ジャガー(キャットフード)の原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

2018-04-24

猫ねこさん

ジャガー(キャットフード)の原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

猫ねこさん
ジャガーの特徴は、肉と魚をたっぷり使っていて動物性食材が80%以上も入っていることですねぇ。育ち盛りの子猫には特におすすめですよぉ。
栄養バランス的に見て、ワタクシ猫ねこのイチオシフードです!では、細かいところまで詳しく説明していきますよぉ~。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

「真に質の高いペットフードを」という顧客の要望から生まれたイギリス産キャットフード、ジャガー。

「食を通して、大切な愛猫との心地よく幸せなライフスタイルを提供したい」という生産者のこだわりがぎゅっと詰まったフードには、上質な食材が贅沢に使われています。

「肉と魚をたっぷり使った動物性食材80%以上」のプレミアムレシピは、愛猫の食事にこだわる飼い主さん必見です!

基本情報と特徴

ジャガー

ジャガーグラフ

  • 肉と魚の栄養が両方とれるハイブリッドフード!動物性食材80%以上
  • 専任の品質管理官が品質をチェック!新鮮で安心のヒューマングレード(※)食材
  • 健康効果が高いと注目のスーパーフードを数多く配合

※ヒューマングレード(人間用)の食品工場で加工出荷された肉・魚・野菜を使用。ミネラル・ビタミン類はペットフード用に生産されたものを使用

価格 4,622円/1.5kg(1kgあたり約3,082円
原産国 イギリス
第一原料 骨抜きチキン生肉
主な成分 たんぱく質:40.00%以上
脂質:20.00%以上
粗繊維:3.00%以下
炭水化物:18.00%
エネルギー:383.5kcal/100g
穀物類 グレインフリー
酸化防止剤 フード自体に保存料は使用しておりませんが、原材料の保存/酸化防止のためにビタミンEとローズマリーエキスを使用
ミール、副産物など なし
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース なし
賞味期限 常温未開封で製造日より12ヶ月
販売元 株式会レティシアン

原材料と成分

骨抜きチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、生サーモン、生マスじゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、りんご、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティックス

たんぱく質 40.00%以上
脂質 20.00%以上
粗繊維 3.00%以下
粗灰分 9.00%以下
ビタミンA 8.9mg/kg
ビタミンD 0.04mg/kg
ヨウ化カリウム 0.95mg
亜セレン酸ナトリウム 0.6mg
アミノ酸タウリン 2,000mg
オメガ6脂肪酸 3.0%
オメガ3脂肪酸 1.4%
カルシウム 1.7%
リン 1.58%
マグネシウム 0.02%

肉と魚両方の栄養がとれるハイブリッドフード、動物性たんぱく質80%以上

ジャガーは「愛猫とオーナーが幸せに暮らせる」ということを理念に作られたフードです。
家族である猫が美味しく、栄養価値の高い食事をし、健康を保つことが私たちの幸せにつながるのです。

猫に毎日美味しいご飯を与える幸せ。
猫が毎日いきいき健康である幸せ。

これらを体現するジャガーは素材・バランスがピカイチなので食いつきが良いとの声が多く見られます!
猫が毎日嬉しそうに食べる姿を見られるのは、この上ない喜びとなるでしょう。

原材料の80%がたんぱく質の豊富な動物性素材

そんなジャガーの主な原料は「新鮮な骨抜きチキン生肉・鴨肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、卵」。
これらだけで原材料の80%を占めています。
猫の適当な食事バランスは「肉・魚類:穀物(炭水化物):野菜=7:2:1」そのバランスに近く、これだけの贅沢な動物性素材を惜しみなく使用。
たんぱく質要求量の多い猫の食事としては理想的です。

肉と魚両方の栄養がとれる

そして注目すべきなのが肉と魚両方を使用している点。

何故両方使用しているかというと、答えは単純で「両方の栄養がとれる」からです。

素材がわかりやすいほうが売りやすさにつながるため、一般的なキャットフードは肉だけ、魚だけのもの多いなか、ジャガーは売りやすさよりも採算度外視で猫の食事を第一に考えました。

鶏肉からは「ビタミンA、ナイアシン、亜鉛」を。
鴨肉からは「ビタミンB群、不飽和脂肪酸、鉄分」を。
鴨肉は特に鉄分が豊富で鶏肉の6倍、また、ビタミンB群が豊富で鶏肉の4倍と言われています。
生サーモン・生マスからは「EPA、DHA、ビタミンD、ビタミンE、アスタキサンチン」が摂取できます。

肉類だけでこれだけの豊かな栄養がとれるのです。
いかがでしょう?もしかしたら私たちの1食より贅沢だったり。。。!
それに加えて「完全栄養食品」である卵も入っていることで栄養が底上げされています。

これだけの素材が主原料であるということがジャガーの最大の魅力です。

高品質な食材を使った「まるごと動物を食べる」食事

またレバーが入っていることにより、ビタミン類、ナイアシン、亜鉛、鉄分が摂れ、猫本来の「まるごと動物を食べる」といった食事を意識しているものと考えられ、猫の食事としてはより完成されたものになっていますね。

また、素材はどれも人間が食べる事の出来るもの。
猫本来の食事を目指した設計で高品質な食材を摂れるジャガーは、まさに私達と猫との生活を幸せにしてくれるものではないでしょうか。

猫ねこさん
肉も魚どっちも、、、これはなかなかない贅沢フードですよぉ。そのうえたんぱく質や他の栄養のバランスも良いなんて、、嬉しい限りです。
肉も魚も好きすぎて選べないぼくにぴったり。こんなフードが毎日食べられるなんて、、、ぼく、今すぐにでも食べたいです!
クロベエ

栄養価の高いマルベリー、朝鮮人参使用

上質な肉や魚に加え、栄養たっぷりの健康食マルベリー朝鮮人参を使っているのもポイント。

スーパーフードとしても注目されるマルベリーには、ビタミンC・カリウムが豊富に含まれており、特にカリウムの量は果物の中でもトップクラスです!

古くから「漢方薬の王様」として使われた朝鮮人参は、サポニンが豊富なことで有名ですが、アルカロイド・ビタミン・マグネシウム・カリウムなども含まれ、非常に栄養価が高いのが特徴です。

猫の健康を考えるとどれも与えたい成分ですが、コストがかかるため安価なキャットフードにはまず含まれることはありません。利益よりも品質を重視しているジャガーならではです。

その他の嬉しい素材

・プロバイオティクス

体の健康を保つ生きた細菌のことで、いわゆる「善玉菌」です。毎日の健やかな腸内環境をサポート。

・クランベリー・ブルーベリー

クランベリーにはビタミン類、カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、キナ酸、βカロテン、食物繊維など数多くの栄養が詰まっています。また、ブルーベリーにも、ビタミンEやビタミンC、アントシアニンなど多くの健康成分が含まれています。

・ビタミンE・ローズマリーエキス

原材料の保存・酸化防止のためにビタミンEとローズマリーエキスを使用しています。

肥満猫に与える際は注意

たんぱく質40%以上、脂肪20%以上非常にパワフルなフード
運動量の多い子猫や成猫にはぴったりですが、室内飼いの猫、肥満気味の猫に与える際には量に注意しましょう。

生産者情報

創業者は、デンマークのペットフード流通会社の経営者だったクリスチャン・デグナー。
彼は事業を拡大していくにつれ、思うように品質を優先できない状況に心を傷め、一度は業界から身をひきます。
しかし、顧客からの「真に質の高いペットフードを提供してほしい」という声に、採算度外視で上質なフードを作ることを決意。
こうして誕生したのがジャガーです。

