フィーラインナチュラル フリーズドライの原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

2018-08-06

猫ねこさん

フィーラインナチュラル フリーズドライ「チキン&ラムフィースト」の原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

猫ねこさん
フィーラインナチュラル・フリーズドライの特徴は、加熱せず作られているので栄養がそのまま、水で戻して食べるので水分補給にもなるということですよぉ。
肉類99%とまさに「獲物」を食べる感覚のレシピですねぇ。
それでは、参りましょう~。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

犬や猫にとっての本当にナチュラルな食事=生食にこだわって開発された、フィーラインナチュラル。
水で戻して与えるタイプのフリーズドライキャットフードには、以下の4種類があります。

・チキン&ラムフィースト(鶏肉とラム肉)
・チキン&ベニソンフィースト(鶏肉と鹿肉)
・ラム&キングサーモンフィースト(ラム肉とサーモン)
・ビーフ&ホキフィースト(ビーフとホキ)

今回は鶏肉とラム肉が主原料の「チキン&ラムフィースト」についてご紹介。

「原材料の99%に肉を使ったレシピ」と原材料の栄養素をそのまま活かす「非加熱フリーズドライ製法」に注目です!

基本情報と特徴

フィーラインナチュラル

フィーラインナチュラル-グラフ

  • 肉類99%以上、高品質なニュージーランド産原材料
  • 非加熱フリーズドライ製法で栄養や美味しさそのまま
  • 水で戻して与えるタイプなので水分補給にも◎
価格 5,751円/320g(水で戻すと1.28kg)(1kgあたり約4,493円
原産国 ニュージーランド
第一原料 鶏肉
主な成分 粗たんぱく質:48.00%以上
脂質:31.00%以上
粗繊維:1.00%以下
エネルギー:485.7kcal/100g
穀物類 グレインフリー
酸化防止剤 ビタミンE
ミール、副産物など なし
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース なし
賞味期限 未開封:製造から24ヶ月
開封後:3ヶ月目安
販売元 株式会社K9ナチュラルジャパン

原材料と成分

鶏肉(人間食用の家禽から生産される)、心臓(子羊)、腎臓(子羊)、肝臓(子羊)、血(子羊)、フラックスシードフレーク、ニュージーランド緑イ貝、乾燥昆布、タウリン、ビタミンE、酸化マグネシウム、プロティネイト亜鉛、プロティネイト銅、プロティネイトマンガン、ビタミンB1、ビタミンD3、葉酸

粗たんぱく質 48.0%以上
脂質 31.0%以上
粗繊維 1.0%以下
粗灰分 9.0%以下
水分 8.0%以下
マグネシウム 0.14%以下
リン 1.8%以下
タウリン 0.52%以上

肉類99%以上、高品質なニュージーランド産原材料

肉や内臓、血、骨も含めた新鮮な生の肉類を99%使用!

猫にとってのナチュラル=「生」の獲物をそのまま食べる食事を再現した贅沢レシピです。

非常に高たんぱくなので、成長期の子猫や妊娠中・授乳中の猫に特にオススメ。
猫の食性を考え、穀類・イモ類・豆類などのツナギ食材は一切使っていません。

また、使用する肉類はニュージーランドの自然豊かな環境で人間食用に育てられたものだけ。

ニュージーランドは、BSEや口蹄疫などの疫病がない世界で最もクリーンな国と言われています。
本来廃棄するような肉の部位はもちろん、成長ホルモン剤や抗生物質・サプリメントなどは一切使っておらず、その安全性はトップクラスです。

非加熱フリーズドライ製法で栄養や美味しさそのまま

「生食」の良さを最大限に活かすのが、独自の「非加熱フリーズドライ製法」。

45℃以上の熱を加えず水分だけを取り除くため、熱に弱い栄養素も壊れることなく美味しさもそのまま。
消化吸収を促す酵素や乳酸菌も壊れないので、食べたもののほとんどが栄養となります。

水分を取り除いているので、一般的なドライフードよりも長い2年間の常温保存が可能なのも嬉しいポイント。

与え方としては、乾燥したままほぐしてふりかけやトッピングとして使ったり、水かぬるま湯(37℃以下)で戻したりするのがオススメ。
水を加えてあげれば、水分をとるのが苦手な猫の水分補給にもなります。

また、水で戻す前は4分の1の大きさなので持ち運びにも便利ですね!

食いつきが良くなる!キャットフードのトッピング・ふりかけ方法
いつものキャットフードにスープや肉、魚、野菜などをのせてあげると食いつきが良くなることがありますよぉ。トッピングで水分、...

