とり

とり

ナチュラリーフレッシュ キャットフード「チキン&ダック」の悪い評判・安全性を調査

公開日:

口コミ・評判

とり

とり

猫ねこさん

ナチュラリーフレッシュ キャットフード「チキン&ダック」の悪い評判・安全性を調査

猫ねこさん
ナチュラリーフレッシュの「チキン&ダック」は、品質管理に徹底的にこだわったキャットフード。工場直送のカナダ産新鮮素材、古代穀物キヌア、ハトムギ、トウジンビエなど、素材そのものの力を活かしているのが特徴ですよぉ。

ナチュラリーフレッシュは、素材になるべく手を加えることなくまるごと頂く「ホールフード※」をコンセプトとしているキャットフードです。

今回は「世界的な基準を取り入れた品質管理体制」「工場直送のカナダ産新鮮素材&栄養満点の古代穀物」が特徴の「チキン&ダック」についてご紹介します。

※ホールフードとは・・・「素材そのものの力や栄養になるべく手を加えず、本来の姿のまま頂こう」という考え方

基本情報と特徴

ナチュラリーフレッシュ

ナチュラリーフレッシュ-グラフ

  • 製造から輸送まで品質管理を徹底!HACCP認定、CFIAのA判定
  • 工場直送のカナダ産新鮮素材を使用
  • 栄養価の高い古代穀物(キヌア・ハトムギ・トウジンビエ)を使用
価格 2,592円/1kg(1kgあたり約2,592円
原産国 カナダ
第一原料 骨抜き鶏肉
主な成分 粗たんぱく質:30.00%以上
粗脂肪:19.00%以上
粗繊維:2.50%以下
エネルギー:392kcal/100g
穀物類 ハトムギ、トウジンビエ、キヌア
酸化防止剤 天然由来
ミール、副産物など なし
人工酸化防止剤 なし
香料・着色料 天然香味料
セルロース なし
賞味期限 未開封:パッケージに記載
開封後:1ヶ月目安
販売元 株式会社R2

原材料と成分

骨抜き鶏肉、乾燥全卵、白インゲンマメ、エンドウ豆、エンドウ豆たんぱく、ハトムギ、鶏脂肪(ミックストコフェロールで保存)、亜麻仁、天然香味料、骨抜き鴨肉、ニシンオイル、トウジンビエ、炭酸カルシウム、二リン酸カルシウム、キヌア、ビタミン類[塩化コリン、ビタミンEサプリメント(保存料)、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸(酸化防止剤)、ナイアシン、ベータカロチン(酸化防止剤)、ビタミンAサプリメント、硝酸チアミン、D-パントテン酸カルシウム、塩化ピリドキシン、リボフラビン、ビオチン、ビタミンB12サプリメント、ビタミンD3サプリメント、葉酸]、ミネラル類[硫酸鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム、亜鉛タンパク化合物、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、鉄タンパク化合物]、硫酸カルシウム、塩化ナトリウム、DL-メチオニン、乾燥チコリ根、酵母エキス(マンナンオリゴ糖の素)、トリポリリン酸ナトリウム、リンゴ、ニンジン、クランベリー、タウリン、ホウレンソウ、サツマイモ、大麦若葉、トマト、乾燥枯草菌発酵産物、乾燥リケニホルミス菌発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィラス発酵産物、乾燥ラクトバチルス・カゼイ発酵産物、乾燥ビフィズス菌発酵産物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥アスペルギルス・オリゼー発酵産物

粗たんぱく質 30.0%以上
粗脂肪 19.0%以上
粗繊維 2.5%以下
粗灰分 7.5%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 0.9%以上
リン 0.7%以上
マグネシウム 0.09%以下
タウリン 0.2%以上
DHA 0.1%以上
オメガ6脂肪酸 3.0%以上
オメガ3脂肪酸 0.6%以上

