新型コロナウイルス ペット向け最新ニュース

デボーテッド(devoted)キャットフード「フリーランチキン」の原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】

2018-12-10

猫ねこさん


Warning: A non-numeric value encountered in /home/color007/nekonekobu.jp/public_html/wp-content/plugins/pz-hatenablogcard/pz-hatenablogcard.php on line 438

Warning: A non-numeric value encountered in /home/color007/nekonekobu.jp/public_html/wp-content/plugins/pz-hatenablogcard/pz-hatenablogcard.php on line 438

Warning: A non-numeric value encountered in /home/color007/nekonekobu.jp/public_html/wp-content/plugins/pz-hatenablogcard/pz-hatenablogcard.php on line 438

Warning: A non-numeric value encountered in /home/color007/nekonekobu.jp/public_html/wp-content/plugins/pz-hatenablogcard/pz-hatenablogcard.php on line 438

Warning: A non-numeric value encountered in /home/color007/nekonekobu.jp/public_html/wp-content/plugins/pz-hatenablogcard/pz-hatenablogcard.php on line 438

Warning: A non-numeric value encountered in /home/color007/nekonekobu.jp/public_html/wp-content/plugins/pz-hatenablogcard/pz-hatenablogcard.php on line 438

保管方法

人工保存料が一切含まれていないので、いったん封をきってしまうと酸化して風味や栄養価が落ちてしまいます。

そのため、開封後は必ず密封してなるべく空気に触れないようにし、早めに使い切りましょう。

また、保管場所にも注意が必要です。いくら密封していても、日当たりが良く高温になる場所やじめじめした場所に置いておくと、酸化が進んでしまいます。

キャットフードは以下のような場所で保存するようにしましょう。カビなどの原因となるため、くれぐれも冷蔵庫で保存しないよう注意してくださいね。

  • 温度変化が少ない
  • 風通しがよく湿度が高くない
  • 直射日光が当たらない

キャットフードの保管方法・保管場所については以下の記事も参考にしてください。

愛猫家必見!キャットフードの正しい保存方法
キャットフードは正しく保存しないと味や風味が落ちてしまうんですよぉ。ドライフードもウェットフードも開封前は、冷暗所で保存...
キャットフードを冷蔵庫で保存してはいけない理由と正しい保存場所
ドライフードは冷蔵保存じゃなく常温保存が基本ですよぉ。冷蔵庫は扉の開け閉めのときに温度差でカビが生えやすくなるのでNG。開...

評判・口コミ

良い評判・口コミ

気になっていたグレインフリーの餌を初めて試してみました。美味しいらしくとても食いつきが良いです。心なしかしっかりとした身体つきになった気がします。大袋で購入したいです!

引用:amazon

口コミはまだあまり見られませんでしたが、「食いつきが良い」という口コミがありました。

デボーテッド「フリーランチキン」は肉原材料を90%も配合した高たんぱくフードなので、猫の好きな甘いアミノ酸が多く含まれ、食いつきにつながっているのでしょう。

よくある質問

ここでは、デボーテッドに関するよくある質問をまとめています。

いくつかの種類のフードと混ぜたり、交互に与えても大丈夫ですか?

それだけで猫に必要な栄養のとれる総合栄養食なので、基本的には1種類のフードを与えることをおすすめします。交互に与える場合は、体への負担を考え、2~3ヶ月に1回の頻度で切り替えるようにしましょう。

キャットフードのローテーションについては以下の記事も参考にしてください。

キャットフードをローテーションする時に絶対知っておくべき6つのこと
ローテーションは必ずしなきゃいけないものではないんですよぉ。頻繁に切り替えると体に負担がかかりますし、栄養バランスが崩れ...
療法食として使えますか?

療法食ではありません。特定の疾患を患っている場合には、必ず獣医の診断のもと、指示に従ってキャットフードを与えるようにしてください。

副産物は含まれていますか?

副産物は含まれていません。主原料には新鮮な鶏肉を使用しています。

どんなふうにフードを切り替えれば良いですか?

