ワイソン キャットフードの原材料・評判・安全性を徹底調査

2018-12-19

猫ねこさん

ワイソン キャットフードの原材料・評判・安全性を徹底調査

猫ねこさん
ワイソン「バイタリティ」は、チキンをはじめさまざまな動物性食材を使用した高たんぱくフード。低温加熱製法で素材の栄養をそのまま残した嬉しいフードですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

ミシガン州立大学で科学・獣医学の博士号を取得しているワイソン博士によって開発されたペットフード「ワイソン」。
ワイソンのキャットフードは以下の5種類。

・バイタリティ(チキン/成猫用)
・ジュリアトリクス(チキン/シニア猫用)
・ユーレティック(チキン/DLメチオニンを配合することで下部尿路の健康維持をサポート)
・アナジェン(ラム/成犬・成猫兼用)
・エピゲン(チキン/成犬・成猫兼用)

今回はチキンが主原料、低温加熱製法で素材の栄養そのまま「バイタリティ」についてご紹介します。

基本情報と特徴

ワイソン

ワイソン

  • チキンが主原料の高たんぱくフード、低温加熱製法で素材の栄養そのまま
  • ミネラル豊富なモンモリロナイトクレイ使用、消化酵素&乳酸菌配合で消化吸収をサポート
価格5,380円/2.27kg(1kgあたり約2,370円
原産国アメリカ
第一原料チキンミール
主な成分粗たんぱく質:36.0%以上
粗脂肪:16.0%以上 
粗繊維:5.5%以下
エネルギー:355.0kcal/100g
穀物類玄米
酸化防止剤自然由来
ミール、副産物などチキンミール、ターキーミール、カニミール
人工酸化防止剤なし
香料・着色料なし
セルロースなし
賞味期限未開封:パッケージに記載
開封後:1ヶ月目安
販売元株式会社Fanimal

原材料と成分

チキンミール、チキン、ターキーミール、玄米、えんどう豆、ポテトプロテイン、鶏脂、亜麻仁、ビートファイバー、ナチュラルフレーバー、ゴマ、モンモリロナイトクレイ、カニミール、乳清、塩、タウリン、炭酸カルシウム、トマトポマス、プロピオン酸カルシウム(保存料)、塩化コリン、ココナッツオイル、オーガニック大麦若葉、ブルーベリー、乾燥ケルプ、ヨーグルト(乳清、乳固形分、ヨーグルトカルチャー)、イーストエキス、クエン酸(保存料)、乾燥ケール、乾燥ほうれん草、乾燥にんじん、アップルペクチン、フィッシュオイル、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)、チコリー根、イーストカルチャー、ミネラル類(塩化カリウム、キレート亜鉛、硫酸亜鉛、硫酸鉄、キレート鉄、硫酸銅、 キレート銅、硫酸マンガン、キレートマンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(アスコルビン酸/ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、リボフラビン、ビタミンD3、ビオチン、ビタミンB12、葉酸)、プロバイオティクス類(乾燥バチルス‐リケニフォルミス発酵物、乾燥アスペルギルス‐オリーゼ発酵物、乾燥アスぺルギルスニガー発酵物、乾燥エンテロコッカス‐フェシウム発酵物、乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵物、ラクトバチルス・アシドフィルス発酵物、乾燥バシラス・サブティリス発酵物、乾燥ラクトバチラス‐プランタルム発酵物、ラクトバチルス・ラクティス発酵物)、ペッパー

粗たんぱく質36.0%以上
粗脂質16.0%以上
粗繊維質5.5%以下
粗灰分10.0%以下
水分10.0%以下
タウリン0.20%以上
オメガ6脂肪酸2.8%以上
オメガ3脂肪酸0.7%以上
サッカロマイセス・セレビシエ454 百万 CFU†/lb
エンテロコッカス・フェシウム23.3 百万 CFU†/lb
ラクトバチルス・カゼイ21.8 百万 CFU†/lb
ラクトバチルス・アシドフィルス19.4 百万 CFU†/lb
バチルス・サブチリス19.4 百万 CFU†/lb
ラクトバチルス・プランタルム8.2 百万 CFU†/lb
ラクトバチルス・ラクティス7.8 百万 CFU†/lb
アミラーゼ(バシラス・リケニフォルミス)24,000milligrams of dextrinized starch/min/gram
プロテアーゼ(アスペルギルスオリゼ)18,000micrograms of tyrosine/min/gram
リパーゼ(アスペルギルス・ニガー)5,000micromoles of butyric acid/min/gram
ラクターゼ(アスペルギルス・ニガー)5,000micromoles of o-nitrophenol/min/gram
フィターゼ(アスペルギルス・ニガー)150micromoles of inorganic phosphate/min/gram

チキンが主原料の高たんぱくフード、低温加熱製法で素材の栄養そのまま、モンモリロナイトクレイ使用

バイタリティは、チキンを中心に、バラエティ豊富な食材を使用し工夫されたフードです。

主原料は鶏肉とターキー。
たんぱく質豊富なチキンミール(乾燥肉)と、「ビタミンA、ナイアシン、鉄、亜鉛」などたんぱく質以外の栄養が豊富なチキン生肉、「ビタミンB群、鉄分」などの栄養が豊富なターキー生肉が配合されており、たんぱく質とそれ以外の栄養バランスが良く嬉しいですね。

そして珍しい食材としてカニミール。
カニミールは、カニ(蟹)をミール状にしたものです。
カニは「タウリン、カルシウム、アスタキサンチン」が豊富で、風味がよいので、食いつきが期待できます。

こうした素材の豊富な栄養をそのまま体にとりこめるよう、ワイソンのフードで取り入れられているのが、低温加熱製法です。
通常のドライフードが約200℃の高温で調理されるのに対し、低温加熱製法の調理温度は120℃。
熱に弱いビタミンやミネラルなどが壊れにくく、風味や栄養価がしっかり残っています。

また、より生食に近いフードに近づけるため、加工後に消化酵素や乳酸菌をプラス。
プロバイオティクスを配合することで、腸内環境の健康維持にも配慮しています。

そしてもうひとつ珍しい食材のヨーグルト。
お腹に優しい乳酸菌が豊富なだけでなく、ヨーグルトに含まれるたんぱく質は乳酸菌の力で消化吸収しやすくなっているのも嬉しいですね。

さらに、海のミネラルたっぷりのモンモリロナイトクレイにも注目です!
放射性物質を吸着して体外に排出してくれるという役割があると言われる驚きの素材も使用しています。

猫ねこさん
チキンをはじめターキーやカニミールなどさまざまな動物性食材を使った高たんぱくフードですねぇ。製法にもこだわっていて素材の栄養が壊れにくいのも嬉しいところ。
高温処理で壊れやすいビタミンやミネラルがしっかりとれるのは嬉しいですね!
クロベエ

リコールあり

過去にドッグフードでリコールの報告があります。

キャットフードでのリコールはありませんが、安全面ではやや不安が残りますね。

生産者情報

ワイソンを製造しているのは、アメリカ・ミシガン州に本社のあるペットフードメーカー「ワイソン社」。
人間と動物の健康や予防、栄養に精通している「ワイソン博士」率いるワイソン社は、40年もの年月をかけて、ペットのより良い健康を目指したフードを作り続けています。

ワイソンペットフードの基本的な考え方は「動物が自然環境のなかで食べている食べ物に限りなく近づけたフードを作り、ペットの健康を維持する」こと。
そのためには、加熱しない「生」の食べ物が必要としています。

こうした考えをもとに取り入れられたのが、素材の栄養を残す低温加熱製法。
通常のペットフードでは200℃近い温度で加工処理されますが、120℃の低温加熱処理によって、熱に弱い栄養が壊れないような工夫をしています。
また、本来野生の獲物を仕留めた時に一緒に摂取する酵素や乳酸菌などの栄養素を加工後に加えることで、スムーズな消化吸収をサポートしています。

通常のフードメーカーでは、総合栄養食としてフードと一緒に清潔な水だけを与えていれば良いとしていますが、ワイソン博士の考えは少し異なります。
「獲物まるごと」の食事になるべく近づけるフードを製造していますが、最善策としてはペットフードと生肉を組み合わせて食べることとしています。

また、フードの鮮度を維持できるよう、酸素・光を通さない素材を使った独自の5層構造ニュートリパックをパッケージに採用しています。

リコール情報

2009年11月に、3種類のドライドッグフードを対象にリコールが起きています。
対象製品の袋の中からカビが発見されたことがリコールの理由ですが、健康被害は報告されていません。

キャットフードでのリコール報告はありませんが、安全性にやや不安が残りますね。