製造から輸送まで品質管理を徹底!工場直送のカナダ産新鮮素材・栄養価の高い古代穀物使用

ナチュラリーフレッシュ最大の特徴は、徹底した品質管理体制。

工場ではHACCPやISOなどの世界的基準を導入しており、自社独自の監査機関「Nutrace」によって日々品質管理に努めています。
「出荷前にはカナダの第3試験機関で検査」
「輸送中は温度管理を徹底」
「日本へ到着後も第3機関で酸化検査」
など、数々の厳しいチェックをクリアした安全なものだけが、私たちのもとへ届けられるのです。

また、素材そのものの力にこだわるナチュラリーフレッシュの原材料は新鮮さがモットー!
主原料の鶏肉は、すべて近郊の農場から調理するその日の朝工場に運ばれ、その日のうちに調理されています。
野菜や果物も、工場直送の新鮮なものだけを厳選しています。

90℃の低温でじっくり調理することで、素材の栄養が壊れにくいのも特徴のひとつ。
加工後に消化を助けるプロバイオティクス・プレバイオティクスを配合しているため、腸内環境の健康もサポートします。

「素材本来のもつ力を活かす」という考えから、栄養価の高い古代穀物(キヌア・ハトムギ・トウジンビエ)も使用。
これらは昔から改良されることなく、本来の姿のまま栽培されている穀物で、「天然のサプリメント」的な役割として配合されています。

猫ねこさん
品質へのこだわりがひしひしと伝わってくるフードですねぇ。安全性のチェックが随所でされていますし、ここまで徹底されているのはかなりポイント高いですよぉ。
毎日食べるものですから、安全性が高いフードって大事ですよね。原材料も新鮮さにこだわっていますし、栄養が壊れないよう調理法も工夫されていてすばらしいですっ。
クロベエ

豆類が多い、肥満の気になる猫は注意

鶏肉、全卵に次いで多いのが豆類となっています。
配合率が公開されていないのですが、植物性たんぱく質が多く含まれているかもしれません。
猫の必須栄養素は肉や魚などの動物性食材にしか含まれておらず、吸収率からしても動物性たんぱく質が多いほうが好ましいでしょう。

また、脂肪19%以上とやや高カロリーなフードなので、運動量の多い子猫や成猫にはぴったりですが、室内飼いの猫、肥満気味の猫に与える際には量に注意しましょう。

生産者情報

ナチュラリーフレッシュを製造しているのは、カナダのペットフード会社「Nutreco Canada社」。

「最高に美味しいフードを作るにはどうしたらいい?」という疑問からスタートしたナチュラリーフレッシュは、ホールフードをコンセプトとしています。
ホールフードとは、「素材そのものの力や栄養になるべく手を加えず、本来の姿のまま頂こう」という考え方です。

素材の栄養「まるごと」へのこだわりから、原材料は地元産の新鮮なものを厳選し工場へ直送しています。
運送に時間がかからないため、新鮮さが失われることなく、人工保存料なども一切使っていません。

自然の風味づけに、お肉で取ったスープ(ミートブロス)を加えることで食いつきも高めています。

また、素材本来の力に着目したナチュラリーフレッシュは、天然のサプリメントである古代穀物(キヌア・ハトムギ・トウジンビエ)も取り入れています。

そして、品質のこだわりは製造から輸送に至るまで徹底されています。

  • 工場の敷地内に専属ペットフード栄養士
  • 自社独自の監査機関「Nutrace」による品質チェック
  • HACCP認定品質保証プログラム
  • CFIA(カナダ食品検査庁)による「A」判定
  • 低温コンテナによる輸送
  • 出荷時・日本到着時の酸化検査