現在使っているフードから切り替えるときは、いつものフードに少しづつ混ぜていき、10日間ほどかけてゆっくり慣らしていきましょう。

フードの切り替え方の目安は以下の通りです。

 従来のフード デボーテッド「フリーランチキン」
1日目90%10%
2日目80%20%
3日目70%30%
4日目60%40%
5日目50%50%
6日目40%60%
7日目30%70%
8日目20%80%
9日目10%90%
10日目0%100%

キャットフードの切り替え方については以下の記事も参考にしてください。

キャットフードを切り替える時の注意点
キャットフードの切り替えは私達の体には負担大。健康上の問題、フードの問題が出てきたときに切り替えるようにしましょう~。食...
1日どれくらいの量をあげれば良いですか?

以下の表は体重に応じた1日の給餌量の目安です。

あくまでも目安なので、猫の種類や運動量、食欲にあわせて調整してくださいね。また、フードを与える際には、清潔で新鮮な飲み水も一緒にあげましょう。

体重(kg)アダルト(g)ダイエット(g) シニア(g) 
2.5以下40~5030~5030~50
2.5~3.550~8050~7050~70
3.5~5.080~10070~9070~90
5.0以上100以上90以上90以上
子猫にも与えられますか?

フリーランチキンは、成猫用のキャットフードです。

成長期の子猫は成猫よりも栄養がたくさん必要です。成猫用フードは子猫用に比べ栄養素の量が少なくカロリーも控えめ。子猫が成猫用フードを食べ続けると、本来必要な栄養がとれず栄養不足になってしまう可能性があります。

シニア猫に与えても大丈夫ですか?

フリーランチキンは、成猫用のキャットフードです。

年齢とともに、運動量や基礎代謝量は落ち、必要なカロリー量も減ってくるため、シニア猫に与える際は給餌量に注意しましょう。

価格

フリーランチキンには以下の容量のパッケージがあり、価格は販売サイトによって異なります。

  • 300g
  • 1.5kg

まとめ

猫ねこさん
デボーテッド、まだまだ日本では知名度も低いですが、イギリス生まれで品質にはこだわったフードですよぉ。
お肉だけで90%!もうほぼお肉じゃないですかっ。これはたまらな~い。
クロベエ
猫ねこさん
ンフフ、お肉好きのクロベエならそうくると思いましたよぉ。クロベエくんみたいな育ちざかりの子にはぴったりの高たんぱくフードですねぇ。
鶏肉だけじゃなくて鴨肉も使っているから、栄養たっぷりですねっ。
クロベエ
猫ねこさん
ただし、とってもパワフルなフードなので、室内飼いで肥満が気になってる子には、あげる量に注意してくださいねぇ。
    • 肉原材料を90%配合した高たんぱくフード、放し飼いの鶏肉とカモ肉を使用
    • 残りの10%にはサツマイモやアルファルファ、クランベリー、ハーブ類など抗酸化物質の豊富な素材を使用
    • 肥満の気になる猫は与える量に注意
    • 食物繊維が少なめ

キャットフードの選び方や与え方に関しては、以下の記事も参考にしてください。

【獣医師監修】猫の食事の基本 | 1〜6才向け | キャットフードの正しい選び方
キャットフードを選ぶときは、まず種類と形状を確かめ、目的にあったものを選びましょう~。この記事では「健康な成猫が毎日食べ...
【獣医師監修】キャットフードの正しい与え方~愛猫の健康のために~
私達に必要な1日の食事量は、年齢や体重によってさまざま。給餌量の目安を参考に、その子にあわせて量を調整してあげることが大切...
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 編集&ライター

保護猫団体の活動を仔細にお届けする「保護猫のわ」・飼い主さんと猫との幸せエピソードをお届けする「なないろ猫物語」の編集担当。

猫を通して「人」の姿にフォーカスした記事をお届けする猫メンタリーライターとして 猫好きシンガーソングライター・嘉門タツオさんへのインタビューをはじめ、街の看板猫、猫カフェ、猫が住める住宅からキャットフードメーカー、ペット防災の専門家、猫雑貨店、猫をモチーフにした漫画家さん、年間3000件ものTNRの不妊手術を行っている獣医に至るまで、半年間で約40名以上の猫と関わる方々に幅広く取材を重ねる。