新型コロナウイルス ペット向け最新ニュース

謎猫現る!!癖強め男子「むく」くん&そっと見守るお姐さま「もろみ」ちゃん

猫ねこさん

謎猫現る!!癖強め男子「むく」くん&そっと見守るお姐さま「もろみ」ちゃん

猫ねこさん
ときどきまるで人間のように見える猫さんっていますよねぇ。今回はそんな謎猫王子むくくんともろみちゃんをご紹介しますよぉ。

「え、ほんとに猫ですかーーーー?」

ついつい突っ込んでしまいたくなる、その癖強めな謎猫っぷりで話題の「むく」くん&見守るお姐さま「もろみ」ちゃん。

今回はそんなふたりの飼い主まるかさんへインタビュー。出会いのことやふたりとの暮らしのこと、ふたりへの想いについて伺ってきました。

ほっこり、、、いやむしろ声出して笑ってしまうお写真の数々を、こんな騒がしい世の中だからこそ、是非みなさんへお届けできたらと思います!

■もろみちゃん&むくくん■ 
【種類】
スコティッシュフォールド

【性別・色・年齢】
もろみ:♀・茶・6歳
むく:♂・白・4歳

【好きなもの】
もろみ:ニンゲン、豆苗、卵パックを留めているテープ
むく:紐、ちゅ~る、ビニール、段ボール

【嫌いなもの】
もろみ:爪切り、抱っこ
むく:ニンゲン、ティッシュ、ブラッシング、抱っこ

公式Twitter→@s_sekko
公式Instagram→@moromuku_cat
公式LINEスタンプ→モフモフシュールなもろむくスタンプ

謎猫現る!

ときどきTwitterでお見かけする猫に見えない猫さま。今回ご紹介する猫さまも、飼い主さん曰く「たまに猫だか分からなくなる」という謎の猫さま。

さぁ、まずはこちらのお写真をご覧ください!

むく

実に見事な6頭身!^^「呼びましたか?」とでも聞こえそうな振り向きドヤがたまりません^^

冨永愛も真っ青なスーパーモデルぶりを披露してくれたのは、4歳の男の子むくくん。きょとん顔の破壊力が実に見事なスコティッシュフォールドの猫さまです。

とても猫とは思えない抜群のスタイルを見せてくれたむくくんですが、かと思えばこんな一面も。

むく

スーパーモデルからの角刈りおじさん。ふり幅の大きさにただただ脱帽でございます^^

そしてときには白ナマコにも変身。

むく

からの麻呂感マックス。

むく

どう見ても、どこから見ても、きみはアザ●シ。

むく

抱っこ抱っこーーかと思いきや。

むく

むく

「ちょっとわたしを解放せよ」

むく

このくるくる変わる表情に、ついついププッと笑いがこらえきれなくなってしまいます^^

そんな謎猫むくくんの飼い主まるかさんに、今回はお話を伺いました。先住のお姐さま「もろみ」ちゃんとの出会い、「むく」くんとの出会い、そしてふたりへの想いをお届けします!

猫カフェの推しに似ていたもろみちゃん^^

もろみ▲抱っこ嫌いのもろみちゃん。ずいぶんとパンチありなメンチを切っておられます^^

実は、元々動物自体にそれほど興味がなかったというまるかさん。ある日、動物好きのご主人の付き添いで猫カフェへ行くことに。。。そこで出会った猫さまのあまりの可愛さに「あっさりと落ちてしまった」といいます^^

それからはすっかり猫に夢中に。野良猫の様子が気になるようになり、暇さえあれば猫動画をチェックするようになったといいます。

そんなある時、偶然にも近所のペットショップで、当時通っていた猫カフェの「推し」の猫によく似た子を発見。あまりの可愛さに即決し、もろみちゃんを迎えることになったのだとか。

「もろみ味噌みたいな毛色で、女の子っぽい響きだったから」と名前は「もろみ」に決定。こうしてもろみちゃんとまるかさんの暮らしがスタートしたのです。

こちらは、お迎えして初めて撮った一枚。「ピュアな顔してる・・・」とまるかさん^^まんまるなおめめで今よりもずいぶん幼い表情がとっても可愛い♡

もろみ▲生後8か月。当時はシマシマさんだったもろみちゃん。すぐにお家にも慣れおもちゃに夢中だったとか。

こちらもまだ1歳前のもろみさん。きらっきらのふわっふわです!

もろみ

そして時はたち。。。あれから約6年。こちらが今のもろみ姐さん。

もろみ

いいです、いい感じでしゃくれております。人生やり尽くした感のあるその哀愁漂う表情^^いったいこの6年でもろみちゃんに何が起こったのでしょうか^^すっかり貫禄のお姐たまになったもろみちゃんなのでした。

むくくんとのご対面にいつもクールなもろみちゃんが・・・

もろみちゃんを迎えてから約2年後のこと。同じペットショップにて生後2ヶ月の男の子と運命の出会いが。。。「白無垢、純粋無垢なイメージ」から「むく」と名付け、お家へ迎え入れることに。

むく▲お迎えして初めて撮った1枚。最初は下痢を起こしたりなど体調不良が続き、通院などでバタバタだったとか。

クールな性格のもろみちゃんに比べ、むくくんは超甘えん坊タイプ。その性格に、まるかさんはすっかりメロメロになったといいます。

がしかし。まるかさん曰く「超甘えん坊だったのはこの時だけ」だったとか(笑)

むく▲子猫時代からすでに面白さが突き抜けているむくさん^^

しばらくは別々の部屋で過ごしていたというもろみちゃんとむくくん。ドキドキの初対面の様子はというと。。。「いつもクールなもろみがブチ切れて・・・初のシャーを聞いてしまいました」とまるかさん。

当時のお写真ではないですが、このような図だったかと。

もろみ

「どなたかしら、私に触らないでちょうだい!!」

もろみむく

「だから近いって!」

もろみ

「真似しないでくださる!?」

猫さまにしか分からない諸々がきっといろいろあるのでしょうね^^

もろみちゃんまさかのキャラ変!可愛い子猫むくくんもどんどん謎猫へ^^

そんなふたりでしたが、徐々に環境にも慣れ、今は「つかず離れずの不思議な関係」だそう^^

いつも絶妙の距離感でフレームインされるむくさま^^

もろみ

振り向けばむく。

もろみ

むくくんがやってきて、まるかさんが一番驚いたのは、もろみちゃんの「大幅なキャラ変」だったとか。それまでクールだったもろみちゃんが、怒ったり甘えたり大忙し!以前に比べて感情表現が豊かになったといいます。

「ニンゲン大好き!」というもろみちゃん。「初対面の人でもゴロゴロいって甘えるので、ちょっとジェラシー感じます^^」とまるかさん。

もろみ▲姐さんなのにときどきあふれ出すおじいちゃん感がたまりません♡

そして可愛い可愛いむくくんは、まるかさんの予想のななめ上をいき、どんどん謎猫へと進化^^

こちらは1歳のときのむくくん。まるかさん曰く「トイレットペーパーが少なくなってきたら現れる妖精」むく

これは。。。この妖精は。。。トイレで出会ったらいったんドアを閉め、いったん深呼吸してもう一度再確認するパターンです^^

超絶ビビりで内弁慶な性格のむくくん。「外では内気なのに家では母親のことをババァとか呼んじゃう中学生みたいな性格」とまるかさん。

トイレの妖精兼こじらせ男子。たまらなく愛おしいですね^^

夫婦で異常な猫好きに

もろみむく

もろみちゃんとむくくんがやってきてからというもの、夫婦で異常な猫好きになったと話すまるかさん。今では、Twitterをまるかさんが、インスタをご主人が担当し、日々ふたりでニヤニヤしているとか^^

「会話も増え、毎日楽しいです!」とまるかさんは言います。夫婦円満の秘訣、それがもろみちゃんとむくくんの存在なのです。

Twitterでは1万人を超えるフォロワーを持つ人気猫のもろみちゃん&むくくん。

「写真にもろむくのセリフを入れてくれる方が多く、またそれが2匹の性格にピッタリでいつも笑わせてもらってます。」とまるかさん。

むく

「もしや、それ、あの、なんていうか、なんだったか。」

むく

「ひもやないかーーーーーーーーーーーー!!」

むく

「布団の上とか反則やで。背中にシールついてるから動けへんのや。」

むく

「ごろごろしとるわけやないで。ほんとにひも大好きなんやで。」

ちなみにまるかさんが貰って一番うれしかったコメントは「電車で思わず吹いてしまった」です(笑)とのこと^^

二匹のおかげで毎日が楽しい!

ふと気づいたら近くにいるとき、そして無防備な寝顔を見たとき、まるかさんはとても幸せに感じるといいます。

もろみ▲6歳のお誕生日のむくくん。これからもずっと元気でね!!

最後に、まるかさんからふたりへメッセージをいただきました。

「もろみ、いつもむくの面倒を見てくれてありがとう。むくを受け入れてくれて、お姉ちゃんらしく振舞う姿が最高に愛おしいです。年々可愛くなってきてて恐怖すら感じます。

むく、たまに猫なのか分からなくなるけど、そのミステリアスな面白さにすっかり心を奪われてしまいました。これからの謎猫っぷりに期待しています。

二匹のおかげで毎日が楽しいです!いつも癒してくれてありがとう。これからもよろしくね。」

もろみむく

もろみちゃん、むくくん、これからもその愛くるしい表情で私たちをたくさん楽しませてね!ついつい覗きたくなってしまうもろみちゃん&むくくんのTwitter、是非みなさんもチェックしてみてくださいね!

取材協力:anicas、@s_sekko

猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 編集&ライター

保護猫団体の活動を仔細にお届けする「保護猫のわ」・飼い主さんと猫との幸せエピソードをお届けする「なないろ猫物語」の編集担当。

猫を通して「人」の姿にフォーカスした記事をお届けする猫メンタリーライターとして 猫好きシンガーソングライター・嘉門タツオさんへのインタビューをはじめ、街の看板猫、猫カフェ、猫が住める住宅からキャットフードメーカー、ペット防災の専門家、猫雑貨店、猫をモチーフにした漫画家さん、年間3000件ものTNRの不妊手術を行っている獣医に至るまで、半年間で約40名以上の猫と関わる方々に幅広く取材を重ねる。