とり

とり

ネイチャーズバラエティ「インスティンクト オリジナル チキン」の悪い評判・安全性を調査

公開日:

口コミ・評判

とり

とり

猫ねこさん

ネイチャーズバラエティ「インスティンクト オリジナル チキン」の悪い評判・安全性を調査

猫ねこさん
ネイチャーズバラエティの「インスティンクト オリジナル チキン」は、フリーズドライ生肉を粒にコーティングしているグレインフリーフード。熱で失われてしまう酵素やビタミンをしっかり吸収できますよぉ。

生肉とドライフードを組み合わせたフリーズドライフードの先駆者、ネイチャーズバラエティ。
ネイチャーズバラエティのキャットフードには、以下の5種類があります。

・インスティンクト オリジナル キャット 
・インスティンクト ロウブースト インドアヘルス キャット
・インスティンクト LID 「成分限定食」キャット
・インスティンクト ロウマーケット
・プライド バイ インスティンクト

今回は「フリーズドライ生肉を粒にコーティング」したインスティンクト オリジナル キャットについてご紹介します。

基本情報と特徴

ネイチャーズバラエティ

ネイチャーズバラエティ-グラフ

  • フリーズドライ生肉を粒にコーティング
  • 内臓類も含んだ動物性食材が81%
  • ミネラル豊富なモンモリロナイト配合、プロバイオティクス配合で腸内環境をサポート
価格 2,750円/1kg(1kgあたり約2,750円
原産国 アメリカ
第一原料 チキン
主な成分 粗たんぱく質:43.00%以上
粗脂肪:19.50%以上
粗繊維:3.00%以下
エネルギー:415kcal/100g
穀物類 グレインフリー
酸化防止剤 ビタミンE
ミール、副産物など チキンミール、ターキーミール、メンハーデン魚ミール
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 なし
セルロース なし
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヶ月目安
販売元 株式会社プラン・ドゥ

原材料と成分

チキン、チキンミール、ターキーミール、メンハーデン魚ミール、エンドウマメ、鶏脂肪(クエン酸、混合トコフェロールで酸化防止)、タピオカ、ナチュラルフレーバー、乾燥トマト、白身魚(シロガネダラ、カレイ、メバル)、塩、ビタミン(ビタミンE、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩、ナイアシン、硝酸チアミン、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンA、リボフラビン、メナジオン亜硫酸水素ナトリウム、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、葉酸、ビタミンD3、ビオチン)、モンモリロナイト、ニンジン、リンゴ、クランベリー、塩化コリン、塩化カリウム、ミネラル(亜鉛蛋白、鉄蛋白、銅蛋白、マンガン蛋白、亜セレン酸ナトリウム、エチレンジアミン)、フリーズドライチキン、DL-メチオニン、タウリン、フリーズドライチキンレバー、カボチャの種、フリーズドライチキンハート、有胞子性乳酸菌発酵物、ローズマリーエキス

粗たんぱく質 43.0%以上
粗脂肪 19.5%以上
粗繊維 3.00%以下
水分 9.00%以下
カルシウム 3.4%
ナトリウム 0.9%
リン 2.1%
カリウム 0.7%
マグネシウム 0.1%

フリーズドライ生肉を粒にコーティングした高たんぱくグレインフリー

ペットフード業界初!フリーズドライ生肉を粒にコーティングしたキャットフードです。

一般的なフードの製造過程では、高温加工によって熱に弱いビタミンや天然酵素は失われてしまいます。
しかし、フリーズドライでは凍っている状態で水分だけを取り除くので、栄養素が壊れず、消化機能・肌や毛艶の健康にも配慮されています。

主原料にはチキン、ターキー、メンハーデン魚などを使用。
動物性食材だけで81%を占める高たんぱくフードは、成長期の子猫や妊娠・授乳期の猫にもオススメです。

原材料にチキンミール、ターキーミールなどが使われていますが、これは原材料の「食べられる部位のみ」を乾燥させた「粉末肉」のことです。
副産物は一切不使用と公式サイトでも公開されており、安全性には問題ないでしょう。

注目したい原材料のひとつがモンモリロナイト。
モンモリロナイトとは海底に沈んだ火山灰が、数千万年もの年月をかけて海水と混ざりあってできた粘土鉱物です。
海のミネラルたっぷりのモンモリロナイトには、放射性物質を吸着して体外に排出してくれるという驚きの効果も!
ミネラル不足に陥りやすい宇宙飛行士も取り入れているので、食べても問題ありません。

また、消化吸収を促すプロバイオティクス(有胞子性乳酸菌発酵物)配合なので、胃腸の健康もしっかりサポートしてくれます。

※副産物とは・・・哺乳動物の毛・角・歯・蹄・肉を除いた部位(内臓や骨を含む)
副産物について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

