なないろ猫物語Vol.19|「織姫&彦星」ー白猫2匹が起こした小さな奇跡

2019-11-21

猫ねこさん

なないろ猫物語Vol.19|「織姫&彦星」ー白猫2匹が起こした小さな奇跡

猫ねこさん
飼い猫との幸せエピソードをお届けする”なないろ猫物語”。今回ご紹介するのは白猫コンビ「織姫&彦星」くん。出会いのきっかけやお互いに幸せと感じる瞬間について、飼い主さんにお話しいただきましたよぉ。

7月7日に保護~石川→愛媛へ

まるで絵画のような美しい1枚の写真。ふわふわの白い毛並み、透き通ったブルーの瞳、目をつぶり甘えるような表情。そのどれもがとっても愛らしい。

織姫と彦星

「7月7日に保護されたので織姫(オリちゃん)と彦星(ヒコちゃん)と名付けました。」そう話すのは飼い主のゆっきさん(@orihime_hikoboshi77)。

とっても仲良しなふたりはご飯もトイレも寝るときもいつも一緒なんだとか。

そんな織姫&彦星とゆっきさんとの出会いは・・・??

「我が家には当時7匹の先住猫がいて、最初は白猫のマフィンのお嫁さん探しをしていたんです。そんなとき、インスタを通じて個人で保護活動をされている方と出会って、、、その方が保護されていた織姫と彦星を見たときに、すっかり気持ちが変わってしまいました。新しいお嫁さんをもらって子猫を産ませるのなら、この2匹を迎えて彼らの命を守りたいと思って。」

7匹の先住猫がいたので断られるかも。。。と心配したけれど、保護主さんは「ぜひお願いします!」と快く応じてくれたそう。

織姫と彦星を迎えに、ゆっきさんは住まいのある石川県からはるばる愛媛県まで車を走らせた。

本当の親子のようになった4匹

ゆっきさんの家にいる先住猫7匹のうち、8年前の雪の日に保護したのがキジトラのココア。当時生後6ヶ月ほどだったそう。

ココアは猫嫌いでいつもひとりぼっち。炊飯器の横で小さくなっていることが多かったとか。

織姫&彦星が家にやってきたときも、いつものように「シャーシャー」威嚇><仲良くなるのは無理かな…とゆっきさんも諦めかけていたそう。

でも、そんなココアに突然母性本能のスイッチが!!まるで本当のお母さんのようにふたりをかわいがるように・・・。

そんなココアのおっぱいからは母乳がにじみ出てきて授乳まで始めた。

織姫と彦星

そしてさらに驚くことに、あんなに猫嫌いだったココアが、突然白猫マフィンと恋人のように仲良くなったそう。

マフィンとココア、織姫と彦星。いつしか4匹は本当の親子のように仲睦まじくじゃれあうように。

「こんな幸せがやってくるなんて想像もしていませんでした。。。実は織姫と彦星の本当のパパママもキジトラと白猫なんです。」

本当のパパママそっくりな先住猫たちが子育てを始めるという予想外の展開に、ゆっきさんは驚きと嬉しさでいっぱいだった。

家族みんなを笑顔にしてくれる

家族みんなの人気者の織姫&彦星。

「今年、高校を卒業し寮に入った次男が、子猫たちに会いたい!と自宅によく遊びに来てくれるんです。にぎやかな家族に囲まれて本当に楽しく過ごせていますね。織姫と彦星もとても幸せそうで表情も柔らかくなってきて…2匹がいるとみんな笑顔になれるんです。」

織姫と彦星

ゆっきさんのお家に起こった小さな奇跡。

織姫と彦星には、今溢れるほどの愛情を注いでくれる「パパママ」がそばにいる。これからも変わらずずっと。

みんなみんな大事な家族。これからもゆっきさん家族全員がずっと笑顔でいられることを心から願って。

なないろ猫物語 エピソード一覧

猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 編集&ライター

保護猫団体の活動を仔細にお届けする「保護猫のわ」・飼い主さんと猫との幸せエピソードをお届けする「なないろ猫物語」の編集担当。

猫を通して「人」の姿にフォーカスした記事をお届けする猫メンタリーライターとして 猫好きシンガーソングライター・嘉門タツオさんへのインタビューをはじめ、街の看板猫、猫カフェ、猫が住める住宅からキャットフードメーカー、ペット防災の専門家、猫雑貨店、猫をモチーフした漫画家さん、年間3000件ものTNRの不妊手術を行っている獣医に至るまで、半年間で約40名以上の猫と関わる方々に幅広く取材を重ねる。