とり

とり

【獣医師監修】猫が吐く原因は?考えられる病気と対処法

公開日:

キャットフードの基礎知識

とり

とり

猫ねこさん

猫が吐く原因は?考えられる病気と対処法

猫ねこさん
私達は健康でも頻繁に吐くことがありますが、なかには危険な嘔吐もあるので、しっかり様子を観察することが大切。吐く回数が多かったり元気がなくなったりしている時はすぐに病院を受診!毛玉やフード、ストレスなどが原因で吐くこともありますから考えられる原因にあわせて対処しましょう~。
ふくふく動物病院 院長 平松育子
【監修】獣医師・YICビジネスアート専門学校ペット科講師
平松育子
ふくふく動物病院 院長

猫は健康でもよく吐きますが、すぐに病院を受診した方が良い場合もあるので油断は禁物!
吐いた時には猫の様子をしっかり観察することが大切です。

吐く原因は病気以外にも、毛玉、フード、ストレス、薬、異物の誤飲などさまざま。
病気の場合は治療が必要ですが、それ以外の場合は少しでも吐く回数を減らせるよう対処しましょう。

今回は猫が吐く原因、考えられる病気と対処法を徹底解説!

猫が吐いた時にチェックすべきポイントについても詳しく説明します。

猫の生理的な嘔吐

猫は健康な状態でも吐くことがある動物です。人間が吐いた場合は、胃潰瘍、ノロウイルスなど何らかの胃腸の病気にかかっている可能性が考えられますが、猫は病気でなくてもよく吐きます。

これは、もともと肉食動物である猫がネズミなどの獲物を丸呑みで食べる際、消化できない被毛や骨などを吐く習性からきています。腐った肉、毒性のある植物などを食べた時にもすぐに吐き戻します。

また、食道の筋肉の構造が嘔吐しやすいつくりになっているからとも言われています。

猫が吐いたときにチェックすべきポイント

猫は普段からよく吐きますが、なかにはすぐに病院を受診した方が良い「危険な嘔吐」もあるため、吐いた時には猫の様子をしっかり観察することが大切です。

猫が吐いたときには、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 吐いたタイミング
  • 吐いた回数、頻度
  • 吐いたあとの様子
  • 嘔吐物の内容
  • 嘔吐以外の症状

上記のポイントをチェックして、しばらく様子を見るか、すぐに病院に連れていくべきかを判断します。

特に問題のない嘔吐

特に問題のない嘔吐は、以下のポイントをすべて満たす場合です。嘔吐の回数が少なく、嘔吐以外の症状が見られない場合は少し様子を見てみましょう。

  • 吐く回数が週1回以下
  • 体重の減少がない
  • 元気・食欲がある
  • 下痢をしていない

すぐに病院を受診した方が良い嘔吐

すぐに病院を受診した方が良い危険な嘔吐の特徴は以下の通りです。1つでも当てはまる場合はすぐに病院を受診しましょう。

  • 1日3回以上吐く
  • 連続3日以上吐く
  • 吐く仕草を見せるが吐けない・口からよだれが出ている
  • 吐いた後にぐったりして元気や食欲がなくなる
  • 体重減少
  • 嘔吐物の色が赤黒い、黄色い
  • 嘔吐物から薬品のニオイがする
  • 今まで吐かなかった猫の嘔吐
  • 嘔吐物に異物・虫が混ざっている

毎日のように吐く場合、元気がなくなったり体重が減ってきたりしている場合は何らかの病気が原因になっている可能性があります。

また、1日に何度も吐いていると脱水症状になる可能性がありますので注意が必要です。

猫ねこさん
猫は普段からよく吐きますけど、なかには危険な嘔吐もあるので注意してくださいねぇ。
頻繁に吐くとか元気がないとか体重が減ってるときはすぐに病院でみてもらわなきゃダメですね。
吐いても元気で頻繁でなければとりあえず様子見でよさそうですねっ。
クロベエ