リコール情報

販売開始以降、リコール情報は確認されていません。

保管方法

開封後は必ず密封してなるべく空気に触れないようにし、早めに使い切りましょう。

また、保管場所にも注意が必要です。いくら密封していても、日当たりが良く高温になる場所やじめじめした場所に置いておくと、酸化が進んでしまいます。

キャットフードは以下のような場所で保存するようにしましょう。カビなどの原因となるため、くれぐれも冷蔵庫で保存しないよう注意してくださいね。

  • 温度変化が少ない
  • 風通しがよく湿度が高くない
  • 直射日光が当たらない

また、開封後は空気に触れないよう密封し、1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

キャットフードの保管方法・保管場所について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

愛猫家必見!キャットフードの正しい保存方法
キャットフードは正しく保存しないと味や風味が落ちてしまうんですよぉ。ドライフードもウェットフードも開封前は、冷暗所で保存...
キャットフードを冷蔵庫で保存してはいけない理由と正しい保存場所
ドライフードは冷蔵保存じゃなく常温保存が基本ですよぉ。冷蔵庫は扉の開け閉めのときに温度差でカビが生えやすくなるのでNG。開...

評判・口コミ

では、「チキン&ダック」をあげた人の口コミを見ていきましょう。

良い評判・口コミ

まずは良い評判・口コミを見てみましょう。




最も多かったのは「食いつきが良い」という声。そのほか、「涙やけが減った」「GI値が高い穀物を使っていないので安心」などの声も。

まずは食いつきに関して。
工場直送のカナダ産鶏肉を仕入れたその日に調理しているので、新鮮で品質が高く、食いつきが良い猫が多いようですね。
自然の風味づけに、お肉で取ったスープ(ミートブロス)も加えているのも、喜んで食べる猫が多い理由でしょう。

続いては「涙やけが減った」という声。
品質には徹底的にこだわり人工保存料などは一切使っていないため、涙やけで悩む猫にも好評のようです。

また「低GIで安心」という声もありました。
GI値が高いほど糖質の吸収が早いため、肥満になりやすく血糖値も上がりやすくなります。
ナチュラリーフレッシュは、GI値の高いとうもろこしやじゃがいもなどの炭水化物を避け、GI値の低い豆類を多く使っています。

悪い評判・口コミ

続いて悪い評判・口コミを見てみましょう。


「穀物の香り強め」という声や、「目やにが出た」などの口コミがありました。

まずは香りに関して。
ナチュラリーフレッシュにはキヌア・ハトムギ・トウジンビエなどの穀物が入っていますので、グレインフリーではありません。
猫にも好みの香りがありますからなかには物足りなく感じて食べない猫もいるでしょう。
ただ、与え方を間違って食いつきが悪くなることもあるので、その点には注意!
与える時は必ず今のフードに少しずつ混ぜて量を増やしていくのがポイントです。
また、主原料は鶏肉ですが、穀物入りなのでアレルギーのある猫は注意してくださいね。

目やにが減ったという声もありましたが、一方では逆の意見も。
フードがあわず目やにが出る場合もありますが、目の病気や怪我などの可能性もあるため、一概にフードが原因とも言い切れません。
ただ、気になる場合は早めに獣医さんに診てもらいましょう。

キャットフードを切り替える時の注意点
キャットフードの切り替えは私達の体には負担大。健康上の問題、フードの問題が出てきたときに切り替えるようにしましょう~。食...

よくある質問

ここでは、「チキン&ダック」に関するよくある質問をまとめています。

犬と猫に同じフードを与えても大丈夫ですか?

ナチュラリーフレッシュはドッグフードでも有名なプランドですが、犬と猫では必要な栄養素が違うため、犬にはドッグフード・猫にはキャットフードを与えましょう。

猫はタウリンやナイアシンなどの栄養素を体内で作り出すことができないため、キャットフードでこれらの成分を補っています。ドッグフードにはこれらの栄養素が含まれていないため、猫がドッグフードばかり食べていると栄養不足になってしまいます。また、キャットフードはドッグフードよりも味が濃い目に作られており、たんぱく質も多く含まれているため、犬にキャットフードを与えると内臓に負担をかけてしまいます。

療法食として使えますか?

療法食ではありません。特定の疾患を患っている場合には、必ず獣医の診断のもと、指示に従ってキャットフードを与えるようにしてください。

副産物は含まれていますか?

