キャスター&ポラックスの原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

2018-07-10

猫ねこさん

保管方法

人工保存料が一切含まれていないので、いったん封をきってしまうと酸化して風味や栄養価が落ちてしまいます。

そのため、開封後は必ず密封してなるべく空気に触れないようにし、早めに使い切りましょう。

また、保管場所にも注意が必要です。いくら密封していても、日当たりが良く高温になる場所やじめじめした場所に置いておくと、酸化が進んでしまいます。

キャットフードは以下のような場所で保存するようにしましょう。カビなどの原因となるため、くれぐれも冷蔵庫で保存しないよう注意してくださいね。

  • 温度変化が少ない
  • 風通しがよく湿度が高くない
  • 直射日光が当たらない

キャットフードの保管方法・保管場所について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

愛猫家必見!キャットフードの正しい保存方法
キャットフードは正しく保存しないと味や風味が落ちてしまうんですよぉ。ドライフードもウェットフードも開封前は、冷暗所で保存...
キャットフードを冷蔵庫で保存してはいけない理由と正しい保存場所
ドライフードは冷蔵保存じゃなく常温保存が基本ですよぉ。冷蔵庫は扉の開け閉めのときに温度差でカビが生えやすくなるのでNG。開...

評判・口コミ

では、「オーガニクス グレインフリー チキン&スイートポテト」をあげた人の口コミを見ていきましょう。

良い評判・口コミ

まずは良い評判・口コミを見てみましょう。

1歳と8か月の男の子です オーガニックスグレインフリーでとても安心してあげることが出来ます お腹が少し弱い子がいますが これは緩くなる事もなくいい状態が保たれます サラッとした粒で匂いもきつくなく うちの子達の食べっぷりはいいですね いつも商品の発送も早くて 今回おまけも沢山頂きおやつなどは次回での購入にとても参考になります これからもよろしくお願い致します

引用:楽天


普通のペットショップでは、取り扱いが少ないので、ネットで買えるのは嬉しいです。
乳酸菌が多いみたいで、お腹の調子も良いみたいです。
オマケもありがとうございました(^^)
また、リピします

引用:楽天

ついに穀物アレルギーが出てしまったにゃんへ購入しました。もともとケミカルアレルギー気味でもあるため、以前は同メーカーの穀物入りをあげており、クオリティの高さは感じておりました。食べられるドライフードが限られる中、安心出来るこちらのごはんは大変ありがたいです。小さめギブルで食べやすそう。

引用:楽天

多かったのは「食いつきが良い」という口コミです。

人工香料や着色料を使っていないので、フードのにおいは素材の香りそのもの!
農薬や化学肥料を使わず伸び伸びと育ったオーガニックチキンが主原料なので良質なたんぱく質が豊富で、味や風味が好みにあっている猫が多いのでしょう。

悪い評判・口コミ

続いて悪い評判・口コミを見てみましょう。



ネット通販がメインで「近所で買えない」という声が目立ちました。ほかには「食いつきが悪い」という声も。

オーガニクスは、本場アメリカでさえ、普通のペットショップにはなく、オーガニック専門ショップで取り扱われています。品質は抜群なので、今後もっと買いやすくなると良いですが、なるべくまとめ買いしておくと良いかもしれませんね。

また、なかにはあまり食べてくれない猫もいるようで、、、。ただ、人間でも好みがあるように猫にも好みがありますよね!

魚好きの猫にいくらお肉味のものをあげても見向きもしてくれないでしょう。

ただ、与え方を間違って食いつきが悪くなっていることもあるので、その点には注意!与える時は必ず今のフードに少しずつ混ぜて量を増やしていくのがポイントですよ。

いきなりフードを切り替えると猫も警戒するので、徐々に慣らしていきましょうね。

キャットフードを切り替える時の注意点
キャットフードの切り替えは私達の体には負担大。健康上の問題、フードの問題が出てきたときに切り替えるようにしましょう~。食...

よくある質問

ここでは、「オーガニクス グレインフリー チキン&スイートポテト」に関するよくある質問をまとめています。

いくつかの種類のフードと混ぜたり、交互に与えても大丈夫ですか?

それだけで猫に必要な栄養のとれる総合栄養食なので、基本的には1種類のフードを与えることをおすすめします。交互に与える場合は体への負担を考え、2~3ヶ月に1回の頻度で切り替えるようにしましょう。

キャットフードのローテーションについて詳しくは以下のリンクをご覧ください。

キャットフードをローテーションする時に絶対知っておくべき6つのこと
ローテーションは必ずしなきゃいけないものではないんですよぉ。頻繁に切り替えると体に負担がかかりますし、栄養バランスが崩れ...
犬と猫に同じフードを与えても大丈夫ですか?