猫が吐く原因と対策

ここでは、猫が吐く原因と対策について説明します。

猫が吐く原因は以下の通りです。

  • 病気
  • 被毛が体内にたまっている
  • フードの一気食い・食べ過ぎ、空腹
  • フードの粒が大きい
  • フードがあっていない
  • ストレス
  • 乗り物酔い
  • 薬の吐き戻しや副作用
  • 異物誤飲
  • 急なキャットフードの切り替え

病気の場合は獣医による治療を受ける必要がありますが、それ以外の原因の場合は、なるべく吐き戻しを少なくするよう工夫してみましょう。

以下、それぞれの原因と対策について説明します。

病気

猫が吐くときに考えられる病気は以下の通りです。前項の「すぐに病院を受診した方が良い嘔吐」に当てはまる症状が見られる場合は、病気の可能性があるため早めに病院を受診しましょう。

胃腸に関する病気

  • 炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)
  • 食物アレルギー
  • 胃腸のガン
  • 毛球症(もうきゅうしょう)
  • 巨大食道症
  • 胃炎
  • 食道炎
  • 特発性腸管運動障害(とくはつせいちょうかんうんどうしょうがい)
  • 膵炎(すいえん)
  • 胃潰瘍
  • 腸重積(ちょうじゅうせき)
  • 感染症(回虫など)

胃腸以外の病気

  • 腎疾患
  • 肝疾患
  • 中枢神経疾患
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)
  • 猫汎白血球減少症(FPL)(ねこはんはっけっきゅうげんしょうしょう)
  • 甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)
  • 糖尿病
  • 水腎症
  • 横隔膜ヘルニア
  • 高カルシウム血症
  • 子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)
  • 前立腺炎
  • 尿毒症
  • 熱中症

被毛が体内にたまっている

猫は毛づくろいをするときに自分の被毛を飲みこんでしまいます。自分の被毛が体内にたまると、自ら吐き出して排出しようとします。

体内に毛玉がとどまり取り出すことができなくなると毛球症(もうきゅうしょう)という病気になり、最悪の場合は開腹手術が必要になります。

毛玉を吐く回数が多い場合は以下のような毛玉対策を試してみましょう。

  • こまめなブラッシング
  • 猫草を食べさせる
  • 定期的なシャンプーやトリミング
  • 毛玉ケア用キャットフードを与える

毛玉ケア用キャットフードについて詳しくは以下のリンクをご覧ください。

【毛玉ケア用】毛玉を吐き出す猫に与えたいおすすめキャットフード5選
私達は毛づくろいのたびに毛を飲み込んでしまうので、ときどきたまった毛を吐き出して体に溜め込まないようにしてるんですよぉ。...

フードの一気食い・食べ過ぎ・空腹

キャットフードを一気に食べたり食べすぎたりすることで、消化不良になり吐きやすくなります。

また、空腹の時間が長くなると吐く場合もあります。

この場合は一度に食べる量を減らし、少量ずつ与えると良いでしょう。

フードの粒が大きい

キャットフードの粒が大きすぎて、喉に詰まらせ吐くこともあります。

猫の食べ方を見ながら粒の大きさを変えたり、フードを砕いて与えると良いでしょう。

キャットフードの砕き方について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

【シニア猫におすすめ】キャットフードを砕く理由と砕き方
ドライフードをうまく食べられない猫には、砕いて与えましょう~。特に離乳期前後の子猫や、噛み砕く力が弱くなった老猫にオスス...

フードがあっていない

食事の量や回数、粒の形状などを変えても吐く場合は、キャットフードが猫にあっていないことも考えられます。

以下の点をチェックし、フードを見直してみるのもひとつの方法です。

  • 添加物が多く使われていないか
  • 粗悪な原材料が使われていないか
  • 年齢にあったフードを与えているか

注意の必要な原材料について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

こんなキャットフードは危険!注意が必要な6つの原材料
キャットフードにはからだに良くない材料がはいっていることもあるんですよぉ。国やメーカーによっては大変粗悪なものを入れてい...