副産物は含まれていません。主原材料には新鮮な骨抜きチキンを使用しています。

軟便の猫に与えても大丈夫ですか?

加工後に消化助けるプロバイオティクス・プレバイオティクスを配合しているため、消化不良を起こしにくいキャットフードだと言えます。

どんなふうにフードを切り替えれば良いですか?

現在使っているフードから切り替えるときは、いつものフードに少しづつ混ぜていき、10日間ほどかけてゆっくり慣らしていきましょう。

フードの切り替え方の目安は以下の通りです。

  従来のフード チキン&ダック
1日目 90% 10%
2日目 80% 20%
3日目 70% 30%
4日目 60% 40%
5日目 50% 50%
6日目 40% 60%
7日目 30% 70%
8日目 20% 80%
9日目 10% 90%
10日目 0% 100%
1日どれくらいの量をあげれば良いですか?水はどれくらい必要ですか?

以下の表は体重に応じた1日の給餌量の目安です。

あくまでも目安なので、猫の種類や運動量、食欲にあわせて調整してくださいね。また、フードを与える際には、清潔で新鮮な飲み水も一緒にあげましょう。

以下の表は、体重・月齢に応じた1日の給餌量の目安です。あくまでも目安なので、猫の種類や運動量、食欲にあわせて調整してくださいね。

体重 給餌量 給餌量(活動的)
3kg 40g 60g
5kg 70g 100g
7kg 98g 114g
子猫にも与えられますか?

子猫~高齢猫まで全年齢対応のキャットフードなので、年齢を問わず与えることができます。

成長期の子猫に必要な動物性たんぱく質が豊富で、子猫にぴったりのフードです。

月齢が低いうちは1度に食べられる量が少ないため、1日の食事回数を3~5回と増やしてあげるのがポイントです。

以下の表は、体重・月齢に応じた1日の給餌量の目安です。あくまでも目安なので、猫の種類や運動量、食欲にあわせて調整してくださいね。

体重 給餌量
1kg 23g
2kg 40g
3kg 70g
5kg 114g
7kg 158g
シニア猫に与えても大丈夫ですか?

全年齢対応のキャットフードなので、シニア猫にも与えられますが、注意したいのは与える量です。高齢になると運動量が減るため、成猫期と同じ量を与えていると肥満になる可能性があります。まずは、体調や体型などをしっかり観察して、体重や運動量が明らかに減ったと感じたら量を調整してあげましょう。

消化器官が衰えてくるシニア猫でもしっかり消化できるよう、1回の給餌量を減らし、1日の食事回数を増やすのもおすすめです。運動不足にならないよう、飼い主さんが積極的に遊びにつきあってあげるのも大切です。

価格

「チキン&ダック」には以下のパッケージがあり、価格は販売サイトによって異なります。

  • 1kg

まとめ

猫ねこさん
とにかく品質管理が徹底されているフードという印象でしたねぇ。クロベエくん、どうでしたかぁ?
工場から輸送、輸入後までしっかりチェックされててとっても信頼できますね。
産地直送のお肉や野菜もとってもフレッシュで美味しそう~。
クロベエ
猫ねこさん
素材そのものの栄養を壊さずにとれるのも嬉しいですよねぇ。乳酸菌なんかもしっかり入っていてお腹の弱い子でも安心ですよぉ。
穀物入りってことで少し気にはなったんですけど、キヌアやハトムギってとっても栄養満点の食材なんですね。
クロベエ
猫ねこさん
「天然のサプリメント」という意味合いで配合されているくらいですからねぇ。ややカロリー高めなので、私のようにちょっと肥満気味な子に与えるときは注意しましょう~。
  • 製造から輸送まで品質管理を徹底!HACCP認定、CFIAのA判定
  • 工場直送のカナダ産新鮮素材を使用
  • 栄養価の高い古代穀物(キヌア・ハトムギ・トウジンビエ)を使用
  • プレバイオティクス・プロバイオティクス配合で腸内環境の健康に配慮
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.