キャスター&ポラックスはドッグフードでも有名なプランドですが、犬と猫では必要な栄養素が違うため、犬にはドッグフード・猫にはキャットフードを与えましょう。

猫はタウリンやナイアシンなどの栄養素を体内で作り出すことができないため、キャットフードでこれらの成分を補っています。ドッグフードにはこれらの栄養素が含まれていないため、猫がドッグフードばかり食べていると栄養不足になってしまいます。また、キャットフードはドッグフードよりも味が濃い目に作られており、たんぱく質も多く含まれているため、犬にキャットフードを与えると内臓に負担をかけてしまいます。

療法食として使えますか?

療法食ではありません。特定の疾患を患っている場合には、必ず獣医の診断のもと、指示に従ってキャットフードを与えるようにしてください。

副産物は含まれていますか?

副産物は含まれていません。主原料には新鮮な有機鶏肉を使用しています。

軟便の猫に与えても大丈夫ですか?

猫の消化しづらい穀物を一切使っておらず、有胞子性乳酸菌乾燥発酵品を使っているため、お腹に優しく消化不良を起こしにくいキャットフードだと言えます。

どんなふうにフードを切り替えれば良いですか?

現在使っているフードから切り替えるときは、いつものフードに少しづつ混ぜていき、10日間ほどかけてゆっくり慣らしていきましょう。

フードの切り替え方の目安は以下の通りです。

  従来のフード  オーガニクス
1日目 90% 10%
2日目 80% 20%
3日目 70% 30%
4日目 60% 40%
5日目 50% 50%
6日目 40% 60%
7日目 30% 70%
8日目 20% 80%
9日目 10% 90%
10日目 0% 100%
1日どれくらいの量をあげれば良いですか?

以下の表は体重に応じた1日の給餌量の目安です。

あくまでも目安なので、猫の種類や運動量、食欲にあわせて調整してくださいね。また、フードを与える際には、清潔で新鮮な飲み水も一緒にあげましょう。

体重 給餌量
~2kg ~50g
~4.5kg ~100g
~6.8kg ~150g
以降1kgごとに 10g追加
子猫にも与えられますか?

子猫~高齢猫まで全年齢対応のキャットフードなので、年齢を問わず与えることができます。

成長期の子猫に必要な動物性たんぱく質が豊富で、消化しづらい穀物も含まれていないので、子猫にぴったりのフードです。

月齢が低いうちは1度に食べられる量が少ないため、1日の食事回数を3~5回と増やしてあげるのがポイントです。

1回の給餌量は成猫の倍量が基本です。以下の表は、体重に応じた1日の給餌量の目安です。あくまでも目安なので、猫の種類や運動量、食欲にあわせて調整してくださいね。

体重 給餌量
~2kg ~100g
~4.5kg ~200g
~6.8kg ~300g
シニア猫に与えても大丈夫ですか?

全年齢対応のキャットフードなので、シニア猫にも与えられますが、注意したいのは与える量です。高齢になると運動量が減るため、成猫期と同じ量を与えていると肥満になる可能性があります。まずは、体調や体型などをしっかり観察して、体重や運動量が明らかに減ったと感じたら量を調整してあげましょう。

消化器官が衰えてくるシニア猫でもしっかり消化できるよう、1回の給餌量を減らし、1日の食事回数を増やすのもおすすめです。運動不足にならないよう、飼い主さんが積極的に遊びにつきあってあげるのも大切です。

価格

「オーガニクス グレインフリー チキン&スイートポテト」には以下の容量のパッケージがあり、価格は販売サイトによって異なります。

  • 1.3kg

まとめ

猫ねこさん
それにしてもオーガニック食材95%以上にはびっくりしましたねぇ。
すごいですよね!ぼく、オーガニックってなんとなく体に良さそうってイメージしかなかったんですけど、こんなにいろいろ基準があるなんて知りませんでした。
クロベエ
猫ねこさん
ンフフ、認証機関は他にもいろいろありますが、USDAは特に厳しいみたいですからねぇ。それをクリアしてるということは相当な優等生ですよぉ。
優等生!あぁ、、、ぼくには縁遠いことば、、、
クロベエ
猫ねこさん
ンフフ、クロベエくんにはクロベエくんの個性がありますからねぇ。お値段は高めですけど、そのぶん品質はバッチリですよぉ。
  • 原材料の95%がUSDAオーガニック食材
  • 農薬や化学肥料を使わず育ったオーガニックチキンが主原料
  • ビタミンB群・食物繊維・ミネラル・オメガ3脂肪酸も豊富
  • 成長ホルモン、抗生物質が入っていない
  • 生きたまま腸に届く有胞子性乳酸菌配合
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター