キャットスマック「お魚ミックス 」の原材料・評判・安全性を徹底調査

2018-11-05

猫ねこさん

キャットスマック「お魚ミックス 」の原材料・評判・安全性を徹底調査

猫ねこさん
キャットスマック「お魚ミックス 」は、スーパーやドラッグストアでも手に入りやすく、1kg約250円と非常に安価なキャットフード。熟成させたかつお・まぐろ・あじの旨みを一粒一粒にぎゅっと閉じ込めた「お魚づくし」のフードですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

40年以上愛されているロングセラーキャットフード「キャットスマック」。
好みの味や年齢に応じた7種類のフードが取り揃えられています。

今回は、安価で手に入りやすいお魚づくしフード「キャットスマック お魚ミックス」についてご紹介します。

基本情報と特徴

キャットスマック

キャットスマック-グラフ

  • 安価で手に入りやすいお魚づくしフード
価格 553円/2.2kg (1kgあたり約251円) 
原産国 日本
第一原料 穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、小麦ふすま等)
主な成分 たんぱく質:27.00%以上
脂質:9.00%以上
粗繊維:4.00%以下
エネルギー:330kcal/100g
穀物類 とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、小麦ふすま等
酸化防止剤 自然由来
ミール、副産物など コーングルテンミール、チキンミール、ミートミール、ポークミール、フィッシュミール
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 二酸化チタン、赤色102号、黄色4号
セルロース なし
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヶ月目安
販売元 株式会社スマック

原材料と成分

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、小麦ふすま等)肉類(チキンミールミートミールポークミール、豆類(乾燥おから、脱脂大豆等)、魚介類 (フィッシュミール、かつおエキス、まぐろエキス、あじエキス、フィッシュパウダー)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂)、たん白加水分解物ビール酵母、酵母細胞壁、植物発酵抽出エキス、ミネラル類(カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、葉酸、コリン)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、pH調整剤、着色料(二酸化チタン、赤色102号、黄色4号)

たんぱく質 27.0%以上
脂質 9.0%以上
粗繊維 4.0%以下
灰分 10.0%以下
水分 10.0%以下

安価で手に入りやすいお魚づくしフード

「キャットスマック お魚ミックス 」は、スーパーやドラッグストアでおなじみの定番キャットフードです。1kg約250円と非常に安価で手に入りやすいので、多頭飼いの方にも嬉しいですね。

熟成させたかつお・まぐろ・あじのエキスを一粒一粒にぎゅっと閉じ込めているので、魚の味が好きな猫は食いつきが良いかもしれませんね。

魚に加え、鶏・豚などさまざまな動物性素材を使用していますが、炭水化物量が40%を超えています。
健康な猫なら40%くらいまでは炭水化物を消化できますが、それを超えると、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸(※2)等)や高血糖を引き起こすと言われています。

40%以上の炭水化物は、消化機能の低下(下痢、嘔吐、鼓腸等)や高血糖を引き起こすと報告(Meyer&Kienzle1991)されています。

引用:猫のための最適な食餌/三鷹獣医科グループ

また、主原料のコーングルテンミールは植物性たんぱく質です。
猫の必須栄養素は動物性素材にしか含まれておらず、一番多く必要なのは動物性たんぱく質です。また、吸収率も動物性たんぱく質に劣ります。
愛猫の健康維持を考えると肉や魚が主原料の方が嬉しいですね。

猫ねこさん
どこか懐かしさも感じさせる味のあるパッケージ、なんと40年以上も前から愛されているロングセラーなんですねぇ。
値段が安くて手に入りやすいので人気がありますが、炭水化物が40%以上と多すぎるのは残念ですねぇ。。。
ちょっとレトロなパッケージでモデルの子もとってもかわいいっ。
お魚づくしなのはとっても魅力的なんですけど、主原料は穀物でトウモロコシや小麦がたくさん使われているんですね。。。
クロベエ

ミートミール・穀物アレルギーの猫は注意・炭水化物が多い・コーングルテンミール・動物性油脂・たんぱく加水分解物・人工着色料・公開情報が少ない

以下「キャットスマック お魚ミックス 」の気になる点です。

  • ミートミール
  • 小麦、トウモロコシを多く含む
  • 炭水化物が多い
  • コーングルテンミール
  • 動物性油脂
  • たんぱく加水分解物
  • 人工着色料
  • 公開情報が少ない
ミートミール使用

ミートミールは、AAFCO(※1)の定義では種類が限定されていないさまざまな哺乳動物をレンダリング(※2)した乾燥肉です。
ただし血液・毛・蹄・角・皮・糞尿・胃・第一胃の内容物は除きます。
定義上で危険性はありませんが、全てのペットフードメーカーがこの定義に沿って製造しているとは限りません。
中には粗悪な肉を使って製造されているフードがある可能性もゼロではありません。

※1 AAFCO・・・米国飼料検査官協会
※2 レンダリング・・・脂肪を溶かして油脂を抽出する

小麦、トウモロコシを多く含む

小麦、トウモロコシが多く配合されているので、穀物アレルギーのある猫は注意が必要です。

炭水化物が多い

炭水化物がたんぱく質より多いです。
猫が多く必要とするのは動物性たんぱく質や脂肪ですので、炭水化物は少ないものが良いでしょう。

コーングルテンミール

主原料のコーングルテンミールは植物性たんぱく質です。
植物性たんぱくが多く含まれているためたんぱく質量は増えますが、猫に必要な必須アミノ酸は植物性たんぱくには含まれておらず、吸収率からしても動物性たんぱく質が多いほうが好ましいでしょう。

動物性油脂

どの動物の油脂がどの程度使用されているか明記されていません。
キャットフードによっては病気で亡くなった家畜の油脂が使用されているケースもあるため、原材料がしっかり記載された油脂の方が安心です。

たんぱく加水分解物

たんぱく加水分解物とは、たんぱく質を分子レベルまで小さく分解したものです。
いくつかの生成方法のうち酸分解をした場合のみ微量な発がん性物質が発生する可能性があると言われています。
スマックの生成方法は不明のため、安全性にはやや不安が残ります。

人工着色料

着色料として、二酸化チタン、赤色102号、黄色4号を使用しています。
これらは発がん性の可能性も指摘されています。
使われているのは微量ですので危険度は低いですが、視覚より嗅覚の鋭い猫にとって着色料はあえて使う必要のないものでしょう。

公開情報が少ない

公開情報が少なく、オメガ3とオメガ6のバランス、カルシウム・リン・マグネシウムのバランスなどが分からないのは少し心配です。

生産者情報

「キャットスマック 」を製造しているのは、愛知県に本社を置く「株式会社スマックです。

「ペットとオーナー様の視点に立ち、安心・安全な製品をお届けする」という想いをこめ、美味しさと安全性にこだわったフードを作り続けています。

スマックの掲げる品質三原則は「安全・安心」「健康」「おいしさ」です。
「安全・安心」へのこだわりとして、品質マネジメントシステムISO9001:2015認証を取得。
また、ライフステージや種別フード、機能性フードの開発などペットの「健康」にもこだわっています。
さらに、フード形状の工夫、嗜好性検査など「おいしさ」も常に追い求めています。

商品に関する問い合わせや、食事についての相談はお客様相談窓口にて対応しています。

お客様相談窓口:052-603-7887(月~金10:00~17:00/土日祝除く)

リコール情報

販売開始以降、リコール情報は確認されていません。