 

猫ねこさん
フリーズドライ生肉は、熱を加えずに水分だけを取り除くので、熱に弱い栄養が壊れないんですよぉ。普通のフードでは壊れてしまいがちなビタミンや酵素がしっかり残っているのは嬉しいですねぇ。
フリーズドライを粒にコーティングってすごい技術ですね。さすがはフリーズドライのパイオニア!それとモンモリロナイト、、、この前少し勉強したんですけど、そんな原材料も使っているなんてスバラシイですっ。
クロベエ

過去にリコール4回、高たんぱく・高脂肪なので肥満気味の猫は注意

気になるのは過去に海外でのリコールが4回も起きていること。
いずれもドッグフードのリコールです。
2013年以降リコール情報はありませんが、安全性を考えるとやや不安が残ります。

また、たんぱく質43%以上、脂質19.5%以上と非常にパワフルなフードですので、運動量の多い子猫や成猫にはぴったりですが、室内飼いの猫、肥満気味の猫に与える際には量に注意しましょう。

生産者情報

製造しているのは、アメリカのセントルイスを拠点に、2000年に設立されたペットフード会社「ネイチャーズバラエティ社」
もともとは、提携動物園のライオンやトラなどに、生の新鮮な食肉を提供していた会社です。

「ペットにとって理想的なペットフード」の研究開発を進めるなかで誕生したのが「インスティンクトシリーズ」。
穀物不使用、動物性原材料70%以上、フリーズドライ製法が特徴のフードです。

現在では、生肉を使ったペットフードのリーディングカンパニーとして位置づけられるまでに成長し、世界の約20カ国で販売されています。

”empower people to transform the lives of pets(人々にペットの生活を豊かにする力を)”
という理念のもと、新鮮で自然の原材料を使用し、多くの愛犬・愛猫にとって最高の栄養を届けるべくフードを製造しています。

ネイチャーズバラエティの製品は、すべての犬、猫種、年齢に対応したオールブリードフードであるのも特徴です。

リコール情報

過去に4回、海外でのリコールがあります。

  • 2008年2月 健康被害の報告
  • 2009年6月 自社の品質規格を満たしていない
  • 2010年3月 サルモネラ菌汚染
  • 2013年2月 プラスチック片の混入

また、日本でも2008年8月、フードから異臭がするという報告を受けリコールとなっています。

ネブラスカ州にUSDA認定の自社工場を設け、第三者監査人によるモニタリングも受けており、2013年以降はリコール情報はありません。
しかし、過去のリコール回数の多さは安全性を考えると気になるところです。

保管方法

開封後は必ず密封してなるべく空気に触れないようにし、早めに使い切りましょう。

また、保管場所にも注意が必要です。いくら密封していても、日当たりが良く高温になる場所やじめじめした場所に置いておくと、酸化が進んでしまいます。

キャットフードは以下のような場所で保存するようにしましょう。カビなどの原因となるため、くれぐれも冷蔵庫で保存しないよう注意してくださいね。

  • 温度変化が少ない
  • 風通しがよく湿度が高くない
  • 直射日光が当たらない

また、開封後は空気に触れないよう密封し、1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

キャットフードの保管方法・保管場所について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

愛猫家必見!キャットフードの正しい保存方法
キャットフードは正しく保存しないと味や風味が落ちてしまうんですよぉ。ドライフードもウェットフードも開封前は、冷暗所で保存...
キャットフードを冷蔵庫で保存してはいけない理由と正しい保存場所
ドライフードは冷蔵保存じゃなく常温保存が基本ですよぉ。冷蔵庫は扉の開け閉めのときに温度差でカビが生えやすくなるのでNG。開...

評判・口コミ

では、「インスティンクト オリジナル キャット」をあげた人の口コミを見ていきましょう。

良い評判・口コミ

まずは良い評判・口コミを見てみましょう。

好き嫌い激しい猫で食が細いのが悩みでしたが、こちらのフードはガツガツ食べました
うんちも健康な形でよいです。少量を試せるのは良いですね。
定番ご飯にします。

引用:楽天

安いカリカリには一番含まれている穀物が不使用となっています。
粒は楕円形、大きい直径は約1cm、平たい楕円形。形は不揃いですが1種類です。
全年齢、全猫種対応なので、どんな猫にも与えることが出来るのは便利です。
変なニオイはせず、一般的な猫のカリカリにニオイと変わりません。

引用:amazon

ドライフードは多種多様に売られているけどこのキャットフードはフリーズドライタイプ。
熱による加工がされていないので栄養素が多く含まれているようだ。とはいえ目に見えるものではないので長期使用で効果が感じられるだろう。目に見える効果としては消化機能だろう。緩過ぎずとても良い便が出た。アレルギーにも大変気を使われており余計な成分は使わずこだわりの原料が使われている事に好感を覚える。やはり安心して与えられることが大事だと思う。 味も良いようで喜んで食べてくれた。

引用:amazon

うちの、ノルウェージャンの子は、1歳ちかくまで、コロナ、トリコモナスで下痢、血便でした。
大学病院まで行きましたが、治療、投薬で治らず結果、炭水化物不耐性。
グルテン不耐性でした。
今、現在コロコロウンチで食べられるドライFOODはこの、ネイチャーズバラエティと、K9だけです。
ジャガイモや、さつまいもにも反応するので、なかなか食べられるドライFOODないのが現状です。
安価に上げるためと、繋ぎの目的でコーン、グルテンなど、沢山入ってるのが今のFOOD界ですが、もっと各メーカーさんでも不耐性に適応した、グルテンも、グレインもフリーFOODを出して頂きたいです!

引用:楽天

質が良くて生肉に近いもの、なおかつ時間劣化が生肉ほど激しくないもの。
と良いとこどりなフードです。
食いつきも良いので、安心して与えられます。

引用:楽天

最も多かったのは「食いつきが良い」という声。そのほか、「全年齢対象で多頭飼いでも安心」「下痢や軟便がおさまった」などの声も。

まずは食いつきに関して。
動物性原材料だけで81%と高たんぱくで、かつ素材のもつ栄養をそのまま残したフリーズドライ生肉を粒にコーティングしてあるので、喜んで食いつく猫が多いようです。

また「全年齢対応で多頭飼いでも安心」という声も目立ちました。
多頭飼いのおうちでは「餌の横取り」が頻繁に起きて、食事管理が大変ですよね。
全年齢対応なので、いろんな年齢の猫が同居している家庭でも安心して与えられます。
口コミのように、離乳期の子猫にも与えられるのもとても便利ですね。

「下痢や軟便がおさまった」という声も目立ちました。
独自の製法で消化をサポートする酵素が壊れないので、お腹の弱い猫にも好評のようです。
腸内環境を整えるプロバイオティクスを配合している点も嬉しいですね。

悪い評判・口コミ

続いて悪い評判・口コミを見てみましょう。

食べっぷり悪いです。缶詰に混ぜても微妙なところですね。
バランスよく成分が配合されているので食べてくれたらよかったんですが・・・。
うちの猫には合わなかったようです。
残念ですが今まで与えていたキャットフードに戻ることになりそうです。

引用:amazon

ビーフ、チキン大好きの猫だから喜ぶと思ったが違った。
「基本的に猫は肉食の動物であることから、フリーズドライ生肉をコーティングすることにより…」という宣伝文句はうちの猫には通じなかった。
うちの猫がお気に入りの「懐石シリーズ」は1㎏換算で700~800円だが、この商品はその4倍前後もする高級品だ。
サンプルなどで試せないなら冒険覚悟で!

引用:amazon

成分の中に""とあったのが気になりました。
実際になめてみてもしょっぱいほどではなかったですが添加されていると心配です。
ですので、お試しで終わりにしようと思います。

引用:楽天

多かったのは、「食べてくれない」という声。また、「値段が高い」「塩が入っているのが心配」などの口コミも。

「食べてくれない」という声ですが、猫にも好みの食感や味がありますからなかには食いつきの悪い猫もいるでしょう。
ただ、与え方を間違って食いつきが悪くなっていることもあるので、その点には注意!
与える時は必ず今のフードに少しずつ混ぜて量を増やしていくのがポイントです。

「値段が高い」という声ですが、1kgあたり約2,750円とグレインフリーとしては標準的な値段です。
ただ、穀物入りのフードと比べると高く感じるかもしれませんね。
主食にするのは難しい場合は、まずはローテーションのひとつに加えてみるのもオススメです。

また、原材料に含まれる「塩」ですが、猫にとって塩分は必要不可欠な成分です。
過剰に摂取するのはもちろん良くありませんが、猫には取りすぎた塩分を排出する機能も備わっています。
ネイチャーズバラエティに含まれているのは健康を維持するのに最低限必要な塩分です。

キャットフードを切り替える時の注意点
キャットフードの切り替えは私達の体には負担大。健康上の問題、フードの問題が出てきたときに切り替えるようにしましょう~。食...
キャットフードをローテーションする時に絶対知っておくべき6つのこと
ローテーションは必ずしなきゃいけないものではないんですよぉ。頻繁に切り替えると体に負担がかかりますし、栄養バランスが崩れ...
猫が塩分をとりすぎないようにする3つの方法
私達にとって塩分は必要な成分ですが、取りすぎは病気のもとなので禁物ですよぉ。人間の食べ物や猫用おやつを与えすぎるのはダメ...

