とり

とり

安くてもしっかり密閉できるキャットフードの保存容器7選

公開日:

キャットフードの基礎知識

とり

とり

猫ねこさん

安くてもしっかり密閉できるキャットフードの保存容器7選

猫ねこさん
キャットフードは空気にふれると酸化して味や風味が落ちてしまうので、密閉容器で保存することが大切!ペットフード専用容器や人間用の食材保存容器などたくさん種類がありますので、使いやすさやデザインなど好みにあわせて選んでくださいねぇ。

キャットフードの酸化を防ぐには密閉できる容器で保存することが大切。
酸化したキャットフードは味も風味も落ち、猫の食いつきも悪くなります。

ペットフード専用容器、人間用の食材保存容器などさまざまな種類がありますが、使いやすさ・デザインなど好みに応じて選んでくださいね。

今回は安くてもしっかり密閉できるキャットフードの保存容器をご紹介!

キャットフードの酸化、保存容器の種類と特徴についても詳しく説明します。

キャットフードの酸化

いつも新鮮で美味しいキャットフードを猫に与えるためには、キャットフードの酸化を防ぐことが大切です。

ここでは、キャットフードの酸化について説明します。

キャットフードの酸化とは

キャットフードに多く含まれる脂質は酸素にふれると酸化し始めます。

酸化とは物質の性質が変わってしまうことです。

脂質が酸化すると過酸化脂質と呼ばれる悪玉コレステロールに変化し、徐々に体内に蓄積されていきます。悪玉コレステロールは、アレルギーや動脈硬化、ガンなどの原因になると言われています。

酸化すると味やニオイが変わり栄養価が下がる

キャットフードが酸化すると味やニオイが変わり、栄養価も下がります。猫はニオイに敏感なので、酸化したキャットフードには食いつかなくなります。

ドライフードは酸化しても見た目の変化がほとんどない

キャットフードには、カリカリと呼ばれる硬い食感のドライフードと、水分量の多いウェットフードがあります。

ウェットフードは酸化すると色が変化しますが、ドライフードは見た目の変化がほとんどありません。しいて言えば、少しベタつきがある程度です。

酸化を防ぐには正しい方法と適切な容器で保存することが大切

ドライフードもウェットフードも開封前は密封された状態で販売されています。しかし、未開封であっても袋の中に空気がある以上、多少の酸化は避けられません。

また、誤った保管場所や保存方法も酸化を進めてしまう要因となるため、正しい方法と適切な容器で保存することが大切です。

キャットフードの正しい保存方法については以下のリンクをご覧ください。

愛猫家必見!キャットフードの正しい保存方法
キャットフードは正しく保存しないと味や風味が落ちてしまうんですよぉ。ドライフードもウェットフードも開封前は、冷暗所で保存...

 

猫ねこさん
ドライフードは酸化しても見た目ほとんど変わらないんですよねぇ。でも酸化したフードは味もニオイも変わりますから、我々にはすぐに分かりますよぉ。
たしかにちょっとべちゃっとしてるくらいですもんね。。。でもぼく絶対食べないですっ。
しっかり密閉できる容器に入れて保存することが大事なんですね!
クロベエ

キャットフード保存容器の種類と特徴

キャットフードの酸化を防ぐには、密閉できる容器で保存することが大切です。

ここでは、キャットフード保存容器の種類とその特徴について説明します。

キャットフードの保存には以下の容器が適しています。

  • ペットフード専用容器
  • 人間用の食材保存容器を活用

それぞれの容器について詳しく説明します。

ペットフード専用容器

キャットフードやドッグフードなど大容量のフードを保存できる容器です。袋ごと保存できるタイプが多いです。

袋ごと保存するタイプの特徴は以下の通りです。

  • キャットフードの袋から入れ替える手間がない
  • 3~10kgのキャットフードを保存できる
  • 袋自体に日光を遮断する効果があるものもあるので密閉効果が高い
  • フタに除湿剤をセットできるものもある

多頭飼いなどで、普段から大容量のキャットフードを買うことが多い方におすすめです。

フタの部分はパッキンとバックルでしっかり密閉できるので、猫がキャットフードの袋にいたずらしたり、フードの香りが部屋に広がったりするのを防ぐことができます。

中身が少なくなると猫が容器を倒してしまうこともあるので、なるべく猫の手の届かない場所に保存しましょう。

また、袋から出して保存するタイプで、フードの残量が分かりやすい透明のものもあります。

人間の食材保存容器を活用

キャットフードを保存する際、必ずペットフード専用容器を用意しなければならないわけではありません。

しっかり密閉できる人間の食材保存容器をキャットフードの保存用として使う方法もあります。

特徴は以下の通りです。

  • 材質はプラスチック・ステンレス・ガラスなどさまざま
  • 透明なものであれば中身の残量が分かりやすい
  • 真空機能がついているものもある
  • キャットフード以外にもさまざまな使い道がある

材質、デザイン、サイズともにさまざまなので、使い方にあわせて選ぶことができます。

レバーやハンドルの操作だけで毎回決まった量のフードが出てくるフードディスペンサーも人気です。

見た目にもこだわって保存容器を選びたい方におすすめです。

猫ねこさん
いろんな容器がありますけど、大事なのはきちんと密閉できるかどうかですよぉ。あとは使いやすさやデザイン、、、それぞれお好みで選んでくださいねぇ。
ぼくのおうちみたいに大家族だとキャットフードも大容量なので、袋ごと入れられるタイプが便利ですね。
ただ、おかあさんがめんどくさがりって話もありますけどっ。。。
クロベエ

おすすめのキャットフード保存容器

アイリスオーヤマ 密閉フードストッカー MFS-10

アイリスオーヤマ密閉フードストッカー

  • 約8~10kgのドライフードを袋のまましまえるフードストッカー(スコップ付き)
  • フタ裏に別売りの除湿剤をしまえるカバー付き
  • バックルとフタ裏のゴムパッキンで密閉性が高い
価格 2,019円
本体サイズ 48.5 x 36.5 x 45.5 cm
重量 1.84 Kg
収納の目安 ドライフード約8~10kg

アイリスオーヤマ 密閉容器 パープル/クリア MY-3

アイリスオーヤマ密閉ストッカー

  • 約3kgのドライフードを保存できる大容量ストッカー(スコップ付き)
  • フタの裏側にスコップと除湿剤をつけられる
  • 透明タイプなのでフードの残量が分かりやすい
価格 1,820円
本体サイズ 26.5×25.5×25cm
重量 679g
収納の目安 ドライフード約3kg

伊勢藤 ペットフードカンパニー(L)

伊勢藤ペットフードカンパニー

  • 約3kgのドライフードを袋ごと保存できる大容量ストッカー(スコップ付き)
  • 湿気・ニオイ防止パッキン付き 
  • 鮮やかでPOPなデザイン・小さいサイズもあり
価格 933円
本体サイズ 18×33×34cm
重量 748g
収納の目安 ドライフード約3kg

OXO(オクソー) ポップコンテナ ショートレクタングル 1.6L

OXOショートレクタングル

  • 乾燥食品の保管容器として圧倒的人気を誇るブランド
  • 片手でフタのボタンを押すだけで簡単に開閉できる
  • カラー、サイズ、形が豊富で中身が見えやすいシンプルなデザイン
価格 1,800円
本体サイズ 16×11×16cm
重量 372g
収納の目安 ドライフード約1kg

DULTON(ダルトン)ガラスクッキージャー

ダルトンガラスクッキージャー

  • ガラス製のおしゃれな保存容器はインテリアにこだわる方に
  • シリコン製のパッキンで密閉効果も◎
  • フードの残量が分かりやすい
価格 1,335円
本体サイズ 直径24×高さ31cm
重量 3kg
収納の目安 ドライフード約5kg

真空キャニスター CK008 プラスチックジャー 5L

真空キャニスターCK008

  • ワンプッシュで真空状態にできるキャニスター
  • 空気が入ると自動的に脱気、24時間真空状態を保てる
  • フードの残量が分かりやすい
価格 3,561円
本体サイズ 14.3×19.3×39cm
電源 アルカリ単2電池×2または単3電池×2(別売)
容量 5L

ZEVRO ポップンディスペンサー

Seiei

  • アメリカで大人気のスタイリッシュなフードディスペンサー
  • ハンドルを回すだけで毎回同じ量のフードを出せる
  • 汚れたときも簡単に分解できるので衛生面も安心
価格 2,090円
本体サイズ 16.5×19×41.5cm
重量 800g
容量 約3.5L

まとめ

キャットフードの酸化、保存容器の種類と特徴については以下のまとめを参考にしてください。

  • キャットフードが酸化すると味やニオイが変わり栄養価が下がる
  • 酸化したドライフードは見た目ではあまり変化がない
  • 酸化したキャットフードを食べると猫の健康に影響が出る
  • キャットフードの酸化を防ぐには正しい方法と適切な容器で保存することが大切
  • 保存容器にはペットフード専用容器、人間用の食材保存容器がある
  • 袋ごと入れられるフードストッカーなら入れ替える手間なし
  • フタに除湿剤をセットできるものがおすすめ
  • 透明タイプならフードの残量が分かりやすい
  • 見た目にこだわる人には人間用の食材保存容器もおすすめ
  • 真空機能のついたキャニスターなどもある
  • ハンドル操作だけで毎回決まった量が出てくるフードディスペンサーも人気
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.