なないろ猫物語Vol.28|「そうすけ」~小学生からの夢を叶えて

2020-01-23

猫ねこさん

なないろ猫物語Vol.28|「そうすけ」~小学生からの夢を叶えて

猫ねこさん
飼い猫との幸せエピソードをお届けする”なないろ猫物語”。今回ご紹介するのは「そうすけ」くん。小学生の頃からの夢を叶え、念願の猫との暮らしを始めた飼い主さんにお話を伺いましたよぉ。

小学生の頃からの夢

まんまるなお目目でお行儀よくお座りしているのは、2歳の男の子”そうすけ”くん。まるでミルクティーのような柔らかベージュのフワフワの毛並みは、見てるだけでもほっこり^^ずーっと眺めていたくなる可愛さだ。

そうすけ

「ジブリ映画『崖の上のポニョ』が好きで、その映画に出てくる男の子”そうすけ”から名前を頂きました。」そう話すのは、現在高校生で飼い主のちぃ(@chii.sf)さん。

小学生の頃から猫を飼いたいと思っていたというちぃさん。でも、当時はご両親から「あなたはまだ猫のお世話ができないから、高校生になったら飼ってあげるよ。」と言われていたのだとか。そんなちぃさんは「高校生になったら猫を飼える!」とずっと楽しみにしていたのだそう。

晴れて高校に合格したちぃさんは、念願の猫を迎えるためお父様と一緒に保護施設へ。一通り施設を見てまわった後、ちぃさんが一目惚れしたのが、部屋の隅に置かれたケージの中にいた一匹の猫。生後約11ヶ月とやや大きめだったけれど、とても綺麗なクリーム色の毛並みに心奪われたという。ただ、猫風邪で目やにがたくさん出ていたそうで、施設の方に聞くと「慢性化してしまっているので、もう治らない」と言われたとか。

「今まで猫を飼ったことのない私にお世話ができるかな。。。」そんな不安もありつつ、試しに抱っこさせてもらうことに。すると、その猫は「ゴロゴロ」と喉を鳴らし、ちぃさんが猫じゃらしを振ると元気に飛びついてきたのだとか。

人間を怖がることもなく、好奇心旺盛で元気な姿を見て、ちぃさんは「この子にしよう」とそうすけくんを飼うことを決めたのだそう。

甘えん坊でちょっぴりビビリなチャレンジャー

そんなそうすけくんは、とっても甘えん坊な性格だそうで。。。

「家族だけでなく、家に遊びに来た友人や親戚。。。誰にでもスリスリしたり、ペロペロ舐めたりします。誰にでもゴロゴロ言いながらお腹を見せるので、私が嫉妬してしまうこともあります(笑)」とちぃさん。

そして独占欲もかなり強いタイプだとか。

「この子を家に迎えた後にもう一匹猫を飼い始めたのですが、その子を可愛がっていると嫉妬して間に割り込んでくるようになりました。嫉妬が激しくてその子をちょっぴりいじめちゃうこともしばしば…。でも普段はとても仲が良いです。」とちぃさん。

そうすけ

そんなそうすけくんとの思い出深いエピソードはというと。。。

「猫なので高い場所が好きで、冷蔵庫の上、カーテンレールの上、家の2階の手すりの上などいろんな高い場所に乗ります。ある日、洗面台の照明の上に乗っていて『また乗ってるなぁ』と思っていたら『ガッシャーーン!!』と大きな音を立てて落っこちて。。。どうやら体重が重くて照明のカバーが外れたらしく…><すごく大きな音だったので私もそうすけもびっくりしていたんですが、落ちた後はしっぽをたぬきみたいにボンボン膨らませて逃げていきました。」

でも、そうすけくんは今でも懲りずに高い場所に乗るのが大好きなんだとか。そんなそうすけくんのことを、ちぃさんは「ビビリなチャレンジャー」と呼んでいるそう^^

玄関の前でお出迎えしてくれる瞬間が幸せな時間

「1日を終えて家に帰ると、そうすけが玄関のドアの前で待ってくれています。ドアを開けると『にゃー』と鳴きながら私の脚に手を伸ばして抱っこをせがまれます。抱っこをするとゴロゴロと言いながら顔を舐めてくれます。」

ちぃさんにとって、そしてそうすけくんにとっても、この瞬間がとっても幸せな時間なのだという。

そうすけ

小学生の頃からの夢を叶え、念願の猫との生活を始めたちぃさん。

そのエピソードのひとつひとつに、そうすけくんへの深い愛が感じられる。大切に愛おしく想う気持ちが伝わってくる。そして、そんなちぃさんにすっかり心を開いて甘えるそうすけくん。出会いは偶然だったけれど、ふたりは今やお互いにとってなくてはならない存在なのだ。

ちぃさんとそうすけくんの毎日が、これから先もずっとずっと、しあわせな”瞬間”に包まれる温かく穏やかなものでありますように。

なないろ猫物語 エピソード一覧

猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 編集&ライター

保護猫団体の活動を仔細にお届けする「保護猫のわ」・飼い主さんと猫との幸せエピソードをお届けする「なないろ猫物語」の編集担当。

猫を通して「人」の姿にフォーカスした記事をお届けする猫メンタリーライターとして 猫好きシンガーソングライター・嘉門タツオさんへのインタビューをはじめ、街の看板猫、猫カフェ、猫が住める住宅からキャットフードメーカー、ペット防災の専門家、猫雑貨店、猫をモチーフにした漫画家さん、年間3000件ものTNRの不妊手術を行っている獣医に至るまで、半年間で約40名以上の猫と関わる方々に幅広く取材を重ねる。