 

猫ねこさん
水で戻すタイプのキャットフードはなかなか珍しいですねぇ。水分補給にもなって、場所をとらないので買い置きしやすいといいことづくめですよぉ。
乾燥したままトッピングとして食べてもOKなのも嬉しいですねぇ、、、ンフフ。
お肉たっぷりで栄養満点!そのうえ栄養が壊れない製法っていうのがポイントですね。
ぼく、いっつも水を飲み忘れちゃうので助かりますっ。
クロベエ

カロリーが高い、値段が高い、繊維質が少なめ

非常に高たんぱく・高脂質なので肥満猫に与える際は注意しましょう。

食物繊維が1.0%以下と少ないのも気になります。
毛玉が気になる猫や便秘気味の猫には、もう少し食物繊維が多く入っていると嬉しいところです。

また、値段の高さもネックです。
例えば、7.5kgの猫の1日の給餌量は56g。
給餌量はあくまで目安ではありますが、目安どおりあげるとすると320gのパッケージなら、約6日で約6,000円です。
大型猫や多頭飼いの場合は、現実的にかなり厳しいお値段ですよね。。。

主食というよりは、トッピングやご褒美のおやつとして与えた方がお財布には優しいですね。

食いつきが良くなる!キャットフードのトッピング・ふりかけ方法
いつものキャットフードにスープや肉、魚、野菜などをのせてあげると食いつきが良くなることがありますよぉ。トッピングで水分、...

生産者情報

フィーラインナチュラルを開発したのは、イギリスの警察犬チーム「k9ユニット」をしつけ教育する警察犬のハンドラー(訓練士)の一人でした。

ある時、ハンドラーは任務中に最愛のパートナーの死に直面。
「最愛のパートナーである犬に恩返しをしたい」
そんな使命感を感じていたとき、近所の肉屋で分けてもらった生肉を食べた犬たちの体調がみるみるよくなるという出来事が起こりました。
これをきっかけに今までの穀物中心のフードではなく、「新鮮な生肉で作られた犬の食事」を作ろうという想いが湧き上がったのです。

ハンドラーの職を辞めた開発者は、生肉を使ったフードの商品化のために研究をスタート。
犬とオオカミの遺伝子がほとんど同じことから、オオカミの食事をベースにしたレシピを考え出します。
こうして誕生したのが、生肉に新鮮な野菜・フルーツを少し加えたドッグフードでした。

恵まれた自然環境、食物に関する安全管理、最先端の加工技術力、そのどれをとっても優れているニュージーランド産にこだわり、いよいよ商品化へ。
ニュージーランドで販売をスタートさせた後は、ヨーロッパやアメリカなどでも販売されていき、現在は日本を含め世界20カ国で販売。
日本では、2010年に「株式会社K9ナチュラルジャパン」が正規輸入代理店となっています。

リコール情報

販売開始以降、リコール情報は確認されていません。

フィーラインナチュラル キャットフードレポート

アディクション

フィーラインナチュラル チキン&ラムフィーストのご紹介です。内容や香り、猫の反応などご紹介をします。
肉類99%以上、フリーズドライ製法で美味しさ、栄養そのまま!もう肉ですね。水でふやかすタイプなので水分もとれるところに注目です^^ あれ、、この顔、、?

はく

パッケージの猫ちゃんがはくにそっくり^^

フィーラインナチュラルパッケージ

親近感を覚えたところで今回購入したのはフィーラインナチュラル チキン&ラムフィースト320g(水で戻すと1.28kg)
テカリのあるしっかりとしたプラスチック製のパッケージ。大きさのわりにフリーズドライの肉なので軽いです♪

フィーラインナチュラルパッケージ開封

開閉用のチャックもきちんとついており、密封性は○。こちらは1kgの体重につき、8g+水がその3倍でふやかすものなのですが、毎回の計量が大変かもしれませんね。1回量を計量して小分けにしておくことをお勧めします。

フード

続いて香りです。フリーズドライのせいか、香りはかなり弱いです。なんとなく肉っぽい香りというよりビスケットのような香りがしました。

水でふやかす

ふやかすとこんな感じ。フードはふやかすタイプなので、このフリーズドライ状のものを手で砕いて37度以下の水もしくはぬるま湯でふやかします水分がとれるからぜひ食べてほしいなー♪

試食

あれ?

試食

あれれ?

ウェットフードは良く食べるのにこちらは見向きもしてくれません(´;ω;`)ウゥゥ これは予想外。。。
合わないのか、今まで食べたことがないから警戒しているのか、、残念な結果でした;;

試食

これならどうだ!とそのままお出ししてみました!(やけくそ)
ちゅんはガツガツいってましたが、はくはやはりあまり好きでない様子。魚のほうが好きなのであまり肉肉しいのはダメだったのかもしれませんね。
ちゅんにしても水分摂れないからちょっと魅力が半減。。な結果に。
好みは仕方ないですね^^; 大変お高いものですが、栄養補給にはとてもよいフードなので、一度試されることもよいかもしれませんね