協会が定める基準も、このFEDIAFやAAFCOの基準を参考にしています。

リコール情報

販売開始以降、リコール情報は確認されていません。

シンプリーキャットフード食レポ

シンプリーパッケージ

シンプリーを愛猫、ちゅんとはくに食べてもらって、食いつきや食べてみた後の体調の変化など、レポートです!
シンプリーは魚系グレインフリーで、原材料の魚の多さとその量はトップクラス!魚好きな猫に食べさせたいフードなので、まずは食いつきが気になるところですね。
はくは魚が好きなので食いつきが楽しみです♪

シンプリーパッケージ大きさ

今回購入したのはシンプリー1.5kg。薄手で透け感のある薄手のプラスチック製のパッケージ。薄手ですが強度は問題ありません
可愛い猫のイラストに「salmon is may favaurite」と吹き出しが。色もサーモンピンクでサーモンが入ってる感じがわかりますね。

シンプリー届いたもの

また、シンプリー以外にはこちらが入っていました。

  • お悩みハンドブック
  • 定期コースの案内
  • ブランドガイド
  • FAX注文書
  • なんでも封筒(意見要望書を送付できる切手不要の封筒)

お悩み解決ハンドブックには、フードを与えるときのアドバイスが質問形式で載っています。初めてフードを切り替える場合でも分かりやすいですね

シンプリー袋を開けた状態

ただし、一度開封すると密封できないため、私はジッパー付きパッケージに入れ替えて保存することにしました。

シンプリー保存

シンプリーフード

袋を開けたとたん、サーモンっぽいお魚の香りがします。強い香りではなくふんわりと柔らかい香りがします。素材にサーモンが使われていることが納得できます。

シンプリー大きさ

フードの粒の大きさはおよそ1cm。ふっくらと体積があるので平均より少し大きめかな思います。

さて、おたのしみの食事です!お待たせしました!

袋をあけるやいなやニャーニャーと2匹とも興味津々で近づいてきました。いつもは少し警戒してか、すぐには食べないのですが、すぐさま飛びつくように食べました。

ちゅんはある程度食べたら一度離れましたが、はくは長い間おいしそうに食べていました。 魚のなかでもサーモンは嗜好性の高いものだからか、期待以上の食いつきで私もとっても嬉しいです!

シンプリー食レポまとめ

はくはいつもはあまり新しいものを好まず、まず食べないのですが、魚が好きな猫なのでそれが良かったのかもしれません。食いつきはどちらも心配ないくらい初めから良く食べてくれました