ストレス

猫はストレスを感じると吐くことがあります。よくある猫のストレスは以下の通りです。

  • 多頭飼い(相性・トイレ不足)
  • 引っ越し
  • 来客
  • 騒音
  • 匂い
  • 普段使っているものの変化(食器・トイレ)
  • 運動不足
  • 急激な気温の変化

猫の目線になって、ストレスの原因となっているものを探し取り除くことが大切です。

乗り物酔い

猫も人間と同じく車酔いで吐くことがあります。

乗り物酔いする猫を車に乗せる場合は、なるべく通気性の良いキャリーを使い、適切な温度設定をするなど、車内環境を良くしてあげましょう。また、かかりつけの病院に相談して酔い止めの薬をもらっておくのもひとつの方法です。

薬の吐き戻しや副作用

薬をなかなか飲んでくれず、与えても吐いてしまうことがあります。

なるべく吐かないように飲ませるコツは以下の通りです。

  • 錠剤・カプセル・・・猫の舌の付け根部分にコインを落とすような感じで。飲み込むまでしばらく上向きの姿勢。水大さじ1杯を飲ませる。
  • 粉薬・液体シロップ・・・ゆっくりと投与器で流し入れ飲み込むまでしばらく上向きの姿勢。オブラートを使うのも◎。

また、薬の副作用で吐く場合もあります。この場合は、獣医に相談して対処してもらいましょう。

異物誤飲

異物を誤飲して吐くことがあります。紐状のようなものを飲み込んでしまった場合、つっかえて吐こうとしても吐き出せません。

異物誤飲を防ぐためには、猫の興味をひきそうなものは手のとどく場所に置かないことが大切です。

また、観葉植物などは猫にとって危険なものも多いため注意が必要です。

急なキャットフードの切り替え

キャットフードを切り替える際、いきなり新しいフードにしてしまうと猫の体に負担がかかり吐いてしまうことがあります。

フードを切り替えるときは今までのフードに新しいフードを混ぜ、少しずつ新しいフードに慣らしていくことが大切です。

猫ねこさん
吐くのにもこれだけたくさんの原因があるんですねぇ。特に多いのはフードの一気食い、食べ過ぎ、切り替えなどなんですよぉ。
まさにぼく、、、のことですね!ちょっとずつ食べなきゃダメですね。。。
キャットフードもいきなり変えてしまうと吐くことがあるんですねっ。猫の体ってけっこうデリケートなんですね。。。
クロベエ

猫の嘔吐に関するよくある質問

ここでは、猫の嘔吐に関するよくある質問をまとめています。

毎日のように吐くのは異常?病院に連れていくべき?

なかには、毎日1回必ず吐くけれど健康な猫もいます。

すぐに病院を受診した方が良い嘔吐」を参考に、当てはまる症状がひとつでもある場合は病院を受診した方が良いでしょう。

胃液だけを吐く原因は?考えられる病気は?

透明な液体や泡などの胃液だけを吐く場合に考えられる原因は以下の通りです。

  • 空腹で胃酸過多になっている
  • 毛玉や異物を吐こうとしている
  • 内臓機能の低下・病気

空腹や毛玉が原因で胃液を吐いてしまう場合は、元気で食欲もあれば特に問題はありません。

しかし「すぐに病院を受診した方が良い嘔吐」を参考に、当てはまる症状がひとつでもある場合は、病気の可能性もあるため早めに病院を受診しましょう。

胃液を吐くときに考えられる病気は以下の通りです。

  • 胃腸炎
  • 糖尿病
  • 食道炎
  • リンパ腫
  • 腎不全
胃液の色がピンク、黄色、緑の場合に考えられる病気は?