ジャガーの理念

「フードを通して世界中の愛猫とオーナーに心地よく幸せなライフスタイルを提供したい」というのがジャガーの想い。
「心地よく幸せなライフスタイル」ということの中に「飼い猫が幸せであり生き生きと元気であること」という想いが込められていると考えられます。
家族である猫が美味しく、栄養価値の高い食事をし、健康を保つことが私たちの幸せにつながるのです。

そんな想いを徹底的に貫いたフードに私たちは心から賛同しています。

製造はペット先進国イギリスのエッセンシャルフーズ社

ジャガーが作られているのは、イギリスの「エッセンシャル・フーズ社」
ペットフード成分の95%にイングランド、ウェールズ、スコットランドの農産物を使用。
世界中のすべての動物を守るために、売り上げの一部を慈善団体に寄付するなど、ペット先進国のイギリスならではの試みも特徴的です。

生産工場では、専任の品質管理官が、工場に届いた原材料をひとつひとつ丁寧にチェック。
検査をクリアした原材料はミルで丁寧に粉砕されます。
レシピに忠実に原材料をブレンドしたら、温度管理の行き届いたスチーム加熱でペットフードを成形。
そして、作りたてのフードはすぐに検査にまわされ、合格したものだけをパッキングします。

さらに、サンプルは12ヶ月間保管されているので、出荷後の安全管理も徹底!

新鮮で上質な食事にこだわる飼い主さんにとっては、安心の管理体制ですね。

リコール情報

販売開始以降、リコール情報は確認されていません。

ジャガーキャットフード食レポ

ジャガー

ジャガーを愛猫、ちゅんとはくに食べてもらって、食いつきや食べてみた後の体調の変化など、レポートです!
ジャガーは栄養バランスが良く、食材も高品質で豊富なので、嗜好性バツグンとのこと。たくさん食べる姿を見られるか、楽しみです^^

ジャガー パッケージ

まずはパッケージから。今回購入したのはジャガー1.5kg。マットな光沢のある質感で黒とゴールドのデザイン、高級感を感じました。製造会社のエッセンシャルフーズのロゴマークを大きくあしらったデザインで、ロゴを前面に使用するあたり、エッセンシャルフーズがジャガーに力を入れている雰囲気が感じられます。大きさは30cmほどでした。

中身2

また、ジャガー以外にはこんなものが。

  • お悩みハンドブック
  • 定期コースの案内
  • ブランドガイド
  • FAX注文書
  • なんでも封筒(意見要望書を送付できる切手不要の封筒)

お悩み

お悩み解決ハンドブックには、フードを与えるときのアドバイスが質問形式で載っています。初めてフードを切り替える場合でも分かりやすいですね。

ジャガー袋

袋をあけるとマジックテープ?のようなギザギザ状の密封用のテープがついています。キャットフードは一度開封してしまうと風味が落ちてしまうので、しっかり密封できるのは嬉しいポイントですね。閉めやすく開けやすかったです。

ジャガーフード

ジャガーは動物性たんぱく質が多いということもあり、他のフードより強い香りだと思いました。

フード大きさ

フードの粒の大きさはおよそ1cm。平均的な大きさだと思います。

はくは待ちきれないご様子。。私もおたのしみ、ようやく食事の時間ですよ!
その様子を動画で撮影してみました。

すごい勢いでガツガツと食べました!他のフードだと敬遠したり、すぐには食べなかったりするのですが、美味しそうに一度にかなりの量を食べていました。

最近食いつきが悪かったので少し多めに食べてもらったほうが良いかと思い、100g強くらいお皿に入れていたのですが、半分くらいはペロッと食べてしまったので驚きです!

ジャガー食レポまとめ

今までのフードだと、一日の給餌量がちゅんで95gでしたが、最近お残しが気になっていました。ジャガーだと30gほど量が減らせて、少ない量で栄養がしっかりととれるので食いつき、給餌量ともに問題なし!でした。

飼い主の私としては食べてくれる嬉しさを実感でき、安心して与えることのできるキャットフードだと思います。