よくある質問

ここでは、「インスティンクト オリジナル キャット」に関するよくある質問をまとめています。

犬と猫に同じフードを与えても大丈夫ですか?

ネイチャーズバラエティはドッグフードでも有名なプランドですが、犬と猫では必要な栄養素が違うため、犬にはドッグフード・猫にはキャットフードを与えましょう。

猫はタウリンやナイアシンなどの栄養素を体内で作り出すことができないため、キャットフードでこれらの成分を補っています。ドッグフードにはこれらの栄養素が含まれていないため、猫がドッグフードばかり食べていると栄養不足になってしまいます。また、キャットフードはドッグフードよりも味が濃い目に作られており、たんぱく質も多く含まれているため、犬にキャットフードを与えると内臓に負担をかけてしまいます。

療法食として使えますか?

療法食ではありません。特定の疾患を患っている場合には、必ず<獣医の診断のもと、指示に従ってキャットフードを与えるようにしてください。

副産物は含まれていますか?

副産物は含まれていません。主原材料には新鮮なチキンを使用しています。

軟便の猫に与えても大丈夫ですか?

穀物は一切使っておらず、消化を促すプロバイオティクスを配合しているため、消化不良を起こしにくいキャットフードだと言えます。

どんなふうにフードを切り替えれば良いですか?

現在使っているフードから切り替えるときは、いつものフードに少しづつ混ぜていき、10日間ほどかけてゆっくり慣らしていきましょう。

フードの切り替え方の目安は以下の通りです。

  従来のフード インスティンクト オリジナル キャット
1日目 90% 10%
2日目 80% 20%
3日目 70% 30%
4日目 60% 40%
5日目 50% 50%
6日目 40% 60%
7日目 30% 70%
8日目 20% 80%
9日目 10% 90%
10日目 0% 100%
1日どれくらいの量をあげれば良いですか?水はどれくらい必要ですか?

以下の表は体重に応じた1日の給餌量の目安です。

あくまでも目安なので、猫の種類や運動量、食欲にあわせて調整してくださいね。また、フードを与える際には、清潔で新鮮な飲み水も一緒にあげましょう。

体重(kg) 給餌量(g)
1.0~2.0 17~27
3.0~4.0 35~43
5.0~6.0 50~56
7.0~8.0 62~68
子猫にも与えられますか?

子猫~高齢猫まで全年齢対応のキャットフードなので、年齢を問わず与えることができます。

成長期の子猫に必要な動物性たんぱく質が豊富で、消化しづらい穀物も含まれていないので、子猫にぴったりのフードです。

月齢が低いうちは1度に食べられる量が少ないため、1日の食事回数を3~5回と増やしてあげるのがポイントです。

シニアに与えても大丈夫ですか?

全年齢対応のキャットフードなので、シニア猫にも与えられますが、注意したいのは与える量です。高齢になると運動量が減るため、成猫期と同じ量を与えていると肥満になる可能性があります。まずは、体調や体型などをしっかり観察して、体重や運動量が明らかに減ったと感じたら量を調整してあげましょう。

消化器官が衰えてくるシニア猫でもしっかり消化できるよう、1回の給餌量を減らし、1日の食事回数を増やすのもおすすめです。運動不足にならないよう、飼い主さんが積極的に遊びにつきあってあげるのも大切です。

価格

「インスティンクト オリジナル キャット」には以下のパッケージがあり、価格は販売サイトによって異なります。

  • 1kg

まとめ

猫ねこさん
ネイチャーズバラエティの「インスティンクト オリジナル チキン」。クロベエくん、どうでしたかぁ?
栄養が壊れないフリーズドライ生肉、とっても魅力的です!一粒一粒にコーティングしてあるなんて、とっても美味しそう~。
クロベエ
猫ねこさん
他にはないネイチャーズバラエティ独自の技術ですから、これはとってもポイント高いですよねぇ。
お肉やお魚たっぷりだし、ぼくみたいな走りっぱなしの子猫にぴったりかも。
ただ、リコールが多いのがちょっと不安です。。。
クロベエ
猫ねこさん
リコールはやっぱり気になりますよねぇ、、、。猫の健康にもかかわることですし。せっかくユニークな技術を持っているので、今後の安全性には期待したいですねぇ。
  • フリーズドライ生肉を粒にコーティング
  • 内臓類も含んだ動物性食材81%使用
  • ミネラル豊富なモンモリロナイト配合
  • プロバイオティクス配合で腸内環境をサポート
  • 過去にリコール4回
  • 高たんぱくなので肥満気味の猫は注意
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.