ピンクの場合は血液と胃液が混ざっている可能性が考えられます。例えば、歯周病、歯肉炎、口の中の傷が原因で出血している場合なども血が混ざります。また、胃や腸の粘膜が傷ついて出血しているケースも考えられます。

黄色の場合は胆汁(たんじゅう)と胃液が混ざっている可能性が考えられます。肝臓で作られる胆汁には、消化酵素の働きをサポートする役割があります。何度も繰り返し吐く場合には、胆嚢や肝臓の病気の可能性があります。

緑色の場合は、胃液に混ざった胆汁が黄色から変色したと考えられます。胃腸炎、膵炎、胆管炎などの病気や腫瘍などの可能性が考えられます。また、植物を食べてしまった時にも緑色の胃液を吐くことがあります。

泡を吹く原因は?考えられる病気は?

泡を吹くときに考えられる原因は以下の通りです。

  • 異物誤飲
  • 空腹
  • てんかん
  • 薬などの苦いものを口にした
  • 病気

すぐに病院を受診した方が良い嘔吐」を参考に、当てはまる症状がひとつでもある場合は、早めに病院を受診しましょう。

泡を吹くときに考えられる病気は以下の通りです。

  • 胃炎・胃潰瘍
  • 食道炎
  • 口内炎
茶色いものを吐く原因は?考えられる病気は?

猫が茶色いものを吐く原因は以下の通りです。

  • 空腹・ストレスによる胆汁の酸化
  • 未消化のフード
  • 病気

空腹・ストレスなどで、胆汁が胃液と一緒に逆流することがあります。胆汁は外気に触れると茶色くなります。

茶色いものを吐いた場合は、まず嘔吐物のニオイをチェックしましょう。血生臭さ・便臭・アンモニア臭がなければ胆汁が原因と言えるでしょう。胆汁が原因の場合はフード量と食事回数を調整したり、ストレスを取り除いてあげましょう。

また、固体に近いペースト状の茶色い嘔吐物は、消化できなかったフードと考えられます。いつもと違うフードを食べたり、気に入らないフードを食べたりした場合に茶色いものを吐くことがあります。

病気が原因の場合は、嘔吐物や嘔吐以外の症状に以下のような特徴があります。

  • 嘔吐物が血生臭い・便臭・アンモニア臭
  • 口臭・体臭からアンモニア臭がする
  • 水も一緒に吐く
  • 食欲不振
  • 元気がない
  • 下痢・軟便・黒っぽい便
  • 何度も繰り返し吐く

このような症状が見られる場合に考えられる病気は以下の通りです。病気が考えられる場合は早めに病院を受診しましょう。

  • 胃炎
  • 腸炎
  • 胃潰瘍
  • 腫瘍
  • 腎不全
  • 腸閉塞
下痢をともなうときに考えられる病気は?

嘔吐だけでなく下痢もしているときに考えられる病気は以下の通りです。嘔吐・下痢は脱水を引き起こすため、早めに病院を受診しましょう。

  • 胃腸炎
  • 食物アレルギー
  • 消化器官の悪性腫瘍
  • 膵炎

嘔吐・下痢の治療法は病気により異なりますが、主に抗生物質の投与、点滴、吐き気止めの薬の処方です。

吐くだけでなく食べない。考えられる病気は?

嘔吐だけでなく食欲もない場合に考えられる病気は以下の通りです。尿毒症、腸閉塞など命の危険がある病気もあるため、早めに病院を受診しましょう。

  • 食道炎
  • 糸球体腎炎
  • 毛球症
  • 条虫症
  • トキソプラズマ症
  • 慢性腎不全
  • 急性腎不全
  • 肝炎・胆管炎・胆管肝炎・肝硬変
  • 伝染性腹膜炎(FIP)
  • フィラリア症
  • 尿毒症
  • 腸閉塞
老猫が吐く原因は?考えられる病気は?

