ギャザー キャットフリーエーカーの原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

2018-12-20

猫ねこさん

ギャザー キャットフリーエーカーの原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

猫ねこさん
ギャザーの「キャット フリーエーカー」は、動物性たんぱく源をオーガニックチキンに限定したレシピ。オーガニック認証された肉類や豆類を使用しているので、オーガニックにこだわる飼い主さんにオススメのフードですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

オーガニック認証原材料を使用したカナダ産ペットフード「ギャザー」は、ドッグフード3種、キャットフード1種のラインナップです。

今回はキャット フリーエーカーについてご紹介。

動物性たんぱく源をオーガニックチキンに限定したレシピに注目です!

基本情報と特徴

ギャザー

ギャザー-グラフ

  • 動物性たんぱく源をオーガニックチキンに限定
  • オーガニック認証を受けた原材料を使用
価格 4,519円/1.81kg(1kgあたり約2,497円
原産国 カナダ
第一原料 チキン(オーガニック)
主な成分 たんぱく質:30.00%以上
脂質:15.00%以上
粗繊維:5.00%以下
エネルギー:366.40kcal/100g
穀物類 グレインフリー
酸化防止剤 ミックストコフェロール
ミール、副産物など なし
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース なし
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヶ月目安
販売元 グローバルペットニュートリション株式会社

原材料と成分

チキン(オーガニック)、乾燥チキン(オーガニック)、エンドウ豆(オーガニック)、レンズ豆、鶏脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止)、フラックスシード(オーガニック)、天然香料(チキン由来)、ブルーベリー、クランベリー、乾燥ローズマリー、卵殻粉、ビタミン類(ビタミンAサプリメント、ビタミンD3サプリメント、ビタミンEサプリメント、ナイアシン、イノシトール、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、硝酸チアミン、d-パントテン酸カルシウム、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12サプリメント)、ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛、タンパク質キレート鉄、タンパク質キレート銅、タンパク質キレートマンガン、ヨウ素酸カルシウム、セレン酵母)DL-メチオニン、タウリン

たんぱく質 30.0%以上
脂質 15.0%以上
粗繊維 5.0%以下
灰分 8.5%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 1.1%以上
リン 0.8%以上
オメガ6脂肪酸 2.0%以上
オメガ3脂肪酸 0.4%以上

動物性たんぱく源をオーガニックチキンに限定、USDAオーガニック認証の原材料を使用

ギャザーは、主原料にオーガニックチキンを使用したキャットフードです。

動物性たんぱく源をオーガニックチキンに限定したシンプルレシピです。

肉類はオーガニックの乾燥チキンとチキン生肉を配合。
脂肪とたんぱく質が含まれる部位から脂肪分だけを搾り取った、たんぱく質豊富な乾燥チキン。
乾燥チキンよりもたんぱく質量は劣るが、「ビタミンA、ナイアシン、鉄、亜鉛」などの栄養が豊富なチキン生肉。
この両方を配合することで、たんぱく質以外の栄養もしっかりとることができる嬉しいフードです。

また、主原料のチキン、エンドウ豆、フラックスシードは、認定基準の厳しいUSDA(アメリカ農務省)のオーガニック認証を受けたものを使用。
その他の原材料も、信頼できる生産者から調達したものを可能なかぎり使用しています。

「愛猫の餌はオーガニックで安全なものにこだわりたい!」という飼い主さんにぴったりのフードと言えます。

イキイキとした毎日をサポートするベリー類、栄養価の高い卵殻粉が配合されているのも嬉しいですね。

猫ねこさん
動物性たんぱく源をチキンのみに絞ったフードで、肉類や豆類はオーガニック認証されたものを使っているのが特徴ですねぇ。
ペットのごはんもオーガニックのものを!っていう飼い主さんも多いですもんねっ。アメリカ農務省がしっかり認定してるものなら安心できますね。
クロベエ

生産者情報

ペトキュリアン社

引用:http://www.2storygroup.com

ギャザーを製造しているのは、カナダのペットフード製造メーカー「ペトキュリアン社」。
ナウフレッシュやgo!なども販売しているメーカーです。

ぺトキュリアン社で使うのはほとんどが地元の原材料。
地元産の素材を使うことで、長距離輸送で排出されるCO2の量を抑え、新鮮な素材の栄養を最大限に活かすことができます。
こうした環境への配慮を怠らず、「Think globally, Act locally(地球規模で考え、地球規模で行動しよう)」をテーマにペットフードを作り続けています。
また、自分の家族に夕食を作るのと同じような愛情をもってフードづくりを行っているのも、ペトキュリアン社のこだわりです。

FDA(アメリカ食品医薬品局)、CFIA(カナダ食品検査庁)、AIB(食品安全システム)などの認証を受けた工場で製造。
原材料の生肉は、品質や鮮度を保てる「0~2℃」で搬送され、12時間以内に加工。
原材料の栄養成分値、カビ類・微生物類による毒素、水分量などの検査・分析を行い、ひとつひとつ丁寧にチェック。各工程では近赤外線技術による栄養レベルチェックも行います。
こうして完成したフードは出荷前にさらに検査・分析。第3機関のNSF-Cook and Thueberとthe American Institute of Baking(人間の食品監査機関)が品質管理の手順についてもチェックするなど、徹底しています。

ギャザーは、美食家のために開発された「オーガニック食材を使った食事」です。
原材料として使用する家禽類・豆類は第三者機関(USDA(※1)等)のオーガニック認定を受けたもの、水産物はMSC(※2)認証を受けたものを厳選しています。
また、パッケージも、USDAに認証された30%植物成分由来のものを取り入れています。(輸入規格全商品)

穀類、グルテン、遺伝子組み換え食品、小麦、トウモロコシ、大豆は不使用です。

※1 USDA・・・アメリカ農務省
※2 MSC・・・水産資源や海洋環境を守って漁業を行っていることの証

リコール情報

販売開始以降、リコール情報は確認されていません。

ギャザー キャットフードレポート

ギャザー

ギャザー フリーエーカーのご紹介です。内容や香り、猫の反応などご紹介をします。
ギャザーは原料の一部にオーガニック素材を使用したグレインフリーフード。
中でも主原料のチキンやエンドウ豆がオーガニック素材なので、多く配合されているものが全てオーガニックであることは安全面からも嬉しいですね。

パッケージ

今回購入したのはギャザー フリーエーカー1.81kg
マットなパッケージで、陽にあたると少し透け感があり綺麗です^^

パッケージ開封

開封すると、二重のチャックがついており、しっかりと密封できます。

フード

続いて香りです。かなり弱めの香りで、ふんわりとチキンの香りが漂います。

フード-粒

フードは平べったい丸型で、大きさは6mmほど。かなり小さい部類に入るでしょう。

試食

ちゅんとはくに少し試食してもらいました。うーん、残念ながらはくは手をつけてくれず、、、チキンが苦手なのかもしれません;ちゅんも少しだけ食べた感じでした。キャスターアンドポラックスの時もあまり食いつかなかったのですが、まさかのオーガニック嫌い??なのかもしれません^^;