アゼット キャットフードの原材料・評判・安全性を徹底調査

2019-01-03

猫ねこさん

アゼット キャットフードの原材料・評判・安全性を徹底調査

猫ねこさん
アゼット「スーパープレミアム」は、安価ながら鶏・白身魚・卵など多くの動物性食材を使ったキャットフード。動物性たんぱくだけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養もしっかりとれる嬉しいフードですよぉ。
猫ねこ部編集室 ディレクター 木原優子
【監修】ペットフード販売士
猫ねこ部編集室 ディレクター

木原優子

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

メーカーから全国のブリーダーや専門店に直接卸売販売をしている「アゼット(AZ)」のペットフード。
ドッグフードがメインですが、キャットフードの販売も行っています。

今回は、「安価ながら動物性食材を豊富に配合」したアゼット キャットフード「スーパープレミアム」についてご紹介します!

基本情報と特徴

az

アゼット-グラフ

  • 安価ながら動物性食材を豊富に配合
価格 3,507円/3kg(1kgあたり約1,169円
原産国 タイ
第一原料 ライス
主な成分 粗たんぱく質:30.00%以上
粗脂肪:17.00%以上
粗繊維:4.00%以下
エネルギー:393.0kcal/100g
穀物類 ライス
酸化防止剤 ビタミンE、ビタミンC
ミール、副産物など ホワイトフィッシュミール、鶏肉ミール、コーングルテンミール、ミートボーンミール、サンフラワーミール
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース あり
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヵ月目安
販売元 アゼットジャパン株式会社

原材料と成分

ライス、肉類(鶏肉ミール、ホワイトフィッシュミール、ミートボーンミール)、ベジタブルオイル、コーングルテンミール、ツナオイル、鶏脂、タウリン、サンフラワーオイル、セルロース、製造酵母、エッグヨーク(鶏卵パウダー)、レシチン、月見草オイル(イープニングプリムローズオイル)、オリゴ糖、ビタミン・ミネラル類(塩化コリン、亜鉛、鉄、ナイアシン、銅、マンガン、パントテン酸、ヨウ素、ビタミン(B6、B12)、葉酸、ビオチン、セレイウム)、アスコルビン酸(ビタミンC)、トロフェロール(ビタミンE)

粗たんぱく質 30.0%以上
粗脂肪 17.0%以上
粗繊維 4.0%以下
粗灰分 8.0%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 1.0%以上
リン 0.8%以上
ビタミンA 20,000IU/kg以上
ビタミンD 1,500IU/kg以上
ビタミンE 350mg/kg以上
ビタミンC 175mg/kg以上
ビタミンB1 20mg/kg以上
ビタミンB2 9mg/kg以上
タウリン 2,000mg/kg以上

安価ながら動物性食材を豊富に配合

アゼット「スーパープレミアム」は、安価なわりに動物性食材を多く配合したキャットフードです。

主原料が穀物の低価格帯フードではありますが、鶏肉・白身魚・卵など動物性食材を多く配合しているため、猫に必要な動物性たんぱく質をしっかりとることができます。

また、ベジタブルオイル、ツナオイル、月見草オイル、鶏脂、サンフラワーオイルなど複数の油脂をブレンド。
猫の必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸(r-リノレン酸)やオメガ6脂肪酸も摂取できます。

さらに、オリゴ糖を加えることで腸内環境の健康をサポート、お腹に優しいフードと言えます。

肉類を豊富に使用してはいますが、そのうちのひとつ、ミートボーンミールは危険部位が含まれる可能性が高い食材と言われています。
愛猫の健康を考えると、新鮮で高品質な肉類を使用している方が嬉しいですね。

猫ねこさん
鶏、白身魚、卵などいろいろな動物性食材をとりいれることで、たんぱく質だけでなくビタミンやミネラルなどもしっかりとることができるフードですよぉ。ただ、ミートボーンミールを使っているのはちょっと不安材料です。。。
ミートボーンミール。。。ミートミールに骨を加えたものですよね。危険性のある食材が入っているのはいただけませんっ。
クロベエ

ミートボーンミール使用・穀物アレルギーの猫は注意・セルロースの配合量不明

ミートボーンミール使用

ミートボーンミールは、ミートミールに骨を加えたもので、肉骨粉とも言われています。
ミートミールはAAFCO(※1)の定義では、種類が限定されていないさまざまな哺乳動物をレンダリング(※2)した乾燥肉です。
ただし血液・毛・蹄・角・皮・糞尿・胃・第一胃の内容物は除きます。

日本では、脳、脊髄、背根神経節を含む脊柱、回腸遠位部、眼球、扁桃が狂牛病の特定危険部位とされています。
ミートボーンミールはそれらの危険部位が含まれる可能性が高いため、牛由来のミートボーンミールの使用が制限されています。

※1 AAFCO・・・米国飼料検査官協会
※2 レンダリング・・・脂肪を溶かして油脂を抽出する

トウモロコシを多く含む

トウモロコシが多く配合されているので、穀物アレルギーのある猫は注意が必要です。

セルロースの配合量不明

セルロースには、水を含むと膨らむ性質から肥満を防ぐ役割や、腸内をきれいにする役割があります。
ただその一方で、体内で分解することができず内臓や消化器官に負担をかけてしまうこともあるため、セルロースの配合量が分からないのはやや不安が残ります。

生産者情報

アゼットを製造しているのは、日本のメーカー「アゼットジャパン株式会社」です。
全国のプロフェショナルブリーダーや専門店にのみ直接卸売販売を行っているため、ホームセンターやスーパーなどではあまり見かけることのないフードです。

アゼットとは「A犬種~Z犬種まで」という意味。
ドッグフードが原因で皮膚炎やアレルギーを発症する犬が増えていた1990年代、大切な愛犬がいつまでも元気に暮らせるよう開発されたのが「アゼット・プロフェショナルドッグフード」でした。

コンセプトとして掲げているのが「安全・健康・おいしい」食事。
エトキシキン、BHA、BHT、着色料を一切使用していないのは、安全性への取り組みのひとつです。
健康に良い成分を使用した「サプリ系フード」という考え方で、フードには「月見草オイル」「タウリン」「オリゴ糖」を配合。
また、油脂類にはオメガ3脂肪酸の豊富な「ツナオイル」、オメガ6脂肪酸の豊富な「ひまわり油」を使用しています。
フードの形を円盤型にすることで一粒一粒の表面積が増え、愛猫がにおいを嗅ぐ面積が広がるため、食いつきも期待できます。

製造工場は、以下のような国際認証を取得しており、品質に徹底的にこだわる姿勢も伺えます。

  • HACCP(ハサップ)(危険分析及び重要管理事項)・・・食品の製造工程における品質管理システム
  • GMP・・・薬事法に基づき厚生労働大臣が定めた、医薬品等の品質管理基準。Good Manufacturing Practiceの略。
  • BRC Global Standards・・・英国小売業協会が発行している食品安全規格
  • ISO9001:2008・・・品質マネジメントシステムに関する国際規格
  • ISO14001:2004・・・環境マネジメントシステムに関する国際規格
  • ISO/IEC17025:2005・・・試験所及び校正機関の技術能力に関する国際標準規格

リコール情報

販売開始以降、リコール情報は確認されていません。