ハロー(HALO) キャットフードの原材料・評判・安全性を徹底調査

2018-08-29

猫ねこさん

ハロー(HALO) キャットフードの原材料・評判・安全性を徹底調査

猫ねこさん
ハローの「アダルトカロリーオフ ヘルシーサーモン」は、人間が食べられる食材だけを厳選したグレインフリーフード。消化の良いサーモンメイン、乳酸菌配合でお腹にも優しいですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

厳選された原材料だけを使用したキャットフード、ハロー(HALO)。
ハローのキャットフードには、以下の6種類あります。

・キトン ヘルシーチキン
・アダルト ヘルシーチキン
・アダルト カロリーオフ ヘルシーサーモン グレインフリー
・シニア7+ ヘルシーサーモン グレインフリー
・シニア11+ ヘルシーサーモン グレインフリー
・シニア15+ ヘルシーサーモン グレインフリー

今回は「人間が食べられる部位=ホールミールだけを使用」したアダルト カロリーオフ ヘルシーサーモン グレインフリーについてご紹介します。

基本情報と特徴

ハロー

ハロー-グラフ

  • 人間が食べられる部位=ホールミールだけを使用したグレイン・グルテンフリー
  • プロバイオティクス配合で腸内環境の健康を維持
価格 4,000円/1.6kg(1kgあたり約2,500円
原産国 アメリカ
第一原料 サーモン
主な成分 たんぱく質:33.00%以上
脂肪:14.00%以上
粗繊維:5.00%以下
エネルギー:408kcal/100g
穀物類 グレインフリー
酸化防止剤 ビタミンE、クエン酸
ミール、副産物など なし
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース なし
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヶ月目安
販売元 株式会社ベッツチョイスジャパン

原材料と成分

サーモン、ホワイトフィッシュ、全卵エンドウ豆プロテイン、ひきわりエンドウ豆、エンドウ豆粉、大豆エキス、ジャガイモ、エンドウ豆繊維、鶏脂(ミックストコフェロールとクエン酸で酸化防止)、チキンレバー、亜麻仁(オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸源)、DL-メチオニン、ニンジン、クランベリー、ブルーベリー、リンゴ、ズッキーニ、アルファルファ、タウリン、サツマイモ、イヌリン、L-カルニチン

ビタミン類(A、D3、E、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、C、葉酸、ビオチン、コリン)

ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、コバルトアミノ酸キレート、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、マグネシウムアミノ酸キレート、ヨウ素、セレン)

プロバイオティクス(ラクトバチルス菌、ビフィズス菌、ペディオコッカス菌)

たんぱく質 33.0%以上
脂肪 14.0%以上
粗繊維 5.0%以下
灰分 6.5%以下
水分 10.0%以上
カルシウム 0.9%以上
リン 0.8%以上
マグネシウム 0.15%以下
ビタミンE 200IU/kg以上
オメガ3脂肪酸 0.5%以上
オメガ6脂肪酸 3.1%以上
メチオニン 0.62%以上1.36%以下
L-カルニチン 492mg/kg以上
タウリン 0.1%以上

人間が食べられる部位=ホールミールだけを使用したグレイン・グルテンフリー

ホールミール=人間が食べられるレベルの肉や魚だけを動物源たんぱく源として使ったフード。

本来食べられない部位が含まれている副産物やミール原料は一切不使用。
原材料の品質には徹底的にこだわり、低温でゆっくり少量生産しています。

主原料にはEPA、DHAなどのオメガ3脂肪酸が豊富な天然サーモンを使用。
サーモンには抗酸化作用のある「アスタキサンチン」もたっぷり含まれています。

高たんぱく・低脂肪のタラ、コダラ、メルーサ(白身魚)も使用。
成猫用「アダルト ヘルシーチキン」に比べるとカロリーが約5%少なく、体重管理に配慮されているのも特徴。

さらに「完全栄養食」と呼ばれる全卵が栄養をバックアップしています。

また、腸内環境の健康を維持する3種類の乳酸菌(ラクトバチルス菌・ビフィズス菌・ペディオコッカス菌)を配合。
お腹の調子が気になる猫にもオススメです。

猫ねこさん
「使うのは人間が食べられる部位だけ」を徹底しているのがハローの特徴ですねぇ。原材料の質にはかなりこだわっているので安心して与えられるフードですよぉ。
なかには信じられないような粗悪な状態のお肉を使っているフードもあるって聞きました、、、。副産物やミール原料を使っていないのはとっても安心です!
クロベエ

炭水化物がやや多め

気になる点としては炭水化物がやや多いです。
肉食の猫に必要なのはたんぱく質や脂肪で、炭水化物はそれほど多く必要ではありません。

生産者情報

ハローを製造しているのはアメリカのペットフード社「halopets」。

飼い猫「スポット」の皮膚や胃腸トラブルに悩んでいた創立者のアンディ・ブラウン。
やがて、アンディはペットフードの原材料について研究を始めます。
1986年、自宅のキッチンで人間用食材を使って手作りフードを作ったところ、スポットの体調が改善。
こうしてスタートしたのがハローです。

愛犬・愛猫が幸せに過ごすためには、健康的なライフスタイルが重要。
こうした考えのもとに、原材料に徹底的にこだわったホリスティックフード(全体バランスを考えたフード)づくりをモットーとして製品を作っています。

原材料には、私たち人間がキッチンで使う品質レベルのものだけを使用。
肉副産物、ミール原料はもちろん、合成着色料、保存料、香料も一切使っていません。
また、トウモロコシ、小麦、小麦グルテンなども一切使わないフードづくりを心がけています。

リコール情報

2016年にグレインフリータイプのドッグフード、キャットフードのパッケージの一部に誤表記があったことが判明しました。

【誤】小麦・大豆などの食物アレルギーに配慮して穀物不使用
【正】トウモロコシ・小麦不使用

原材料の「野菜エキス」に大豆が含まれているため、大豆アレルギーの犬・猫には使用を控えるように呼びかけられ、返品希望にも対応しています。