老猫が吐く原因のひとつに「食事量が多すぎる」ことがあります。

特に食後数時間たって茶色のドロッとしたペースト状のものを吐く場合は、消化しきれていないことが考えられます。

この場合は、以下のような対策をとると良いでしょう。

  • 食事量を減らす
  • 回数を減らす
  • ウェットフードにする

また、高齢になると以下のような病気にかかりやすくなり、病気が原因で吐くこともあります。「すぐに病院を受診した方が良い嘔吐」を参考に、当てはまる症状がひとつでもある場合は、早めに病院を受診しましょう。

  • 肝臓疾患
  • 腫瘍(ガン)
  • 腎臓疾患
便秘が原因で吐くこともある?対処法は?

猫は便秘のとき、排便しようと頑張って力みますが、その際に自律神経が刺激され嘔吐することがあります。

嘔吐物から便のニオイがする場合は腸閉塞を起こしている可能性がありますので、すぐに病院を受診しましょう。

便秘になった時は以下のような対策をとると良いでしょう。

  • 水分をしっかり与える
  • ストレスを取り除く
  • 乳酸菌サプリを与える
  • お腹のマッサージをする
  • キャットフードを見直す

便秘気味の猫のキャットフードについて詳しくは以下のリンクをご覧ください。

【体調別】便秘気味の猫におすすめのキャットフード5選
3日以上便が出てない、乾燥したコロコロウンチなどは便秘気味。病気が原因のこともありますが、キャットフード、ストレス、運動不...

 

猫ねこさん
吐いたときに便のニオイがするときは、腸閉塞っていう病気になってるかもしれないのですぐに病院につれていきましょう~。
便のニオイー、、、便秘がひどくなると吐いちゃうこともあるんですね。
普段からよく吐く子でも、しっかり様子を見てあげなきゃダメなんですね!
クロベエ

まとめ

猫の生理的な嘔吐、吐いた時にチェックすべきポイント、吐く原因と対策については以下のまとめを参考にしてください。

  • 猫は健康な状態でも吐くことがある動物
  • 病気が原因の場合もあるため猫の様子をしっかり観察することが大切
  • 嘔吐の回数が少なく、嘔吐以外の症状が見られない場合は少し様子を見る
  • すぐに病院を受診した方が良いのは、嘔吐の回数が多く嘔吐以外の症状が見られる場合
  • 猫が吐く原因は病気・毛玉・フード・ストレス・乗り物酔い・薬・異物誤飲など
  • 毛玉を吐く回数が多い場合はブラッシングやシャンプー、フードなどで毛玉対策を
  • フードの一気食い、食べ過ぎ、空腹で吐く場合は一度に食べる量を減らす
  • フードの粒が大きくて吐く場合は大きさを変えたり、フードを砕いたりする
  • 量や回数、粒の形状を変えても吐く場合はフードの見直しも
  • ストレスが原因で吐く場合は猫のストレスを取り除く
  • 乗り物酔いで吐く場合は車内環境を整え、あらかじめ酔い止め薬を用意しておく
  • 薬を飲んでくれず吐くときは与え方を工夫、副作用で吐く場合は獣医に相談
  • 異物誤飲で吐くこともあるため、普段から誤飲しそうなものを置かないことが大切
  • キャットフードの切り替えで吐くこともあるため、切替の際は徐々に進めることが大切
  • 食事量が多く老猫が吐くときは量、回数を調整したりウェットフードに変えたりする
  • 嘔吐物から便のニオイがする場合は腸閉塞を起こしている可能性があるためすぐに受診
猫ねこ部編集室 エディター 守重美和
この記事を書いた人
守重美和
猫ねこ部編集室 エディター
ふくふく動物病院 院長 平松育子
【監修】ふくふく動物病院 院長
平松育子
京都市生まれ
山口大学農学部獣医学科(現 山口大学共同獣医学部)卒業/山口県内の複数の動物病院にて勤務/2006年3月3日 阿知須にてふくふく動物病院開業
ふくふく動物病院
ふくふく動物病院のHPはこちら
ページトップへ

Copyright© 猫ねこ部 , 2018 AllRights Reserved.